10


4: サバトラ(神奈川県) 2013/01/07(月) 18:18:16.76 ID:PyXlI13d0
アメリカが参戦してから1年持ってないから強くない
フランスとか?イギスが弱すぎただけだろww

9: ヒョウ(北海道) 2013/01/07(月) 18:25:45.21 ID:Xl9dilh10
>>4
当時フランスはマジで弱かった
兵士の数だけ銃をそろえることも出来ず、まともな戦車もなく、航空機は糞、機動化も遅れて騎馬隊が主力

24: ヤマネコ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 18:34:31.21 ID:BpD7min20
>>9
戦車自体はドイツより強かったし多かったよ。
ドイツなんか主砲が機関銃の一号二号が主力だったし。
ドイツの電撃戦で主力を迂回して、残った主力はユンカースで各個撃破して行ったからパリ迄進撃出来た。




29: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 18:36:38.17 ID:LNtsJOmT0
>>4
いや一番でかいのはドイツは素人のヒトラーが好き勝手やってたこと
対ソ戦はある意味自爆の部分も大きい

あと当時のフランスは陸軍に関してはそこそこ
そもそも第一次の戦勝国で予算が潤沢にあった
ただ政治家や軍上層部がゴミクズで運用面が糞すぎた
というか当時のドイツが神がかってただけとも言えるけど



17: ベンガル(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 18:30:51.49 ID:MNYZeUTL0
今でもすげーよ
あいつら、年間1400時間しか働かないんだぜ?
それにも関わらずEUの圧倒的盟主だし


19: マンチカン(東京都) 2013/01/07(月) 18:31:58.99 ID:i9oTycpl0
基本、ドイツ+αVS全世界の戦いを展開するので



23: スナドリネコ(東京都) 2013/01/07(月) 18:34:30.65 ID:L85ifYkd0
技術的には見えるべきモノが多々あったが戦術、戦略に愚策も多かった

フランスその他の周辺国が余りにも雑魚すぎたんで
勘違いしちゃったんだろうね

25: ボンベイ(兵庫県) 2013/01/07(月) 18:34:36.78 ID:fiVujs6J0
日本が真珠湾攻撃をしたとき
ヒットラーが よけいなことをしゃがって と言ったとか

32: クロアシネコ(関東・甲信越) 2013/01/07(月) 18:37:57.64 ID:Y6/jVDDxO
>>25
当時UFO開発してた科学者の人はそう言ってたよ!!
関連

ナチスUFO兵器は存在したか?




246: カラカル(西日本) 2013/01/07(月) 21:38:50.98 ID:FLj9V75w0
>>25
アメリカがドイツとやる為に日本をはめたからな
当時のアメリカの世論は反戦だから真珠湾で参戦の大義名分を得た


27: イエネコ(関西・東海) 2013/01/07(月) 18:35:27.96 ID:Y2duuXr1O
陸戦兵器は革新的な物を数揃えるけど
輸送機や爆撃機は旧態依然なままだったな。海軍も潜水艦以外は戦局に貢献してないし。

34: ヤマネコ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 18:39:43.94 ID:BpD7min20
>>27
陸軍が全てで海軍なんかは予算付けられないから、ずーっとUボートで輸送船狩り。
空軍なんかは陸軍のお守りで急降下爆撃しかしてない、しまいにゃ四発爆撃機に急降下爆撃させるしまつ。
日本の爆撃機は雷撃が絶対!といってたのと変わらん。

41: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 18:41:38.96 ID:LNtsJOmT0
>>27
海軍はしょうがないよ
第一次世界大戦の成果がイマイチだったし
予算の割には優秀

169: サイベリアン(大阪府) 2013/01/07(月) 19:56:34.87 ID:QdGZXAKL0
>>27
でも潜水艦の技術・運用でいえば日本よりかなり先行ってたけどね

179: マンチカン(茸) 2013/01/07(月) 20:04:21.86 ID:6uZiJsTLP
>>169
日本も間違った方向に独走状態だったろw

36: ヒマラヤン(群馬県) 2013/01/07(月) 18:39:47.54 ID:fJDaAgxk0
でも単純な戦死者の数で見たらドイツよりソ連のほうが圧倒的に多いんでしょ

101: マーゲイ(新疆ウイグル自治区) 2013/01/07(月) 19:13:37.68 ID:A2pv6shU0
>>36
ソ連を差し引いても戦死者の数は連合軍のほうがドイツより多いよ

37: ピューマ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 18:40:33.61 ID:AGGxS9o60
これホント誰も教えてくれないんだけどさ
調べてもよくわからんしさ
なんでドイツってWWⅠで経済ズタボロだったのにたった20年ぐらいであれだけの
軍備整えられたの?


43: ライオン(台湾) 2013/01/07(月) 18:42:57.97 ID:Kcou1e+j0
>>37
ドイツの歴史を振り返ると、第一次大戦の敗北後、1923年のハイパーインフレ(1兆倍)で経済破綻したことと、 1929年の世界恐慌の影響で深刻な不況と大量失業者を出したことによって、ドイツ経済は2度破綻した。
その結果、 中産階級の財産は失われた。社会が混乱を深める中、ヒトラー率いるナチス党が支持を広げていった。
ヒトラーによる公共事業や軍事施設の拡大により、ドイツ経済は復活した。

ってネットであったが

63: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 18:53:11.10 ID:LNtsJOmT0
>>43
いや正確には
ドイツの経済は世界恐慌前に一度復活してる
確か正確には覚えてないけど経済成長率は欧州でも上位だったはず

44: ヤマネコ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 18:43:39.35 ID:BpD7min20
>>37
ヒットラーが政権取って賠償払わんって言っても、戦前日本と一緒で軍事費のGDP割合が凄い事になってたんじゃね?
でもアウトバーンや国民車作ってたからそうでも無いのか?

