アメリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1 : ボンベイ(北海道):2012/11/02(金) 13:41:25.64 ID:t2ku3las0 ?PLT(12000) ポイント特典

    ★ジェンガのような高層マンション、ニューヨークで実現へ
    大きく遅延したものの、ニューヨークのトライベッカ地域で予定されている、ちょっと不思議な60階建てのマンションが実現に向けてスタートするかもしれない。このマンションは居住ユニットを積み重ねて造られる予定で、そのデザインから「ジェンガビルディング」との愛称で呼ばれている。「ジェンガ」とは、1980年代に生まれた木製ブロックによるゲームの名称だ。
     Tribeca Citizenによると、スイスの建築設計事務所Herzog & De Meuronが考案した「56 Leonard Street」プロジェクトは、2016年春までに竣工する見込みだという。
    http://japan.cnet.com/news/offtopic/35023703/
    1
     1
    2
    3
    4
     



    105 : ロシアンブルー(WiMAX):2012/11/02(金) 16:11:04.44 ID:j/nP0zTV0
    >>1 
    な。んだジェンガか。 

    5










    【【画像】ニューヨークですげえ未来的な建物が建設されてる これは住みたい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
     

    1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/10/19(金) 12:59:35.55 ID:???
    米航空宇宙局(NASA)は18日、火星探査車キュリオシティー(Curiosity)が火星で初めて採取した土壌サンプルの中から、人工物の可能性もある明るい色の物体が見つかったと発表した。キュリオシティー自体から落下した物体である可能性も含め、調査を進めているという。 

    NASAの発表によると現在、キュリオシティーの車体深部に搭載されている「化学・鉱物分析装置(Chemistry and Mineralogy、CheMin)」で、 この物体の組成の分析を試みている。 
    当初は人工物と考えられたが、キュリオシティーが土壌採取のために掘った 穴の底で発見されたことから地中にあったとみられ、科学者と技術者たちはこの物体が火星のものだとの見解で強く一致しているという。 

    米カリフォルニア(California)州パサデナ(Pasadena)にあるキュリオシティー・プロジェクトチームの科学者は、 
    「(土壌を)採取した一帯にあった明るい色の小片を分析し始めた。科学班では この小片をゴミと呼んでいる」 
    「人工物の可能性は排除できないが、われわれはそう(人工物)だとは考えていない」 
    と述べている。 

    ソースは 
    ■NASA 
    http://www.nasa.gov/ 
     10.15.12 Rover's Second Scoop Discarded, Third Scoop Commanded 

      
    画像は 
     18
      http://www.nasa.gov/images/content/697185main_pia16230-43_946-710.jpg 




    2 :七つの海の名無しさん:2012/10/19(金) 13:00:33.71 ID:7axExoEu
    やっぱりな 

    13 :七つの海の名無しさん:2012/10/19(金) 13:29:13.95 ID:R9wWpob9
    プラッチックかビニールの汚れたのに見えるわ。 

     






    【火星で謎の小片見つかる!人工物か?探査車キュリオシティー【アメリカ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
     
    【アメリカ】高度3万9000mから宇宙服とヘルメット姿で大気中を落下…米で「音速超えるスカイダイビング」に成功、時速1100キロで世界記録
    1 :生徒もろきみ!φ ★:2012/10/15(月) 07:47:29.52 ID:???
     アメリカで元兵士の男性が高度3万9000メートルからのスカイダイビングに挑戦し、最高落下速度が音速を超える時速およそ1100キロに到達するなど世界記録を更新して成功したということです。 

     スカイダイビングの世界記録に挑戦したのは、オーストリア人の元兵士のフェリックス・バウムガートナーさん(43)です。 

     バウムガートナーさんは、アメリカ西部のニューメキシコ州で14日、高さおよそ3メートル、幅およそ2.4メートルのカプセルに乗り込み、 大型の気球で大空を上昇しました。 
     そして離陸から2時間半後、旅客機が飛行する通常の高度より3倍以上も上空の高度3万9000メートルの地点に到達すると、窓から飛び降りました。 

     バウムガートナーさんは、マイナス70度の寒さにも耐えられるよう、宇宙服とヘルメット姿で大気中を落下し、パラシュートが開くまでの4分余りの間に最高落下速度は音速を超える時速およそ1100キロ以上を記録したということです。 

     企画した団体は、バウムガートナーさんがスカイダイビングの高度や最高落下速度の2つの世界記録を更新したとしています。 
     バウムガートナーさんは飛び降りてからおよそ10分後に地上に到着し、しっかりとした足取りで歩いて出迎えた関係者と成功を喜び合っていました。 

     バウムガートナーさんはオーストリア軍の部隊でスカイダイビングの技術を磨き、今回の挑戦のために5年間、訓練を続けてきたということです。 

    ソース(NHKニュース) ※ソース元に動画あり 



    69
     http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121015/K10057402411_1210150643_1210150644_01.jpg 



    84 :やまとななしこ:2012/10/15(月) 10:02:02.53 ID:YXiHBzEt
    鳥になってこいスネーク!! 
    とどう違うの? 

    85 :やまとななしこ:2012/10/15(月) 10:04:03.27 ID:S33Xo6kA
    >>84 
    高さがぜんぜん違う。 
    スネークが飛び降りたのは飛行機から。 
    今回は飛行機が行けない高さです。 
     
    114 :やまとななしこ:2012/10/15(月) 14:24:10.27 ID:jROO71jp

    こういうチャレンジャー好きだぜ 


    124 :やまとななしこ:2012/10/15(月) 15:28:46.33 ID:jhzXdYPK
    ソース元の動画を見たら手の平から汗が。。。 
     
     






    【【時速1100キロ】宇宙から音速超えるスカイダイビング【アメリカ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


     
    1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/06(木) 22:29:33
    アメリカ内戦である南北戦争を語りましょう 

     

    3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/07(金) 19:08:12
    日本だと南北戦争ってマイナーなテーマですね 
    しかし南北戦争は戊辰戦争とかも絡んでくるので、そのへんから見ても興味深いと思うけどなー 


    5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/07(金) 23:31:25
    ゲティスバーグしか知らんわ 


    1
    ゲティスバーグの戦いBattle of Gettysburg)は、南北戦争において事実上の決戦となった戦い。ゲティスバーグ戦役の中核を成し、アメリカ合衆国軍とアメリカ連合国が双方総力を結集、南北戦争史上最大の激戦となった。この戦いが転換点となり、合衆国軍が優勢になったと見るのが伝統的見解である。
     
    52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 02:24:33.12
    ゲティスバーグで北軍の第11軍団第3師団長のシメルフェニッグは 
    戦闘中、町の地下室に隠れていたとあるが、その後どうなったのか? 



     


    ランキング参加しています!
    ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)



    【【アメリカ】南北戦争について 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    32









    1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/09/17(月) 09:13:06.07 ID:???
    ソースは 
    http://sankei.jp.msn.com/wired/news/120915/wir12091506310000-n1.htm 
    http://sankei.jp.msn.com/wired/news/120915/wir12091506310000-n2.htm 
    米軍は、バックパックに入れられる小型無人航空機で、30分以内に10km先までの敵を 
    攻撃できるシステムを開発しようとしている。 
    29
     
     








     


    【【ジュドの強さ】携帯できる無人兵器・アメリカ【リルルの涙】】の続きを読む

    このページのトップヘ