転載元
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365910831/

1: しいたけφ ★ 2013/04/14 12:40:31
 
いま使われている歴史の教科書では聖徳太子の事績や実在に
疑問がつけられたり、鎌倉幕府の成立が1192年ではなくなっている。
「いいくに作ろう鎌倉幕府」は今や「いいはこ(1185年)作ろう鎌倉幕府」になっているのだ。

 そして、教科書の変化で目に付くのは、人物評価の「上がった人」「下がった人」の明暗である。
実在そのものにも疑問がついた聖徳太子が「下がった人」の典型だが、
聖徳太子から親書を託され、最初に隋に渡ったとされた遣隋使の小野妹子も、そのひとり。

「無礼な(607年)遣隋使・小野妹子」なんて語呂合わせを覚えている
読者は多いかもしれないが、山川出版社の教科書(以下、引用は同社のものより)では、
現在では〈600年の派遣に続けて607年には小野妹子が遣隋使として中国に渡った〉と
初の遣隋使ではなかったことが明記され、かつては太文字だったのも細字に
格下げされた。親書を託した聖徳太子も存在が疑われているから、将来の教科書では
名前そのものが消えているかもしれない。

 一方、歴史研究の成果で、逆に評価が上がった人物もいる。
関ヶ原の戦いで西軍を組織した石田三成について、1988年版では
〈五奉行の一人石田三成は、小西行長らとはかって家康の排斥をくわだてて挙兵し〉と
悪役臭が漂うような表記になっていたが、現在は〈豊臣政権を存続させようとする
石田光成と家康との対立が表面化し〉と、石田側にも大義があったように改められた。
劇的に評価が上がったのが、江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉である。1988年版にはこうある。

〈生類憐みの令をだして犬や鳥獣の保護を命じ、それをきびしく励行させたため、庶民の不満をつのらせた〉
〈綱吉はぜいたくな生活をするようになり、仏教への信仰から多くの寺社の造営・修理を行い、
幕府の財政を急速に悪化させた〉

 みなが知る暴君の印象を強めるものだったが、現在では180度変わった。
〈犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた〉
悪法とされてきた生類憐みの令が、〈綱吉政権による慈愛の政治〉とまで褒められている。

http://www.news-postseven.com/archives/20130414_181590.html

5: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:43:01 ID:bJmbIxaU0
歴史の敗者側にもちゃんと大義を認めている姿は評価できるが
悪法として記録されている物について殊更に善性を説く必要はない気もする

16: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:46:51 ID:yeEudx0Y0
>>5
生類憐みの令を無理に評価する必要はないが、文治主義を定着させたのと、側用人制を導入して、門閥制度に風穴あけた功績は大きい。

224: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:11:15 ID:bJmbIxaU0
>>16
人物の評価は構わんよ
でも悪法の評価はどこまで行っても悪法だろうな

237: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:11:50 ID:361qrYz90
>>16
評価すべきポイント、生徒に教えるべき要点がズレてるよね
綱吉といえば生類憐みの令、みたいな教育自体がどうかしてる

872: 名無しさん@13周年 2013/04/14 14:28:52 ID:543qHf4v0
>>5
定説とされてる(された)ことを、残っている資料を基に評価しなおすことをやるのはすごいことだよ。
一度、定説とされたことを覆せないのは異常だよ。(現状がそうだよね、隣国の言いがかりとか)
NHKの番組で「生類憐みの令」について語ってるのを見て、なるほどと思った。

子供に
・その時代の状況は?
・それによる問題点は?
・どのような考えでその法律つくられたのか(行為が行われたのか)
・結果はどうなったか?
と関連付けて思考する教育にもなる。言われたことを鵜呑みしないで考える力を与える

911: 名無しさん@13周年 2013/04/14 14:34:28 ID:WsALta9y0
>>872
うんうん
高校の試験とかでも東大京大みたいな長い論述は増やすべきだね

まあ、常説って言われてるものを否定することが正義みたいな
ちょっと極端な人も最近増えてるからそこは要注意と思うけど

33: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:50:31 ID:LdsyObkd0
大切に扱うと野犬はおとなしくなるのか?
収容施設を作ったとかそういったことではなく?