48: コーニッシュレック(東京都) 2013/01/07(月) 18:44:43.13 ID:LxFzMXu+0
>>37
日本だって戦後19年でオリンピックやったじゃん


131: ピューマ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 19:28:53.05 ID:AGGxS9o60
>>48
なるほど確かに。感覚的に一番よくわかったありがとう

55: マンチカン(東京都) 2013/01/07(月) 18:49:19.09 ID:i9oTycpl0
>>37
経済が破綻したって、人的資源がなくなるわけじゃない
だから、破綻の原因が無くなれば自然と経済は復活する
破綻の原因の賠償金支払いを停止して、人的資源を全部軍事につぎ込めばそりゃ、復活するさ

59: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 18:50:33.01 ID:LNtsJOmT0
>>37
それも何段階かあって
まず最初の段階として終戦後最初の10年で国内のハイパーインフレを抑制して
賠償金の減額・通貨安を利用しての輸出業主導による経済再建をした

なぜ出来たかというと第一次世界大戦ではドイツの生産設備はほぼ無傷で
元々産業競争力はあったから通貨さえ安くなればすぐに儲かるレベルだったことと
戦後フランスは国土が荒廃したこと非欧州諸国では戦争景気で需要が増大したこと
これらがドイツの輸出先になったのが大きい

でそのあと世界恐慌が来てそこでナチがケインズ流とも言える経済対策で
軍備に大量に予算を投下したから20年ぐらいであれだけの 軍備整えられた

131: ピューマ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 19:28:53.05 ID:AGGxS9o60
>>59
猛烈によくわかった、ありがとう


45: シャム(関東・甲信越) 2013/01/07(月) 18:44:20.24 ID:icd38l1MO
大戦中のドイツ海軍は壊滅的に弱いぞ
空母はなし
主力は戦艦と巡洋戦艦が各2隻
対するイギリスは空母を持ち、戦艦は終戦までに就役したのが17隻、巡洋戦艦は3隻持ってた
ドイツはUボートが有名だが、それしか頼れるものがなかったのが実状(ホーミング魚雷や水中高速潜水艦を実用化したり優れた面もあったけれど連合軍も新型の対潜兵器を開発していた)
ドイツの虎の子の戦艦ビスマルクは真珠湾攻撃以前に撃沈されてる(それも初出撃で)

51: サイベリアン(神奈川県) 2013/01/07(月) 18:46:54.75 ID:1o8/3eg50
>>45
島国じゃないんだから海上兵器に予算かけられないだろ

111: ウンピョウ(神奈川県) 2013/01/07(月) 19:17:35.20 ID:Ma0rMzoX0
>>45
第二次大戦時のドイツ駆逐艦の撃沈理由の

第三位は航空攻撃によって
第二位は触雷により
第一位はウォースパイト

60: リビアヤマネコ(東海地方) 2013/01/07(月) 18:51:13.08 ID:wXovTUrMO
イタ公が押され始めた時点でバルバロッサ作戦を一時凍結すべきだったのに伍長殿が強行しちゃうから…
8

バルバロッサ作戦(バルバロッサさくせん、ドイツ語:Unternehmen Barbarossa ウンターネーメン・バーバロサ)は、第二次世界大戦中の1941年6月22日に開始されたナチス・ドイツによるソビエト連邦奇襲攻撃作戦の秘匿名称である。また、今日では独ソ戦序盤の戦闘の総称とされる場合もある。
ドイツの他、ルーマニア・イタリア・ハンガリー・フィンランド・スロバキアも派兵している。




61: 斑(東京都) 2013/01/07(月) 18:52:59.32 ID:UUk7PNoM0
実はドイツよりもソ連のほうが戦車先進国だった

69: ジャパニーズボブテイル(dion軍) 2013/01/07(月) 18:56:45.65 ID:9+lr+OG60
>>61
凄い普及させたように見える自動車も実はフランスと普及率どっこいどっこいだったわけだしな
まぁ米国ダントツ他はクソ(日本はゴミカス)って感じなわけだが
ただ、ソ連は技術や理論が先進的でもそれを実践するための将校がほとんど死んでたっていう

75: ヤマネコ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 18:59:05.87 ID:BpD7min20
>>61
そりゃドイツが隠れてソ連で造ってたからな。
でも戦争始まってBT戦車を派生させてT34になったのは凄い事だよ、ドイツだとゴテゴテの四号~タイガーになってたから、いきなりT34に辿り着いたソ連の技術者は先見の明があるよな。
103
左からBT-7M、A-20、T-34 1940年式、T-34 1941年式



65: ジャパニーズボブテイル(dion軍) 2013/01/07(月) 18:54:22.53 ID:9+lr+OG60
日本⇒米国に喧嘩売ったアホ
ドイツ⇒ソ連に喧嘩売っただけでなく、参戦義務もないのに
    日本に釣られて米国にも宣戦布告しちゃった底なしのアホ

結論:イタリアが枢軸国で一番優秀
「やるなら勝たなきゃ」と言うが、実は戦争は負けてもいい
負けてもどうってことない相手を選べば
日本とドイツは戦争のやり方を知らなかった
米国とかソ連みたいなマジキチ相手に喧嘩売るなんて正気の沙汰じゃない

106: ツシマヤマネコ(三重県) 2013/01/07(月) 19:15:25.09 ID:R1rBXq7P0
>>65
ヨゼフ・ピタウ氏がY新聞に回顧録みたいなもんで
WW2後のイタリアの惨状について記してたが
中途半端に終わらせたからナチス側に付いた住民と
それに反対してた住民同士の殺し合いがそこら中で発生して
それを止めるべき警察側もまっぷたつに割れてほとんど
止める人がおらず復讐の連鎖がそこら中で起きて
イタリア全域がカオス化した
地方に行くと未だにその事を根に持ってる住民とか
いるからこの話はタブーみたいな扱いだったと思う

