歴史に残る不思議な話

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1
















    820: 世界@名無史さん 2012/11/05 21:30:11
    書物が手元にないので引用はできないが 
    乃木大将は若い時に旅館で女の幽霊に遭遇して 
    そのことを日記に書いている。

    823: 世界@名無史さん 2012/11/08 01:27:41
    >>820 
    そういうの良いね。「こんな不思議な話があった」って作者が用意したものじゃなくて、 
    個人的体験を個人的に書いたのが残ってる、っていうの

    821: 世界@名無史さん 2012/11/05 21:48:02
    乃木大将 幽霊  で検索すると 
    学習院長時代にその当時のことを乃木本人が講話している。 

    紹介してくれるサイトからの無断引用は避けるが、結構こわい。 
    夜眠ろうとすると女が部屋に入ってきて 
    蚊帳の横から乃木をじっと見ている。 
    身を起こすと誰もいない、それが二日続いた云々と。 
    女は耳元で話しかけようともした、と。
    【一次・二次史料で見かけた不気味な話【コロンブスが遭遇したUFO】【「鉄の処女」】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1 :天之御名無主:2010/09/10(金) 19:35:48 
    殺牛祭祀や人身御供、呪いの儀式などについて 



    2 :天之御名無主:2010/09/11(土) 07:04:03 
    仁徳天皇が治水工事において、Mizuchi 蛟の怒りを静めるために、 
    人身御供を捧げたのは有名だし、仁徳天皇陵には多数の人間が同時に埋葬 
    されているから、天皇の死去に際して、殺された人達なんだろう。後追い 
    自殺したんじゃないはず。 


    32 :aki ◆kinMUdQ.g6 :2011/01/08(土) 06:31:20 
    >2 
    ふつうにあとから亡くなった親族や家族を追葬しただけじゃないの? 

    当時は追葬フツーでしょ? 

     
    5 :天之御名無主:2010/09/12(日) 15:13:22 ?2BP(2034)
    >>2 
    殉死は垂仁天皇が禁止しただろ 


    8 :天之御名無主:2010/09/13(月) 08:33:50 
    >>5 
    建て前はそうだが、聖徳太子の死の時ですら、殉死者が一杯出たと 
    されている。天皇陵は発掘禁止状態だが、GHQはおそらく勝手に発掘して 
    色々持っていってるだろうから、イザって時に天皇家や日本政府に圧力 
    をかけるための道具になるだろうね。 
    宮内庁が天皇陵を発掘させないのはGHQ以来のアメリカの差し金かもしれ 
    ないんだな。 

    13 :天之御名無主:2010/09/19(日) 21:06:06 ?2BP(2034)
    >>8 
    そりゃ自発的な殉死は止められないからな
     

    14 :天之御名無主:2010/09/20(月) 07:06:57 
    >>8 
    >GHQはおそらく勝手に発掘して 
    >色々持っていってるだろうから、イザって時に天皇家や日本政府に圧力 
    >をかけるための道具になるだろうね。 
    >宮内庁が天皇陵を発掘させないのはGHQ以来のアメリカの差し金かもしれ 
    >ないんだな。 

    発掘品が日本に圧力をかける道具になるなら、宮内庁はアメの差し金でなくても自主的に発掘を 
    禁止するに決まってんだろ。 


    33 :aki ◆kinMUdQ.g6 :2011/01/08(土) 09:45:17 
    >建て前はそうだが、聖徳太子の死の時ですら、殉死者が一杯出たと 

    なんか信じられない。 
    ゼッタイウソだと思う。 
    日本人が残酷だと宣伝したいやつらが流したデマだと思う。 


    34 :天之御名無主:2011/01/08(土) 15:10:11 
    明治天皇が崩御した際も、日本国内で殉死や後追い自殺が 
    多発したらしいからデマとはいいきれないんじゃない? 


    35 :天之御名無主:2011/01/09(日) 06:49:32 
    個人の尊厳や基本的人権なんてきわめて歴史の浅い概念だぜ 

    今とは命の重さの感覚が全然違うだろう 


     






    【殺牛祭祀や人身御供、呪いの儀式などについて】の続きを読む

    このページのトップヘ