3





451: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:35:26.95 ID:7zrkwHJq0
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/葦原金次郎

10

葦原 金次郎(あしはら きんじろう、1852年 - 1937年2月2日)は、 
明治後半から昭和10年代の長きに渡って
大衆に人気があった精神病患者。 
病名については「躁病の誇大妄想か、分裂病の誇大妄想か、 
あるいは梅毒からくる進行麻痺の誇大妄想」など、 
医師によって診断が分かれる。葦原将軍、葦原天皇、葦原帝とも呼ばれる
病院に来る新聞記者や参観人に勅語を乱発しては売りつけたりした。葦原将軍の乃木希典との会見や、伊藤博文に金を無心して無視された事もある。また、明治天皇が巡幸した際に、「やあ、兄貴」と声をかけたこともある(大澤真幸『思想のケミストリー』紀伊国屋書店、118頁)。日露戦争時、「相撲取りの部隊を出してロシア軍のトーチカを破壊せよ」と発言するなど戦前のジャーナリズムを大いに賑わす人気者であった。奇矯かつ過激な言動は格好のゴシップネタとなり、新聞記者の間では「記事のネタに困ったときは葦原将軍に話を聞きに行け」と言われたくらいであった。




462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:41:54.55 ID:4pSSHNne0
>>451 
アメリカ最初で最後の皇帝ジョシュア・ノートン陛下が大好きなんだが 
日本にもこんな人がいたのか。全然知らなかった













4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:03:58.85 ID:YFZwTzRt0
清麻呂は穢麻呂になった

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:04:13.66 ID:8vAirZsT0
>>4
kwsk

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:12:58.90 ID:HNegQJcf0
清麻呂の姉の広虫も、狭虫と改名させられたという説がある

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:14:01.10 ID:xdPGvT8+0
>>15
蘇我蝦夷と入鹿も本当は違ったんじゃないかって言われてるよね

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:28:45.83 ID:kmU78saI0
>>4
和気清麻呂
道鏡にやられたんだよな?
1

762年(天平宝字6年)道鏡は孝謙上皇の病を宿曜秘法を用いて治療し、それ以来、孝謙上皇と道鏡は密接な関係があったとされる。764年(天平宝字8年)孝謙上皇は藤原仲麻呂の乱(恵美押勝の乱)鎮圧の後、淳仁天皇を廃して自ら称徳天皇として重祚すると、道鏡の権勢は非常に強まり、765年(天平神護元年)太政大臣禅師、翌766年(天平神護2年)には法王となった。こうした状況に、道鏡に欲が出たのではないか、とも推測されている。さらに、称徳天皇も道鏡を天皇の位に就けたがっていたとも言われ、清麻呂の報告を聞いた天皇は怒り、清麻呂を因幡員外介にいったん左遷の上、さらに別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)と改名させて大隅国(現在の鹿児島県)に流罪とした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/和気 清麻呂(わけ の きよまろ)



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:33:40.22 ID:xdPGvT8+0
>>35
別部穢麻呂、きたなまろってwww





7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:04:40.17 ID:fYwJ8Ups0
対馬領主がいない隙を狙って侵攻してきた李氏朝鮮軍12000名だかを居残り組600人で追い払ったらしい

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:05:47.11 ID:xdPGvT8+0
>>7
すげー!!
李氏朝鮮では前年に世宗が即位していたが、軍事の実権は譲位した父の太宗がなお握っていた。太宗は倭寇撃退を名目にした対馬遠征を決め、対馬の有力者が明などに渡航し不在である時期を狙って、永楽17年(1419年)6月、李従茂率いる227隻、17,285名の軍勢を対馬に侵攻させた。また同時に朝鮮国内の在留商人らを一斉に抑留した。
朝鮮軍は、6月17日に巨済島を出航したが逆風ですぐに引き返し、19日に再出航[1]、20日昼頃に対馬の尾崎浦(『朝鮮王朝実録』には豆知浦とある)附近へ上陸した。一帯の一般船舶129隻を焼き払い20隻を奪い、民家1939戸を焼き払い、また104(実録には首級114)の島民を殺害したとされる[1]。しかし26日頃には、仁位郡(『実録』では尼老郡)で対馬側の伏兵に遭い2500の損害を受け、李従茂の軍は尾崎浦まで退却、戦局は膠着状態に陥った[2]。
朝鮮側は、同6月29日に宗貞盛に対して対馬の属州化などを要求する使者を送るが宗は拒絶する。損害の大きくなった李氏朝鮮側は対馬側の撤退要求を受け入れ、7月3日に巨済島へ全面撤退した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/応永の外寇




8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:05:42.27 ID:nb4u36Ub0
敗走中家康が食い逃げしたがババアに捕まって銭取られた

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:06:46.76 ID:xdPGvT8+0
>>8
BBAツヨスwww

250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:48:22.83 ID:N22IjwLy0
>>8
今も銭取って地名に成って残ってる

384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:58:23.53 ID:4Zu9AglU0
>>8
銭取小豆だかって地名の由来だったよな?

388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:00:31.54 ID:h9r90XRS0
>>384
浜松のやつか?
浜松なら何故か徳川家康の逸話が結構あるけどいくつか嘘っぽいのもあるし

武田軍を布の橋作って罠にはめて崖に落としたとか

この逸話は後世の創作で、実際には三方ヶ原の戦いでの死者を弔うためこの地に餅を備える習慣が続いたことが地名の由来である
http://ja.wikipedia.org/wiki/小豆餅



258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:53:46.62 ID:7+eWG0cR0
家康はなかなかおもしろい話多いよな 
寺だったか焼いたのは痛快


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:07:10.61 ID:sLmnqtAB0
有名だけど、イザナミが「一日1000人の人間を殺すと言ったらイザナギが「じゃぁ一日1500人の人間を生ませるわ」って言って、それがいまの統計そのまんまなこと

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:08:42.46 ID:xdPGvT8+0
>>11
なにげにすごいな・・・当時って統計なんぞなかったろうに



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:15:35.78 ID:AEV1saLm0
世界で多くの人間の人生を終わらせてる覚せい剤は明治時代に日本で発明され戦争に使われた
しかし実はあくまで医療目的での発明だったので、軍事利用をするというアイデアはドイツから逆輸入した

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:17:04.10 ID:xdPGvT8+0
>>18
これだなw

14

1893年(明治26年)、日本の薬学者・長井長義によりエフェドリンから合成されて生まれた。1919年(大正8年)、緒方章がその結晶化に成功した。
アンフェタミンより強い中枢神経興奮作用をもつ覚醒剤であり、日本では覚せい剤取締法により規制されている。医療の現場においては現在、昏睡、手術後の虚脱状態、統合失調症における遅鈍症、ナルコレプシー等に対し施用されることがある。
第二次世界大戦当時には連合国軍と枢軸国軍の双方で、航空機や潜水艦の搭乗員を中心に、士気向上や疲労回復の目的で用いられた。21世紀初頭の近年、世界各国においてその蔓延の急速な進行が確認されており、一例としてアメリカ合衆国では、「最も危険なドラッグ」として語られるものとなっている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/メタンフェタミン







498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:13:11.33 ID:6Bkvb9KSO
正露丸の元ネタは征露丸だったよな 


ヒロポンは太平洋戦争前は普通に薬局に売っていた 
受験生たちが眠気覚ましの強壮剤として服用していた




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:18:59.81 ID:wuVTePT10
西南戦争の時元農民主体の官軍が籠る熊本城が官軍の10倍の薩摩芋に攻められるが
一人も薩摩芋は城内に入れずに終わったそうな

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:19:46.20 ID:xdPGvT8+0
>>22
薩摩芋、だと?

260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:54:17.73 ID:+HSn1zg+O
>>22
官軍の10倍の数のサツマイモを想像したらワロタwww
http://ja.wikipedia.org/wiki/西南戦争





24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:19:13.69 ID:DtrTRBCc0
山中鹿介は厠の中をうんこまみれで逃走した

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:08:36.77 ID:tekiX/qW0
>>24
桂小五郎も厠のなかをうんこまみれで逃走してなかったか

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:21:31.23 ID:F9Xw25960
保科正之は徳川秀忠の隠し子

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:23:21.42 ID:xdPGvT8+0
>>27
徳川家光の異母弟とあるけど、違うのか

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:31:13.76 ID:FIlLKEwTO
>>30
その通りだよ
徳川秀忠と正室の江与との間に生まれたのが家光
徳川秀忠がちょっかいを出した女中との間に生まれたのが保科正之
だから秀忠の隠し子であり家光の異母弟で合ってる

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:21:52.44 ID:ll9lLQql0
ほう
http://ja.wikipedia.org/wiki/保科正之





31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:24:21.50 ID:o5DWr/9r0
天武天皇が、兄である天智天皇より年上な件

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:27:05.23 ID:xdPGvT8+0
>>31
生年が不明なんだな、天武帝って。
でもそれでなんで年上ってわかるの?

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:35:08.36 ID:o5DWr/9r0
>>33
以下、Wikipediaのコピーだよん

>天武天皇の出生年は日本書紀に記載がない。他に記載がないのは崇峻天皇のみであり、これは異例の事である。

>鎌倉時代に成立した『一代要記』や『本朝皇胤紹運録』『皇年代略記』が記す没年から生年を計算すると、それぞれ生年が推古天皇30年(622年)・31年(623年)で
『日本書紀』による兄・天智天皇の生年・推古天皇34年(626年)を上回る。従来、『一代要記』などの65歳没は56歳(同55歳)の写し間違いで、逆算して631年生まれであるとの説が定説化していた[5]。

ところが戦後になって、前記の史料が示す年齢を正確なものと解釈し、系図上では父が舒明天皇で天智天皇の弟とされているが
「天武天皇は天智天皇の異母兄、若しくは異父兄だったのではないか」という説が現れた。
天智と天武は兄弟ではないとする非兄弟説や
母皇極天皇が舒明天皇の前に結婚していた高向王との間に生まれた漢王と同一人物ではないかとする天武異父兄説がある。

ただし、天武が天智より年上だとする主張は
日本書紀の記述における天智の生年と、日本書紀以外の記述における天武の生年を比較している。
同一史料内で天智・天武両者の生年が併記されているものについては、天智のほうが年下と記すものはない。
そのため天武が年上とする事を前提とした諸説は、史料の扱い方が恣意的という批判がある。

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:37:02.22 ID:xdPGvT8+0
>>48
( ・∀・)ノシ∩へぇ~へぇ~



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:26:57.19 ID:oMPN8fBi0
比叡山延暦寺焼き討ちは織田信長以前に足利義教もやってる
しかも延暦寺サイドも別の事件で京を焼いている

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:28:03.52 ID:xdPGvT8+0
>>32
比叡山って、正直ろくなことしてねーよな
なにかあればすぐに強訴強訴って、アフォかとw

そりゃ焼かれて当然だわw
http://ja.wikipedia.org/wiki/足利義教 延暦寺との抗争








38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:29:31.70 ID:CJOdIsXw0
兵士が用足してる間にその兵士の不在が原因で勃発した戦争あるって聞いたことあるけど、誰か知らない?

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:34:27.19 ID:a8hiSW9M0
>>38
それ日中戦争や


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:34:31.03 ID:CJOdIsXw0
>>43-44
日中かthx
日本史とか中学以来だ・・・

兵1名の行方不明について

第八中隊長がとりあえず不法射撃を受けたことと兵1名行方不明である状況を大隊長に報告したのち、約20分ほどしてこの兵は発見された。中隊長は西五里店に引き揚げ、八日二時過ぎ大隊長に会い、行方不明の兵が復帰したことも報告した。大隊長、聯隊長は最初の事件報告を受けたときは、「暗夜の実弾射撃」以上に「兵一名行方不明」の方を重視し部隊出動を決意した。しかし二時過ぎには行方不明の兵発見の報告を受けているので、事後の中国側との折衝においても、当時はこれを全然問題にしていない。しかし、中国側では故意に兵一名行方不明及びその捜索を蘆溝橋事件及び拡大の原因とし、不法射撃の件は不問に付している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/盧溝橋事件 兵1名の行方不明について




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:30:16.73 ID:SStBZ5op0
神の子孫を名乗る一族は皇室だけじゃない
物部氏や中臣氏、菅原氏など古代の有力豪族も古事記や日本書紀の神が先祖であるとしている




40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:30:34.24 ID:mkH3z9810
確か西郷隆盛は本当は隆永って名前だった
名前間違えられたのにまぁいいかって訂正せずにそのまんま

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:43:09.11 ID:L/toouy/O
>>40
(-⊆-;)マジか



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:35:10.35 ID:Zk16QU7J0
関ヶ原の戦いの跡地は今 田んぼ


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:37:02.22 ID:xdPGvT8+0
>>49 
歴代の徳川将軍が神社とかたてそうなもんだけど、しなかったんだな 
なんか不思議




82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:04:04.31 ID:N9HxBwJS0
日本で木綿を初めて栽培したのはインド人 
799年の頃のことであった

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:05:12.19 ID:xdPGvT8+0
>>82 
マジで!?平安時代に印度人が木綿栽培www
日本へは799年(延暦18年)三河国(愛知県西尾市天竹町と言われるが、『日本後紀』には三河国としか書いてない)に漂着したインド人(自称)によってもたらされ栽培が開始されたが、1年で途切れたという。この後、綿は明や朝鮮からの輸入に頼ることになり、長い間高級品であった。その後、連続して栽培され一般的になるのは、16世紀以降とされる。


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:17:22.03 ID:N9HxBwJS0
>>85 
752年に東大寺で開かれた大仏開眼供養のときに開眼導師努めた菩提僊那もインド人だぜ 

あと654年には今の新疆ウイグル自治区にいたトカラ人もきてる

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:20:10.90 ID:xdPGvT8+0
>>111 
そうなのか・・・ 
当時のインドってまだ仏教は残ってたんかね?