357: イエネコ(神奈川県) 2013/01/08(火) 06:34:49.06 ID:olXYczkM0
>>106
連合国にマフィアが協力したせいで、その後マフィアが力つけちゃったりもしたしな


67: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 18:56:20.88 ID:rxY0u/FTi
104

イタリアも 
こんな美しい銃 
作ってたのに負けたしな



66: トラ(宮崎県) 2013/01/07(月) 18:55:38.40 ID:ttMLjEAB0
戦争は経済力で決まる
当時のアメリカのGDPはドイツの約3倍
英国とソ連合わせたら5倍
まず勝てない

77: ジャパニーズボブテイル(dion軍) 2013/01/07(月) 19:00:03.34 ID:9+lr+OG60
>>66
一応日本もなんの考えもなかったわけじゃなくて
日本とドイツとソ連が組んだら世界の陸空戦力の9割(30年台後半時点)で最強じゃん?
って計算があった(松岡とか)
実際米国国務省も、その3つの独裁国家が組んでるうちは開戦不可って結論出してた
(ドイツのポーランド侵攻時の米国陸軍(国軍)なんて規模的にリトアニアレベル)
ただ、数字の計算だけじゃ動かないのが人間で
実際はドイツとソ連がそんな長い間仲良くしてられるわけもなく


70: ヨーロッパオオヤマネコ(千葉県) 2013/01/07(月) 18:57:08.07 ID:tGE3s3I20
ヒトラーもナポレオンも退けたロシアが教えてくれる大事なことは
戦いで物言うのは兵器でも勇者でもなく広い庭

78: 白黒(茸) 2013/01/07(月) 19:00:07.34 ID:p2qZ6o6uP
>>70
深追いしなきゃよかったのに、、、、

81: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 19:02:44.72 ID:rxY0u/FTi
>>78
そこは人間の性、だろうな。





72: スペインオオヤマネコ(新疆ウイグル自治区) 2013/01/07(月) 18:57:49.90 ID:LfMCtdeH0
アメリカに戦争ふっかけるなんて底なしのアホなのに
やめろと言ったら右翼から反日だと言って石ぶつけられるんだもんなすげえ国だわw

76: サイベリアン(神奈川県) 2013/01/07(月) 18:59:41.39 ID:1o8/3eg50
>>72
当時の政治家や軍部はみんな日本マンセーアメリカぶっとばせだったの?

85: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 19:06:07.62 ID:LNtsJOmT0
>>76
いや逆
軍部や官僚は実力知ってたから本音では戦争回避したい人間が多かった

むしろ一般国民や人気取り狙いの政治家の方が戦争大賛成で
国会なんかじゃ早く戦争しろなんて決議とったりしていた

86: ジャパニーズボブテイル(dion軍) 2013/01/07(月) 19:06:30.46 ID:9+lr+OG60
>>76
むしろ米国とは良好な関係継続したいって感じだったろうが
(30年代後半の日本の対米原油依存率は8割超。大陸戦線維持には米国との通商維持が不可欠)
それより満州の方がもっと大事と誤認してしまった、ってかんじだな

96: コーニッシュレック(東京都) 2013/01/07(月) 19:11:25.05 ID:LxFzMXu+0
>>76
朝日新聞を始めとするマスコミが戦争イケイケで
それに騙された国民の多くも好戦的だった
民主党が政権取った時のような雰囲気



83: シャム(関東・甲信越) 2013/01/07(月) 19:04:25.01 ID:icd38l1MO
だいたいドイツは開戦時でさえ戦車の数が揃わず併合したチェコの戦車を主力にしていたくらいだし、戦力不足を戦術で補っていたが限界は当然のようにやってきたわけだ



89: マンチカン(大分県) 2013/01/07(月) 19:07:51.60 ID:vqUML3N/0
ヒトラーってキチガイみたいに言われてるけど
民間人相手っていうか、自分の国の捕虜や他の外国人もいたところに
平気で核平気落とす国のほうが余程キチガイだよな

97: クロアシネコ(関東・甲信越) 2013/01/07(月) 19:11:27.04 ID:Y6/jVDDxO
>>89
ヒトラーは原爆はユダヤ的だからって
嫌ってたみたいだからなぁ

90: スナネコ(関東・甲信越) 2013/01/07(月) 19:08:06.73 ID:1dR4ycLFO
ドイツは第一次大戦でフランス・イギリス・ロシアを同時に相手にしてロシアに勝ってることを忘れてるやつがいるな。
第二次大戦では先にフランスを片付けて、それからロシアに攻め込んでる。
当時はドイツ必勝と思われてた。
それを前提に日本は勝ち馬に乗ろうとした。
ユーラシア大陸を枢軸が支配すれば、アメリカ一国ではどうにもならないと。

91: ターキッシュバン(dion軍) 2013/01/07(月) 19:08:07.82 ID:RaTjqAyL0
クソジャップが南方に行かずにシベリアに攻め込んでれば勝てた
100: クロアシネコ(関東・甲信越) 2013/01/07(月) 19:13:09.51 ID:Y6/jVDDxO
>>91
ノモハンでソ連軍に日本軍フルボッコされてたよなぁww

120: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 19:22:32.29 ID:LNtsJOmT0
>>100
あれってソ連崩壊後の情報開示で
実は日本側もかなり奮戦した事が発覚したんじゃ・・・

でそれにビビったスターリンがナチが侵攻してきたのに
関東軍を警戒して極東から精鋭を引き抜けなくなったと聞いたけど

123: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 19:25:20.20 ID:rxY0u/FTi
>>120
ソ連側の被害も甚大だったけど
どう転んでも日本の負けではあるよ。

