明治

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    53


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 20:09:49.81 ID:eVRBDJl40
    今からおよそ160年前── 
    黒船来航から始まった「幕末」の動乱期。 

    渦中である京都に「人撃ちガトリング斎」と呼ばれる志士がいた。 



    修羅さながらに人を撃ち、 
    その弾丸を以って新時代「明治」を撃ち拓いたその男は、 
    動乱の終結と共に人々の前から姿を消し去り 
    時の流れと共に「最強」という名の伝説と化していった。

     


    そして浪漫譚の始まりは、明治十一年東京下町から── 






    【るろうに観柳「明治回転式機関砲浪漫譚」(SS)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/31(土) 18:54:02.22 ID:Sl+eCT0z0
    語りましょう 


    17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/18(金) 00:55:31.96 ID:+hbuJ+9o0
    武田鉄也の「大砲が怖くて赤いきつねが食えるか」は、 
    明治の書生の「薩長が怖くて犬猫が食えるか」のもじりだということを、みんな忘れている。 

    それで、「江戸は美しくて江戸時代には犬を食う蛮習なんて江戸では一掃されていました」なんて嘘をつく。 
    犬を食わなくなったのは、明治新政府の欧米風習移入からですよ。 

    赤いきつねうどん 96g×12個


    【幕末・明治の食文化について】の続きを読む

    このページのトップヘ