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:25:35.17 ID:N9HxBwJS0
>>113 
セーナ朝が滅ぼされるまではいた 
日本で言えば鎌倉の北条執政体制が全盛の頃だな

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:28:08.96 ID:xdPGvT8+0
>>124 
そうなのか、思ったよりは最近まで仏教徒がインドにいたんだね 

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:24:39.50 ID:L1avPLg8O
>>111 
そういや同じ頃に李みつえい(漢字出てこない)っつーペルシア人もいたな。

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:31:23.65 ID:xdPGvT8+0
>>120 
まじで??

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:42:19.19 ID:L1avPLg8O
>>130
天平・ペルシアでぐぐるといい。在唐ペルシア人だったけど何の因果か時の遣唐使の帰国にともなってついてきた人たちの一人。ちなまに菩提せんなもその一人

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:43:48.11 ID:xdPGvT8+0
>>143
まだ冒頭しか呼んでないけど、興味深いね
ttp://www.geocities.jp/gur_bahram/pn/pn03.htm

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:55:11.47 ID:L1avPLg8O


>>146 
後半はやや怪しいけど意外にしっかりかかれててびっくらこいた。 
 
全く関係ないけど、19世紀にフランスだかどっかの国が琉球に対して何故そんなに貧しいのかと親書だかなんだで質問された時、清の他に薩摩藩に支配されていることを隠すために琉球がトカラ国っつー架空の国をでっち上げた話を思い出した。ソースなんだったっけなー。

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:56:10.06 ID:xdPGvT8+0
>>159
トカラ列島のトカラからとったんかね?
にしても、すっごく興味深いね

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:03:15.97 ID:L1avPLg8O
>>161
多分それかも。まあ東大日本史解いてて興味深くて印象に残ってただけだから史料ソースはおまいら任せたwてかよく考えたらスレチ疑惑だった。

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:07:57.90 ID:xdPGvT8+0


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:38:05.82 ID:L/toouy/O
ペリーが来た時、伊能忠敬の日本全図を見て
こんな地図が作れるのなら軍事力も侮れないと慎重になったらしい

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:39:25.54 ID:xdPGvT8+0
>>51
あんな地図があったら相当な測量技術があると思うし、
そりゃほかの技術力もあるって思うわな



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:42:01.48 ID:b90Nwetl0
戦国時代に勝率7割と世界史でも稀に見る名将がいた

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:43:09.33 ID:xdPGvT8+0
>>54 
信長で5割ちょっとなんだっけか


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:44:26.99 ID:XJk+hB/XO
>>54
前田慶二?

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:45:59.43 ID:b90Nwetl0
>>57
毛利元就

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:46:36.49 ID:/bPk9QDk0
小林多喜二の最期は悲惨

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:48:58.12 ID:xdPGvT8+0
>>60
「全身が拷問によって異常に腫れ上がり、特に下半身は内出血によりどす黒く腫れ上がっていた。しかし、どこの病院も特高警察を恐れて遺体の解剖を断った。」
ひでぇ話だな
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E5%A4%9A%E5%96%9C%E4%BA%8C
ttp://blogs.yahoo.co.jp/sakurajinyapoo/25559169.html

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:51:07.53 ID:/bPk9QDk0
>>65
畳を縫う針で足を刺されてたらしい
指も全部折られてたとか…
特高怖すぎ

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:54:50.27 ID:L/toouy/O
>>65
蟹工船しか知らなかったが
最期が虐殺とは…


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:47:56.21 ID:4pSSHNne0
1457年のアイヌと和人の戦いであるコシャマインの戦いは
アイヌ少年が和人の鍛冶屋に注文したマキリ(短刀)が全然切れないと
文句を言いに行ったところ「切れねえだって?てめえの体で確かめてやる!」
とそのマキリで切り殺されたという故事か諺みたいな出来事が発端


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:49:54.93 ID:xdPGvT8+0
>>63
民明書房刊 って感じだなw

http://ja.wikipedia.org/wiki/コシャマインの戦い



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:48:49.36 ID:L/toouy/O
細川忠興とガラシャはすげえヤンデレ夫妻

ガラシャと話した男を忠興はガラシャの前で殺し
ガラシャはガラシャでその時血がついた着物を三日着続けた
まぁ有名か…




67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:50:42.25 ID:N9HxBwJS0
毛沢東にベッドの上に縛り付けられて殺された劉少奇はもっと悲惨だよ
あんなに仲良かったのにね

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:55:19.82 ID:xdPGvT8+0
>>67 
日本史じゃない件w 
排泄物の世話もされなかったって、意識があったらそれだけで拷問だな・・・ 


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:58:38.89 ID:N9HxBwJS0
>>72 
劉少奇は>>38がいってる盧溝橋事件に関与したともいわれてるから 
若干は関係あるよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/劉少奇 最期


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:55:43.90 ID:b90Nwetl0
>>67
死ぬ前に青空すら見せてもらえなかった彭徳懐もかなり悲惨
権力は人を惑わす
http://ja.wikipedia.org/wiki/彭徳懐






69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:52:37.53 ID:FIlLKEwTO
大老、井伊払部頭(かもんのかみ)直弼が首を斬られて暗殺された桜田門外の変
そのときに庶民がそれを皮肉って風刺した狂歌が何気に酷い
事件が、3月3日の雪の降りしきる早朝に起きたことから

三月は 雛のまつりか 血まつりか あけ(朱/明け)に染めたる 桜田の雪

桜田に 胴と首との 雪血がい 井伊馬鹿ものと 人はいふなり

井伊掃部頭 逆から読めば 頭部を掃って井伊


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:55:19.82 ID:xdPGvT8+0
>>69 
そんだけ憎まれてたってことか



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:53:34.48 ID:5gE5gIL/0
天皇が任命するはずの将軍の座を
自分たちで勝手に跡継ぎ決めたり跡目争いしたりで
完全に世襲制にして日本国全域を数百年支配していた徳川王朝と
それに国土全域を支配されたりクーデターが起こったり敗戦したり国号も憲法も変わったりしているのに
なぜか教科書の見開きでずっと日本を支配していたことになってる
謎の国家・日本

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:58:45.79 ID:xdPGvT8+0
>>70
支配というか、後見に近いんじゃねーかと見てる
武家政権だと、その武家を形式上でも任命していたのは天皇だし、
貴族政治だと、その貴族が実質的な政治をしながらも、その貴族の上には天皇がいる、と。



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:58:30.80 ID:C79/DngC0
一向宗の団結力凄すぎワロタ
織田信長も最終的に和睦に持ち込んだし

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 00:59:40.22 ID:xdPGvT8+0
>>74
信長の長島の一向一揆鎮圧は苛烈を極めたしね
それほどまでに邪魔な存在だったんだろうね
http://ja.wikipedia.org/wiki/長島一向一揆





78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:00:05.25 ID:4pSSHNne0
ヘボン式ローマ字で有名なヘボン先生だが
本名はJames Curtis Hepburn、つまりヘボンとはヘップバーン
自ら日本語で署名する際は「ヘボン」と記していた

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:01:11.10 ID:xdPGvT8+0
>>78
それ始めて知った時に驚いたw
ヘップバーンとヘボンが同じなのかよ!!ってw



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:01:02.54 ID:I8ngYOss0
卑弥呼と同じ時代に
狗奴国の男王卑弥弓呼という紛らわしい奴がいる

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:03:38.00 ID:xdPGvT8+0
>>79
ひみここwww
いやしく、いよいよ、弓を呼ぶって、なんだか戦争好きみたいだな
卑弥弓呼、卑彌弓呼(ひみここ、生没年不詳)は、『魏志倭人伝』に記録される狗奴国の男王、3世紀の倭国(現在の日本)の人物である。内藤湖南は、卑弥弓呼素(ひめこそ)であるという説を唱えた(#諸説)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/卑弥弓呼



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:04:39.30 ID:kuCFAcIN0
黒船が来た時、日本人は白旗の意味もわからなかったので、アメリカ人が「白旗を振ったものには危害を加えない、話くらいは聞いてやろう」と言われたのであっさり白旗を振った

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:06:01.87 ID:xdPGvT8+0
>>84
一歩間違えたら、日本がなくなってたかもしれないと思うと
運が良かったのかね?

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:08:31.94 ID:kuCFAcIN0
>>87
ペリーは大統領に、「戦争するなよ」と釘を刺されていたからそれはないと思うけどな

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:09:33.40 ID:xdPGvT8+0
>>93
おぉ、そうなのか
勉強になった




89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:06:59.01 ID:wvbIIsoJ0
真田幸村(信繁)の親父昌幸は敵の伝令兵に自城を案内してまわったことがある


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:08:49.07 ID:xdPGvT8+0
>>89 
アホスw 
もしくは、何らかの意図があったのかしら 


徳川秀忠が西軍についた真田昌幸の篭る上田城に前進を阻まれていた時、秀忠は冠が岳にいる先陣の石川玄蕃、日根野徳太郎に連絡する必要に迫られ、島田兵四郎という者を伝令として出した。兵四郎は地理がよくわからなかったうえ、上田城を避けて迂回していたのでは時間がかかりすぎると思い、なんと上田城の大手門前に堂々と馬を走らせ、城の番兵に向かって「私は江戸中納言(=秀忠)の家来の島田兵四郎という者。君命を帯びて、我が先陣の冠が岳まで連絡にいくところです。急ぎますので、どうか城内を通してくだされ」と叫んだ。味方に連絡するために、現在交戦中の敵城を通してくれ、というのだから、とんでもない話である。番兵たちもあまりのことに仰天してしまい、真田昌幸に報告すると、「なんと肝っ玉の太い武士だろう。通してやらねばこちらの料簡の狭さになる。門を開けてやれ」と門を開けるように指示した。「かたじけない」と城内を駆け抜け裏門を抜ける際、島田兵四郎はちゃっかりと「帰りももう一度来ますので、また通してくだされ」と言った。その言葉通り、再び島田兵四郎が帰りに城に立ち寄った時、真田昌幸はいたく感服し、兵四郎に会い、「そなたは城内を通過したので、我が城内の様子を見ただろう。しかし様々な備えはあれど、それは城の本当の守りではない。真の守りは、城の大将の心の中にあるのだ。」と、自ら直々に案内して城内を詳しく見せてやり、その後門を開けて帰してやったという(『名将言行録』、『週刊ビジュアル日本の合戦』)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/真田昌幸




90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:07:22.63 ID:38bTCrLT0
原敬が暗殺されたのは、「腹を切れ」を「原を切れ」と聞き違えたから

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:08:49.07 ID:xdPGvT8+0
>>90 
なにそのコントw
とはいえ、コント紛いで東京駅で殺されたんじゃ洒落にならんよな

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:07:46.48 ID:b90Nwetl0
>>90
それガチ?