物量も戦法も日本はグダグダだったからね。

戦力の逐次投入とか補給の軽視とか
後の太平洋戦争で露呈する辻ちゃんその他
陸軍参謀本部の欠点が全て明らかになってたのが
ノモンハン。

147: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 19:40:40.97 ID:LNtsJOmT0
>>123
まあ日本側が奮戦したと言っても
現場の人間が付け焼刃で頑張っただけだもんな
意味が全然違うよな

132: ウンピョウ(神奈川県) 2013/01/07(月) 19:29:36.85 ID:Ma0rMzoX0
それこそ>>120と同じだろ。
ソ連倒したかったら、同数程度の相手倒しても無駄。
ノモンハン後の国境線見てみろ。
ほとんどソ連側の主張が通っている。
あれは日本の負け。

136: クロアシネコ(関東・甲信越) 2013/01/07(月) 19:31:51.75 ID:Y6/jVDDxO
>>120
フルボッコされたら当時の
日本は隠したかっただろねぇ~
数年前に日本テレでノモハン事件に参加した人が
死んだを友人を探しに行く番組を観た時は俺泣いたよ°・(ノД`)・°・

122: スペインオオヤマネコ(千葉県) 2013/01/07(月) 19:25:19.30 ID:VpGq2li40
>>100
ノモンハンは俺の爺ちゃんの初陣だから
悪く言わないでくれ

怒涛のソ連戦車に塹壕の中で震えてただけだったらしい

143: クロアシネコ(関東・甲信越) 2013/01/07(月) 19:37:42.29 ID:Y6/jVDDxO
>>122 
ごめん(´・ω・`) 
お前のじいちゃんは凄いよ!! 
ろくな装備持たされないで戦車っと戦っただから!! 
リアルメタルギアのM1戦車の戦いをやっただから・・・・


125: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 19:27:04.35 ID:rxY0u/FTi
>>122
古書で「ノロ高地」ってのが手に入るから読んでみ。
あと、半藤一利の「ノモンハンの夏」な。

139: スペインオオヤマネコ(千葉県) 2013/01/07(月) 19:33:19.14 ID:VpGq2li40
>>125
サンクス
爺さんノモンハンは地獄だったって言ってたから
読むのも怖いお

150: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 19:42:36.16 ID:rxY0u/FTi
>>139
まぁ、前線出てたなら
生きて帰っただけでも儲け物って
思うような戦いだったかと。

「ノロ高地」は戦中、ノモンハンを
勝ち戦とする世情の中で、
実態を伝えようとした良書と思うので
頑張って読んでみることを勧める。



99: アメリカンワイヤーヘア(岡山県) 2013/01/07(月) 19:12:55.17 ID:UZI8+9ZF0
石原莞爾談

「ドイツはヒトラーのようにしなければ生きられなかったと思う。
しかしヒトラーは勝利を目の前にしながら負けた。
ドイツはソ連軍に負けたんじゃない。アメリカのB29に負けたのだ」

102: ヤマネコ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 19:14:00.75 ID:BpD7min20
>>99
B29ってドイツ飛んだの?

107: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 19:15:49.34 ID:rxY0u/FTi
>>102
飛んでない。
B17とかアブロランカスターだな。


121: ヤマネコ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 19:24:00.81 ID:BpD7min20
>>114
中国戦線用にイギリス経由で飛んでたみたいだね。
wikiにあった。


155: サイベリアン(宮崎県) 2013/01/07(月) 19:47:44.22 ID:lkw9p2ss0
>>107
広大な飛行距離生かして大西洋のUボート掃海やってたらしい。
機体そのものが機密情報満載のB-29はドイツ軍に鹵獲されるとコピーされる
あるため本土爆撃には投入されなかったらしい。

160: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 19:49:08.04 ID:rxY0u/FTi
>>155
なるほど、そんな任務にらあたってたのか。



104: マーゲイ(東日本) 2013/01/07(月) 19:15:10.48 ID:cxNZZneOO
まぁサッカーのドイツ代表観てるとみんな頭良さそうだもんな。
民族的優秀性を認めざるをえんよ。あの顔つき見てたら。
117: ラグドール(福岡県) 2013/01/07(月) 19:20:45.96 ID:vYNKyyJm0
>>104 
まさにドイツ代表こそ、強いのに最後は負ける国の代名詞だろ


113: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 19:18:33.46 ID:rxY0u/FTi
>>104
ドイツの武器とか兵器みたらスゲーよ
博物館の展示もね。
106

215: マーブルキャット(東日本) 2013/01/07(月) 20:48:22.27 ID:LMZJhfXZ0
>>113
あ~この手のモデルガン持ってた~。
上がピコっと持ち上がるやつ。

ありがと!


108: コーニッシュレック(東京都) 2013/01/07(月) 19:16:11.59 ID:LxFzMXu+0
戦前、満州鉄道の調査部が列強各国の国力をあらゆる角度から分析して
グラフ化した資料がどっかにあったけど
アメリカが強大すぎて枢軸国なんかゴミ以下のレベルだった

134: コーニッシュレック(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 19:30:58.64 ID:6R8Mb4Uu0
>>108
内閣の中でも机上で戦争やって結局、日本は負けたんだよな。
戦争に反対する奴らも多かったのに止められなかったんだからもうね


124: アビシニアン(北海道) 2013/01/07(月) 19:26:23.84 ID:4HQO2xOq0
物理が盛んだったオーストリアが目立っていなかったのはどうして?

133: アビシニアン(北海道) 2013/01/07(月) 19:30:43.20 ID:4HQO2xOq0
>>127
平和を愛してるからかな?

