115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18 22:36:39 ID:pIbauuX20
ワット・タイラーの乱のとき、一揆軍を鼓舞した言葉。 
「アダムが耕し、イヴが紡いだとき、誰が主人であったか」 
この演説をしたのは誰か 

 
1
ワット・タイラーの反乱軍と会見するリチャード2世

ワット・タイラーの乱(Wat Tyler's Rebellion)は、1381年にイングランドで起きた農民の反乱である。















116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18 22:37:06 ID:tTryBTE+0
>>115 
ジョンボール

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18 22:38:30 ID:pIbauuX20
>>116 
正解



1
ジョン・ボール(John Ball、1338年頃 - 1381年7月15日)は、イングランドの神父。ワット・タイラーの乱における思想的な指導者とされる僧侶。
ボールについての前半生は殆ど分かっていないが、ハートフォードシャーのセント・オールバンズに住んでいたとされる。イギリスの神学者でロラード派のジョン・ウィクリフの思想に心酔する狂信的な神父で、ウィクリフの思想の影響から社会的不平等を告発した過激な思想を展開、巡回説教師として各地を回り農民、下層民に大きな影響を与えた。しかしそのあまりに過激で危険な思想を恐れられたイングランド政府に捕らえられ、破門されたうえ、投獄されてしまった。


1381年、ワット・タイラーの乱が起こると獄中から救出される。ロンドン進撃を前に郊外のブラックヒースにて自らの思想を持って農民軍の士気を鼓舞したと言われている。その際の「アダムが耕しイヴが紡いだとき、誰がジェントリ(紳士)だったのか」という言葉は有名。
しかし反乱が鎮圧された後、捕らえられて首吊り・内臓抉り・四つ裂きの刑に処された。 





 
【世界史一問一答 『ワット・タイラーの乱のとき、一揆軍を鼓舞した言葉』 『お金について』 『現在のベナンにあった17世紀に創建されたアフリカの王国』 】の続きを読む