昔の話

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    379 :名無し三等兵:2012/07/02(月) 22:27:04.31 ID:???
     昭和2年生まれの祖母から聞いた話。

     女学校から勤労奉仕でロケット弾の信管のネジを旋盤で削る作業をしていたそうだ。
     削った部品は限界ゲージ(穴が2個空いていてA穴は通るがB穴は通らない部品は良品)
    で検査するのだが旋盤がガタガタでどうしても削り過ぎの部品がでてしまい不良品の山と
    なったとか。
     泣きそうになってると技術指導の工員の人が「そういう時はこうしてください」と言って、
    部品の端をハンマーでゴツン!。
     確かにA穴、B穴共に通る不良品がB穴が通らない良品に化けるわけだが当然不良品
    に変わりは無い。ネジの機能は果たさないからな。

     「不良を出すわけにいかなかったからしかないんだけど、今でも心の奥に刺さってる。
    命がけで敵の近くまで行って、撃ったロケット弾が不良だったらと思うと・・・」

     と言ってた祖母の7回忌がもうすぐだな。





    【みんなのじいちゃん等は戦争中どこに行ってたの? その2】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    4 :名無し三等兵:2012/05/07(月) 21:51:58.34 ID:???
    日本の基地で衛生兵やってたらしい。
    白衣きてる写真ある。
    日本の基地で何を衛生するのかわからんけど。

    体力面で戦場にはいけないとかあったのかね?
    そういえばメガネだったし。





    【みんなのじいちゃん等は戦争中どこに行ってたの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/01(火) 03:01:34.37 ID:yX3BeTMn0
    義父の目撃談。
    敗戦の日、北海道の軍都旭川にいた少年だった義父が、駅前に行ってみたら、
    朝鮮、韓国、中国人たちが大暴れしていた。
    「日本は負けた。俺たちの時代だ」と叫んで。
    警察も放心状態で手がつけられず暴れ放題。
    最後は消防自動車で放水して解散させたそう。
    その後も暴動を起こしていたらしい。
    中国人はまだわかるが、なぜ朝鮮、韓国人が「戦争に勝った」と言えたのか俺には理解できない。

    【爺さん婆さんから聞いた幕末明治大正昭和の話 その6】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 22:30:40.29 ID:K/z0oXMh0
    東京出身の祖母は幼い頃には使用人に囲まれて不自由なく暮らしてたそうだが
    戦争終了時には身寄りも使用人もいなくなってしまった。
    農家に着物を持って、食料と交換しに行っても、足元を見られてまともに食料を分けてもらえなかったらしい。
    なので、祖母は今でも田舎者や農家が大嫌いw
    相手が田舎出身だったり農家出身だったりするとあからさまに嫌そうな顔をしてた。失礼極まりない。

    高級な着物を献上しても僅かな野菜としか交換してくれない農家が、熱を出した子供のおでこに
    きゅうりの薄切りを乗せて熱を覚まさせているのを見て、惨めな思いをしたと言ってた。

    【爺さん婆さんから聞いた幕末明治大正昭和の話 その5】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 18:46:54.49 ID:kcPnNPWc0
    私の母は、戦時中女学校に通っていました。
    駅前で、たまに米軍戦闘機の機銃掃射に会ったそうです。
    機銃掃射はまっすぐにしか来ないので、横によけると逃げる事ができる
    といっていました。
    また、米軍が日本軍のレーダかく乱のために大量に投下したアルミニウム
    帯を拾いにいったそうです。アルマイトの弁当箱も供出したが、集められた
    金属類は、予科練の校庭に山積みに放置されていたそうです。



    308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 14:56:09.18 ID:cVrCeDXb0
    機銃をよける話について昨日の日経の私の履歴書にも似たような話が載っていた。
    その方は、敵機が来たらいきなり逃げると撃たれるので、まず身を伏せ、反転攻撃
    してきたところをすれ違う方向に走って逃げるみたいなことが書いてあった。

    【爺さん婆さんから聞いた幕末明治大正昭和の話 その4】の続きを読む

    このページのトップヘ