142: マンチカン(東京都) 2013/01/07(月) 19:37:40.94 ID:i9oTycpl0
>>133
産業革命って聞いたことあるだろ
いわゆる列強国ってのは産業革命で工業化に成功した国なわけ
で、オーストリアはその波に乗れなかった
みんながアイフォン使ってるなかガラケー使ってる感じ

145: アビシニアン(北海道) 2013/01/07(月) 19:39:59.91 ID:4HQO2xOq0
>>142
つまり日本はオーストリアと友達になれそうだねってことだな

152: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 19:44:48.08 ID:LNtsJOmT0
>>142
オーストリアのそういうところは
スペインやトルコ・イタリアとかの老舗の王政国家に共通するんだよな
けどそんななんかチェコとか小国ながらも工業化に成功する国もあるから
何が工業化成功の要因になるか本当にわからん

156: ウンピョウ(神奈川県) 2013/01/07(月) 19:47:57.50 ID:Ma0rMzoX0
>>152
そりゃ腐っても大国だったオーストリア=ハンガリー帝国の一番の工業地帯だったからね。
オーストリア=ハンガリー帝国ってのは、
農業地帯のハンガリーが穀物を供給し、
工業地帯だったチェコが工業力を提供する。
って感じだった。
独立したチェコにとっては、物凄い財産だったろう。

あと、基本鉱山業が盛んな地域は工業化が興りやすいみたい。

163: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 19:51:09.27 ID:LNtsJOmT0
>>156
あ〜なるほど帝国の工業地帯だったからだったんだなサンスク
チェコって地味ながらものすごい工業国なんだよな
自動車まで自前で作ってたとか

164: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 19:52:03.03 ID:rxY0u/FTi
>>163
兵器も良いのを作ってる

168: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 19:55:34.83 ID:LNtsJOmT0
>>164
なんか南京攻略で
中国軍がチェコ製の機関銃だかもってて
性能が良くて手ごわかったと生存者が言ってたの思い出した

171: コーニッシュレック(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 19:59:24.77 ID:6R8Mb4Uu0
>>168
ナチスは国民党を支援してたからなw

140: スペインオオヤマネコ(大阪府) 2013/01/07(月) 19:33:49.09 ID:ObB35HP70
アメ公抜きにしてもソ連に負けてたろ
いくらマシンガン兵があほほどいたところで
雪崩のように押し寄せてくる人海戦術に勝てない
というかポーランド軍の騎兵突撃にビビって発狂したような兵士がいる軍隊やぞ
精神力が弱すぎる

146: ターキッシュアンゴラ(新疆ウイグル自治区) 2013/01/07(月) 19:40:11.17 ID:Zv7rdtFj0
>>140
アメ公が抜きだと東部戦線にドイツの戦闘機が何倍も出現するから
少なくとも、あんな総崩れになることはないよ。



154: マンチカン(茸) 2013/01/07(月) 19:47:17.91 ID:6uZiJsTLP
アメリカが攻勢かける前に既にドイツは対ソ戦で守勢に回ってたしな。
遅いか早いかの違いだけだろ。
ていうか、ドイツの全面バックアップがありながら
沖縄戦の四分の一の戦力に一ヶ月でシチリア島を陥落させられるとかイタリアがあまりに弱すぎる

158: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 19:48:24.98 ID:rxY0u/FTi
>>154
守るべき文化があるから
無駄な抵抗しないんだろ。

165: マンチカン(茸) 2013/01/07(月) 19:52:55.08 ID:6uZiJsTLP
>>158
そこがおちたら本土決戦になっちゃうのに

167: ターキッシュアンゴラ(新疆ウイグル自治区) 2013/01/07(月) 19:54:53.20 ID:Zv7rdtFj0
>>158
イタリアの工業力は日本の半分に過ぎない小国だぜ。
あれがイタリアの精一杯だったんだよ。
装備さえあればイタリア軍も普通に強い。そう、装備さえあれば。


170: ハイイロネコ(関東・甲信越) 2013/01/07(月) 19:57:38.63 ID:s2OHBvFMO
現在も少し改造しMG3機関銃として使用されているMG42機関銃
現代のアサルトライフルの原型になったStG44突撃銃
イギリスを震え上がらせたV2ロケット
地上戦最強のタイガー戦車
この他にナチスドイツの強さを象徴するものって何があるかな

177: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 20:03:47.64 ID:rxY0u/FTi
>>170
日米をはじめとする
世界の最新鋭戦車が使ってるのが
ラインメタル砲だからな。
機関銃はMP5だし。
107

108

180: サイベリアン(宮崎県) 2013/01/07(月) 20:04:58.34 ID:lkw9p2ss0
>>170
メッサーシュミットME262






175: ハイイロネコ(北海道) 2013/01/07(月) 20:03:16.30 ID:4bJOzKCwO
軍服や兵器のデザインからマシンガンの音にまで敵を怖がらせることを計算して作っているのがすごい。

181: ヤマネコ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 20:05:32.43 ID:BpD7min20
>>175
急降下爆撃の爆弾に笛付けたのもドイツだっけ?

183: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 20:07:00.05 ID:rxY0u/FTi
>>181
スツーカだな。
109
http://ja.wikipedia.org/wiki/ユンカース Ju87 シュトゥーカ
逆ガル主翼の複座機で固定脚が外見上の大きな特徴で、急降下爆撃機らしいガッシリとした武骨なフォルムをもつ。急降下爆撃の機動に耐えるため機体構造が頑丈で、整備も容易であったため反復攻撃をこなす事ができる実用性に富む機体であった。逆ガル式の翼が生み出す下方視界の良さと、安定した急降下性能のため、精密な爆撃を行うことが出来、急降下時にサイレンのような音を立てることから連合国側からは「悪魔のサイレン」の異名で恐れられた。後に機体に小型プロペラにより駆動されるサイレンを取り付け、標的となった陣地等の敵兵を恐慌へと追いやり地上部隊の進撃を爆撃と心理面で援護することになる。しかし、大戦も後期になると逆に航空優勢な連合軍に対してサイレンの効果が薄れたためサイレンを取り外し、台座だけが残っている記録写真もある。


184: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 20:07:31.04 ID:rxY0u/FTi
>>181
あ、爆弾じゃなく機体な。

275: シャルトリュー(山梨県) 2013/01/07(月) 22:13:12.86 ID:ygUszkYc0
>>181
笛付ける意味ってなんかあったん?
恐怖心を与えるためとか?