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:11:47.23 ID:38bTCrLT0
>>92
ガチ
裁判の公判でこう言ってるらしい
犯行の1カ月前、艮一と上司・橋本栄五郎との政治談義の中で原政治の批判になり、橋本が「今の日本には武士道精神が失われた。(政治家は悪いことをした時に、責任を取るという意味で)腹を切ると言うが、実際に腹を切った例はない」というような主旨のことを言ったのに対し、艮一が「腹」と「原」を誤解し、「私が原を斬ってみせます」と言明したという。このため、橋本のその言葉が事件の直接的なきっかけとなったとして、橋本も殺人教唆の疑いで逮捕されたが、判決は無罪であった(求刑は懲役12年)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/原敬暗殺事件




91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:07:42.72 ID:xdPGvT8+0
大化の改新が646年で、645年のは乙巳の変って今は呼ばれてることに驚いたw
関連

なぜ日本には古代文明が生まれなかったのか





95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:08:47.72 ID:5gE5gIL/0
1イ1イ9ク2ニ2ツ9ク6ロ0オ鎌倉幕府で覚えたが
なんか今は違ってるんだっけ?
いつに訂正されたのか知らん

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:14:53.82 ID:/3Nd9npp0
>>95
間違いというか、どこで幕府が成立したかの解釈の違い



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:09:29.51 ID:jEMmEAGI0
千田是也の芸名の由来は関東大震災の混乱の最中朝鮮人に間違えられて恐い思いをしたことから
東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)ドイツ語科在学中から土方与志の舞台美術研究所に通い始める。1922年(大正11年)に府立一中卒業後、早大独文科聴講生を中退して演劇の道に入る。関東大震災後の土方与志、小山内薫らによる築地小劇場創立に参加。芸名は関東大震災の際、千駄ケ谷で暴徒に朝鮮人に間違えられ殺されかけた経験から“千駄ケ谷のコリアン”をもじったもの。
http://ja.wikipedia.org/wiki/千田是也


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:09:58.06 ID:dX+0YbmK0
伊藤博文はロリコン、女大好き

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:13:36.55 ID:48neY1Jd0
>>99 
ロリコンってより水揚げ大好き(処女好き)だな
花柳界でついたあだ名が「箒の御前」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:10:03.99 ID:4pSSHNne0
1708年、宣教のために屋久島に密航した
イタリア人・シドッティは和服に二本差しという侍の変装をしていたが、
一瞬でバレてお縄になった

これだけ聞くとまぬけな人物のようだけど、イエズス会の指示ではなく自らの意思で
日本を訪れ、長い軟禁生活の結果足が動かなくなっても布教への情熱を捨てなかったことを考えると
キリスト教版鑑真のような立派な人物だったのかもしれない

http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョヴァンニ・バッティスタ・シドッティ






101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:11:07.23 ID:C79/DngC0
日露戦争がよく持ち上げられるけど日清戦争で
国力が数倍上だった清朝に勝てたのもけっこうな奇跡

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:13:40.81 ID:b90Nwetl0
>>101
でも日清戦争は清の軍閥がやる気なくて金も兵もけちってたけどね軍艦だけはいいのを揃えてきたようだけど

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:11:59.44 ID:FIlLKEwTO
うちのカーチャンも毎晩飲んでる、スーパーやドラッグストアでよく見かける養命酒
あれは実は400年前からある
主な愛飲者は徳川家康、赤穂浪士、山本五十六など
養命酒の箱パッケージの上のほうにある丸いマークは飛龍と呼ばれ「徳川家御用達」の証であり、日本初の商標ともいわれている

製造元に残る伝承によれば、慶長年間、信州(現在の長野県上伊那郡中川村)に住んでいた塩沢宗閑翁が、雪の中で倒れていた老人を助けた。この老人が塩沢の元を去るときに、礼に薬用酒の製法を教えてくれたものが養命酒の起源だという。1602年製造開始。1603年には徳川家康に献上され、そのときに「飛龍」の印を使うことが許されたという。日本初の商標ともいわれている。
赤穂浪士が養命酒を飲んでいた記録があるほか、1774年刊行の小説、『異国奇談和荘兵衛』に養命酒が登場している。

 


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:13:56.43 ID:4pSSHNne0
赤穂浪士で思い出した
結構有名な話だけど、赤穂浪士が全員切腹になった理由の1つは
「英雄を英雄のままで死なせてやるため」という慈悲

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:15:35.51 ID:xdPGvT8+0
>>106
それが理由だったのか
確かに死ぬと英雄として永遠に名が残るしな

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:16:22.18 ID:kuCFAcIN0
乃木希典は今の右翼の方々には崇拝されてるが、実は愚将で、日露戦争の旅順攻略戦での作戦が、まさかの「突撃」そのため銃で撃たれまくって戦死者を日清戦争とは比べ物にならない六万人も出す結果となった

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:17:28.86 ID:b90Nwetl0
>>110
乃木さんは今村均に評価されるぐらいの人だぞ

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:21:55.47 ID:yV03geiiP
乃木愚将論って否定されてなかったっけ。 
乃木を持ち上げようってんじゃなくて、児玉源太郎や海軍を高く見積り過ぎっていう流れで

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:23:28.70 ID:xdPGvT8+0
>>115 
相対論として、乃木希典がアレってことなのかね

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:23:15.89 ID:qTam8qLyO
第一次大戦のフランスとドイツは 
日露戦争の突撃戦を参考にして30万ぐらい死んだんじゃなかったっけ? 

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:24:42.64 ID:XFjBlNrb0
乃木は愚将じゃなくて海軍にせっつかれてもっとも苦手とする戦いを強いられただけだろ




114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:21:05.41 ID:5gE5gIL/0
世界で始めてF15戦闘機を空対空の戦闘で打ち落としたのは日本の自衛隊の航空機

そして世界で始めて空対空で撃墜されたF15戦闘機も日本の自衛隊

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:22:53.12 ID:xdPGvT8+0
>>114
???
日本の空自のF15同士の模擬戦で落としたのが世界初?

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:26:02.32 ID:5gE5gIL/0
>>116
訓練中に本当に寮機に向かって実弾ミサイル発射して見事にぶち込んでしまうという
とんでもないことをやらかした・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/F-15僚機撃墜事故






119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:23:41.79 ID:eH4OwEL20
和歌が好きすぎた後鳥羽上皇
・歌人を集めて百首ずつ歌を詠ませる会を開いた
・百首ずつ読ませてさらに一首ずつ対決させる大会も開いてみた
・藤原定家らに新古今和歌集を編纂させ、自分でも口を出した
・和歌の並べ方にまでこだわり、4年かけて完成したが、満足せず
 隠岐へ流されても持って行ってひとりで改訂を続け
 
これこそが決定版だ!という詔を隠岐から発した

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:25:34.42 ID:xdPGvT8+0
>>119
そこまでこだわると、さすがにかっこええなw

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:24:53.42 ID:uWOr+lu70
日本語とヘブライ語には
同じ発音で同じような意味になる言葉が
約500文字ある

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:26:21.97 ID:xdPGvT8+0
>>122
日ユ同祖論キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

日ユ同祖論でいくと、ヘブライの館は必須だなw




128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:29:35.03 ID:jyDLk0pN0
身分制度により綺麗な着物を着れなかった粋な城下町の民が着物柄の刺青を入れ始めたのが今の和彫りの始まり

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:31:23.65 ID:xdPGvT8+0
>>128 
和彫りという入れ墨方法が完成したのって、その頃なのかね? 


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:34:33.62 ID:4pSSHNne0
「侍とスフィンクス」の写真で知られる第2回遣欧使節団の正使・池田長発はイケメン

2

15




132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:36:02.39 ID:xdPGvT8+0
>>131
遣欧使節の末裔が今もスペインにJapon(ハポン)を姓にしているんだっけね

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:38:35.44 ID:4pSSHNne0
>>132
うん。ハポン姓の人たちは伊達正宗が派遣した慶長(第1次)遣欧使節の方の子孫だけどね

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:40:00.08 ID:UIc745HWP
96年のミススペインはJAPONさんなんだよね
141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:41:01.66 ID:xdPGvT8+0
>>138 
( ・∀・)ノシ∩へぇ~へぇ~ 
140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:40:58.80 ID:N9HxBwJS0
スペインのハポン姓の人を以前テレビで見たけどふつうのスペイン人だったな 
当たり前だけど




133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:37:57.90 ID:y39wnQB80
微妙にスレチだけど藤原道長は実は一回も関白やってない

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:39:07.38 ID:xdPGvT8+0
>>133
摂政だけなんだ

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:43:25.00 ID:y39wnQB80
>>136
摂政も1年2か月だけだけどな
法成寺を建立したことから御堂関白とも呼ばれるが、実際に関白になったことはない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/藤原道長





134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:38:04.01 ID:W6aU00cq0
舩坂弘は太平洋戦争で瀕死の重傷を負いながら基地に這いずって帰り翌日には歩いてた
その後も致命傷を何度も負うが翌日には歩いてた
瀕死で敵に囲まれてもそのまま敵を殲滅したり拠点を破壊して次の日には普通に生活していた

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:39:48.51 ID:xdPGvT8+0
>>134
最早ゾンビ並だな・・・

238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:41:07.08 ID:6jg7+5J60
三島自決に使われた関孫六って船坂軍曹から送られたものだったんだってな 
眉唾だけど

261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:54:29.08 ID:4pSSHNne0
三島由紀夫と言えば、緒方拳が三島を演じた映画『MISHIMA』は 
傑作と名高いが日本未公開。もう潰れちゃったレンタルビデオ屋に 
輸入盤のVHSがあったのだけど、その頃は興味なかったから 
放置しちゃったわ。今でも後悔してる

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:56:18.79 ID:xdPGvT8+0
>>261 
未公開って言われると、興味湧いてくるね 
どんなんだろ・・・


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:40:08.96 ID:09iytTzoO
我らが主神、天照大神には男性説がある

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:41:01.66 ID:xdPGvT8+0
>>139 
マジか・・・どうしても女性って思っちゃってるわ

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:44:03.06 ID:09iytTzoO
>>141
男が女崇めちゃダメじゃねえ? ってことでできた説だからあんまり気にしなくて良い

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:16:00.03 ID:CQU5qr+w0
>>139
天照大御神でいうと
女性の最高神は世界的に見ても稀
さらに、処女神が強い力を持っているというのも稀
普通の女性神は性欲が強い=力も強いというのが世界の慣例
お前らの処女信仰もここから来ているという仮説がある

アマ公まじ最強

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:18:07.17 ID:L1avPLg8O
>>191
てんてるさますげーwww


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:41:35.89 ID:ezLapm7B0
上杉謙信が実は女だったんじゃないかという説

月に一度体調を崩して篭る日があったとか

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:42:27.49 ID:xdPGvT8+0
>>142
織田信奈というのも(ry



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:44:18.65 ID:+lnxmS9H0
日本兵「おい、これはどういう道具だ」

捕虜「は?お前ふざけてんじゃねぇぞ。」

日本兵「さっさというんだ!」

捕虜「これ作ったの、日本人だぞ・・・」

後の、八木アンテナである。

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:44:46.65 ID:xdPGvT8+0
>>148
ワロタけど、八木アンテナすげーw


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:46:31.54 ID:y39wnQB80
俺の母方の先祖は足利将軍家らしい

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:47:24.53 ID:xdPGvT8+0
>>151
世が世なら、ってところか



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:47:28.22 ID:7uy0RinB0
徳川慶喜は過激尊王攘夷派の家に生まれたのに西洋の料理を愉しんだり開国論を押した
国を憂いて危険も承知で押す今の政治家に足りないものを持ってたんだね

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:49:35.51 ID:xdPGvT8+0
>>153
文化から学んだ何かがそうさせたんかもね

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:51:37.15 ID:N9HxBwJS0
慶喜ってナポレオン3世と交流あったよな
洋服も貰ってるし

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:54:54.53 ID:xdPGvT8+0
>>155 
すげー! 
思わずググってみたwww 


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:52:27.62 ID:Ca+aK6jTO
たぶん有名だけど徳川慶喜の趣味は写真

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:54:54.53 ID:xdPGvT8+0
>>156 
いろんな写真が残ってるよね、彼が撮影した
でもって末裔も写真やってるんだよね
ttp://media.yucasee.jp/posts/index/510

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:53:07.39 ID:y39wnQB80
>>156
あの人絵もかなり上手いよね

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:58:09.66 ID:FIlLKEwTO
慶喜は一橋時代に豚肉を食った、ってのが奇異がられて広まって「豚一公」って呼ばれてたんだよね

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:01:01.67 ID:xdPGvT8+0
>>164 
明治維新を先駆けて一人突っ走ってたのかしら、慶喜公はw




160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:55:38.53 ID:FIlLKEwTO
女性説なら9代将軍徳川家重にもある
昭和の発掘調査で出てきた遺骨が顎が細く骨盤が広く全体的に華奢、という女性的特徴を持ってた
あと重度の障害があり、大岡忠光を常に側に起き彼しか言ってる事が解らないというのも男女関係を匂わせ
また極度の頻尿で鷹狩りの際は市道に何箇所もトイレを設置して小便公方と呼ばれたり、死因が尿毒症というのも女性に多い兆候

http://ja.wikipedia.org/wiki/徳川家重 人物・逸話



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:56:35.27 ID:WMYL5XFT0
世界史と日本史両方から見て凄い話ってないの?

