ストーリーテリング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote






    エイブベリの奇祭
    45 名前:本当にあった怖い名無し mailto:sage [2005/06/06(月) 01:13:08 ID:uPlVjUFq0]
    信じようと、信じまいと― 

    1916年。イーディス・オリヴィエはイギリスのエイヴバリーを車で移動中、巨石を通り抜けた向こうに祭りの光景を見た。 
    薄暮と雨の中、船の形をしたブランコや群衆が松明に照らされているのが見えたという。 
    それから何年もして、オリヴィエはエイヴバリーの祭りが1850年に廃止されているのを知る。 
    更に、通り抜けた巨石も19世紀に入る前に消失していたという。 

    108

    Avebury Henge and village


     






    【【披見注意】 信じようと、信じまいと― 『ハオリムシ』『伊能忠敬と「霧雨」』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote





    消えた実験記録
    142 名前:本当にあった怖い名無し mailto:sage [04/07/31 22:22 ID:MQcRW3GC]
    信じようと、信じまいと― 

    第2次大戦末期、ドイツ国内のある研究施設を占領した連合軍兵士は、そこで異様な光景を目撃した。 
    実験動物と思しき何百匹もの猿の死骸。それらは全て体の表裏が逆転し、筋肉と内臓を剥き出しにした無惨な姿で息絶えていたのだ。いったい、いかなる兵器の開発が行われていたのか…? 
    実験に関わった科学者たちが逃亡してしまったため、詳細は今もって不明である。 

    9










    【【※披見注意】 信じようと、信じまいと― 『消えた実験記録』『パムッカレの姥捨て洞窟』】の続きを読む

    このページのトップヘ