281: ジョフロイネコ(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 22:19:12.23 ID:19P9f7DGi
>>275
まさにその目的。

289: シャルトリュー(山梨県) 2013/01/07(月) 22:30:13.13 ID:ygUszkYc0
>>281
テンキュ!

176: ジャングルキャット(家) 2013/01/07(月) 20:03:27.08 ID:axAMZ2jR0
フォルクスシュトルムとヘッツァー駆逐戦車が死ぬほど可愛くて生きてるのが辛い

182: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 20:05:58.73 ID:rxY0u/FTi
>>176
カメムシ可愛いよカメムシ
1110




185: マンチカン(東京都) 2013/01/07(月) 20:07:51.43 ID:A1+SbO0X0
高卒から定年まで生え抜きでトヨタ勤めた叔父さんが、定年後にフォルクスワーゲン買ってヽ(´ー`)ノマンセーしてた。
トヨタとフォルクスワーゲン比べたら段違いだと。

188: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 20:10:35.29 ID:rxY0u/FTi
>>185
ドイツの博物館で
ルガーP08と南部十四年式拳銃見比べて
こりゃダメだと思ったよ。

仕上げが全然違い過ぎる。
ドイツ工業製品の美しさは半端ないよ。

192: ヤマネコ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 20:18:28.19 ID:BpD7min20
>>188
P08は将校用だから仕上げがイイんじゃないの?

267: ジョフロイネコ(SB-iPhone) 2013/01/07(月) 22:08:50.29 ID:19P9f7DGi
>>192
そうなんだけど
同じ扱いのワルサーP38と比べても
残念な仕上げだったんだよな。

もちろん時期の差もあるとは思うけど。

111

112







187: コーニッシュレック(関東・甲信越) 2013/01/07(月) 20:09:56.05 ID:Y6/jVDDxO
ドイツが無ければワグナー旋盤は産まれなかった
ワグナー旋盤がなければ日本は戦艦大和も造れなかった


204: マンチカン(関東地方) 2013/01/07(月) 20:30:23.32 ID:GU1NHgtSP
ドイツは強すぎたんだよ。ちょっと突っ走りすぎた。
ソ連と道続きじゃなければもう少し様子を見て仕掛けてたんだろうけど。
日本もドイツも補給を軽視しすぎ。

207: ヤマネコ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 20:35:25.44 ID:BpD7min20
>>204
当時は何処もそんなもんでしょ。
補給戦を勝ち抜けたのは米軍以外ないし。
連合国全てにジープからトラックから飛行機から分け与えてる。

220: ジャングルキャット(関東・東海) 2013/01/07(月) 20:56:45.42 ID:zYqIbQ4BO
ドイツも日本も全ては持てる資源量だよね
イギリス、アメリカ、ソ連並に資源があればドイツも日本も戦争には勝ってた

245: ペルシャ(福岡県) 2013/01/07(月) 21:29:27.99 ID:YkQs9cBb0
>>220
資源があったら日本は戦争してないよ



232: ラ・パーマ(東京都) 2013/01/07(月) 21:07:09.80 ID:zxdAf6iu0
アメリカ大陸という広大な領地を持ちつつ、アジアや欧州まで抑えてたアメリカ凄すぎ
結局、日本もドイツも自国を死守するのに精一杯だったのに、あっさりと乗り越えてるし
こんなやつらに勝てるわけねえ




249: マーブルキャット(埼玉県) 2013/01/07(月) 21:50:55.02 ID:l8VYio2W0
ドイツについてわからないことがある

西ドイツ 6000万人 経済大国  都会  首都ボン
東ドイツ 1500万人 貧乏国    僻地  首都ベルリン

で、これが合併して、いま
ドイツ  8000万人 経済大国  首都ベルリン
じゃん?

今のドイツの首都ベルリンって日本で言う東京だろ。
ドイツの主要機関が集まる中心地がベルリン。
で、そのベルリンにいる人って元東ドイツ人ばっかりってことか?
統一前と逆転して東ドイツ人が都会人になって
西ドイツ人が田舎ものになったってことでいいのか

251: マンチカン(東京都) 2013/01/07(月) 21:57:07.38 ID:i9oTycpl0
>>249
ドイツは、めちゃめちゃ地方分権が進んでいるので別に田舎とか都会とかそういう概念が無い
国の機能が集まってるのがベルリンなだけってはなし

255: マーブルキャット(埼玉県) 2013/01/07(月) 22:02:57.24 ID:l8VYio2W0
>>251
そうなんだ。日本人からみると不思議な感じだな。
都市別人口
ベルリン     350万
ハンブルグ   170万
ミュンヘン    130万
ケルン      100万
フランクフルト  60万
シュツットガルト 60万
ドルトムント   60万

人口別でみても圧倒的にベルリンが一番で主要機関も集まってて
国の中心地でしょ。それを統一前の敵対しててしかも田舎もので貧乏だった
東ドイツの人たちに占領されてる。。。く、くやしいです!っていうふうには
ならないのかな

266: イリオモテヤマネコ(愛知県) 2013/01/07(月) 22:08:29.14 ID:VJ5B53EM0
>>255
ベルリンは大都市の割には微妙
経済の中心はフランクフルトとミュンヘンだし、豊かさではハンブルクやルール地帯のほうが上
ベルリンはしょぼい

272: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 22:12:18.59 ID:LNtsJOmT0
>>266
ベルリンは東西分裂後が痛すぎたからなあ
更に言うとベルリンがドイツの中心地になったのは
ドイツ帝国が出来てからだし

