古代文明

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    59ishikamen



    テパネカ王国の遺跡を発見、メキシコ 

     メキシコの首都メキスコシティで、15世紀に滅んだテパネカ(Tepanec)王国の遺跡が発見された。現場からは、子ども11人を含む17人分の人骨が出土し、約700年前に全盛期を迎えた王国が商業都市を築いていた証拠と考えられている。 

    メキシコシティで発見されたテパネカ(Tepanec)王国の遺跡。調査を指揮した自然人類学者ホルヘ・アルトゥーロ・ タラベラ・ゴンサレス氏がブラシをかけているのは、生まれたばかりの赤ん坊を抱いた女性で、出産後に死亡したらしい。 
    Photograph from Cortesia/INAH/RML/AP 

     発掘現場はメキシコシティ北西部のアスカポツァルコ(Azcapotzalco)行政区。発掘プロジェクトはアパート 建設の事前調査として2カ月前に開始。多数の人骨や陶器が見つかり、ほとんど未解明だったテパネカの宗教観を知る手掛かりになると期待されている。 

     アスカポツァルコ行政区は、約700年前にはテパネカ王国の豊かで有力な首都が置かれていた。メキシコ 国立人類学歴史学研究所(INAH)によると、今回の出土品から、商業が栄えて人々が集まり、宗教儀式も 催されていたと推測できるという。 

     写真は、調査を指揮したINAHの自然人類学者ホルヘ・アルトゥーロ・タラベラ・ゴンサレス(Jorge Arturo Talavera Gonzalez)氏。ブラシをかけているのは、生まれたばかりの赤ん坊を抱いた女性で、出産後に死亡したらしい。 

     全員の死因を突き止めるにはさらなる分析が必要だが、一部の頭蓋骨に開けられた穴は人身御供の可能性を示唆している。人骨の周囲には、祭壇や陶器、儀式用の品々も埋められていた。 

    「3個見つかったカップには、焼かれた人間の頭蓋骨が入っていた。非常に興味深い」とゴンサレス氏は語る。2個はリュウゼツランを原料とした乳白色で粘りがある酒「プルケ」用のようだが、三脚付きカップの用途はわかっていない。 

     子どもの遺骨の脇には、楽器やお椀、香炉、動物など、来世へのお伴としたものと推察される副葬品が埋められていた。 

     1つの墓からは犬の遺骸が発見されており、死後の世界を旅する主人のパートナーとして生贄にされた可能性が高いという。 

     テパネカ王国については考古学的な研究がほとんど進んでいない。アリゾナ州立大学(ASU)の人類学者 マイケル・スミス氏は、2つの理由を指摘する。彼らは「メシーカ(Mexica)」という部族を圧政的に支配していたが、後にメシーカがアステカ帝国に発展、テパネカ王国を滅ぼした。「その後アステカは、意図的に歴史からテパネカに 関する記述を削除した」。 

     また、テパネカの都市は大半がメキシコシティの地下に埋まっており、発掘調査が困難だという。 

    Catherine Zuckerman/National Geographic News August 1, 2012 



    ランキング参加しています!
    クリックお願いします(-^〇^-)
    【【考古】メキシコシティで15世紀にアステカ帝国に滅ぼされたテパネカ王国の遺跡を発見 一部の頭蓋骨に穴 人身御供の可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 :pureφ ★:2012/07/13(金) 14:01:14.89 ID:???

    洞窟からの発見により初期陶器の年代が明らかに
    Cave Find Pushes Back Dates of Early Pottery

    研究者らの報告によると、中国のある洞窟から出土した陶器破片は、すでに発見されている他の古代陶器より2,000 年ほど古い約20,000 年前のものであるという。

    陶器は人間の重要な発明であった。陶磁器はかごや革製の袋より安全に食料を入れておくことができる。また、料理にも使える。

    最古の陶器は中国と日本で約18,000 年前に作られたと考えられてきた。農耕が始まる数千年も前のことである。

    Xiaohong We らは今回、中国の洞窟から出土した陶器破片の混じった堆積層の年代を明らかにした。最も古い破片は、最終氷期極大期である約20,000 年前のものである。

    破片の多くには焼け焦げた跡があり、このことから、この陶器が料理に使用されていたことがわかる。

    関係するPerspective では、Gideon Shelach が、氷河期に資源が不足したことで人々が食料のより良い収集・加工方法を開発せざるを得なくなった可能性について考察している。

    中国の仙人洞洞窟遺跡より2万年前の初期の土器が出土
    Early Pottery at 20,000 Years Ago in Xianrendong Cave, China
    Xiaohong Wu1, Chi Zhang1, Paul Goldberg2,3, David Cohen2, Yan Pan1, Trina Arpin2, Ofer Bar-Yosef4,*
    Science 29 June 2012: Vol. 336 no. 6089 pp. 1696-1700 DOI: 10.1126/science.1218643
    http://www.sciencemag.org/content/336/6089/1696

    Perspective Anthropology On the Invention of Pottery
    Gideon Shelach
    Science 29 June 2012: 1644-1645.
    http://www.sciencemag.org/content/336/6089/1644.summary

    関連ニュース
    【考古】中国・西安の十六国時代の双室土坑墓から彩色儀仗陶俑が出土 画像あり
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1323105921/-100







    【【考古】中国の仙人洞洞窟遺跡から料理に使用されていた約20,000年前の陶器破片が出土】の続きを読む

    このページのトップヘ