2kasei

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/08/15(水) 14:06:54.12 ID:???
ソースは 

[1/3] 
世界中の目が米航空宇宙局(NASA)の火星探査車キュリオシティー(Curiosity)の活躍へと 
注がれる中、オランダの企業家が立ち上げた民間プロジェクトチームが、NASAに先んじて 
火星への人類到達を目指している。しかも、その一部始終をリアリティー番組として放送する 
というのだ。ただし火星に着陸する宇宙飛行士たちに渡されるのは、片道切符だという。 

とても正気とは思えない企画だが、プロジェクト「マーズ・ワン(Mars One)」の関係者は 
大真面目だ。NASAが掲げる目標より7年も早い2023年までに飛行士4人を火星に着陸させる 
計画で、来年にも志願者の募集を開始する。 

専門家たちは懐疑的だ。 
しかし、「マーズ・ワン」には心強い支持者がいる。1999年のノーベル物理学賞を受賞した 
オランダのヘーラルト・トホーフト(Gerard 't Hooft)氏だ。同氏はAFPの取材に、次のように 
語った。 
「最初の反応は『これは絶対無理だろう』だった。けれどプロジェクトを精査してみると、 
実現可能だと思うようになった」 

■リアリティー番組化で資金調達 
プロジェクト発案者は、風力発電所で働いた経験を持つメカニカルエンジニアの 
バス・ランスドルプ(Bas Lansdorp)氏(35)。 
物理学者や工業デザイナー、広報スペシャリストとチームを組み、各国の宇宙機関がしのぎを削る 
有人火星到達競争に挑む。 

試算したプロジェクト予算は60億ドル(約4700億円)と、NASA史上最大のミッション・ 
キュリオシティーの予算(25億ドル)の2倍以上に上る。 
ランスドルプ氏はオランダ発祥の史上初のリアリティー番組「ビッグ・ブラザー(Big Brother)」の 
仕掛け人の1人、パウル・レーマー(Paul Romer)氏との出会いから、この莫大な資金を 
集めるのにリアリティー番組を活用するという着想を得た。 

計画では、宇宙飛行士の選抜と訓練から、何か月にも及ぶ火星への旅、 
そして火星での飛行士たちの生活まで、全てをテレビ放送する。 

「この冒険をメディアスペクタクルとすることで、資金は調達できる」とランスドルプ氏。 
マーズ・ワン計画に多くの不確定要素があることは認めつつ「火星征服こそ、人類史上最も 
重要な一歩になる」と、プロジェクトへの思いをAFPの取材に語った。 

-続きます- 



ランキング参加しています!
クリックお願いします(-^〇^-)


【火星への片道切符 壮大なリアリティー番組企画が始動【オランダ】】の続きを読む