1
















1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:31:47 ID:JjWIS1a30
人数や兵器の数が圧倒的に不利
土壇場で味方に裏切られまくった
圧倒的に有利だったのに天候のせいで大敗北した
とか
「そんな理不尽な…」って感じた合戦いくらでもあるだろ?

洋邦、年代、勝敗etc.
問わず教えてくれ





40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:23:29 ID:aajiZ+p+O
ブタ戦争でググれ 
あまりに理不尽な戦争なので出動した軍人が交戦を拒否した
ブタ戦争(ブタせんそう、英: Pig War)は、サンフアン諸島におけるアメリカ合衆国とイギリス領北アメリカ(後のカナダ)との国境をめぐる紛争(「サンフアン諸島国境紛争」あるいは「北西国境紛争」)の中で、1859年にアメリカとイギリス帝国が衝突した事件。サンフアン諸島はバンクーバー島と北アメリカ大陸との間にある。ブタを射殺したことがきっかけで発生したため「ブタ戦争」と呼ばれるようになったが、他に「ブタエピソード(Pig Episode)」とも呼ばれる。そのブタは、衝突により血が流れることのなかったこの戦争における唯一の犠牲者だった。










2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:39:58 ID:qn852D/00
ヨーロッパで300対100万ってなかったか?あれは神話だったか?

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:50:30 ID:pIaID/8r0
>>2
300(スリーハンドレット)で有名のスパルタ対ペルシアの話か

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:50:55 ID:CtZeAbnm0
>>10
あれ現実なの?

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:03:09 ID:cpuEzDMb0
>>12
テルモピュライの戦い
1













テルモピュライの戦い(-たたかい、古希: Μάχη των Θερμοπυλών)は、ペルシア戦争における戦いの一つ。紀元前480年、テルモピュライで、スパルタを中心とするギリシア軍とアケメネス朝ペルシアの遠征軍の間で行われた戦闘である。「テルモピレーの戦い」や「サーモピレーの戦い」とも呼ばれる。ヘロドトスの『歴史』(第7巻)に記述される。
海戦(アルテミシオンの海戦)ではギリシア艦隊がペルシア遠征軍に善戦したが、テルモピュライではペルシアの圧倒的な戦力の前にギリシア軍が敗退した。しかし、スパルタ軍とテスピアイ軍は全滅するまで戦い、ペルシア軍を3日間に渡って食い止め、クセルクセスの兄弟を二人戦死させた。これは、スパルタ軍の勇猛さと地形をうまく利用したためと言われている。
ヘロドトスはスパルタ軍として参戦したのは300人隊のみであるとするのに対し、ディオドロスはスパルタ軍には300人隊に加えて1,000人のスパルタ装甲歩兵が参戦したとしており、ディオドロスが1,000人と伝えているロクリス・オプンティア(テルモピュライの真東)の全兵力を加えたギリシア側の総数は7,000人前後と推定される。
ディオドロスのみが記載するマリス(テルモピュライの真西)は直前にペルシア軍本体に占領されており、実際には参戦していないと思われる。またこの戦いの直後にロクリスはペルシア軍に占領され、ポキスはペルシア側の同盟国となった。最後まで戦闘に参加したのは、スパルタ、テスピアイ 、テバイの兵 (合計1,400人~2,400人) のみである(ディオドロスによると、最後まで戦闘に参加したのはスパルタ兵とテスピアイ兵のみとしているが、合計500人と少ない数字を挙げている)。 









3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:44:36 ID:jp5NaP6O0
水鳥が羽ばたいたと思ったら敵が逃げた
富士川の戦い
両軍が対峙したその夜、平氏軍は突如撤退し、大規模な戦闘が行なわれないまま富士川の戦いは終結する。
この件に関しては以下のような逸話が有名である。その夜、武田信義の部隊が平家の後背を衝かんと富士川の浅瀬に馬を乗り入れる。それに富士沼の水鳥が反応し、大群が一斉に飛び立った。『吾妻鏡』には「その羽音はひとえに軍勢の如く」とある。これに驚いた平家方は大混乱に陥った。『平家物語』や『源平盛衰記』はその狼狽振りを詳しく描いており、兵たちは弓矢、甲冑、諸道具を忘れて逃げまどい、他人の馬にまたがる者、杭につないだままの馬に乗ってぐるぐる回る者、集められていた遊女たちは哀れにも馬に踏み潰されたとの記載がある。事実がどのようなものであったかは不明ではあるが、平家軍に多少の混乱があったものと推察される。