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:00:12.35 ID:xdPGvT8+0
>>162
個人的には日露戦争か、遣隋使かな
日出処の天子云々



163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:57:30.22 ID:4pSSHNne0
フランス水兵殺害の咎で切腹を命じられた土佐藩士たちは
切腹で腹から溢れ出た自分の腸を、切腹を見届けるフランス人たちに投げつけた
その余りの凄惨さに軍艦長トゥアールは処刑の中止を要請
これが世に言う堺事件である

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:00:12.35 ID:xdPGvT8+0
>>163 
腸を投げつけるのって、千利休もそんな話があったよね



165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 01:58:36.85 ID:jwzaegn80
イギリスとフランスが操ってたのに、最終的に列強になったとことかすげえんじゃね

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:06:47.93 ID:4pSSHNne0
>>165
箱館戦争で旧幕府軍に参加したフランス人ジュール・ブリュネは
薩長の新政権を米英による傀儡政権だと考えていた節があるんだよな
実際、ナポレオン3世宛てに「自分が軍を辞め、旧幕府軍と共に闘うのは
米英の陰謀を食い止め、フランスの努力を無駄にしないためです」という旨の
手紙を出してる



170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:03:02.84 ID:y39wnQB80
東久邇宮稔彦首相のその後
首相辞職→皇籍除外→事業起こすも失敗→新宗教立ち上げるも失敗→女に騙されて訴訟沙汰
→享年102歳

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:04:26.02 ID:xdPGvT8+0
>>170
宗教始めた時に東久邇ってつけて怒られたんだっけw

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:05:45.95 ID:y39wnQB80
>>174
「ひがしくに教」だからな
完全アウト

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:03:40.18 ID:Ca+aK6jTO
織田信長は自分を狙った暗殺者を捕まえた際、首から下を地中に埋め横にのこぎりを置き
道行く人々に少しずつのこぎりで首をひかせるという処刑をしたとか

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:07:57.90 ID:xdPGvT8+0
>>172 
それって切りにくい竹鋸を使ったんだっけか 

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:04:24.65 ID:y39wnQB80
>>172
杉谷善十坊乙

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:06:11.22 ID:N9HxBwJS0
織田家の武将たちは残酷な処刑をする人が多いな 
それでも中国の武将たちに比べれば可愛いもんだが 
朱元璋とか、ほんと頭おかしい




176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:05:53.78 ID:Z7eLRIMg0
杉原千畝ってなんであんまり授業で取り上げられないんだろうな
俺が一番好きな歴史上の人物なんだけど

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:06:56.92 ID:y39wnQB80
>>176
日本のシンドラーか
でも中国のシンドラーとか他にもいろんな国に何人かいたような

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:09:59.00 ID:4pSSHNne0
杉原千畝は確かに多くの難民を救ったけど 
大政に影響を与えたというわけではないし 
歴史という大きな流れの1つというよりか 
独立したエピソードだから、歴史というより 
道徳の分野になるんじゃないかなあ


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:09:04.22 ID:aI3ecNyc0
武田信玄はホモ

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:10:52.33 ID:y39wnQB80
>>181
それは常識が逆で、秀吉が一切男色しなかったのが逆に珍しい例
もっというと一人の女房だけとしか関係もたなかったのは三斎さんくらい


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:14:46.17 ID:FIlLKEwTO
まあ戦国武将や江戸の武士・町民あたりなんかは 
男と関係持つのなんて今で言う「オレ熟女もイケるわww」「マジかよwww」くらいのノリだからな 
相手が少年ならさらにもっとハードルは低くなるし

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:17:11.35 ID:xdPGvT8+0
>>189 
男色については、なんだかんだで長い歴史があるからねぇw 
藤原頼長の例もあることだしw 





183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:10:04.46 ID:P/aeBdA0O
日本史とは違うかも知れないが

新渡戸稲造がドイツ留学中に、ドイツの大学教授から日本にはキリスト教もあまり普及してないし道徳教育も無い(当時日本は道徳教育は無かった)のにどうして皆品行方正に生きられるのかと聞かれ
回答の代わりに執筆したのが武士道

これが現在でも当時と同じ桜の絵をあしらった表示で第何百版と現在も刊行されている

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:11:26.85 ID:xdPGvT8+0
>>183
新渡戸稲造の武士道は名著だね
日本の道徳は欧米によく見られる宗教道徳とはちと違うから、
理解はしにくいのかもしれない

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:12:30.44 ID:xdPGvT8+0
>>183
いい忘れ。
今はかなり廃れてしまったのかもしれないけど、文化として「恥」というのがあるから、
それも大きな道徳観念を生み出しているのかもしれないね

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:17:24.09 ID:4pSSHNne0
新渡戸稲造の武士道、名前忘れちゃったけど本文の前に 
外人さんの紹介文が載ってるんだよな 
そこで紹介されてたある日本人留学生が病にかかって余命幾許も無いときに 
キリスト教への改宗を勧められて「たとえ私が安息を得ることができようとも 
私の人生の残りかすを主に捧げるわけにまいりません」と改宗せず死んでいった 
って話がすごく印象に残ってる

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:19:05.58 ID:xdPGvT8+0
>>193 
キリスト教道徳、というか倫理が規範となってる欧米の人には 
理解できないだろうね、そういうのは特に



186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:12:03.64 ID:L/toouy/O
岩倉具視は日本人で唯一シシィと会い、会食した

188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:13:25.73 ID:xdPGvT8+0
>>186
シシィがわからんくて思わずググった
でもなぜにエリーザベトがシシィ?w




190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:15:12.84 ID:eH4OwEL20
大分県の誇る思想家 三浦梅園

・生涯ほとんど大分を出ず、思索にふけった

・医学・天文・政治・地理など諸事に通じ、「条理学」という誰にも理解できない独自の思想体系をつくった

・殿様に米の値段が上下するのはなぜかと問われて書いた「価原」が
 アダム・スミスの国富論より3年早かったことで世界に知られた

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:17:11.35 ID:xdPGvT8+0
>>190 
3つ目すげー!!!




194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:17:42.80 ID:N9HxBwJS0
女の最高神ってわりと原始宗教にはみられるが
あと神道には処女崇拝はない
昔は巫女は娼婦の兼業がざらだったし

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:26:21.14 ID:CQU5qr+w0
>>194
うむ、原始宗教だと数が多すぎだろwww
それに、現代で殆ど消えたり、吸収されてるから判断がむずかしいよねん

503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:16:15.54 ID:jwzaegn80
>>194
マジかよ
巫女さん色っぽかったんだろうな。
重要な役割だとは思うが、巫女さんの地位が低かったのか、娼婦が一般的な女性の職業だったのか、どっちなんだろう

506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:18:11.38 ID:6Bkvb9KSO
>>503
世界最古の商売は『娼婦』だと言われているよ

517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:26:30.45 ID:CQU5qr+w0
>>506
最古は泥棒じゃね?

518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:29:02.14 ID:mMq3O1Du0
>>517
それだと泥棒が盗む物を作る職人さんがすでにいる

523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:31:58.41 ID:CQU5qr+w0
>>518
なんか鶏と卵のパラドックスみたいだなwww

ググッたら幾つか候補はあるみたいね
どっちも入ってた

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:20:18.16 ID:D5+JdD4d0
歴史じゃないけど刑場で死刑囚の遺体重ねて刀の試し切りしてたってのがショックだったな

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:21:44.03 ID:xdPGvT8+0
>>199
「据物」ですな

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:22:57.74 ID:mMq3O1Du0
>>199
お宝鑑定団で五つ胴(人間重ねて5人目の胴まで斬れた)の刀に1000万の値がついてた

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:27:17.52 ID:D5+JdD4d0
>>201
すげーそれは知らんかった

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:31:20.89 ID:mMq3O1Du0
>>214
たまたま見た回にでてた。俺もそれまで人間で試し切りしてたこと知らんかった。
補足で江戸時代までは罪人で試し切りしてたが、明治以降は豚使ってた。
他にも兜割れたとか木材切れたとかいろいろある



203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:23:54.36 ID:6jg7+5J60
虚舟ってすごくね?

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:25:00.44 ID:xdPGvT8+0
>>203
>虚舟
オカ板ネタキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:28:48.02 ID:6jg7+5J60
>>207
オカ板ネタったって
曲亭馬琴他がまとめてるし
都市伝説では無い訳で

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:30:25.67 ID:xdPGvT8+0
>>217
お約束ってことで(;´∀`) 
204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:24:05.62 ID:uJhe5XLk0
イケメンとして描かれることが多い源頼朝は実際チビで出っ歯

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:24:56.51 ID:N9HxBwJS0
それ義経な
しかし実際に義経を見た人の証言は残ってないから
どうとでもいえる

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:25:02.95 ID:dljyP2Xa0
キスカ島撤退作戦

1.作戦の6日前~当日まで米海軍がキスカ島周辺で警戒、当然日本軍は孤立してgkbr状態。
2.濃霧の影響か何かは知らんが、なぜか7隻くらいの艦艇が米海軍のレーダーに映り米海軍は日本軍と勘違いし砲撃、弾薬を思い切り消費。
3.日本軍がキスカ島に突入する日に、米海軍は哨戒艇含む全艦を後方へ退かせ補給へ。
4.まんまと7/29日に日本軍は撤収
5.7/30日に米軍上陸。が軍医が撤収前に半分ジョークで、医療所の前に英語で「ペスト患者収容所」なんて書いたせいで米軍パニックに…。


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:26:02.52 ID:xdPGvT8+0
>>208
奇跡って呼ばれてるよね
でも最後のオチにワロタw

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:27:31.64 ID:dljyP2Xa0
>>208
付けたしだが2.の段階では「日本海軍の船は米艦隊の索敵範囲に存在しなかった。」
ある意味ホラーだな…。

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:25:14.66 ID:7+eWG0cR0
戦時中という超上下関係激しかった頃に部下からマジで役に立たないので死んでくれといわれた馬鹿がいる

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:27:51.45 ID:xdPGvT8+0
>>210
牟田口廉也乙w

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:30:00.89 ID:7+eWG0cR0
>>216
ラピュタの無能将軍とかまんまあいつだよなwww

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:31:08.86 ID:xdPGvT8+0
>>220
ムスカ様の「君のアホづらには、心底うんざりさせられる」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:34:33.09 ID:7+eWG0cR0
>>222
100%皮肉ってるよなwwww
おまけに当時の敵に間違ってなくね?とかいわれて狂喜乱舞しちゃうっていう

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:35:36.95 ID:xdPGvT8+0
>>226
なんであんなのが作戦指揮してたのか、マジで謎w

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:27:02.53 ID:ehYhIl5w0
秀吉の右手の指は6本あった

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:29:10.91 ID:xdPGvT8+0
>>213
多指症だったの?
なんかソースあったら、教えてくれください

224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:31:34.16 ID:ehYhIl5w0
>>218
ルイス・フロイスと前田利家がそれぞれ記録してる

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:32:13.15 ID:xdPGvT8+0
>>224
( ・∀・)ノシ∩へぇ~へぇ~
両手ともに多指症だったら、1ダースまで数えられたのにw

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:29:13.87 ID:CQU5qr+w0
第二次世界大戦中ジェット気流の存在を知っていたのは日本だけ
さらに研究もしていた
で、完成したのが風船に爆弾を付けてアメリカ本土を直接攻撃するというトンデモ兵器
因みに民間人が犠牲になりました…

1883年のクラカタウ山の噴火を観測していた人々は、一年あまり噴火の影響を追跡し、記録していた。彼らは、「赤道上空の噴煙の流れ」として、ジェット気流の存在を記録していた。
1920年代には、日本の高層気象台長大石和三郎は、欧米諸国がその存在に気づく以前に、ジェット気流の存在を発見した。富士山の付近から測風気球を飛ばすことで上層の風を調査したものであった。しかし、日本国外ではこの論文は注目を集めなかった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジェット気流


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:30:25.67 ID:xdPGvT8+0
>>219 
英国を除き始めて、米国本土を攻撃した国になったんだっけか

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:35:36.36 ID:CQU5qr+w0
>>221 
一応、砲撃と空襲もやってるよ 
クリスマス近くに攻撃する計画があったけどアメリカ人を刺激し過ぎないために中止したとかなんとか

230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:36:25.43 ID:xdPGvT8+0
>>227 
メリケン切れると、洒落にならんからな・・・w



235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:39:20.51 ID:dljyP2Xa0
>>219
それ俺が>>231で書いた某研究所製だw

ちなみにこれをやられたアメリカ軍は当初は「生物兵器搭載されたら俺たち死ぬわgkbr」だったけど
「ジェット気流ってず~っと東へ流れて日本へ行くなら、俺達でも作って飛ばそうぜ!」なんて考えたやつが居たとかw



