ナチス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    9




    1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/06(木) 22:59:08 ID:JjKuNoFy0
    ニートの出現を予想してた 




    8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 10:21:54 ID:8IyW7Kt+0
    まあ 当たってる 



    14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 22:01:20 ID:8IyW7Kt+0
    共感した予言は これだな 
    一生に一度の真の愛も快楽も得られない男女も増える 


    73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 05:14:13.20 ID:DhEDAtLu0
    「よろしい、では解説してやろうハンス。私が言った未来に現われる 
    『永遠の未成年者集団』というのは、もちろん、死ぬまで大人になりきれない 
    人間たち、ということだ。 

    そんなことは、厳しい正常な社会ではありえない。だからそうなる背景には、 
    甘やかされた異常な社会が当然ある。その中で、同じように大人になりきれない 
    親に、愛玩動物のように育てられるため、子どもも成人しても真の大人に 
    なれないのだ。」 

    愛もそうだ。特定の男女にだけ、愛と肉体の快楽が集中する。一方、 
    一生に一度の真の愛も快楽も得られない男女も増える。要するに、 
    土地や金や支配力を得る者は、ますますそれを得、支配される者はますます 
    支配されるだけになる。そうだハンス、それが未来なのだ。私の見た未来だ。 
    未来はそうなるのだ……」 
    http://hexagon.inri.client.jp/floorB1F_hss/b1fha400.html#01  



     


    ランキング参加しています!
    ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)

    ヽ(*´∀`)ノ



    【ヒトラーの予言が凄い件について】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    1 :納豆サイコーφ ★:2012/09/27(木) 13:43:31.47 ID:???
    【9月27日 AFP】 
    1938年にナチス親衛隊(SS)の探検隊がチベットから持ち帰った仏像は、隕石(いんせき)を彫って 作られていたという論文が26日、科学誌「Meteoritics and Planetary Science(隕石学と惑星科学)」に発表された。 
      
    アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)の「第三帝国(Third Reich)」と宇宙からの「財宝」の結びつきを示した 独オーストリアの合同研究チームによる調査結果は、まさに映画『インディ・ジョーンズ(Indiana Jones)』を 地で行くような話だ。 

    鉄分を多く含む岩石で作られていることから「アイアンマン(Iron Man、鉄の男)」と呼ばれるこのチベット仏像は、 動物・民俗学者エルンスト・シェーファー(Ernst Schaefer)が率いるSS探検隊がドイツに持ち帰ったもの。 

    ナチスドイツはアーリア人を最も優秀な民族としており、探検隊はアーリア人の起源は チベットにあるという説を確認するため、親衛隊長官のハインリッヒ・ヒムラー(Heinrich Himmler) の支援を受け、1938~39年にチベットに派遣された。探検隊のメンバーは全員がSS隊員だったとされる。 

    仏像は高さ24センチ、重さ10.6キロの毘沙門天の座像で、開いた右手を下に向けている。 
    化学分析の結果、鉄とニッケルを多く含むアタキサイトという極めて珍しい隕石を彫ったものであることが分かった。 

    研究チームに参加した独シュツットガルト大学(Stuttgart University)の エルマー・ブフナー(Elmar Buchner)氏によると、1万5000年前にモンゴルとシベリア境界付近に衝突したいん石とみられる。 

    毘沙門像が彫られた正確な年代は不明だが、作風からチベットで仏教文化が確立する11世紀より前のものとみられる。 
    (c)AFP 



    11

    http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2012/09/26/article-0-1538923D000005DC-652_634x853.jpg 

    2 :七つの海の名無しさん:2012/09/27(木) 13:45:45.95 ID:0/eVd9iH
    >>1 
    ナチスが持ち出さなかったら中国に破壊されてたかも。 

    3 :七つの海の名無しさん:2012/09/27(木) 13:47:17.44 ID:BHQt+IAA
    >>1 
    中に異星生命体が封印されているんですね、分かります 

    4 :七つの海の名無しさん:2012/09/27(木) 13:47:22.04 ID:TjCzUivH
    チンコ触ってドヤ顔してるように見える 



     


    ランキング参加しています!
    ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)



    【ナチスSSが持ち帰ったチベットの仏像、隕石でできていた【ドイツ/チベット】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