4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:46:59 ID:hb4zK52u0
秀吉だったかな
多量の弓矢備えて攻めてくる大軍に投石で応戦し撃退した



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:48:40 ID:bZjp3rNMO
たしかドイツだかで、夫と兵士がいない間に攻め込まれた城あったよな。
女子供主力で籠城して勝った奴。
なんだっけ、城壁の上にたった奥方(美人で有名だったらしい)がスカート捲って、「私を犯したければ勝ってみせろ!」とか挑発したのは覚えてるんだ。

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:52:47 ID:XcGtQLzJ0
>>5
カテリーナ・スフォルツァか

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:54:26 ID:Gc5ntRv/0
>>5
正確にはちょっと違う。
反乱が起きて、夫と息子は殺されちゃったとき
城壁の上でスカートまくって
「こどもなんて、ま○こがあればいくらでもつくれる!!」
ってゆってブチ切れ挑発した。

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 16:12:58 ID:nVyQwku+0
>>15
旦那殺されてるのに種はどうすんだよ・・・




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:48:44 ID:txmvBJhe0
桶狭間も理不尽な合戦
あんなん俺が指揮してたら一瞬で壊滅してるわwwwww

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:49:10 ID:jTTKd5Wf0
人取橋

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:49:58 ID:CtZeAbnm0
>>7
kwsk
人取橋の戦い(ひととりばしのたたかい)は、天正13年11月17日(1586年1月6日)に佐竹氏および蘆名氏らの南奥諸大名の連合軍と伊達氏の戦い。
11月17日、本宮城を出た政宗は、安達太良川を渡って南方の観音堂山に布陣する。前日のうちに五百川南方の前田沢に布陣していた佐竹および南奥諸大名の連合軍は、伊達本陣をめがけて北進を開始し、瀬戸川(阿武隈川支流)に架かる人取橋付近で両軍が激突する。伊達軍と連合軍の兵力差は7,000対30,000と4倍以上であった。
戦闘は連合軍の一方的な攻勢に終始した。兵数に劣る伊達軍はたちまち潰走し、連合軍は伊達本陣に突入、政宗自身も鎧に矢1筋・銃弾5発を受けた。敗色濃厚となった伊達軍は政宗を逃がすべく、軍配を預かった宿将・鬼庭左月斎が殿を務め、人取橋を越えて敵中に突入して奮戦し討ち死にを遂げた。また東方の瀬戸川館に布陣していた伊達成実の隊も、挟撃を受けて猛攻を浴びたが、踏み止まって力戦し時間を稼いだため、政宗は辛うじて本宮城に逃れた。伊達軍の壊滅は必至であったが、日没を迎えたため、この日の戦闘は終結した。
ところが同日夜、佐竹家の部将・小野崎義昌(義重の叔父)が陣中で家臣に刺殺されるという事件が発生し、さらには本国に北条方の馬場城主江戸重通や安房の里見義頼らが攻め寄せるとの報が入ったため、佐竹軍は撤退を決定した。圧倒的優勢な状況下で30,000の軍勢が一夜にして撤退したことは、後年さまざまな憶測を呼び、佐竹氏の本国急変は政宗による裏工作があった等の説が生み出されるに至った。





11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:50:54 ID:GT/feaQz0
楠木正成が城にやってきた軍勢に糞尿をぶっかけて応戦
1























14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:53:36 ID:CtZeAbnm0
航空支援無しでの沖縄特攻…



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:56:42 ID:dow4mU4D0
末期のナポレオンもかなりの無理ゲー

