1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2013/01/17(木) 19:45:04.45 ID:MbW/peq/0
ヒトラーは悪い人とのイメージしか持ってないんだけど、実はこんな一面があった、とかある?




51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:01:06.56 ID:IyczsDN+0
こういう側面があった 
1



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:46:00.67 ID:bv4a3qsS0
実は画家になりたかったんだよ

6: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/01/17(木) 19:46:35.90 ID:MbW/peq/0
>>3
聞いたことあるな、それは
どんな絵を描いてたんだろうか

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:48:47.27 ID:GL45KiWa0
>>6
結局美大には入れなくて飲んだくれてた所にナチスからの勧誘があった

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:53:47.19 ID:yrxtjOvn0
>>6
ググれば出てくるけど、建物とか風景画とか
画家を目指していただけあって下手ではないと思う

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:46:27.73 ID:Gey1p1qW0
ヒトラーの予言みたいなコピペあるけどあれ出展確かなのかな

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:46:37.16 ID:EKddnql7P
ヒトラー最期の12日間っていう映画見るといいよ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:53:47.32 ID:Q5LjauEt0
>>7
傑作だよな

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:09:31.06 ID:R5QutR11T
>>7
あれは良かった
歴史映画としてじゃなく普通に映画として楽しめる

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:06:42.14 ID:9Jpn1ZXE0
演説に心理学を応用して時間は夕方以降に行い
色使い、効果音、場所、発声を巧みに使って人を魅了した
これを利用した日本の政治家も国民の支持を得て当選


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:47:50.49 ID:3zP6/Klo0
芸術系の学校入りたかったけど成績が極めて悪かった為2回位落ちて諦めた
尚独裁始めた後きっちりお礼参りした模様

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:48:05.10 ID:4c0ihBMP0
フォルクスワーゲンの発案者

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:48:06.97 ID:LTK+EwDa0
世話になったユダヤ人だけ助けた

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:49:49.35 ID:H+3bUOTh0
ほとんどフィクションだし、アカよりではあるんだが
手塚治虫の「アドルフに告ぐ」はやっぱり面白いんだよね。
ヒトラーの狂人的な部分、弱い部分っていうのが出ていた。



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:50:13.69 ID:F9H9Sl5H0
チャップリンの独裁者は泣ける

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:50:51.94 ID:dxSzG6Dp0
食事に毒混ぜられたけど、小食だったから致死量超えずに生き残った

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:51:26.70 ID:TAPOWKsN0
水木しげるの伝記漫画も面白かった
超愛国者の処女厨

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:52:34.30 ID:ZZgihqSN0
自殺したことになってるが本当は…

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:53:05.85 ID:NmszKjlW0
イギリスおいつめたあたりで
まったりしてれば良かったのになあ
何で無茶しちゃったんだろ

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:55:47.84 ID:NL7eFFVBi
実はユダヤ系の家系だった

39: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/01/17(木) 19:56:06.87 ID:MbW/peq/0
>>37
そうなの?

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:56:44.47 ID:+/Amnbqq0
>>37
>>39
その説はかなり前から否定されているが

43: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/01/17(木) 19:57:18.60 ID:MbW/peq/0
>>40
ですよね
びっくりした

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:57:12.48 ID:x44ee1Xb0
>>39
そういう説はあるが確実じゃない

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:55:53.31 ID:+/Amnbqq0
人物としては
・子供好き
・犬好き(ただしWW1の時に拾った犬の扱いは他人の目から見て虐待に近かったとか)
・女性にもてる
・禁欲主義者(オナ禁)

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:57:15.87 ID:OSPD86KN0
最後に嫁と二人で結婚式あげて自殺した


1


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:58:25.89 ID:3MPlF5q30
ヒトラーが殺したユダヤ人は二百万人
スターリンやレーニン、毛沢東が死に追いやった自国民は何千万人
って聞いたことがある
ヒトラーが悪人というのは間違えではないが教育により刷り込まれた印象で
実はレーニンの方がひとでなしだったとも聞いた
本当かどうかはしらん

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:03:37.65 ID:7Mj4z1fz0
>>46
マジらしいよ
俺の社会の講師だった人も毛沢東たちの方が極悪人って言ってたわ

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:09:07.76 ID:/xzjF6Dm0
>>46
スターリンはかなり少なく見積もっても自国民だけで4000万人だったかな
おそらく20世紀最大の虐殺者