56: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:53:42 ID:UpnB+9Hh0
>>33
4万匹とも8万匹ともいわれる犬の収容施設作ってたよ

このころの江戸には10万匹の野犬が居て割と被害が多かったとか

35: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:50:41 ID:Q9Sny23o0
綱吉って鬱陵島の領有権を朝鮮に譲渡した売国奴だぞ。
本居宣長に当時すげえ非難されてる。

254: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:14:39 ID:Uw22OwYL0
>>35
ウツリョウ島の産物と維持費を差し引きすると
放棄は妥当。
朝鮮でさえずっと無人島に捨て置いたのに。

40: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:51:33 ID:goCA+Pbb0
野犬が減ったことより、庶民を苦しめたことの方がでかいだろ
なんで野犬目線の教科書なんだよ
売国奴が人ではなく犬重視の記述をしてる証拠じゃん

403: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:31:50 ID:e4lLQLbx0
>>40
野犬の被害に遭うのは一般人だし
また武士による辻斬りも綱吉の代に激減した
ちゃんと民衆の役にたってるんだよ。

57: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:53:43 ID:avVCQFLoO
綱吉はふつうに名君だろ。

生類哀れみの令によって犬食いが禁止されたことで
(幕府の影響力が及ばない薩摩では犬食いの風習が残ったけど)、
それまで地理的な区分でしかなかった日本人と朝鮮人が
民族としても明確に分かれ始めたわけで。

59: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:53:45 ID:2RA7oXeZ0
命の尊さからじゃなくて世継ぎ生ませるための願掛けみたいなものじゃなかったっけ

82: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:56:02 ID:XRZJ32820
>>59
そうそう、それも書かないとなあ。

405: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:32:18 ID:Bn9RwHFh0
>>59
そう
オカンが戌年だからとかそんな理由

61: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:53:55 ID:vqu2r1T30
石田光成の記述とかは、勝者と敗者、正義対正義という歴史の本質を教える意味で素晴らしいと思うが、

生類憐みの令って、どのへんが優れた政策だったの?
素人考えでは、キチガイのたわごとにしか思えないんだけど。



69: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:54:50 ID:l1/jorpg0
逆説の日本じゃあ、生類憐みの令はすぐ刀をぬいて無礼を働く
武士の蛮行を諌める目的があったうんぬんって書かれてるけど
本当の効果はどんなもんなの?

85: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:56:49 ID:yeEudx0Y0
>>69
綱吉→吉宗路線で日本が法治国家化したのは事実だよ。
両者共通のブレーンに荻生徂徠とか居たしね。
その影響は上杉鷹山あたりの事績からも見て取れる。

114: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:59:30 ID:UpnB+9Hh0
>>69
武断政治から文治政治に切り替わった重大な局面になったと思うわ

198: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:08:25 ID:TVE79pqU0
>>69 >>72
なるほど、あまりに殺伐としすぎていたから
超反動であんな凄い命令が出たということか…面白いものだね

244: 【関電 65.1 %】 2013/04/14 13:12:53 ID:DwQ8vUYn0
>>198
ティッピングポイントの理論にもとづけば
意外とおかしなことじゃなさそうな気がするね

729: 名無しさん@13周年 2013/04/14 14:08:40 ID:YfQgwjdC0
>>244
アベノミクスなんかも、そういう一気呵成があるかもね。

92: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:57:28 ID:6dvHSNnA0
江戸時代も最初は武士は平気で庶民を切り殺してたからな 刀の試し切りで
また農民も平気で落ち武者を狩ってたから綱吉くらいまでは人の命はそこらへんの動物程度だった

108: 名無しさん@13周年 2013/04/14 12:59:20 ID:yeEudx0Y0
>>92
後々になったら武士でも庶民切ったらよくて閉門、下手すりゃ切腹だもんな。
その辺の転換に綱吉政治がなったのは事実。

