ヘロドトス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    85atrantelis

    アトランティスは、古代ギリシア哲学者プラトンが著書『ティマイオス及び『クリティアス』の中で記述した、大陸と呼べるほどの大きさを持ったと、そこに繁栄した王国のことである。強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたものの、ゼウスの怒りに触れて海中に沈められたとされている。  







    1 :出土地不明:2010/10/09(土) 10:24:31 ID:ah65zPgB
    全ての古代文明の起源であーるアトランティスについて語るぞとよ 


    ランキング参加しています!
    クリックお願いします(-^〇^-)


    【諸文明の起源? アトランティス~海底に眠る伝説の都市】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    70fatelima
    ファティマの奇跡 当時の新聞記事


    317 :世界@名無史さん:2010/12/31(金) 18:59:26 0
    近代西洋でも、占いとかオカルト類はあくまでアングラ扱いだが、 
    カトリック教会では公式に超常的な奇跡を認めてるよね。 


    ・・・てことで、本題に戻って。有名な話を。すまんが適当にネット上から抜粋する。 

    1916年春頃、一人の少年がポルトガル中部のファティマという小さな村に現れ、 
    村の3人の子供(ルシア、ヤシンタ、フランシスコ)に祈り方を教えた。 

    1917年5月13日、ファティマの3人の子供たちの前に謎の婦人が現れ、毎月13日に同じ場所へ会いに来るように命じた。 
    子供たちは5か月の間、毎月彼女と会い、いくつかのメッセージを伝えられた。 

    婦人の姿と声は3人の子供たちにしか見えなかったが、 
    一緒に行った村人たちは卵型の光る物体が降下してくるのを見たという。 
    この話は次第に近隣の町や村へ伝わっていき、最後の出現の日である10月13日には、 
    国中から10万人もの人が集まった。 

    その日どしゃぶりの雨の中を一万人もの群集が聖母の現れるくぼ地の周囲に集まった。 
    熱心な祈りをささげる信者たちにまじって、∃-ロッパ各地からやってきた 
    新聞記者や学者、聖職者たちの姿も見られた。 
    昼すぎ、小さな白い雲が子ともたちの周囲にわき出て、ゆっくりと空中高く上昇していった。 
    と同時に激しく降っていた雨がピタリとやみ、 
    空をおおっていた雨雲が割れて銀色に輝く一個の光球が現れた。 
    それは急速に回転しながら、無数の光線を放射しはじめた。 
    光線は黄、赤、青、紫とさまざまに色を変え、7万の群集に降りそそいで、大地にあふれた。 

    「奇跡だ!奇跡が起こったんだ」という叫び声があちこちからあがり、 
    人びとの熱狂と興奮の中で一連の「ファティマの奇跡」は幕を閉じた。 
    これは、集まった10万人の人々に一部始終目撃された。 


    世界史の奇妙で不思議なちょいと怖い話 その1
    世界史の奇妙で不思議なちょいと怖い話 その2







    ランキング参加しています!
    クリックお願いします(-^〇^-)
    【【ファティマの奇跡】世界史の奇妙で不思議なちょいと怖い話 その3 】の続きを読む

    このページのトップヘ