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:15:01.29 ID:foUvXbcE0
>>78
毛沢東が5000~8000万と言われてる
失政による餓死者なんかも含めたら余裕の億超え

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:58:39.77 ID:ARFQBuc10
我が闘争で自身の半生を振り返ってるけど、美化と歪曲の連続
実際は若い頃はほとんど浮浪者同然の生活をしてる時期もあった

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:58:47.08 ID:ThnalFvA0
1931年に世界恐慌に見舞われてから1937年にはすでに経済を立て直して完全雇用を達成してた
けっこうすごい

50: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/01/17(木) 20:00:58.77 ID:MbW/peq/0
>>48
それはすごい

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:03:16.12 ID:+/Amnbqq0
>>48
それはヒトラーの功績というよりは経済官僚のシャハトの功績だな

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:00:00.61 ID:uj5OBHRI0
ヒトラーのおかげかどうか知らんが、当時世界最高の医療水準だったらしい

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:02:50.86 ID:9R6wky7z0
>>49
今使われてる人間が耐えられる温度とかその他諸々の医学資料はホロコーストの実験で得たもの



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:02:00.90 ID:scnlLI880
チャップリンの映画は一回見て笑い転げてから上映禁止にしてたらしい

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:03:47.81 ID:8FG2x9tuO
彼の描く風景画には、人間がひとりも描かれていない
酒煙草はやらない、肉も食べなかった
本人曰く、一度戦場で死にかけて、なにかにとりつかれた
それ以来、オカルチックな予言を多数残している
それによれば、ユダヤ人虐殺の理由も、民族浄化というのは単なる建前のようだ

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:05:06.37 ID:yrxtjOvn0
髭を剃ったヒトラー(想像図)
1


初めて見たときはけっこう驚いた

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:05:29.24 ID:IhixfZ770
ユダヤ人は初めから皆殺しにするつもりは無かった
マダガスカルに国外追放程度
戦局が悪化して結局虐殺になったが

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:14:42.61 ID:slSYlYao0
>>64
ソ連なんか攻めずに
アフリカ前線に力を入れていたら。

エジプト占領でイギリス降伏
で隣のパレスチナにユダヤ人を送り込む。

そうすれば虐殺など悪いイメージが無くなるは
中東の石油が確保できるはで大戦を勝利できたかもしれない。

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:19:09.08 ID:/MfMqM1u0
>>64
>戦局が悪化して結局虐殺になったが
これも連合軍の空爆で鉄道網が破壊されて、収容所に物資が行き届かなくなって餓死したせい

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:05:30.56 ID:kU0XvaPf0
ユダヤ人虐殺って別にヒトラーが生まれついて嫌いだったとか怨恨じゃなくて
ただの嫌儲だよね?

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:11:34.13 ID:ARFQBuc10
>>65
若い頃はユダヤ人とも交際してたし、もともとアンチユダヤ思想はヨーロッパのどこにでもあった
嫌い方も「こいつはドイツ人っぽい文章を書いてないからユダヤ人」みたいないちゃもんレベル
その後にドイツをまとめるには共通の敵が必要だ!ってんで強烈なユダヤ排斥を決めた
それでも、それまでに個人的な恩義あるユダヤ人なんかは密かに保護してたり

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:15:19.45 ID:kU0XvaPf0
>>84
戦後ドイツの経済的上級層がユダヤ人多かったから財産没収も狙いだったっていうのはどうなの?

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:24:05.07 ID:ARFQBuc10
>>91
財界を牛耳るユダヤ人の資産を没収して再分配と我が闘争に書いてたけど、
本人も本気で考えてたかどうか・・・いやまぁ一石二鳥とはいえ副産物じゃないかしらん

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:07:27.45 ID:Zj8cWLvT0
元々のスペックが完全におまえら

75: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/01/17(木) 20:08:02.77 ID:MbW/peq/0
>>71
モテモテではねーよ

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:07:53.54 ID:66gbbstr0
自分が毒ガスを喰らったから、サリンを使うのをやめさせた

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:08:39.48 ID:2YqpD0zBO
200万が本当ならポルポトに負けるやん
スリートップは2000万オーバーだと思ってた

パリは撤退の際燃やす予定だった
負けを確信した部下が命令に従わなかった

パリは燃えているか

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:09:06.54 ID:Y+K5W3py0
フランス落とした後
ちゃんとイギリスと講話結べば良かったとつくづく思う
あとイタリアが下手にバルカンに手を出さなかったら良かった
日ソ中立条約なんぞ結ばずに
日本と一緒にソ連潰せば良かった