861: 名無しさん@13周年 2013/04/14 14:27:51 ID:wSBqpEGXi
>>92
水戸黄門も、度胸試しに浮浪者斬り殺してるしな。

241: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:12:34 ID:CszyXUkw0
そもそも歴史を現在の視点で善悪にカテゴライズする方法そのものがオカシイ
「そういうことがあった」でいいのに、
書き手の印象を押し付ける新聞社じみた手法が取られてるのが問題

243: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:12:42 ID:WhFdk1ty0
いろいろと狂ってるな

281: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:17:57 ID:l0m+uQXR0
名君とか暴君とか、歴史学者の主観いれないでほしいわ
事実だけ書けばいいでしょ日本史の教科書なんて

294: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:19:26 ID:pfbhL0Os0
「綱吉は暴君」って学生の時に刷り込まれて

脳がついてこれない爺婆がいっぱいいますね(´∀`)

329: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:23:22 ID:LfJqmbng0
>>294
歴史は最新の研究で書き換えられるものだけど
そういうアカデミックな研究が、政治的に利用される危険もあるんだよ

315: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:21:57 ID:RaGCrli30
犬公方呼ばれて市井の評判最悪だった事実は変えられないだろうに
そこまでねじ曲げてんじゃねえだろうな

317: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:22:06 ID:XP2SHyPm0
教科書は検定があるんだよ。出版不況で教科書は数が出る優良品なんだ。
政府の検定官には逆らえない。子供が出来ないから生類憐れみの令をだした
のは確かなんだろう。良い法律なら、死後廃止されるはずがない。まさに
小役人が喜びそうな将軍だよ。w

324: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:22:58 ID:OaC12s4i0
歴史に現在の価値観での評価なんて不要

事実のみ淡々と教えればいい

348: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:26:05 ID:IWerVJ1g0
>>324
殺した死んだだけになるだろ
どういう意図でどういう意味があったかのほうが
歴史を学ぶということなんだよ

345: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:25:41 ID:w/UCLns9O
こんな手の平返しするの日本ぐらいだろうな。

ローマ皇帝ネロが名君でナチス総統ヒトラーはドイツ復興の立役者、
なんてヨーロッパの教科書では教えてないんだろ?

358: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:27:15 ID:1pyoQLzZ0
>>345
ネロに関しちゃある程度再評価されてるんじゃね?
キリスト教迫害したから不当に貶められてるってのはある
ヒトラーに関しては考察すること自体禁止ってわけのわからん状態w

382: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:29:22 ID:UpnB+9Hh0
>>345
ネロはキリスト教関連がうるさいからなぁ
それさえなければ賛否両論ぐらいにはなるんじゃね

549: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:47:30 ID:SOkWc4IE0
>>382
むしろローマ皇帝としては的確な判断だよなw>キリスト教迫害
外交手腕も中々悪くなかった。
が、ローマ大火後の施策が民心と合ってなかったな・・・・

397: 偽モルダー ◆26r9vDYRZI 2013/04/14 13:31:16 ID:9B4taYrK0
>>345
ナチヲタでもあるおいらが解説してやるけど、ヒトラーが
ドイツ経済を復興したか?と言えば全然していない。
その多くはメフォ手形の大量発行であり、その召喚期限は
まさに1939年だった。アウトバーンも低賃金による失業者の吸収。
ナチズムはまた古きよいドイツを目指し、女性が家庭にいるものだ
と宣伝し、女性の仕事を男性に入れ替えることで、失業率の
改善を計ったもの。不釣り合いな財政バランスを被占領地に
強要したのはそのため。
 しかし、ネラーはゆとりが増えたねぇ

566: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:48:40 ID:CDGoprFz0
>>397
そうそう。経済というか財政再建に失敗したから占領地から収奪&借金ちゃらにするために戦争をおっ始めたんだよね
2chじゃ戦争さえしなければ名君だったとか
変な話が定説みたいになってて呆れるよ

391: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:30:16 ID:mFfHWZSu0
蚊とかハエとかどうしていたのか非常に気になる
まさかそれでもアウトですか?