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:58:16 ID:GT/feaQz0
アラモの戦い
アラモの戦い(アラモのたたかい、Battle of the Alamo)は、テキサス独立戦争中の1836年2月23日 - 3月6日の13日間にメキシコ共和国軍とテキサス分離独立派(テクシャン反乱軍)の間で行われた戦闘。
アラモ砦
1836年1月、ボウイは30名の分遣隊と共にベハルに到着した。彼の任務は、そこでの要塞を解体することだったが、ボウイは知事へ、アラモ砦を戦略的に重要な場所として保持する要請を書いた。ボウイと彼の兵士はすでにアラモ砦にいた79名の兵士に加わり、その後の数週間の間に、ウィリアム・トラヴィスと30名の兵士、デイヴィッド・クロケットと12名の兵士が加わった。アラモ砦の司令官、ジェームス・ニール (w:James C. Neill) 大佐は伝道所を去り、兵士たちはボウイを司令官に選出した。彼はお祝いに酒を飲み、その後、ボウイはトラヴィスと責務を共有することに同意した。
1,500名の騎馬隊から成るメキシコ軍は、2月後半にベハルに到着し、テキサス軍に降伏を要求した。ボウイは拒否したが、2月24日には、おそらく進行していた結核のために倒れ、小さな部屋に幽閉された。メキシコ軍が攻撃した3月6日に、彼はアラモの防備兵の残りとともに死んだ。ベハルの知事、フランシスコ・ルイスは彼の遺体を確認し、サンタ・アナはボウイの死体を詳しく観察して死亡を確認した。







20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:59:57 ID:8DxNOr7K0
これは興味深い


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:01:56 ID:+CovPAkS0
中国側からみれば元寇の戦いは理不尽な戦だろうなwwwwwwwww

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:03:20 ID:0mNma8Ny0
インパール侵攻は理不尽だけど触れないでおく

26: 俺的雑記”管理”人 ◆dhhGlr53wI 2011/07/14 13:03:31 ID:UoEHg1Fb0
フィンランドの雪中の奇跡

どっちにとって理不尽かはちょっと判断つかないが
1











雪中の奇跡











76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 15:10:09 ID:IZu+dir30
冬戦争 
      ソ連   フィンランド 
歩兵   100万  25万 
戦車   6500   数十 
航空機  4000   100ちょい 

こんなんでもソ連を撃退できるフィンランドに惚れる


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 15:13:15 ID:AcddPavW0
戦うたびに戦車が増える神秘の国フィンランド







27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:05:38 ID:Gc5ntRv/0
理不尽というか、
片方の指導者がバカだと、すぐに大軍vs寡兵になるからなぁ。
無能のツケは理不尽とは言わないわけで。

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:06:58 ID:HoBlSxMW0
マレー沖海戦

航空機に戦艦やられるとかねーよwwwww
え…?
…マジなの?ねぇマジなの…?

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:07:40 ID:A40d9suo0
旅順攻略も相当理不尽
落とせる筈の無い要塞を落としたことも理不尽なら、
落とせる筈の無い要塞を攻めあぐねただけで、
乃木大将を無能呼ばわりする風潮も理不尽

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:08:43 ID:vKVO7/Tf0
アヘン戦争しか思い浮かばなかった

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:09:01 ID:HWYvCsRh0
7千人で20万人の包囲に2ヶ月間頑張ったけど最後は城門の閉め忘れで滅亡

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:11:11 ID:039aFlxJO
>>31
コンスタンティノープルェ…

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:10:44 ID:rkCFbJvj0
ペルシャが猫を前線に配置することで勝利した戦争がなかったっけ

1


















35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:13:07 ID:C8m/2ypQO
長篠合戦かな 待ちガイル状態での鉄砲相手は無理無理

1


























37: キュア坊主 ◆XJHAoK0R22 2011/07/14 13:17:54 ID:LiqPD3OkO
イタリアのエチオピア侵攻は流石に話盛ってるよな?

