戦国武将

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



    31arakimurasige


    荒木 村重(あらき むらしげ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名利休十哲の1人である。 
    天正6年(1578年)10月、三木合戦羽柴秀吉軍に加わっていた村重は有岡城伊丹城)にて突如、信長に対して反旗を翻した。
    羽柴秀吉は村重と旧知の仲でもある黒田孝高を使者として有岡城に派遣し翻意を促したが、村重は孝高を拘束し土牢に監禁した。 

    その後村重は有岡城に篭城し、織田軍に対して1年の間徹底抗戦したが、側近の中川清秀と高山右近が信長方に寝返ったために戦況は圧倒的に不利となった。それでも村重は「兵を出して合戦をして、その間に退却しよう。これがうまくいかなければ尼崎城と花熊城とを明け渡して助命を請おう」と言っていたが、天正7年(1579年)9月2日、単身で有岡城を脱出して尼崎城へ移ってしまった。

    11月19日、信長は「尼崎城と華熊城を明け渡せば、おのおのの妻子を助ける」という約束を荒木久左衛門ら荒木の家臣たちと取り交わした。久左衛門らは織田方への人質として妻子を有岡城に残し、尼崎城の村重を説得に行ったが、村重は受け入れず、窮した久左衛門らは妻子を見捨てて出奔してしまった。信長は村重や久左衛門らへの見せしめの為、人質の処刑を命じた。

    12月13日、有岡城の女房衆122人が尼崎近くの七松において鉄砲や長刀で殺された。



    1 :人間七七四年:2010/12/03(金) 17:41:50 ID:h7Z7C6Ck
    妻子を見捨てて逃亡した彼ですが反省はしていたようです 












    ランキング参加しています!
    ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)


    【 【信長もビックリ!】荒木村重【の謀反】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    389 :人間七七四年:2012/02/05(日) 13:13:25.57 ID:pYhoxd1P
    今はただ恨みもあらじ諸人の命に代わるわが身と思へば 

    別所長治 

    秀吉の「三木の干し殺し」戦法に遭い、神吉城志方城などの支城も落とされ、毛利氏からの援軍も途絶えて、遂に籠城してから2年後の天正8年(1580年)、城兵達の命を助ける事と引き替えに妻子兄弟と共に自害した。介錯は家臣の三宅治忠が行った。享年23だが、『信長公記』では26とされている。
      




    ランキング参加しています!
    クリックお願いします(-^〇^-)


    【【ものの】武士の格言・名言・辞世の句【あはれ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    99



    1 :人間七七四年:2009/08/20(木) 18:24:12 ID:jHusfFm1
    ブックオフの100円コーナーで見つけた掘り出し物から、期待の新人の最新作まで幅広く語るスレ。 
    応仁の乱から大阪の陣ぐらいまでを舞台にしたおすすめの小説を熱く語ってみる。 






    5 :人間七七四年:2009/08/21(金) 09:29:56 ID:E78Qi3NP
    >>1乙 
    堺屋太一が毛利、宇喜多、上杉を主役にした「三人の二代目」という新聞連載をやるらしいので楽しみにする。@徳島県民 





    三人の二代目 上
    三人の二代目 上
    クチコミを見る





    ランキング参加しています!
    クリックお願いします(-^〇^-)


    【オススメの戦国時代を舞台にした歴史小説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    42miyamotomusashi          41maedakeijirou
            宮本武蔵                       前田慶次郎




    1 :人間七七四年:2008/11/18(火) 12:55:23 ID:M95MNO62
    戦ったらどっちが強いですか? 
     
    【宮本武蔵VS前田慶次郎】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1 :日本@名無史さん:2011/05/22(日) 22:07:15.83
    武士の鏡、高橋紹運について語り合いましょう。
    読みは、高橋紹運(じょううん)が正しいです。
    『筑前戦国史』吉永正春 海鳥社; 増補改訂版版

    一気に読んで、涙が溢れてきますた。下克上の裏切り、裏切られる戦国時代において、主家にあまりにも忠実だった武士、高橋紹運。
    岩屋城決戦に持ち込んだのは、戦略の一つでもありました。単なる犬死ではありませんでした。
    通常なら、宝満城か、息子のいる立花城に移り篭城戦を採るでしょう。。




    高橋 紹運 / 高橋 鎮種(たかはし じょううん / たかはし しげたね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
    岩屋城の戦いの最中、島津方の武将が城方に矢止めを請い「なぜ仏法を軽んじ、キリスト教に狂い人心を惑わす非道の大友氏に尽くされるのか。貴殿の武功は十分証明されました。降伏されたし」と問いかけた時、紹運は敵味方見守る中櫓の上から、「主家が隆盛しているときは忠勤に励み、功名を競う者あろうとも、主家が衰えたときには一命を掛けて尽くそうとする者は稀である。貴方自身も島津の家が衰退したとき主家を捨てて命を惜しむのか。武家に生まれた者として恩・仁義を忘れるものは鳥獣以下である」と応え、敵方の島津軍からも感嘆の声があがったと言われている。

    高橋紹運



    壮絶な最期を遂げた武将 TOP3

    戦国ちょっといい話・悪い話まとめ : [ 高橋紹運 ]

    知ってる? 戦国時代のトリビア その1





    【【戦国時代の】高橋紹運【武士の鏡】】の続きを読む

    このページのトップヘ