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:20:47.03 ID:slSYlYao0
>>77
講和しようとしてダンケルクを攻めるのを
ストップしたんだろ。

結局兵力が温存できたから講和しねえと
言われちゃったからこの時は殲滅するべきだった。

イタリアは最初は兄貴分だから遠慮があったんだよな
最初からコントロールできてればいいんだろうけど。

ソ連は秘密を守るという点でそういうのを日本に
教えなかったんだろうけど緊密に連絡が取れていたら
さすがのソ連も挟み撃ちにされて負けたんじゃないの。

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:12:24.42 ID:rUHxtamL0
連合国の戦車がチャーチルやらスターリンやらという名前なのを聞いて
「やられたら縁起が悪いからうちの兵器には俺の名前絶対付けるなよ?」と言ったそうな

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:13:47.99 ID:NttnHoqm0
>>85
チャーチルとパットンとあと何だっけ
戦車じゃなくて艦だったら人物名が良くつくんだがな

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:21:27.31 ID:XcPpud2u0
>>87
シャーマン、リー、グラント、ジャクソン、パーシング、
クロムウェル、チャーチル、KV(クリメント・ボロシーロフ)、IS(ヨシフ・スターリン)etc
まあ色々ある

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:13:14.88 ID:FJZgju990
第一次大戦時のあだ名は不死身の伍長
砲弾雨あられの中を平然と歩いた

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:15:21.23 ID:odXNJ6+jO
昔はヒットラーと呼ばれてた

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:17:11.05 ID:FJZgju990
>>92
その前はヒットレル

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:15:53.51 ID:nDwInewe0
禁煙・禁酒を心がけつつも、まったく酒を飲まないってわけじゃなかったらしい
だから、ヒトラーが酒を飲んだときソッキンがびびった

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:17:03.57 ID:ynwVGYje0
女性関係は基本的に清く正しかったんだよね?

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:19:09.15 ID:NttnHoqm0
>>95
妻も素晴らしかったんだぞ
最後まで夫に付き従って一緒に自殺したエヴァとか妻の鏡だな

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:20:55.62 ID:NxjxKaer0
>>101
結婚後すぐに自殺とかマジドラマ

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:26:40.41 ID:ynwVGYje0
>>101
エヴァ以外とはやった事もなかったのかな

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:22:43.53 ID:JLoWLAz80
>>95
35歳まで童貞だった
お前らも自信もて

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:18:10.05 ID:ThnalFvA0
ヒトラー「これからの国家の評価は鉄道ではなく、高速道路の長さで決まる。
自動車が金持ちの階級のものである限り、それは国民を貧富の二階級に分ける道具にしかならない。
国家を真に支えている多くの国民大衆のための自動車であってこそ、文明の利器であり、素晴らしい生活を約束してくれる。我々は今こそ『国民のための車』を持つべきである。」
    ↓
当時一番ポンコツで安い自動車のさらに2/3の値段で水のなか、吹雪のなか、炎熱の酷暑、どこへ持っていっても故障なしの車完成

当時のドイツ人が熱狂するのもしゃーない

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:18:55.45 ID:odXNJ6+jO
ドラゴンボールの映画に出てきたがDVDではヒットラーと名乗るシーンがカットされている

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:41:04.26 ID:JArx5tuq0
>>99
なんかジャネンバかなんかのフリーザとか死人が復活するくだりか

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:20:40.82 ID:23bASNmS0
女性が社会に参加云々、子供が子供を~って予言残してなかったっけ
すごい印象に残ってるだけど全文を思い出せない

105: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/01/17(木) 20:21:08.41 ID:MbW/peq/0
日本でのイメージはそこまで悪くないのねこうしてみると

教科書でもボロクソに書くというよりはあまり触れない感じ

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:30:50.98 ID:t3RQKECvT
人は何があるかわからんものだな
こういう歴史上の人物の生涯とか調べるの面白いわ
理系だったから世界史取れなかったのが残念だ

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:32:27.10 ID:mUW2+eGz0
ゲーリングも絶対浮気しなかったらしいな(前妻死別で結婚は二度)
反対にボルマンやゲッペルスは女性関係について特にクズたが

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:37:43.08 ID:FJZgju990
>>120
ゲッベルズはレニまで口説こうとしたらしいな

