戦国武将

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    181 :人間七七四年:2007/10/10(水) 15:07:02 ID:oGz26LwK
    ぜひトリビア教えて下さい 






    92 :アラジン:2006/09/15(金) 20:17:34 ID:0cibedR7
    ルイス・フロイス等が書いたとされる、






    信長の超リアルな水彩画がある。   
    俺、その絵を見て驚いた!男前。ヒゲは長くて、頬はこけてて、鼻は高く、顔長若い時の役所光司に似てた 
     

    93nobunaga
     






    ランキング参加しています!
    ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)


    【知ってる? 戦国時代のトリビア その2】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    77uesugikensin
                  上杉謙信


    8 :人間七七四年:2012/08/11(土) 20:17:33.92 ID:/O07kDNa
    『信長、謙信に降伏する!?』 

    手取川で織田軍を叩き潰した謙信は新谷源助を使者として、信長に「北近江辺りにて正々堂々と一大決戦をしよう!」と申し入れた。 

    この申し入れに信長、 
    「謙信殿の弓箭は摩利支天の所業に似て、日本国中、これと比肩するものはない。 
    本心で謙信殿が上洛されるとあらば、この信長は路地まで出むかえ扇を一本腰にさし一騎で乗り込み、信長めにござる。降参つかまつると申し、都の案内を致したならば、いくら謙信でもこの信長が骨身を砕いて取った天下を取り上げることもなかろう。 
    さすれば、信長は西国、謙信は東国を治められ、両旗で禁裏を守護つかまつることに致そう」
    と返答を返した。 (北越軍記) 

    ない、ないww 

    まあ謙信マンセー軍記物なのでご容赦を。 



    9 :人間七七四年:2012/08/11(土) 20:21:29.65 ID:ToxIMFuF
    内心はともかく、口先ではこれぐらい言うだろう、信長なら 
    あくまでも油断させて時間を稼ぐためにだけど 

    10 :人間七七四年:2012/08/11(土) 20:34:25.96 ID:iu2O5qkN
    「天下は朝倉殿持ち候へ」だもんね。そのくらいのことは平然と言えるのが信長の強さだと思う。 



     


    ランキング参加しています!
    ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)


    【戦国時代のちょっといい話 【立花道雪の部下掌握術】 【小田部コロ助武士の魂】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1 :人間七七四年:2010/11/08(月) 22:32:46 ID:KLZvyN+G
    両者の共通点は改易されるが再び大名として返り咲いた点だけど 

    果たしてどっちが上? 



    50tatibanamunesige   51sengokuhidehisa]
             立花宗茂                             仙石秀久
     




     


    ランキング参加しています!
    ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)


    【立花宗茂VS仙石秀久どっちが上?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    43











    83 :人間七七四年:2009/10/21(水) 18:14:27 ID:VyS7es3V
    区民祭りの図書館本リサイクル(→一律一冊20円で購入)で 森雅裕の「化粧槍とんぼ切り」集英社)を入手したんだけれど、 なかなか評判作だったようで、ラッキーなことだったのだろうか。 (ヒロインは真田信之室の小松殿) 
    文体は軽妙だけれど決して軽いわけでもなく、 虚実の人物と出来事を上手く絡めて畳み掛けていく描写も面白い。 

    自分はこの作者を恥ずかしながら知らなかったんだけど、 東京芸大卒で面白い筆歴の持ち主なんだね。 何かで失敗?して、最近は大手から出していないようなんだけど、 時代小説のほかにも江戸川乱歩賞をとっていたり、 活躍が期待できるのに勿体ないはなしだ。 



    ランキング参加しています!
    ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)


    【おすすめの戦国時代の小説 【化粧槍とんぼ切り】【天正十年夏ノ記】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    39



    1 :人間七七四年:2012/08/14(火) 19:13:27.50 ID:90iWq5dq
    戦国のちょっと悪いエピソードを挙げていこう 




    10 :人間七七四年:2012/08/16(木) 17:28:57.57 ID:tme3h6f2

    ある時、徳川家康がオコリになったことがあり、様々な治療を試みたが効果がなかった。 
    そんな時に病を治すことができるという者がいて、家康の病を治すために呼び出された。 

    ところがその者の治療法というのが珍妙であった。まず、その者は屏風の陰に立って 
    「さあ参るぞ参るぞ」と言うので、家康は「何をするつもりだ」と笑った。 

    すると今度は丸く括った帯を蛇のようにして投げ出したので、家康はただ可笑しく思っているだけで、病気はまったく治らなかったということだ。 

    身分の低い農民などの療法を家康のような高貴な人に使って、病気を治し大手柄を立て ようと考えるとは、滑稽な話である。 

    慶長五年の七月頃に家康はオコリになったというから、これはその頃の話であろう。 

    ――『徳川実紀(古老夜話、武徳編年集成)』 



    12 :人間七七四年:2012/08/16(木) 17:59:07.21 ID:Vp2XNNtA
    こういうインチキ治療師が来た時、家康だからケタケタ笑ってるけど、 
    信長だったら世を欺く輩と言って成敗するんだろうな、と思うと 
    そのあたりがいい悪い別にして、君主としての違いにもつながるんだろうな、とか感じた 




    転載元
    http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1344939207/ 



    ランキング参加しています!
    ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)


    【戦国時代のちょっと悪い話 【黒田如水と桂菊右衛門】】の続きを読む

    このページのトップヘ