もともとイタリアはメネリク2世の帝位襲名を支援することで、間接的にエチオピアに影響力を行使する事を計画していた。その為、現地には1万人前後の兵士しか派遣されていなかったが、これを好機と見たメネリク2世はイタリアとの協定を破棄して開戦した。単に数で上回れるだけでなく、陸軍がフランスの支援で高度な近代化を成し遂げていたのも大きな要因であった。
遠征軍の指揮官であるオレステ・バラティエーリはエチオピア軍がフランス式の大砲や機関銃で武装している事を知ると、本国に本格的な派兵を要請した。しかしアフリカ人相手の戦争と侮っていた(これは他の欧州諸国にも通ずる偏見である)フランチェスコ・クリスピ首相は増援を拒絶し、速やかな決戦を命じた。
アドワの戦いでエチオピア軍15万とイタリア軍1万が衝突する。イタリア軍側は各所で包囲されながも抵抗しエチオピア軍に10000名の損害を与えたが、自らも8000名の兵士を失って敗北した。



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:40:21 ID:2VsNb9Qo0
なんという良スレ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:48:23 ID:MeQ+HE/X0
イラク戦争だって相当理不尽だろ

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:16:37 ID:wyO8Kve5O
>>42
M82対物ライフルが1キロ先のイラク兵を両断

劣化ウラン製の米軍戦車が故障して動けなくなったが
イラク軍戦車3台の攻撃は効かず、保塁に逃げた戦車を
保塁を貫通して破壊したそうな

今はそんな兵器をイラクに導入してるがね

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:51:48 ID:+u8Ae2zq0
竹槍を高度300メートル以上をを飛んでいるB-29のエンジンを壊せる勢いで投げて迎撃する作戦

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:58:07 ID:nyeehkWM0
>>43
竹槍訓練は本土決戦に備えてやったんだよ。
その前に終戦したけど。

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:01:24 ID:MeQ+HE/X0
>>45
竹槍を束ねて射出する装置みたいなのなかったっけ?

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 13:57:18 ID:veS0JjBC0
パーニーパットの戦い
ラージプート連合軍10万と象1000頭をその十分の一ほどの戦力で打ち破ったムガル帝国のバーブル

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:01:01 ID:2VsNb9Qo0
三国志関連があがってないな
赤壁とか理不尽の極みだろ

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:57:15 ID:2v/pw6X3O
赤壁は20万対5万?だったかな 
負けた原因は曹操の判断ミス 
水軍の大半が降伏して間もない兵 
曹操軍本隊は慣れない土地で風土病 
勝てる要素無し






48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:03:17 ID:jQrKkPEq0
サッカー戦争の開戦経緯は理不尽

サッカー戦争(サッカーせんそう、スペイン語: Guerra del Fútbol)とは、1969年7月14日から7月19日にかけてエルサルバドルとホンジュラスとの間で行われた戦争である。同年6月に行われた1970 FIFAワールドカップ・予選において両国が対戦した際の国民感情のもつれから国交断絶に至った経緯から「サッカー戦争」の名称で知られているが、その背景には両国間の国境線問題、ホンジュラス領内に在住するエルサルバドル移民問題、貿易摩擦などといった問題が存在する[1][2][3]。100時間戦争[2][4]やエルサルバドル・ホンジュラス戦争[5]とも呼ばれる。




49: 忍法帖【Lv=6,xxxP】 【東電 82.6 %】 株価【E】 【Dfamicom1309915955147527】 2011/07/14 14:05:13 ID:v6Dtt0A/0
ふむ

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:05:43 ID:cpuEzDMb0
紀元前401年 クナクサの戦い ペルシア軍VSキュロス軍+ギリシャ人傭兵

開戦早々にキュロス軍の指揮官が死んでその兵達は敗走、ペルシア軍の勝利が決定付けられる。
だが最右翼にいたギリシア人傭兵部隊は指揮官の戦死に気づかずにそのまま戦闘を継続。
(戦列の幅が3km以上に伸びていたためすぐに知るのは困難であった)

当時のギリシャ重装兵は世界最強とも言われ、この時もその強さを発揮、
勝利者であるはずのペルシア軍はボコボコにされて壊走。

気付くと、戦場にはギリシア人傭兵部隊しか残っていなかったという。
またそこで初めて彼らは、雇い主のキュロス軍が敗走していたことを知った。

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:11:15 ID:qKfDKYiW0
>>50
これすげーなwww

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:28:17 ID:+u8Ae2zq0
>>52
仕方なくないだろ

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:29:01 ID:+u8Ae2zq0
>>56
安価未すした>>51

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:20:24 ID:Kr3iQuTmO
>>50 庸平かっこよすぎ