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:42:14.50 ID:mUW2+eGz0
>>125
そのヒトラーへの影響力を恐れて籠絡を考えてた部分もあるだろう
もちろんリーフェンシュタール監督は美人だから下心もあったかもしれない

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:41:53.85 ID:ynwVGYje0
>>120
貴族で元空軍エースパイロットのゲーリング、博士号持ちのゲッペルスみたいなエリート連中を
高卒美大落ちの伍長上がりが上手く手懐けたってのも凄い話だよね

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:44:58.05 ID:mUW2+eGz0
>>131
その辺スターリンとヒトラーは似てるね
神学校ドロップアウトしたグルジア人のあのオッサンと

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:52:03.59 ID:ynwVGYje0
>>137
ここ100年位の独裁者は、どちらかというと貧しい出自の叩き上げが多いようにも見えるな
最近だとカダフィやフセインもそうかも知れないけど、ハングリー精神が違うんだろうか

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:55:09.81 ID:W4BynCLnO
>>145
ポル・ポト…

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:01:49.76 ID:mUW2+eGz0
>>145
絶対王政やガチガチな貴族支配なら異分子がのし上がることはかなり少ない
戦乱期や民主制下だと異分子がのし上がり易い
古代ギリシアの歴史と同じような韻を踏んでる感じ

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:56:18.30 ID:T9NrgRGoO
>>137
ヒトラーもスターリンも、ついでにその百年前のナポレオンも出身が自分が主導した国家のメインストリームじゃないんだよな
それぞれ、オーストリアにジョルジアにコルシカ
いわゆるアエネイアース的な客人(まろうど)英雄に当てはまるんではないかと
内部からでない、辺縁ないし外部から来る王なり救い主として

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:38:10.00 ID:T9NrgRGoO
親父アロイスが嫁クララの祖父の養子にならなければ
姓もヒトラーでなく親父方の姓シックルグルーバーだったことになり、
ドイツ国民は総統に向かって
ハイル・シックルグルーバー!
とサリュートしていたことになる

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:40:24.21 ID:RpfEpKJo0
ハインリヒ・ヒムラーとかいう内務大臣

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:07:49.73 ID:DjHSpI8nO
>>129
ヒムラ!うしろ!うしろ!

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:42:30.10 ID:gHetDgn40
ロンギヌスの槍を探していたという根っからの中二病。

そしてうちのバーちゃんがヒトラーと結婚したいって言ってた

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:42:56.85 ID:F3KBWuBG0
聖杯探してたんじゃなかったっけ

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:46:05.90 ID:Pbr0z0Af0
ロンギヌスの槍をロシア軍に盗られて破滅した

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:46:44.79 ID:8Mt+704U0
ww1が終わってすぐの頃はレーテに参加していた

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:49:07.37 ID:7/g8fkYmO
有名な話だが高速道路とオリンピックの聖火リレーの原型はヒトラー政権下で出来たんだよね

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:49:34.31 ID:F3KBWuBG0
ドイツからの帰国子女の後輩が言ってたけど向こうだとヒトラーはハリーポッターの例のあの人みたいな扱いらしい

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:58:03.25 ID:W4BynCLnO
伝令中の負傷で伍長昇進だっけ
伍長から昇進したんだっけ

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:58:53.17 ID:AeMZirty0
軍の階級としては伍長のままじゃない?
総統って肩書きはまた別でしょ?

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:02:45.60 ID:ZkBTtt690
別にユダヤ人が嫌いなわけじゃなくて虐殺は単なる手段だった
幼少の頃、病気の母親を診てくれたユダヤ人の医師も感謝している

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:05:18.86 ID:1am0FSG/0
ヒトラーは黄色人種を差別はしていたが日本という国を嫌いなわけけじゃないからな

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:19:03.08 ID:ELNvFKVRO
ヒトラーの青年時代雄一の親友アウグスト・クビツェクが書いた回想録がめっちゃおもしろい
青春時代のまだ独裁者になる前のヒトラーのエピソードを知れてオススメ

クビツェクは戦後連合軍に逮捕され、16ヶ月にわたって取り調べを受けた
「なぜあなたは再会した時、彼を殺そうとしなかったのか」と聞かれた所、彼は「友人だからさ」と答えたという