273: 白黒(dion軍) 2013/01/07(月) 22:12:28.15 ID:GPdWe0urP
>>255
ドイツに限らずヨーロッパは歴史的にその土地がいろんな国の支配下に
なってきてるからリージョナリズムっつうか土地愛が強い
国よりも土地に帰属心がはるかに強いからスポーツチームも土地に所属するわけよ


265: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 22:08:26.91 ID:LNtsJOmT0
>>249
元々西ドイツはフランクフルトが経済の中心地で
ボンは行政府があるだけの街だから
行政府がボンからベルリンに移ったところで
経済の中心地は変わらないんだよ
だから東ドイツが都会人になったとはならない

むしろ今のドイツ(ドイツ帝国)ができた時の方が
帝国を作る際に主導的だったプロイセンが東側だったのに
ドイツ帝国ができた時に経済力のある西側を併合したせいで
併合後旧西側の連中が次第にでかい(都会人的)顔するようになって
旧プロイセン(東側)をバカにする事が出てきて
旧プロイセン(東側)出身の役人が
ドイツ帝国なんて作らなければよかったとぼやくくらいだった




257: コドコド(大阪府) 2013/01/07(月) 22:05:34.57 ID:HY7vZQlg0
大戦の時の歴史の勉強をして何度も疑問に感じるのが、不可侵条約を結びながら、
ソ連に侵攻したヒトラーの判断。
もしも、あのまま独ソの協調路線が続いていたら、英国抜きのユーラシアの新体制が完成していたはずなのにな
独ソ日伊で共存可能な外交戦略が可能だったのに、なぜヒトラーはバルバロッサ作戦を発動する必要があったのか?

264: オリエンタル(愛媛県) 2013/01/07(月) 22:08:15.44 ID:9EKHI7aD0
>>257
ソ連を過小評価していたことに尽きるだろ
大粛清があって軍はまともに機能せずモスクワまで一気に落とせば屈服すると見ていた



279: バーミーズ(東京都) 2013/01/07(月) 22:16:21.08 ID:LNtsJOmT0
>>257
そもそもスターリンも強調する気がないのをわかってたからじゃない?
実際ドイツがソ連に侵攻した際
国境にソ連の大兵力(武器)が置かれてたみたいだし

ヒトラーが条約破らなくてもスターリンが破ったと思う


296: コドコド(大阪府) 2013/01/07(月) 22:37:04.79 ID:HY7vZQlg0
>>279
ドイツから反故にする可能性はあっても、スターリンから反故にする可能性はほとんどないでしょ。
前線に兵力を配置しても、開戦して、電撃的に敵領に侵攻するような戦力とか体制はソ連でも平時からは備えているわけではなかった。

バルカンでは対立してていたけどもそれでも、独ソの共存が不可能になるほどのことでもなかったのだから、共存こそ合理的な国策とスターリンも考えてもおかしくはない。
それに、バルバロッサ作戦前に、ドイツの動きが諜報部に伝えられても本気にせずに、軽視して それが緒戦の失策を招いている。
スターリンの頭の中にはヒトラーとの共存のヴィジョンがあって、
本気でそうしようと考えていたということとしか考えられない

286: チーター(空) 2013/01/07(月) 22:24:12.22 ID:Tx2eKMrB0
>>257
ほっとくほどソ連の赤軍は巨大になって攻めてくる
WWⅡは結果としてドイツが捨て駒になってソ連の侵攻を喰い止めた感じ

236: パンパスネコ(東京都) 2013/01/07(月) 21:11:05.89 ID:SCfOvz9/0
外交が下手 ビスマルクみたいなのが出なかった

242: ジョフロイネコ(大阪府) 2013/01/07(月) 21:22:22.73 ID:3uKRhMzn0
賢い人がドイツから逃げたからだよ

291: ソマリ(公衆) 2013/01/07(月) 22:32:40.27 ID:eiqyo/jd0
第一次のリーダー:ウィルヘルムⅡ世

第二次のリーダー:ヒトラー

だもんなぁ…・ドイツに戦争の巧い指導者なんてフリードリヒ大王以来一人として出ていない。

293: マンチカン(東京都) 2013/01/07(月) 22:35:01.68 ID:i9oTycpl0
>>291
ビスマルクさんdisってんじゃねーよ


297: ベンガルヤマネコ(茸) 2013/01/07(月) 22:40:18.10 ID:zrpxin780
>>291
べつにチャーチルやルーズベルトやスターリンがカイザーやヒトラーより戦争上手なわけじゃないと思うが

…プロイセンドイツの問題はまさにそこで指導者の中で政治より戦争が上位に位置するという逆転現象だと思うよ
少なくとも米英仏は政治の末に戦争という可能性があるけど
ドイツは戦争に勝つためにはどういう政治をしていくか、だもの
だから単純な二国間の殴り合い程度なら圧倒的に勝てるけど外交が密接に絡んでくると最初はともかくだんだん破綻してくる

299: ジャガーネコ(兵庫県) 2013/01/07(月) 22:47:12.32 ID:CUfeRlIZ0
>>291
文民統制と参謀制度の普及により現在ではアレキサンダーやナポレオンが織田信長が
先頭を切って戦うような時代じゃないんよ。
アメリカを見てみなよ。国家指導者たる大統領・・・数多くいたがその中で戦場で部隊を指揮し
戦いを勝利へと導いていける才能があったのは初代のワシントンだけ。
今のオバマでもブッシュでもさ、もう特殊部隊の隊員とかに瞬殺されそうなほど弱い。
素人がトップのアメリカ軍がなぜ、あんなに強大なのか考えてみよう。

300: ベンガルヤマネコ(茸) 2013/01/07(月) 22:48:53.43 ID:zrpxin780
>>299
まぁ半分以上は兵役経験ありそうだけどな米大統領