    75
    34 :世界@名無史さん:2012/04/08(日) 22:12:00.38 0
    アンネが生まれた1929年って 
    世界大恐慌が起こった年だね 
    これはまた色々すごいときに生まれたもんだ 


    81 :世界@名無史さん:2012/09/21(金) 05:21:59.17 0


    アンネ・フランクが映っている動画、YouTubeで公開 
    [オランダ発]  

    『アンネの日記』で知られるユダヤ人少女アンネ・フランクの生前の姿が映っている動画が9月23日、YouTubeで公開された。 
    アムステルダムの「アンネ・フランクの家(記念館)」による。 

    わずか20秒のビデオは、生前のアンネを撮った唯一のもの。 
    隣人の結婚式当日、新郎新婦を一目見ようと、2階の窓から身を乗り出している彼女の姿が、 
    数秒間(0:09-0:14)収められている。 

    撮影日は1941年7月22日。アンネはこの時、数えで13歳だったそうだ。 
    それから1年もしないうちに、彼女は両親や姉と共にアムステルダムで潜伏生活に突入。 
    しかし、1944年8月、密告により隠れ家がゲシュタポ(ドイツの秘密警察)に発見され、 
    アンネは1945年3月、ナチスの強制収容所でチフスのため死亡した。 

    ちなみに、新婚夫婦は今も存命で、ビデオはこの夫婦が提供したものだという。 

    記念館が最近開設した公式チャンネルでは、このほか、アンネの父親オットー・フランクや、 
    フランク一家らの潜伏生活を支援したオランダ人女性ミープ・ヒースのインタビューからの抜粋も公開されている。 

    また、開館50周年記念の一環として、バーチャル記念館が来年4月28日オープンする予定だそうで、その予告編も見ることができる。 


    アンネ・フランクが映っている動画 ↓ 

     


     ↑ 
    アンネの父親オットー・フランク 
       ミープ・ヒース     の インタビュー動画も 

    1 :世界@名無史さん:2011/12/07(水) 16:11:35.81 0
    どうぞ 


     


    ランキング参加しています!
    ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)



    【アンネ・フランクを密告したのは誰だ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
     93
    1941年に行われたハインリヒ・ヒムラーのマウトハウゼン視察。



    【ドイツ】 「ドクター・デス」の異名を持つ男、死亡していた ナチス・ドイツ強制収容所で人体実験 [9/22]
    1 :七難八苦φ ★:2012/09/22(土) 14:59:53.67 ID:???
    「ドクター・デス」の死亡確認=強制収容所で人体実験-独裁判所 

     【ベルリンAFP=時事】第2次世界大戦中、ナチス・ドイツ強制収容所で 
    ユダヤ人ら囚人に対して残忍な人体実験を加え、多数を虐殺したとして 
    行方を追われていたオーストリア出身の医師アリベルト・ハイム容疑者は 
    1992年にエジプト・カイロで78歳で病死していたことが確定的となった。 
    ハイム容疑者の捜査を担当しているドイツ南西部バーデンバーデンの裁判所が21日、 
    「容疑者の死亡には疑いがない」とする声明を発表し、捜査の打ち切りを明らかにした。 
     大戦中、ハイム容疑者はオーストリアに建設されたマウトハウゼン強制収容所に勤務し、 
    不必要な手術や薬物注射などによっておびただしい数の囚人を虐殺した。 
    「ドクター・デス」(死の医師)の異名を持ち、「死の天使」と恐れられたアウシュビッツ収容所の 
    医師ヨーゼフ・メンゲレ(79年、逃亡先のブラジルで水死)と並び称せられる。(2012/09/22-07:10) 

    時事通信 

    17 :七つの海の名無しさん:2012/09/23(日) 00:16:19.93 ID:DZ9uAFHv
    戦後78才までどうやって生きてたんだろう 
    【【ナチス】 「ドクター・デス」の異名を持つ男、エジプトで死亡していた 【ドイツ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    6ufo


    1 :名無し三等兵:2010/11/25(木) 19:25:56 ID:???
    大戦中から円盤型航空機開発を極秘裏に行っていたドイツ 
    実際UFOの存在も大戦中から目撃されていた 
    その後のロズウェル事件といいやはりナチスがかかわって 
    いた可能性大と思うが、どう思いますか? 



    【ナチスUFO兵器は存在したか?】の続きを読む

    このページのトップヘ