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:19:37.62 ID:buT0kYvEO
ヒトラーは数百万人のユダヤ人を実験に使いながら殺した
スターリンは一千万近い日本人やドイツ人等の捕虜と数千万人規模の自国民をあっさりと殺した
毛沢東は一千万近い自国民と歴史的建造物、資料を葬り去った
アフリカでは現在進行形で600万人規模の虐殺が行われてる
でもこの中で一番の悪役はヒトラー
なんかおかしいよね

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:28:49.21 ID:Aim60Wf/0
>>165
ポルポトもやばいぞ
少しでも学がある奴はぶち殺しだし
医学知識の無い子供を医者にした
中には、全く字も読めないような医師さえもいた。
彼らは、名目だけの3か月程度のにわか仕込みの教育を受けて、医療業務をまかされたのである。
子供医師にかかり注射を受けた者の多くは、傷口が化膿した。
腫瘍が腫れ上がり体全体に広がり命を落とす者が続出した。

多くの者は、医療の知識もなく、ろくに消毒もせず注射をしようとする子供医師を恐れた。
彼らは、手術すら行うこともあったが、しかし、その実体は、人体実験に等しいものだった。
生きたままを柱にくくりつけられ、大きな切り口をつけられ、傷口を両側に押し広げられて即死した哀れな患者もいたのだ。

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:33:44.85 ID:8qD2xdDV0
>>168
子供医師は初めて聞いたな

えぐいことやってんな

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:34:34.41 ID:InAdTb+pO
>>168
ポルポトって何で学のある人が嫌いだったの?
自分が馬鹿だから?

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:41:26.49 ID:Aim60Wf/0
>>173
理想郷作り
原始共産制社会の建設


毛沢東思想の農本主義をより過激化、独自化した感じ
カンボジアは農業が産業の中心になっていた国で、商業が発達したタイやベトナムへの
敵愾心がそのまま、学者や商人への敵意に繋がっていた背景がある
文明の病気に冒された人々を根絶、更正させて完全自給自足の社会を目指した
子供達は大人と違って文明の病気にかかっていないとされたので重要視した

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:53:32.90 ID:InAdTb+pO
>>178
キチガイだな。一人でジャングル帰ればいいのに
馬鹿が権力持つとろくでもない

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:30:43.99 ID:BGIvghJI0
ヒトラーは街を焼き払ったりするが美術品などは丁寧に持って帰らせて保護していたのは有名

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:32:59.50 ID:zoiMuZH60
ユダヤ人を迫害・虐殺してたのはドイツ以外にもあったのに全部ドイツがやった事になってる
アメリカやフランスもユダヤ人を迫害していたし、ソ連なんか虐殺したんだぞ

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:35:28.18 ID:Aim60Wf/0
>>170
勝てば官軍だから
敗戦した時点で全部背負わされる
歴史も戦勝国に捏造されまくってるよ

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:38:57.48 ID:T9NrgRGoO
共産主義においてインテリゲンチャは何かと問題視される
彼らの知識や技術が人民の搾取に役立つ、と考えられる
つまり"自己批判"なくば支配的階級と成りうる、と考えられる

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:43:16.47 ID:Aim60Wf/0
つまりポルポトはキチガイだったわけ

毛沢東関連だから毛沢東が一番ヤバイことになるかも

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:43:52.05 ID:oWslA/FeO
つーか世界史勉強してると
理不尽な国家的殺人が多すぎて
ヒトラーを格別悪に見れないだけで
ヒトラーは悪だけど他にも沢山いる
ローズベルトとかブッシュとか

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:50:55.45 ID:nDwInewe0
つか、ユダヤ人迫害を推してたのってヒムラーだってならった

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:55:50.85 ID:5buUu9e50
ヒムラーもユダヤ人皆殺しとか無理って思ってたけどやれって言われたから努力だけした
ゲーリングは昔の仲間だったユダヤ人を保護した
結局ユダヤ虐殺を信奉していた人は誰だったんだろう




143: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/01/17(木) 20:49:22.94 ID:MbW/peq/0
思想やら言論の自由とはまた違うレベルの話なのかな



転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358419504/



人類史上まだ答えが出てない問題

【閲覧注意】 精神異常、殺人者などの恐ろしい「人間」の逸話教えてください

【閲覧注意】戦後最悪のサイコパスと言えば?

第二次世界大戦時の塹壕戦てどれくらい過酷やったの?

「アラメインの戦い」から70年-北アフリカ激戦地で追悼式典【エジプト】

【愛と】独裁者列伝【真実のひと】

病気の世界史