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 16:21:16 ID:OBrCOdkM0
>>50
クセノフォン乙

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:07:37 ID:Z/58/2hX0
まぁおまえら…
戦争末期の旧日本軍関係はやめてやれ
状況故に仕方ない

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:49:30 ID:QjcfFYat0
>>51
むしろそんな状況で3倍の相手と戦って2ヶ月保たせた硫黄島はすげえ

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:27:10 ID:2dv+8aA7O
ピョートル三世が輝けるスレだな

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:31:00 ID:xlF2vy8TO
何の戦だか忘れたが
籠城したとこを兵糧攻めにして、
みんな腹ペコであろう城の前で宴会開くやつ
こんなんやられたら、心が根元からポッキリ折れる自信があるわ

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 15:08:21 ID:PI7LBZYS0
>>58
秀吉に包囲された小田原城北条軍

まだ余裕あるぜ、とばかりに鼓やら和歌やら興に耽っていたらしいが実際は心折られて涙目だっただろうな

涙目で遊んでるのを想像したら…ww



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:35:24 ID:JLMe6wccP
スペインVSアステカ
スペイン人500人 アステカ人20万人
結果、スペインの圧勝

当時のアステカの王モンテスマは超ヘタレで、スペイン人にヘコヘコしまくってた
アステカ国内で反スペイン感情が高まると
モンテスマは国民をなだめようとする始末
んで怒り狂った国民に殺される
その後、全面戦争でアステカ消滅

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:35:34 ID:dIYTlh/KO
日本の合戦は旗色変えるのが常だろ
というか戦勝者が歴史を作るから少数で大軍に勝った的な話は嘘くさい

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:44:16 ID:I3VZbiLz0
>>61
姉川合戦で朝倉軍の脇を突いた榊原康政の話はウソ臭いってよく言われてるな

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:40:48 ID:JLMe6wccP
スペインVSインカ
スペイン人180人 インカ帝国の人口1千万人
結果、スペインの圧勝

スペイン人の鉄砲にインカ人ビビりまくり
街中パニックになりインカ人は逃げ惑ってドミノ倒しになり大量に圧死
あっさり王も捕まり、王を人質にされインカ帝国降伏、そして消滅
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:42:46 ID:t2i/9eLG0
南米じゃ肌が白いのが神として降臨するみたいな言い伝えがあったらしいからな 
白人見ても最初は警戒心なかったんだろうな

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:42:31 ID:qKfDKYiW0
まあスペインもその後海賊に一方的にやられ続けるわけなんだけどね

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 14:51:58 ID:JLMe6wccP
>>64
海賊って言うかイングランドの私掠船なんだよね
スペインは海賊を取り締まるようにイングランドにお願いするんだけど
その海賊の元締めがエリザベス女王だったわけで
取り締まるどころか、ますます海賊行為が酷くなっていった

ようやくスペインも犯人がイングランドだったことに気が付き、即戦争状態に突入
当時、スペインは世界最強の海軍・無敵艦隊を有していて
逆にイングランドは海軍自体持ってなかった

エリザベスはビビりまくったけど、
海賊たちが少ない戦力で無敵艦隊に打ち勝った(アルマダの海戦)
狭いドーバー海峡におびき寄せて、大艦隊を各個撃破されたのが敗因

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 15:16:38 ID:T9IM3qWD0
>>71
噂の無敵艦隊はサボタージュ工作を受けて文字通りの骨抜きにされる始末


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 15:03:35 ID:+xpwhvX6O
合戦じゃないけど14人で稲葉山城取った半兵衛
※竹中半兵衛 稲葉山乗っ取り





80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 15:25:15 ID:IZu+dir30
湾岸戦争

空爆作戦開始と同時に、攻撃ヘリ部隊がイラク軍のレーダー網を片っ端から強襲
レーダー網がマヒした瞬間を図り無数のトマホークと艦載機とステルス攻撃機が
各種主要施設を一斉爆撃。補給システムは元より電機、交通等あらゆるインフラがマヒ
爆撃を繰り返してから約一ヶ月後、50万あまりの連合軍陸上部隊が北上を開始
補給も届かず上からの命令も受け取れない孤立したイラク軍を次々包囲し、降伏させていく
昼間に移動する敵部隊があれば爆撃で常に拘束し、確実に取り逃がさないようにする
そんなこんなで陸上戦はたったの100時間でゲームセットとなった