303: ボルネオヤマネコ(東京都) 2013/01/07(月) 23:06:03.40 ID:2CJpnUtd0
>>300
基本的に、ステイツへの忠誠を示した証なので、
軍務経験は大きなプラス材料として捉えられる。

そのうえ、軍人OBの選挙サポートも得られるし、
軍人経験者の共感も得られやすい。

圧倒的に選挙で有利。

313: ラグドール(福岡県) 2013/01/07(月) 23:23:45.54 ID:vYNKyyJm0
>>303
軍と政権の関係が密接なんだよねアメリカは


298: 斑(兵庫県) 2013/01/07(月) 22:46:56.17 ID:JgjofvwH0
独裁者は最後には敗ける

301: ヒョウ(東京都) 2013/01/07(月) 23:03:00.91 ID:3jjR3DQB0
なぜかジオンが脳内に浮かんだ

304: ヤマネコ(やわらか銀行) 2013/01/07(月) 23:09:27.43 ID:BpD7min20
>>301
ナチの真似だからなw



338: サーバル(dion軍) 2013/01/08(火) 00:48:51.47 ID:7XA+FWDS0
もしWW2でドイツが核開発して戦争に勝利してたらどうなってただろうな

340: ペルシャ(チベット自治区) 2013/01/08(火) 00:59:28.79 ID:/5MJKZqq0
>>338
ユダヤ系の優秀な学者をはじき出してしまったし、ドイツ人の科学者も思想的な対立で
研究を進めないようにしていたという説があるから、ユダヤ人の虐殺をやらないとかしないと、
その前提が成り立たない。

342: クロアシネコ(埼玉県) 2013/01/08(火) 01:06:22.16 ID:ryGw7uU/0
あのころのドイツには優秀なユダヤ人科学者がすごいたくさんいたんだよなあ
逆に考えると他の国よりドイツの方が世界の嫌われ者とされるユダヤ人にとって
住みやすかったり正当な評価がされやすい国だったということじゃないか

それを全部ひっくり返して追いだしたりするんだから科学者や技術者を軽視してたと思わざるをえない
あんなにキレイな武器を作る国が何でなんだろ

343: ペルシャ(チベット自治区) 2013/01/08(火) 01:10:37.20 ID:/5MJKZqq0
>>342
調子の良い財政出動による国の財政悪化をどうにかして穴埋めしなければならなかったというのが大きいんじゃないかな。
ユダヤ人には金貸しや、比較的裕福なインテリがけっこういたから。
ロマからの資産を奪っていたし。


345: ライオン(東京都) 2013/01/08(火) 02:07:18.96 ID:KkpIesuv0
昔読んだ「原子爆弾」という本の感想だが原爆は当時アメリカしか作り得なかっただろうな
ドイツが降伏しなくてもドイツ製原爆の完成ははるか後だったはず

346: ペルシャ(チベット自治区) 2013/01/08(火) 02:18:17.62 ID:/5MJKZqq0
>>345
どんな本かは分からないけど、当時は原爆の恐ろしさをリアルにイメージ出来ていたのは優秀な物理学者達で、 ドイツやイタリアから逃げてきた優秀な学者者は、原爆をムッソリーニやヒトラーに使われる前に開発しなければならない という事に、もの凄い危機感を持っていたらしいけらね。
フェルミとか。

347: ライオン(東京都) 2013/01/08(火) 03:20:36.67 ID:KkpIesuv0
>>346
原爆の原理と開発史をまとめた新書でなかなか良書だった
10年以上前に借りて読んだきりだから記憶あやふやなところはあるけど、ウランなどの調達と加工の問題でドイツでは作れなかったという記述があったと思う



356: マンチカン(大阪府) 2013/01/08(火) 06:24:44.04 ID:d7wx1Ver0
その後経済戦争には勝ったけど今はまた移民にやられてるよな・・・

358: コーニッシュレック(禿) 2013/01/08(火) 07:11:33.79 ID:dD3eEloP0
>>356
戦勝国でまともに移民を統制できてるのはアメリカぐらいじゃないのか

363: ジャパニーズボブテイル(大阪府) 2013/01/08(火) 08:08:25.01 ID:YqlpMaHW0
>>358
アメリカもできてないんじゃないの
ヒスパニックやムスリムはすごい閉鎖的なコミュニティ築いて
自治体レベルだと町一つ乗っ取るような事態もあるらしいぞ

359: 白(東京都) 2013/01/08(火) 07:21:19.75 ID:7mgeLaSmP
アメリカは先住民殺し尽くしてるから
ある意味最初から移民がやり放題なわけで

360: セルカークレックス(やわらか銀行) 2013/01/08(火) 07:22:08.45 ID:Y2wKyMfv0
アメリカはそもそも移民の国だから
それなりのシステムが出来てるんだろうな。

民族国家と市民国家の違いというか。

361: シンガプーラ(四国地方) 2013/01/08(火) 07:31:25.36 ID:PBfgXvlNO
あの時代に弾道ミサイル、ジェット機、無尾翼機を開発実戦投入って違反だろ。
負けたけどw

367: コドコド(福岡県) 2013/01/08(火) 08:27:36.76 ID:zVbOiSqN0
>>361
そういう小手先の兵器よりも、結局はレーダー網と暗号解読が勝敗を決するんかね(´・ω・`)




376: 白(やわらか銀行) 2013/01/08(火) 09:55:51.12 ID:+JAMXSjGP
日本も開戦当初は連戦連勝だったし
相手の準備不足を突いた電撃戦てのは強く見えるんだろうな
戦線を広げすぎて自滅も日本とよく似てる




転載元
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1357550104/

【閲覧注意】 アフリカだって努力すれば飢餓や貧困はなくなったはず

太平洋戦争に詳しい奴来てくれ

2012年世界の軍事力ランキング。中国は3位。韓国は7位。日本は9位

戦車って時速80kmで走るらしいwwwwwwwwwwwww

戦闘機は今後どう進化するんだ?