張 学 良



張 学良(ちょう がくりょう)は、中華民国軍人政治家  

4tyougakuryou



1928年6月4日関東軍河本大作による張作霖爆殺事件により、張作霖が死亡すると張学良は側近達の支持を取り付け奉天軍閥を掌握し、亡父の支配地域・満州を継承した。当時、蒋介石率いる北伐軍が北京に駐留し奉天軍閥との間に緊張が走っていたが、易幟青天白日旗を掲げ、国民政府への服属を表明すること)することを条件に満州への軍事政治への不干渉を認めさせ、独立状態を保つことに成功する。日本は林権助を派遣して張の翻意を試みたが失敗した。ただし張は日本との決定的な対立を避け、日本を軟化させた。1929年1月には、以前より対立していた楊宇霆ら旧臣たちを反逆者として処刑し権力と地位を不動のものにした。 




 
1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:11:15 ID:aF7ghxmc0
英雄でしょ? 



【張学良とは?知ってる?】の続きを読む