これくらいでやっと理不尽ってもんかもね

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 15:40:16 ID:GUwgThYu0
>>80
理不尽ってか無慈悲だなおい

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 15:49:56 ID:4u74O5Uv0
>>80
死のハイウェイとかかなりエグイよな

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 16:02:41 ID:wdzLMb+1O
真田幸村の大阪の陣が有名じゃね
・籠城戦は不利だから攻めていこうと提案→叶わず籠城戦に
・仕方ないから真田丸建設→周りに裏切りフラグと誤解される
・戦況が不利なので士気を高めるため豊臣秀頼の出陣を要請→淀君とかに阻まれる
・毛利勝永と徳川軍挟撃作戦を実行→勝永隊の武将が勝手に行動を始めて失敗
・傷付いた兵士の看病中に襲撃され首を獲られる
・戦後、停戦の証として真っ先に真田丸破壊


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 16:10:47 ID:wdzLMb+1O
リアル戦国無双甲斐姫の忍城攻防戦
兵士300+城下町の民3000vs石田光成率いる豊臣軍2万+援軍の真田親子+浅井長政軍で籠城戦をして実質勝利した








94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 16:19:36 ID:vhR04Svx0
桶狭間合戦はよく知られてる話でも理不尽だけど、
新説だともっと理不尽

今川義元は実は油断せずに、谷の間ではなく小高い丘の上に陣取っていたが、
局地的豪雨の雨雲が移動するのに従って(常に雨雲の下にもぐる形)
二千の織田軍が行軍、豪雨により姿形も足音も感知されず、
二万五千いた今川軍勢を横目に、義元がいる本陣だけに織田軍全兵力がぶつかる形に
十倍の兵力も、ただの大雨ひとつのせいで無駄に……という話

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 16:25:18 ID:LB4iOlhK0
織田が天下とると予見、比較的早くに親交を深めようと接近
一応、四国の安堵は保証される

そして織田家の覇権確立、まさかの
「四国…とっちゃおうかなテヘッ☆」

大急ぎで各拠点を侵攻に備えてる最中、信長倒れる
「ざまぁwwwwwうぇうぇwwwww」

混乱の時代再来と思いきや次世代の覇者早くも誕生
「四国…とっちゃおうかなウフッ☆」

「まぁ時間稼ぎはできた、準備万端すwwバッチコーイwww」
豊臣軍侵攻、準備万端の四国
…わずか2ヶ月で土佐以西除くほぼ全ての地域陥落、長曽我部家降伏

(´・ω・`)ショボーン

これが理不尽
※長宗我部氏

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 16:33:38 ID:I3VZbiLz0
>>96
兄貴が死んで20万石の家督を継ぐ

関ヶ原勃発、西軍入り

本戦では毛利に睨まれて参加できず

所領没収

渡世下手とはいえ息子の盛親も負けず劣らずの理不尽

97: ◆SUISEImM0U 2011/07/14 16:26:59 ID:cwFzYduS0
農民からしたら戦なんてすべて理不尽なもんでげすよ

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 16:48:55 ID:bYTc+lSy0
日本史勢多いなやっぱり

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 16:54:39 ID:RyZbsi050
戦国時代の大名ってさ、基本的に京から遠いほど理不尽だよね

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 16:56:19 ID:m4Hv8KQY0
>>111
足利義輝は理不尽すぎる

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 16:59:42 ID:RyZbsi050
>>113
京の中心も理不尽だったな




8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/14 12:49:44 ID:xfMCgTm8O
俺対クラスの皆ってのもあったわ





転載元
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1310614307/



ヒトガタ怖ええええええええええええええええええええ 

お前ら「PQテスト」って知ってる?

「日本の城郭」 と 「ヨーロッパの城郭」 結局、どちらの防御機能が優れているの?

面白いフリーゲーム教えろカスども!!!!!!!!!!!!!!!

【閲覧注意】諸星大二郎の意味不明さは異常 駅から出られらないやつの恐怖感は異常






Magnetic
Magnetic [CD]