231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:36:43.06 ID:dljyP2Xa0
後地元の某研究所についても箇条書きで書いておくかw

1.学徒出陣で理系の大学生まで出陣させたため、研究所に送り込む人数が少なくなり、理系の帝大生に10日間教育を施し送り込んだ。

2.研究開発した中には「殺人光線」なんて物騒なのがあった。今で言うレーザーや電磁砲の研究をしてたとか…。

3.強制労働で駄目になった人を使い人体実験もしていた。祖母の父がこの近くに畑を借りていたため、畑作業を手伝ってた祖母も運ばれる現場を見たらしい。

4.青酸カリもここで開発された。

5.上京してきた新入生のM大生やS大生には「いいか?生田駅やM大周辺でふざけて肝試しするなよ?いいな絶対だぞ!」とサークルの先輩が伝えるが、無視した奴はとんでもないものを見るらしい。
 3代以上に渡り多摩区に住んでる人の中では割と有名な話

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:38:57.58 ID:xdPGvT8+0
>>231
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
生田駅周辺の研究所ってなんだろ・・・

248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:47:41.84 ID:dljyP2Xa0
>>234
陸軍第九研究所、通称登戸研究所の事だ。

説にもよるが、公式では第八研究所までが書類上存在する扱いだった。
だからここは極秘扱いだったんだと。

でも俺はここの存在がバレてたと思うがな…、近くの枡形山に高射砲があったらしいけど米軍ならぶっ壊せてた。
にも拘わらずここを攻撃しなかったのは生物化学兵器のデータを終戦後に回収するため。
731部隊が裁判に掛けられずに済んだのは、ここでのデータを全部渡したからだと言われてる。
これなら整合性もあるしな…。
まあその後この731部隊の連中がミドリ十字のお偉いさんやって薬害を起こすんだがw

ちなみに俺は工作員じゃねえから安心しろw日本は海自空自強化すべきって主張の右派だしなw


257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:53:35.27 ID:xdPGvT8+0
>>248
731部隊については、色々な噂もあったりするけど、
その各種資料やデータが米軍に渡ったというのは真実味がかなりあると思ってる。
ナチスドイツから米軍にわたったとされるのもかなり色々とあるしね。
それこそ原爆研究の資料とかさ(スレチすまそ


266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:57:56.24 ID:N22IjwLy0
>>248
たしか夫々

第1(銃砲)
第2(情報、気球、測量)
第3(工兵器材)
第4(車両)
第5(通信器材)
第6(化学兵器)
第7(物理兵器)
第8(爆薬)
第9(秘密兵器)

だった気がする

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:58:52.54 ID:6jg7+5J60
>>248
731部隊といえば森村誠一の「悪魔の飽食」ってどの程度信憑性あるんだろうね?

271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:02:52.31 ID:xdPGvT8+0
>>268 
悪魔の飽食はまだ未読だった、読まなきゃ

274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:05:55.11 ID:ehYhIl5w0
>>271
あれはネタ本と割り切って読んどけ

276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:06:39.41 ID:xdPGvT8+0
>>274
色々と聞くから、自分でも読んでおかないとと思って、
そのまま放置してたw

278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:08:43.35 ID:6jg7+5J60
>>271
既に他にまともな資料読んでるなら読まないほうがいいんじゃないか
混乱するだけだと思うぞ

280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:09:59.31 ID:xdPGvT8+0
>>278
そうなのか・・・㌧
またしばらく積ん読になりそうだw

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:40:15.14 ID:4pSSHNne0
前に、江戸期の物乞いは創意工夫に富んでいて、
商店の前で白塗りにボロボロの服を着て
商売繁盛とおどろおどろしい声で言って
主人がお金を渡すまで帰らなかったり、民家の前で○○大明神と書かれたのぼりを背負って
奇声を発して同様にお金をせびったって話を聞いたんだが、
後で調べてもそれに言及している資料が見つからない
誰か江戸期の乞食文化について良い本知らないかな?

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:44:56.48 ID:xdPGvT8+0
>>236
被差別民だとそれなりに文献はあると思うんだけど、
物乞いに焦点を当てたのはなかなかないかもね
個人的に興味あるからしりたいけど


252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:50:23.37 ID:4pSSHNne0
>>241 
突然民家の軒先に現れて、ぶつぶつと意味不明な言葉を発しながら 
懐から泥人形を取り出し、1つ、2つ、3つと家人が金を出すまで延々 
並べ続けるとか、おもしろい物乞いの話を色々聞いたんだよ 
しかし改めて調べてみても詳細分からず……
257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:53:35.27 ID:xdPGvT8+0
>>252 
ツンでもねー嫌がらせだwww 





240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:41:16.68 ID:3SDNPPuJ0
戦国時代に龍造寺家を滅亡寸前まで追い込み大友家をフルボッコにして 
当時イケイケだった島津家を女と老人だけの部隊でフルボッコにした女がいる


241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:44:56.48 ID:xdPGvT8+0
>>240 
kwsk 




264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:56:49.76 ID:3SDNPPuJ0
>>241
大友家家臣の妻、妙林尼
大友と島津の戦いで追い詰められた大友が戦える男衆を全て本拠に移したために、老人家臣、農民、女子供ばかりを城に集めて籠城
攻めて来る島津を何度も追い返し、ついに島津から和睦を申し出てこれを受ける
城に受け入れて宴会を開いて島津と仲良くなり
島津軍が帰る時に「城を開けてしまった自分たちは大友にはいれません、家臣達と一緒に連れ行って欲しい」とお願いし、最後の宴会を開く
べろべろに酔った島津軍を「後で追いかけます」と行って送り出す。島津がのんびり帰っていると
背後から武装した妙林尼達が奇襲を仕掛けてきた。この戦いで島津軍は多数の武将を討ち取られてボロボロになり逃げ帰った

270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:00:53.73 ID:xdPGvT8+0
>>264
すげー!!なんという尼さん!
その根性たるやとんでもねーな





242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:45:20.44 ID:uJhe5XLk0
徳川家光が子供の頃、辻斬りの楽しさを知り夜な夜な城を抜けだして通行人を切っていた
それを懲らしめるために柳生十兵衛が女装して通行人になりすまし、切りかかってきた家光の腕を掴んで堀に投げ捨てた

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:46:32.58 ID:xdPGvT8+0
>>242
クイズハンターの祖先様キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:46:40.12 ID:ehYhIl5w0
江戸の打ちこわしのマナーはすげーって思ったな
儲けてる商店に討ち入って、店や商品をメチャクチャにするんだけど、
略奪・窃盗・暴行・放火はしない

清々しすぎだろ

249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:48:01.74 ID:xdPGvT8+0
>>244
似た様な話をタイムスクープハンターでみたような・・・

打ちこわし(うちこわし)とは、江戸時代の民衆運動の形態のうち、不正を働いたとみなされた者の家屋などを破壊する行為のこと。「打壊」、「打ち壊し」、「打毀」、「打ち毀し」などと表記されることもある。主に都市部において、買い占めなどによる物価高騰の原因とされた者に対して行われることが多いが、百姓一揆に伴って、領主の悪政と結びついたとされた特権商人や村役人に対して行われることもあった。家財の略奪なども行われたが、一方で正当な制裁行為であることを主張するために、家屋の破壊だけにとどめ、略奪や放火は厳に戒められた事例も多く知られている。



246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:47:05.87 ID:mMq3O1Du0
アメリカ軍ではゼロ戦と1対1で戦うのは禁止だった。ゼロ戦と積乱雲からは逃げるように言われてた。
鹵獲されて弱点ばれる&米軍の新型機完成で禁止ではなくなった

255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:53:20.09 ID:CQU5qr+w0
>>246
紙装甲で急降下できないんだっけ?
軽量化でのフレーム強度が…ってやつだよな?

253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:51:02.58 ID:jipQ6H1Q0
戦国武将の埋蔵金伝説で最も信ぴょう性が高いのは
佐々成政の埋蔵金である
ちなみに太平洋戦争前だかに一部が発見された報告があったという

257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:53:35.27 ID:xdPGvT8+0
>>253 
何が発見されたのか、すごく興味あるんだけど、 
どこかいいサイトとかある?


さらさら越えでは、埋蔵金伝説がある。「朝日さす夕日輝く鍬崎に、七つむすび七むすび、黄金いっぱいに光り輝く。」という里謡が残され、この言葉に黄金の謎を解く鍵が秘められていると伝えられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/佐々成政 逸話






254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:53:14.94 ID:jipQ6H1Q0
日本史というか事件だが
「アナタハン事件」の内容を調べてみると面白い
事実は小説より奇なりである

262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:54:52.78 ID:xdPGvT8+0
>>254
これなにかの時に行きあたって、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしながらも
興味深い事件だなとおもったやつだ

256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:53:34.85 ID:48neY1Jd0
遠山の金さんの政敵だった鳥居耀蔵は明治6年まで生きた。

同時代人の人物評
勝海舟 - 「残忍酷薄甚しく、各官員の怨府となれりといへども、その豪邁果断信じて疑わず、身をなげうつてかへりみる事なく、後、罪せられて囹圄にある事ほとんど三十年、悔ゆる色なく、老いて益勇。八万子弟中多くかくのごとき人を見ず。亦一丈夫と謂うべき者か」
http://ja.wikipedia.org/wiki/鳥居耀蔵




267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 02:58:03.92 ID:dljyP2Xa0
それと天皇ネタでひとつふたつw明日竹橋で土下座するんで許してください!

学生時代(学習院高等科3年の試験が終わった日)、学友である橋本明(橋本龍太郎の従兄弟)に「銀座に行きたい」と相談し、学友が「いつがいいか?」と尋ねると「今日がいい」と答えた。
「一人ではなくもう一人連れていこう」と提案し、承諾(もう一人は千家崇彦)。新任だった東宮侍従濱尾実など仕えている周りの人間を「今宵、殿下を目白の方にご案内したい」など騙して抜け出すことに成功し、3人で銀座をぶらついた。
このとき銀座4丁目あたりで慶應ボーイ4人と出会い、慶應ボーイは「殿下こんばんは」と挨拶したという。
高級喫茶店「花馬車」で橋本の彼女と合流し、皆でお金を出し合い、一杯99円のコーヒーを飲み、洋菓子屋「コロンパン」でアップルパイと紅茶を楽しんだり、満喫したようだが、当然ながらすぐに事件は発覚。
大騒ぎになり、目的地を知り、居場所を突き止められると、銀座にいた彼の周りに警官が20 - 30メートルおきに配置されてしまい、これ以上散策が出来なくなり終了した。
もちろん、連れ出した学友が警察と皇室関係者にこっぴどく叱られたのは言うまでもない。これが有名な「銀ブラ事件」である。

鉄道が大好きだが、特別扱いは嫌いらしくお召し列車は普通のグリーン車を所望なさっている。
271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:02:52.31 ID:xdPGvT8+0
>>267 
事件だけは聞いたことあるけど、一緒にいたのが橋本龍太郎の従兄弟とはw 
269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:00:19.85 ID:CQU5qr+w0
>>267
今のお召列車って一般人も乗れてしかもグリーン車扱いなんだよね
はたして、彼はこれに乗るのだろうか…?