443: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:36:52 ID:6PQXEOxZO
>>391
自分の腕から吸血した蚊を叩き潰した武士が切腹、
隣に座っていた武士が殺生を黙認した罪で島流し。
もちろん両家ともお取り潰し。

という記録が残っているよ。

410: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:32:37 ID:4yIiD5Fw0
歴史学というのはこういう史料の研究によって史実と客観性に少しでも近付く学問なんだけど
その現時点でのスコアボードみたいなものを「教科書」にして学校で教え暗記させるということには
いかなる学問的意味もないよな。むしろ対極。

出来る限りの史料や歴史書を自分の目で見て
綱吉なら綱吉がどういう人物だったか自分で考えられるようになるのでなければ教える意味がない
名君と教えようが暴君と教えようが一緒のことだ

440: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:36:31 ID:hjZkvXVY0
>>410
中高生相手にそこまで手のかかる歴史教育は無理だろ。

492: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:42:28 ID:UQXIlbAm0
>>440
むしろ、全時代を網羅するより
特定の時代を掘り下げたほうが歴史という学問の本質が理解できる。
古代や中世を探求すれば現在進行してる事実の本質や真相を観察する眼が養われる。

589: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:51:35 ID:scFg05b20
>犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消
間違ってる
一般民衆はそれまでも普通に各家庭で犬や猫を可愛がって飼ってた
それが変な飼い方をすると処罰される(何しろ人間よりお犬様のほうが偉いので)
というので飼ってた犬を手放しかえって野犬が増え、しかも民衆は
犬に何かあったら責任を問われるのでかえって野犬が増え野犬を1つ場所にまとめて
将軍家の犬の園みたいなのをつくったが世話の仕方が悪いと人間が処罰されるので役人も
近寄らずかえって犬が不衛生になりどんどん犬が死んでいった)

645: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:57:51 ID:kd/ka5dF0
綱吉自身も生類憐みの令破りそうになったんだけど

側近の助言で回避  しかし 将軍のこういう私生活まで
記録に残ってるなんて 江戸時代の官僚は文書マニアだな
2chかよ

667: 名無しさん@13周年 2013/04/14 14:00:15 ID:G1VqHp4P0
>>645
今の新聞なんかでも本日の首相官邸みたいな記事が乗ってるじゃないか
案外、事細かにつけてたのかもよ
時代も現代に近いから残ってる書物も多いだろうし

905: 名無しさん@13周年 2013/04/14 14:33:54 ID:S0AWCbQT0
その時代に生きていた人間は、「これが正義」だと信じて戦ったわけで
後世の人間が、「あいつは悪人だった、あいつは善人だった」と評価すること自体が間違っているわけだね
これは、靖国とかの話と一緒かも
結局「相対論」なんだよね・・・

914: 名無しさん@13周年 2013/04/14 14:34:41 ID:Y/qR/1Kk0
>>905
善悪を歴史が決めると韓国みたいになる
良い悪いなどない

958: 名無しさん@13周年 2013/04/14 14:40:22 ID:s12soq9t0
>>905
薩摩人からすれば、徳川家は数百年の因縁を持つ遺恨の対象だし
徳川幕府から見れば「辺境の雄」として国内の安定を破壊しかねない脅威だしね

どちらかに偏ると「江戸上げ明治下げ」やその逆になるからな

948: 名無しさん@13周年 2013/04/14 14:38:53 ID:UkxLptbTO
どうせ現代の感覚で
時代に先駆けて動物保護を行った綱吉はきっといい人に違いない、だって動物はかわいいもんね
とかそんな理由で大した裏付けもなく持ち上げてるだけだろ
歴史にファンタジーはいらないんだけど


829: 名無しさん@13周年 2013/04/14 14:22:25 ID:UTsN+2ar0
もっと教科書分厚くするなりすればいいのに
すくない量で教えようとするから偏るんだろうに


205: 名無しさん@13周年 2013/04/14 13:09:13 ID:3+0rctJH0
信じるか信じないかはあなた次第 
とちゃんと巻末に書いとけよ