1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2012/08/24(金) 01:02:34.49 ID:???
神戸市教委は22日、同市須磨区小寺町3の「古川町遺跡」から、古墳時代前期~平安時代末期の 集落跡などを確認した、と発表した。明治期の海岸線から250メートルくらいしか離れておらず、 
須磨の海岸近くで人々が暮らしていたことを示す証拠になるという。 

同遺跡は妙法寺川左岸の河口部にあり、2005年の試掘で須恵器などが見つかっていた。 
市営住宅の建て替えに伴い、今年3月から約1800平方メートルで発掘を行った。 

見つかったのは3世紀から12世紀末の遺構。古墳時代の出土品では、土器の塊とかまどのある竪穴住居を確認した。奈良時代から平安時代前期のものとみられる掘っ立て柱建物は、柱穴(ちゅうけつ)が1辺60センチ以上の大型で、公共施設だった可能性があるという。 

平安時代末期の出土品では、耕作に伴う溝と木棺墓の一部、中国製の高品質の 白磁器などが見つかった。墓は屋敷の中にあった可能性があるという。 
平家一門が全盛期だった時代で、市教委は「平家の荘園の一部だった可能性が高い」とする。 

また海岸に近い砂丘部分では、漁に使ったとみられるたこつぼや網に取り付ける重りなどが、時代ごとに見つかった。 

市教委は「人々が漁業や農業を営みながら、断続的に住み続けていたことを示す。 
市内では、これだけ海岸に近い遺跡は珍しい」としている。 

25日午前10時~正午、現地説明会を開く。古川町遺跡発掘調査事務所 
※記者注 ソース先に連絡先の記載あります 


漁に使ったとみられるたこつぼ 
73
 
 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/Images/05323335.jpg 
神戸・古川町遺跡 
▽記事引用元 : 神戸新聞 (2012/08/23 10:41) 
神戸市  記者発表資料 2012年8月  海辺の集落遺跡みつかる! ―須磨海岸の平安時代― 
※リンク先に現地一般公開の問い合わせ先の記載あります 


3 :名無しのひみつ:2012/08/24(金) 01:39:01.13 ID:T37Jq6Vt
邪馬台国きたこれ 



 


ランキング参加しています!
ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)


【神戸 古川町遺跡から古墳時代前期~平安時代末期の集落跡を発見 平家の荘園の一部だった可能性】の続きを読む