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:04:41.53 ID:dljyP2Xa0
>>269
明仁天皇はもうお乗りになられたぞ…。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121006/imp12100610540005-n1.htm

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:05:55.21 ID:xdPGvT8+0
>>272
両陛下がお戻りになられた際に東京駅が大騒ぎになってたね

297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:19:28.69 ID:CQU5qr+w0
>>272
㌧知らなかった 
281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:11:22.25 ID:CQU5qr+w0
鉄道ネタもいくつか 
日本の定時運転は大戦中に高密度運転による大量輸送を実現するために徹底されていたもの 
これが現代人の時間に厳しいという性格を作ったと言われるほど 
開業当初の新幹線の技術は殆どが海外製で既存のもの 
これは、運用実績が長く安全性が高いため 

国鉄3大ミステリーという3つの事件がある

三事件 

以下の三事件のことをいう。

下山事件:1949年7月5日朝、国鉄総裁下山定則が出勤途中に失踪し、翌6日未明、常磐線の北千住 - 綾瀬駅間で轢死体となって発見された事件。

三鷹事件:1949年7月15日、中央本線三鷹駅で無人列車が暴走した事件。死者6人、負傷者20人を出した。

松川事件:1949年8月17日、東北本線松川 - 金谷川駅間で故意にレールが外され列車が脱線した事件。死者3人を出した。


282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:12:54.50 ID:xdPGvT8+0
>>281 
日本の鉄道の定時運転の厳密さときたら異常w 
国鉄のミステリーは、どうみても闇があちら側にすけて見えてgkbr
297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:19:28.69 ID:CQU5qr+w0
>>282 
犯人は(ry 

国鉄時代は事件やら不思議なお話しが多いんだよなあ 
幽霊列車とか化けさせられる話がある年を境に無くなったりとか 
一体その時に何があったんだよと


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:21:38.94 ID:xdPGvT8+0
>>297 
きさらぎ駅キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:29:32.50 ID:CQU5qr+w0
>>299
某JRでもオカルト話って結構あるんだよね…
2ちゃんのスレかなんかで友達が変な列車に乗ったとかあって調べたら北陸トンネル火災事故の列車が丁度通る時間だったとか
某特急で運転士が人を確認して、非常かけたのに誰も居なかったりとか…

318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:31:59.21 ID:xdPGvT8+0
>>314 
JR関連で言うと、須磨だったか神戸だったかで、走行中の列車から飛び降りて
何事もなかったように去っていったっていう話がすごく気になってる

340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:40:00.27 ID:CQU5qr+w0
>>318
不味いスレチかも
新快速から飛び降りって奴だね
100km/hの速度を出すのになぜ無事だったのかという謎が残る…
警察が捜したけど結局見つからず
この新快速、連結部に男がしがみついてい逮捕されたりと話題の尽きない種別だったり

342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:40:40.49 ID:xdPGvT8+0
>>340
スレチに巻き込んですまそ・・・orz


275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:06:21.64 ID:VKoDe7sw0
近代史は岩崎弥太郎と三菱の歴史とも言える。

285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:13:56.26 ID:jipQ6H1Q0
>>275
日本の財閥企業の祖だな
小山ゆうの漫画「お~い龍馬」では
褌一丁に首からソロバンをかけたかなりおかしな風貌に描かれていたが
あれは弥太郎の子孫の方にも了解をもらってたそうだ

289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:16:01.18 ID:VKoDe7sw0
>>285
岩崎や新政府設立を支援したのがアヘン戦争でアヘンばら撒いてたジャーディンマセソン商会。

1859年(安政6年)、上海支店にいたイギリス人ウィリアム・ケズィック(ウィリアム・ジャーディンの姉の子)が横浜(旧山下町居留地1番館、現山下町一番地)に「ジャーディン・マセソン商会」横浜支店を設立。日本に進出した外資第1号としても知られる。後に吉田茂の養父・吉田健三が一時期、同社横浜支店長を勤めていた。
 
鹿島によって建設された横浜初の外国商館である社屋は、地元民から「英一番館」と呼ばれた。跡地には現在シルクセンター(国際貿易観光会館)が建っている。

1863年(文久3年)、ウィリアム・ケズウィックは井上聞多、遠藤謹助、山尾庸三、野村弥吉、伊藤博文の長州五傑のイギリス留学を支援する。彼らの英国滞在は、ジェームス・マセソンの甥にあたるヒュー・マセソン(ジャーディン・マセソン商会・ロンドン社長)が世話した。

一方長崎でも、1859年9月19日(安政6年8月23日)に幕末・明治期の重要人物であるトーマス・ブレーク・グラバーが「ジャーディン・マセソン商会」長崎代理店として「グラバー商会」を設立。現在はグラバー園として公開されている。グラバーは、五代友厚(薩摩)、坂本龍馬(海援隊)、岩崎弥太郎(三菱財閥)等を支援した。
その他、神戸・大阪・函館にも代理店を置いた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジャーディン・マセソン




277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:07:58.27 ID:lljbBfNa0
戦国武将の藤堂高虎は、はじめ近江浅井家に仕え
浅井家が織田信長に滅ぼされると、織田系の武将に仕え
織田が本能寺に倒れると、豊臣系の武将に仕え
関が原の前に、徳川に鞍替えした

250年後、明治維新の頃、徳川幕軍に砲撃を加える藤堂藩の姿があった

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:08:53.16 ID:xdPGvT8+0
>>277
まさに寝返り上手w





283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:13:10.92 ID:VKoDe7sw0
日露戦争で資金調達した先はこの間破綻したリーマンブラザーズ。

293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:18:15.05 ID:xdPGvT8+0
>>283
「クーン・ローブ商会は1977年、リーマン・ブラザーズに合併された。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/
これか!!!




284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:13:16.62 ID:mm2j21Sa0
ビタミンの発見の一年前に日本で
カッケの原因を探る研究でビタミンが発見されていたが
発見者が無名の医学者だったので森鴎外が嫉妬にかられて
発表の邪魔をした

296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:19:08.35 ID:6jg7+5J60
>>284
しかもそれだけじゃないんだよなw
陸軍軍医総監として脚気細菌説ゴリ押しして
日清日露で3万人くらい脚気で死んだんだってな

308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:27:14.85 ID:mMq3O1Du0
>>296
鴎外一人が悪いわけじゃない。当時医学先進国ドイツで脚気は細菌感染によるものとされてたし、鴎外もドイツで医学学んだからそう信じてた

331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:35:35.57 ID:6jg7+5J60
>>308
同時期に脚気患者がほぼいなかった海軍の食事を取り入れず
通達や要望を握り潰してたらしいじゃない





286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:15:01.34 ID:3SDNPPuJ0
戦国DQN伊達政宗と正室の愛姫はとても仲が良く
ある資料によると50までイチャイチャとセクロスしてたらしい




287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:15:02.82 ID:4pSSHNne0
黒田官兵衛は天下を目論んでいたが関ヶ原の早期決着のためにそれを逃した、
みたいに描かれることが多いが、実際は関ヶ原でも真面目に東軍として戦ってるし
生涯で一度も裏切りをしたことがない

553: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/10/16(火) 11:00:16.36 ID:gohd59mIi
>>287
戦ったのは息子で、
家康に右手をとって労われましたーって喜んだ息子に
その時左手は何をしてたんだって嫌味を言ってんだが
(左手で殺しとけよ気が利かん奴だ)




288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:15:13.85 ID:XytTElXM0
かつて戦争末期に旧陸軍では特攻機「剣」を開発していた

飛び立ったら戻る必要はないため脚は離陸時に投棄、一度乗ったら戻れない機体だった

しかしその後、いろいろな不備が発覚。
「飛べない特攻機では意味がない」とお蔵入りに。

国を守るため若者を載せて飛び立つはずだった剣は、
皮肉なことに航空機として失格だったがために多くの若者の命を救うことになった。

4
プロペラを取り外された終戦後の剣


301: 293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:18:15.05 ID:xdPGvT8+0
>>288 
色々と考えさせられる話だね・・・







290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:16:20.07 ID:jipQ6H1Q0
八甲田山の雪中行軍の話は映画にもなったが
実は結末は史実のほうが悲惨なんだよな

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:20:22.04 ID:xdPGvT8+0
>>290
wiki読むだけでもかなり凄惨だよね
本当は更に凄惨なんだろうけども


300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:22:00.04 ID:CQU5qr+w0
>>290 
正しく山を舐めるなって状態だよな 
確か別働隊がいて、そっちは被害も出ずに帰ってこれたんだっけ
315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:29:50.79 ID:xdPGvT8+0
>>300 
各種条件が重なったとはいえ、天災の上に人災が重なったんだろうね 
そう考えると、3.11の福島第一原発事故も 

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:26:54.28 ID:jipQ6H1Q0
>>298
>>300
映画では緒形拳が数少ない生き残り兵隊の役をやってたけど
史実では数名生き残った兵隊のほとんが凍傷のため四肢切断になっている

302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:22:40.62 ID:mMq3O1Du0
>>290
生存率11/210ってのがヤバい。どうしようもなくなって「ここで解散。各自下山しろ」なんて命令だすくらいだからな




291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:16:51.65 ID:fwdmrzki0
平城京が平安京に遷都した本当の理由は平城京がクソまみれになって住めなくなった為。

292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:17:37.25 ID:N9HxBwJS0
クソまみれになってないぞ
伝統的な宗教権力から逃れるためな

295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:19:08.08 ID:fwdmrzki0
いやそれは建前で平城京がクソの塊になって到底住める場所ではなくなったので 
移ったのです。 
兼ねてからの下水政策の失敗が原因でした。





294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:18:47.51 ID:mm2j21Sa0
カップラーメンはあさま山荘事件からヒットした

事件当時、現場は平均気温マイナス15度前後の寒さで、機動隊員たちのために手配した弁当も凍ってしまったため、やむなく当時販売が開始されたばかりの日清カップヌードルが隊員に配給された。手軽に調達・調理ができた上に寒い中長期間の勤務に耐える隊員たちに温かい食事を提供できたため、機動隊員の士気の維持向上に貢献したといわれている。TV中継でカップヌードルを美味しそうに食べる機動隊員達の姿が映像に映り、同商品の知名度を一挙に高めた。カップヌードルの売上は発売開始時の1971年には2億円だったのに対して、事件後の1972年には前年比33.5倍の67億円になっている。
佐々淳行 (1996)によれば、警視庁が補食として隊員に定価の半額で頒布したものであるが、当初長野や神奈川の隊員には売らず(警視庁の予算で仕入れ、警視庁が水を汲んで山に運び、警視庁のキッチン・カーで湯を沸かしたからというのがその理由)、警視庁と県警との軋轢を生んだとある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/あさま山荘事件



304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:24:16.62 ID:fwdmrzki0
福岡市か博多市か市名を決める会議で一人の議員を便所に押し込めて一票差で
福岡市に決定。

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:29:50.79 ID:xdPGvT8+0
>>304 
マジかお、なんだそれ・・・ 
福岡市か博多市か



305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:25:00.20 ID:smTLSZDu0
ベルヌーイより先にベルヌーイ数を発見し
ライプニッツが考案したものより一般的な行列式を考案し
ニュートンとほぼ同時代に解析学を組み立てた江戸の和算家関孝和

309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:27:22.64 ID:VKoDe7sw0
>>305
和算はかなり発達していたって言うよな。そのおかげで経済もかなり発達していたし→江戸時代。
近代手形を発案したのは獄中の岩崎弥太郎。



311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:28:47.60 ID:x41o9HZVO
関孝和はライプニッツより先に序列数をニュートンより先に準ニュートン法を発見した天才数学者だが、コネだけの数学が全くできないライバルの人海戦術に負けたショックで数学をやめた。





307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:27:08.83 ID:mm2j21Sa0
東京は正式な日本の首都ではない

312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:28:56.93 ID:JblPjkUS0
>>307
首都法の制定の時点でうつってると思うけど。
天皇の遷都云々はネタレベルにしかならんかと。

316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:29:54.28 ID:VKoDe7sw0
>>307
まじ?kwsk

321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:33:55.46 ID:mm2j21Sa0
>>316
天皇を東京へ行幸願いでて、
一度目は京都へ返して京都市民を安心させておいて、
二度目に行幸されたときから京都へ返さなかった
正式に遷都の詔は出てないので正式にはいまでも京都が首都

330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:35:21.67 ID:VKoDe7sw0
>>321
まじか。関東民は田舎者なのか。

325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:34:28.72 ID:lHVreHFH0
>>316
日本を首都を東京と定める法律が無いだけだよ
つい最近まで君が代と日の丸が正式な国歌と国旗じゃなかったのと
同じ

実際はいちいちそうしなくてももう世界中が首都は東京って認識してるし

335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:36:40.43 ID:VKoDe7sw0
>>325
そもそも首都って法律で決める必要あるの?
法律では京都なのか?

まあ、グローバルスタンダードが東京なら問題ないな。

336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:38:17.03 ID:xdPGvT8+0
>>335
首都建設法
第一条 この法律は、東京都を新しく我が平和国家の首都として十分にその政治、
経済、文化等についての機能を発揮し得るよう計画し、建設することを目的とする。

343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:41:27.75 ID:VKoDe7sw0
>>336
え、じゃあ普通に東京が首都ってことでいいじゃん。

353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:46:03.84 ID:D4RKhQx00
>>343
ただその法律は首都を定める法令じゃなかったのと目的そのものがなくなっちゃったんで現在はない
まあそれ以前に天皇自身のお言葉内に東京を首都って指してる発言がある上に以前は帝国の都で帝都って呼んでたのも混乱の元






310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:27:55.15 ID:L1avPLg8O
邪馬台国=エジプトという清々しいくらい馬鹿げたトンデモ説が提示されたのはおりしも内藤虎次郎vs.白鳥庫吉の邪馬台国論争が勃発した直後という…(⊃д`)
318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:31:59.21 ID:xdPGvT8+0
>>310 
そんな説があったのかwww 
リアルオカルトかもw 
354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:46:27.68 ID:L1avPLg8O
>>318 
提唱した木村鷹太郎いわく、太古の日本は全世界を手中におさめてて、西洋に日本神話と似たような話があるのは西洋神話の元ネタが他ならぬ日本神話だからだみたいなことを大真面目に書いてるんだぜwww 



ちなみに木村鷹太郎の代表作(トンデモ以外で)はプラトン全集の翻訳もの


313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:29:14.84 ID:4pSSHNne0
戦後の怪事件と言えば帝銀事件も外せない
逮捕された平沢貞通が実際に犯人だった説
731部隊犯説、GHQによる実験説等、妄想が尽きない
帝銀事件から数年後に酷似の事件が起こって
しかも容疑者は服毒自殺って店も気になるところ

318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:31:59.21 ID:xdPGvT8+0
>>313 
帝銀事件の犯人とされた平沢死刑囚も獄中死しちゃったから 
深層は闇の中だね 



317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:30:45.78 ID:DLafGEhh0
はいはい勝海舟は金玉食われた勝海舟は金玉食われた

320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:32:32.57 ID:xdPGvT8+0
>>317
金正日の奥さんの名前が金玉・・・じゃなくて、なにその話?

