溥儀

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    111

    http://ja.wikipedia.org/wiki/満州事変 



    665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/14(火) 12:41:12.76 ID:7RG8CbgC0
    これは基本だから押さえておけよ 1
      ↓ 
    日本の戦争は「満州事変」、すなわち、東北中国の侵略から始まった。 
    これは1931年9月の柳条湖事件を発端としている。 
    柳条湖というのは、奉天(現瀋陽)という都市の北東部にある場所だ。 
    当時、「満州」には「満鉄」(南満州鉄道)といって、日本の半官半民の会社があった。 
    鉄道を中心に、鉱山など植民地経営をしていた会社だ。 
    9月18日、この鉄道の柳条湖付近で爆発が起こった。 
    この爆発は、「満州」に配備されていた関東軍による諜略で、その首謀者は板垣征四郎、石原莞爾らだ。 
    しかし、関東軍はその爆発を「中国軍が起こしたものだ」とデッチあげて、柳条湖付近に駐屯していた中国軍を攻撃した。 
    これは日本政府の命令ではなくて、現地の関東軍が勝手に動いてやったことだ。 
    関東軍は「満蒙領有」を考えていたのだが、米国の反対などもあり、領有はむずかしかったので、やがて、溥儀という人物を皇帝に立てて、「満州国」という傀儡国家をつくりだした。 
    日本政府は、はじめ「不拡大方針」をとったが、けっきょくは、「満州」で関東軍がやっていることを、追認、追認、追認・・・と、 ずるずると引きずられていった。 

    【満州事変のコピペ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    8+mansyuujihen_convert_20120718144421.jpg

    満州事変(まんしゅうじへん、旧字体:滿洲事變、Manchurian Incident)は、1931年(昭和6年、民国20年)9月18日に中華民国奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、関東軍(満洲駐留の大日本帝国陸軍の軍)が南満州鉄道の線路を爆破した事件(柳条湖事件[注釈 1])に端を発し、関東軍による満州(現中国東北部)全土の占領を経て、1933年5月31日の塘沽協定成立に至る、大日本帝国と中華民国との間の武力紛争(事変)である。中国側の呼称は九一八事変

    http://ja.wikipedia.org/wiki/満州事変








    【満州事変とは? その1】の続きを読む

    このページのトップヘ