1: ☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ 2010/12/08 12:44:09
★土佐藩役人 竜馬暗殺を克明に記録「定説より詳細な部分もあり興味深い」

・坂本竜馬と親しく、幕末の京都で「徒目付(かちめつけ)」として政治情勢の内偵活動 などをしていた土佐藩の下級役人・樋口真吉が、竜馬暗殺の様子を日記に記していた ことが高知県の歴史家らの調査で分かった。簡潔でいて詳細な記述が、事件を ひもとく史料として注目を集めている。

 日記は「日新録」と題され、慶応3(1867)年から約1年間、京都周辺で起きた事件 などを記録。剣豪としても知られた樋口は同郷で20歳年下の竜馬を少年期から 目にかけ、竜馬も隠れ家の手配を依頼するなど信頼を寄せていたとされる。

 日記では同年11月15日午後10時ごろ、竜馬の下宿先だった京都の近江屋で 「賊二人」が、それぞれ「才谷梅太郎」「横山勘蔵」と変名を使っていた竜馬と 中岡慎太郎に襲いかかった、と記録。中岡は刀を隣の部屋に置いていたため 短刀で応戦、一方、刀を取る暇なく切られた竜馬は立ち上がり「横山兄  如何(いかが)」と中岡を気遣いながら絶命した、と記している。

 暗殺の様子を記した史料はほかにも多く存在し、「午後8時ごろで刺客3人が襲撃」  というのが定説。中岡の刀がどこに置いてあったかはこれまで知られていなかった。

 幕末の歴史に詳しい霊山歴史館(京都市)の木村幸比古学芸課長は「徒目付の 仕事を通じ、事件直後に現場に駆け付けた志士などの情報をまとめたものと  みられる。定説より詳細な部分もあり興味深い」と話している。

 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20101208025.html

1












【【歴史】 "定説より詳細" 坂本竜馬の暗殺、克明に記録された日記見つかる】の続きを読む