323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:34:15.77 ID:zLibVfCiO
>>320
子供時代に寺子屋の帰り道で犬に襲われた。
その際に股間に噛みつかれ玉を片方失ってしまった。

327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:34:45.78 ID:xdPGvT8+0
>>323
爆笑問題の田中みたいだぬw

332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:35:44.24 ID:ehYhIl5w0
>>317
親父の小吉も片金なんだぜ


329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:35:10.88 ID:DLafGEhh0
ちょっとまて金正日の奥さんが金玉ってマジ?

334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:36:34.02 ID:xdPGvT8+0



319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:32:22.23 ID:fwdmrzki0
徳川慶喜は悲劇のヒロイン役のような見られ方をしているが実は相当のワル。
ニシン蔵事件は壮絶を極めた。

322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:34:01.39 ID:xdPGvT8+0
>>319
これかな?
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/



324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:34:25.64 ID:c9+0L7f30
日本史ですげーって話かぁ
歴史本読んでるのに頭にはいってないわ。。
こんなスレでアウトプットすればいいんだろうけど
本読みながら色々書いてみるかな




326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:34:39.60 ID:N9HxBwJS0
日本史上初の女代議士の園田天光光って名前もすごいけど
やったこともすごいよな
略奪愛とか
http://ja.wikipedia.org/wiki/園田天光光





328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:34:48.38 ID:fwdmrzki0
カツカレーの発案者は元巨人軍の千葉茂

これくらいは有名かw
1918年(大正7年)に東京市浅草区浅草(現・台東区浅草)の洋食屋台「河金」が、豚肉のカツレツを載せた丼飯にカレーソースを掛けて「河金丼」と称して出したものがルーツとされる。
現在のスタイルは、1948年(昭和23年)に東京都中央区銀座の洋食店「グリルスイス」で生まれたと言われる。
カレーライスにトッピングをした最初の例であり、東京で発祥し全国に普及した料理である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/カツカレー 歴史

1948年(昭和23年)に銀座の洋食店「グリルスイス」で、千葉がカツレツをカレーに乗せて食べたことから、店主が「カツカレー」を新メニューとして発案したことが知られている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/千葉茂




333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:35:44.49 ID:xdPGvT8+0
スレ立てしといてなんだけど、スレの書込が面白すぐてヤバイし勉強になるwww

337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:38:25.17 ID:mm2j21Sa0
和同開珎が日本最古のお金じゃなくなってた

339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:39:51.37 ID:xdPGvT8+0
>>337
富本銭キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:50:19.15 ID:L1avPLg8O
>>339
無文銀銭も忘れんといて

 
【皇朝十二銭】通貨の日本史【藩札】





341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:40:34.06 ID:N9HxBwJS0
毎日新聞は一度倒産したことがある
そのきっかけとなった西山事件もすごい

345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:41:49.91 ID:xdPGvT8+0
>>341
すげー知らんかった
1977年に倒産してたんだ

347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:44:15.59 ID:VKoDe7sw0
>>345
西山事件のせいで新聞のプレステージは地に堕ちたよな。

西山事件(にしやまじけん)は、1971年の沖縄返還協定にからみ、取材上知り得た機密情報を国会議員に漏洩した毎日新聞社政治部の西山太吉記者らが国家公務員法違反で有罪となった事件。別名、沖縄密約事件(おきなわみつやくじけん)、外務省機密漏洩事件(がいむしょうきみつろうえいじけん)。
http://ja.wikipedia.org/wiki西山事件


2010年3月9日、密約検証の有識者委員会が“密約は存在し、全て事実”の報告書を提出。12日、岡田克也外務大臣が記者会見で「大変有能だったにもかかわらず、この世界から追われる形になり、個人的にはお気の毒だと思うし、惜しいと思う。外務省がどうかかわっていくべきなのかについて、少し頭の整理がいると思う」と評価[2]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/西山太吉






344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:41:32.36 ID:90WiOcCp0
テレビの登場は昭和30年代といわれるが、大正15年の12月末に
高柳健次郎博士によって遠距離通信できるテレビ受像機が開発されていた。

ちなみに、日本最初のテレビドラマは1940年に実験目的で放映された。


346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:43:58.87 ID:xdPGvT8+0
>>344
マジか・・・って、それ「イ」の話?

362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:48:50.31 ID:90WiOcCp0
>>346
そうそう。それ!

本来は、1940年に開かれるベルリンオリンピックの生中継を目的にしてたみたいなんだけど
戦争の影響で中断しちゃったらしいね。


あと、補足いれるとブラウン管を世界で初めてテレビ目的に使用したのは日本人だよ。

367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:50:11.41 ID:90WiOcCp0
>>362

間違い

×ベルリンオリンピック

○東京オリンピック の間違いでした('A`)サーセン



348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:44:20.21 ID:5nEUpGc1O
薩摩の武士が殺した敵の肝臓を食べてたこと

357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:47:42.82 ID:ehYhIl5w0
>>348
カンボジアあたりでは最近でも殺した敵兵の肝臓食べるとか

366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:49:49.58 ID:5nEUpGc1O
>>357マジか、敵の肝臓を食うのって普遍的な行為なのかな


360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:48:44.54 ID:7+eWG0cR0
薩摩が異様に強かったのは肝臓が食べたかったからか



355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:47:02.60 ID:GSYkjsLSO
清和天皇の御落胤の子孫とされる源氏は山賊の頭の末裔 その一族とされる徳川は田舎豪族の末裔 ともに征夷大将軍になるために家系図詐称をした。一方、秀吉は由緒正しい農民出身のため将軍になれなかった
ガチの天皇家出身の平家は滅亡、まさに悪貨が良貨を駆逐

365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:49:36.40 ID:xdPGvT8+0
>>355
信長は平資盛が云々なんていわれてるけど、本当なんかね?




364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:49:18.21 ID:6jg7+5J60
すげーと言えば
鳩山の実家音羽御殿すげーよな

5






370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:50:25.02 ID:lHVreHFH0
日本史ってか現代史だけど
森元総理の「Who are you?」(本人はHow are you?のつもりだったらしい)
に対し
クリントン元大統領「I'm Hillary's husband.」
と答えたところで
森元総理が「Me too!」
と答えたのはすげー話にならないか?

372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:51:40.52 ID:xdPGvT8+0
>>370
俺のカフェオレ返せw

391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:01:43.14 ID:lHVreHFH0
>>372, >>383
俺もこの時のクリントンの返しには感心するものがあると思う
これは、ヒラリーの尻にしかれっぱなしって馬鹿にされてた事に対する
自笑的な返しでもあると思う

Who are you?
に対して
I'm Bill Clinton.
ではなく
Hillary's husband.
だからな・・・・

383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:57:29.35 ID:JblPjkUS0
>>370
どっちかっていうとクリントンの国賓に対して恥をかかせないための返し方に感心するわ
森はシネ

386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:58:35.19 ID:JblPjkUS0
調べたら>>370って捏造報道じゃねーか。

392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:01:59.68 ID:xdPGvT8+0
>>386
釣られたorz

398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:04:03.62 ID:lHVreHFH0
>>392
すまんな
釣るつもりはなかった・・・・

394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:02:11.10 ID:lHVreHFH0
>>386
そうなんか?
それはすまなかった・・・・







373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:53:32.79 ID:vjw8TTefO
日本三大急流の一つである釜無川は氾濫を繰り返し民を苦しめていた…
信玄「川割るよ( ・ω・)」 家臣「え(゚Д゚)」

信玄は堤によって川を二分し水量を減らす大工事に打って出たのであった…
そして…

信玄「できた( ・ω・)」 家臣「やったー!」
民「信玄様わっしょいわっしょい!」
信玄「ワハハヽ( ・ω・)ノ」
人々はこれを「信玄堤」と呼ぶようになった おしまい

376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:54:14.07 ID:xdPGvT8+0
>>373
立派な治水事業だよな

390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:01:38.34 ID:vjw8TTefO
>>376
文字数が足らんでちょっと簡単になったけど
当時の技術ではちょっと変態レベルの治水だったらしいね
6

http://ja.wikipedia.org/wiki/信玄堤



信玄堤は文化11年刊『甲斐国志』以来、武田信玄関係の評伝や山梨県の自治体史等において信玄期に主導された代表的治績と位置づけられてきた。
 
昭和戦前期には昭和2年『中巨摩郡誌』、昭和11年『山梨県綜合郷土研究』が信玄堤に言及し、戦後に本格化した実証的武田氏研究においては、安達満が江戸期の「御本丸様書上」を用いて信玄堤築堤当初の形態復元を試み、柴辻俊六は信玄堤の築堤と竜王河原宿の成立過程を論じた。
 
一方で、信玄期の関与を示す直接的な史料が無いことから、笹本正治は戦国期大名権力の力量では技術的にも大規模な人足動員を必要とする治水は不可能であったとしている
 
また、安達満は近世期の検地帳に見られる石高や小字名を分析し釜無川の旧流路を分析し、川﨑剛は歴史地理学の手法を用いて釜無川流域の河川関係の小字名を分析し、釜無川の旧流路分析を行った。
 
近年では、南アルプス市域の開発に際して御勅使川旧河道に関する考古学的調査が行われ、2004年に開催されたシンポジウム『信玄堤の再評価』において報告された。同シンポジウムでは御勅使川の現流路(掘切流路)は短期間に形成されたものであるが自然開削であった可能性が示され、堤防工事が自然作用による流路変更を固定化したものであるとする説も提唱されている[7]。これを踏まえて文献史学の立場からは、信玄の治績であるとする立場は維持しつつ、堤防工事は大名権力による川除衆らの技術者集団や労働力が動員され、河原宿設置や用水路開削など一定の計画性により行われたものであると評価する意見が見られる
山梨県立博物館では2007年(平成19年)から共同研究「甲斐の治水・利水と景観の変化」を行い、信玄堤絵図や検地帳を分析することで堤防の形態的変遷や耕地の開発過程を検討した。






379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:56:13.23 ID:90WiOcCp0
あと一つだけまめ知識書いて寝ようかな。

今やどこにでもあるプールだけど、日本で初めてできたプールは、水着着用を「禁じた」らしい。
何故着用を禁じたかというと、当時の水着にはウール製だったので抜けたウールが浄化装置に入って壊れないようにするためだとか

ちなみに当時プールに入るのは男子のみで銭湯のような感覚だったらしい。


381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:57:14.56 ID:xdPGvT8+0
>>379
海外の温泉では水着着用がデフォなのと反対だぬw
日本では、水練場あるいは水練水馬池として、会津藩校の日新館が最古のプールとされている。 当時の藩校の中では、日新館と長州藩校の明倫館の2校を除いて施設が設けられていなかったとも言われている。
7
復元された日本最古とされる水練場
http://ja.wikipedia.org/wiki/日新館






385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:58:27.46 ID:h9r90XRS0
新撰組の話は結構はっきりしてないところが多いよね
近藤土方沖田あたりの有名どころははっきりしてるけどそれ以外の隊士があいまいなところで4番隊隊長の松原忠司は死に方がはっきりしてないし8番隊の隊長藤堂平助なんかは生き延びたって説もある。

400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:05:21.64 ID:6jg7+5J60
>>385
松原忠司の死に方って愛人囲ってんのがばれて心中したって話か
あれも信憑性微妙なんだっけ

406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:09:39.40 ID:h9r90XRS0
>>400
松原のは脚色されてたり創作されてたりで話盛ってるところがあるらしいね。
ただ松原のことを記してある壬生心中とかいう話の作者は新撰組隊士の篠原や斎藤に聞いたとか

死に方の説が違うことによって松原の人柄が違ってくるというおもしろい話

415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:15:06.15 ID:6jg7+5J60
>>406
山南と松原が人格者として評判だったらしいよな
関連

新撰組にいたが、長生きできた人 『アメリカ留学した新選組隊士』





401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:05:55.98 ID:N9HxBwJS0
初心者が飛びつきやすいってのもあって歴史の話ははったりかますやつが多いからな
歴史系のスレはほんと質が低い


402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:07:30.25 ID:xdPGvT8+0
>>401
俺があまりに知らないっていうのもあるかもしれんけど、
でも色々と調べる機会にもなったし、楽しいよ、このスレ


420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:18:30.50 ID:joMVWAKe0
>>401 
はったりじゃなくて逸話な


405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:09:29.65 ID:CQU5qr+w0
>>401
質が高いと言うと何だろう?
分子工学とか?

新選組だと沖田イケメン説ってどうなんだろうね

410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:12:30.84 ID:h9r90XRS0
>>405
沖田の顔写真

8



確か美少年説は司馬遼太郎が唱えたのが始まりだった気がする

それで漫画に出てくる沖田はみんなイケメンという風潮

414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:14:00.83 ID:xdPGvT8+0
>>410
笑っちゃいかんのだろうけど漫画みてーw

421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:19:37.26 ID:CQU5qr+w0
>>410
当時としては…とかないのか
これはイケメンではないな
関連

沖田総司ってブサイクじゃん






404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:07:55.44 ID:ASpgQMpO0
別に日本史じゃないかもしれないけど

・「士農工商」で金勘定をする商人が一番下に回されたのは、部下が財務や経営に明るくなると反乱されるのを防ぐため。

・「女には血の穢れがあって卑しいから戦の前後に触れてはいけない」っていうのは、戦争で興奮して暴徒化した兵士が集団レイプに走るのを戒めるため。

409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:12:10.01 ID:N9HxBwJS0
>>404
>・「士農工商」で金勘定をする商人が一番下に回されたのは、部下が財務や経営に明るくなると反乱されるのを防ぐため。
士農工商ってのは偉い順って分けじゃないんだが

>・[女には血の穢れがあって卑しいから戦の前後に触れてはいけない」っていうのは、戦争で興奮して暴徒化した兵士が集団レイプに走るのを戒めるため。
これもどこの話してるかわからないけど、印度にしろ中国にしろ西洋にしろ日本にしても当時の軍隊は兵士の妻や娘も戦場に連れて行くのが普通、史記やガリア戦記読んでみろよ

407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:10:58.26 ID:wDPZ54ZI0
大名行列は半分以上エキストラだったとか
貸しふんどし屋があったとか

412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:13:51.53 ID:c9+0L7f30
久松五勇士
http://ja.wikipedia.org/wiki/
とかおもしろい話があるんだが俺がまとめられない orz

ロシア軍がせめてきてると連絡しに船をこいだ話なんだけど
船を出さなくても連絡があったとかなかったとか



418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:18:10.70 ID:D4RKhQx00
戦中九州帝大で捕虜として捕えられた爆撃機パイロット複数名が生体臨床実験の被験者となった。
術式の結果全員が死亡した
対象者は民間人への無差別爆撃によって死刑判決が出ていた。

422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:19:40.83 ID:6jg7+5J60
>>418
遠藤周作海と毒薬のアレか

424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:19:58.88 ID:jipQ6H1Q0
>>418
「海と毒薬」ってモノクロ映画の元になった話かな

425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:20:31.20 ID:xdPGvT8+0
>>418
南無...( -人-) Д│~~ 



419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:18:13.89 ID:jipQ6H1Q0
トルコが親日な理由は
江戸時代にトルコの船が難破した際に日本人が救助と手厚い介護をしたことに遡る

425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:20:31.20 ID:xdPGvT8+0
>>419 
エルトゥールル号キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!


428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:21:41.06 ID:xdPGvT8+0
エルトゥールル号って、明治時代じゃんよ



431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:22:16.22 ID:c9+0L7f30
>>419
ドイツ商船を助けた話はこっちの島の歴史にもある
サミットのときにきてたわ首相。楽しそうだったなぁ

話は変わるけど
台湾に難破した島民は
ほとんどが殺されちゃったという。。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ドイツ商船遭難事件






426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:20:52.79 ID:N9HxBwJS0
あと、よく2chでいわれている戦場に女が連れて行けないからホモが流行ったってのも
でまかせだからな
実際には妻も同伴していたのが発掘調査からわかってる

http://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/profile/bunkazai/shiseki/suzuki_c.htm

433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:24:01.30 ID:c9+0L7f30
>>426
こっちの地域での船での戦闘は
まず船先に女性を踊らせるってのがある

444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:30:57.62 ID:N9HxBwJS0
>>433
そういう文化って日本にもあるのか
ゲルマンやノルマンやインドにも似たような風習がある


452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:35:34.20 ID:c9+0L7f30
>>444
巫女を船先で踊らせて
相手の指揮を奪うとか、こっちの指揮をあげるとか
理由は色々だった
その巫女達も、かるい戦闘には加わってたよ
女性達が敵相手に、毒物の食べ物あげるとか。

458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:40:03.24 ID:N9HxBwJS0
>>452
沖縄のおもろそうしにもユタが先陣きって敵に突撃してゆく場面を詠った詩があるな
本土と文化的に別れる前からあった風習なのかも

471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:48:40.00 ID:c9+0L7f30
>>458 
ユタかっけえええなぁ。






429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:21:48.39 ID:jipQ6H1Q0
映画「ひかりごけ」の元になった話も興味深そうだな
たしか極限状況の中、人肉を食ったとか
http://ja.wikipedia.org/wiki/ひかりごけ事件




430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:22:11.43 ID:wDPZ54ZI0
江戸時代でも金が有れば町人でも侍になれたとか

435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:24:38.69 ID:D4RKhQx00
>>430
養子にしたりとか武士じゃないけど庄屋や都市部で庄屋にあたるようなものの株の売買があったね。士籍が売買出来たかは忘れちゃった。

441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:28:05.45 ID:48neY1Jd0
>>430 樋口一葉の両親。
幕末のどん詰まりで同心株買って士族に成り上がる→明治維新



432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:22:35.95 ID:v6U2tvRiO
縄文人の食生活は意外にバリエーションがあって豊か。マグロなんかも食ってたらしい。
あと繊維質の多い植物をたくさん摂ってたからメシ食いながら歯磨きするようなもんで、虫歯とも無縁だったそうだ。
虫歯に悩まされるようになるのはデンプン質の多い米中心の食事になってから。




434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:24:09.69 ID:7zrkwHJq0
大日本帝国憲法が発布された時の総理大臣、黒田清隆
条約交渉に行き詰って錯乱して勝手に首相を辞めたので内閣制度は2代目にして危機を迎えた
仕方が無いので公家の三条実美が総理大臣になった




439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:26:38.26 ID:jipQ6H1Q0
暴君・犬公方とも仇名された徳川綱吉は実は政治にも長けた名君だったそうな

443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:30:35.39 ID:mm2j21Sa0
酒の密造は違法だが50年以上経っても逮捕されたのは1人

日本において酒類製造免許がない状態でのアルコール分を1%以上含む酒類の製造は、酒税法により原則禁止されている。これに違反し、製造した者は酒税法第54条により10年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられると同時に、製造された酒類、酒母、もろみ、原料、副産物、機械、器具又は容器を所有者の如何に関わらず没収される。免許を交付される為には酒類の一定量の製造が必要となる。具体的には清酒やビールなどの場合、60キロリットル以上、ウイスキーや果実酒などの場合、6キロリットル以上であり、個人が家庭で製造することは事実上不可能である。
また、酒類に水以外のものを混和する行為も酒類製造(混成酒類製造)とされるが、カクテルのように家庭や飲食店で酒に消費の直前に酒を混ぜる場合は例外として認められている。この他に、自家消費用に、20度以上の蒸留酒に対して、酒や以下に挙げるものを混和せず、更に混和後アルコールが新たに1度以上発酵しない場合に認められている。

一  米、麦、あわ、とうもろこし、こうりやん、きび、ひえ若しくはでんぷん又はこれらのこうじ
二  ぶどう(やまぶどうを含む。)
三  アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、核酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩類、

色素、香料又は酒類のかす
自家製の梅酒が認められるのはこの例外による。なお2008年4月30日から、一定の要件の下に、免許がなくとも旅館や飲食店等も梅酒等が出せる特例措置が設けられた。適用を受けるためには税務署へ特例適用の申告を行う必要がある[2]。
ただ、日本国内においても「ビール醸造キット」やワイン酵母などアルコール醸造に転用可能な酵母、あるいは麹などは広く販売が見られる。しかしその場合においても無免許でアルコール度数1%を越えるものは違法となる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/密造酒






445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:31:31.37 ID:D4RKhQx00
実は今日本刀と言ってる刀の製法は古刀期の作刀方法とは恐らく別物
四方詰の様な複数の素材を合わせる折り返し鍛造は良い鉄を大量に使えない状況で仕方なしに量産する為の苦肉の策
良い刀は南蛮鉄や量産される前の初期のたたら鉄を使った無垢鍛という複合素材ではないもの




448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:33:28.84 ID:fwdmrzki0
日露戦争でロシアの兵隊は松山捕虜収容所が天国だという事を知っていたので
投降する歳には「松山に行きたいです~お願いします~」と情けない事を言って
投降した。

450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:35:25.84 ID:v6U2tvRiO
日本社会は長子重視の印象があるけど、古事記に出てくる重要人物はみんな末っ子なんだよね。
スサノオも大国主も山幸彦もニニギも神武もヤマトタケルも(たしか)みんな末っ子。少なくとも長男ではない。
南方神話の影響と聞いたことはあるが詳しい理由はよく分からん。それか被征服民を「兄」になぞらえ取り込んだのかな。

461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:41:47.51 ID:mm2j21Sa0
>>450
末っ子は継ぐものが無いから自由にやった結果じゃないか?



455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:38:17.21 ID:3SDNPPuJ0
14歳の若さで30過ぎのオヤジだった武田勝頼に嫁いだ北条夫人
わずか数年後に武田家が滅びることになった時に勝頼に北条家に帰るように言われたが
「貴方が今から死のうとしている時にどうして私だけ生き残れるでしょうか、その程度の覚悟なら夫婦になどなりません
生きる時も死んでも手をつないで三途の川を渡りたいと思うのが夫婦でしょう」
と言って最後まで勝頼に付き添って最後の戦いの戦場で自刃して亡くなった
この時北条夫人は19歳だった
戦国の女は強すぎる

469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:46:38.31 ID:joMVWAKe0
>>455
かっけーな
戦国の女って嫁いでも一生実家のデカさがステータスで執着心はんぱないイメージなんだが

瀬名とか

487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:02:44.66 ID:3SDNPPuJ0
>>469
なお北条側の資料には勝頼が外交で北条を裏切ったために「私は恥ずかしくてもう北条に帰れません」と言ったと記述されている
ただ夫婦仲は実際とても良かったようで戦闘の中で北条夫人が亡くなったと知った勝頼も戦いの手をやめ、すぐに後を追い切腹したらしい

北条夫人の姉の早川殿も家を出奔してまで夫と生涯を共にしたし
どうも北条家の女はどいつもいい女のよう



459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:40:21.76 ID:wDPZ54ZI0
今有る三種の神器レプリカ
江戸幕府が建てられるまで江戸の町は田舎だった
天草四郎豊臣の子孫説

468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:45:55.28 ID:CQU5qr+w0
>>459
壇ノ浦の戦いで草薙剣が海に沈んだやつ?
他にも盗難とか、複製とか色んな説があるんだよね




460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:40:55.00 ID:7zrkwHJq0
戦時体制のときも雑誌で銀座のファッションチェックとかやってた
時局に合わない派手な女性は20点とか30点で酷評されてた




475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 04:51:10.82 ID:N9HxBwJS0
上流はともかく室町時代の一般層の婚姻って平安貴族以上にゆるかったらしい

狂言見ると一介の農民が、べつの妻がくらす別宅に通っていく場面がある
また妻のほうも通ってくる夫が一人とは限らなかった
財産も夫婦別にもっているが普通だった




495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:11:40.22 ID:iUhc0D1i0
大津事件で津田がニコライを斬った理由はいくつかある
・ロシアの南下政策により日本が支配されると思ったから
・死んだ筈の西郷隆盛が生きており、復讐にくると思ったから



501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:15:30.59 ID:N9HxBwJS0
日本と中国にはヨーロッパの家父長権にあたるものが存在しないのは常識だが

たとえば家庭裁判権といったものをもたない
よって家父長が家族を保護することも裁くことも不可能だったわけ

514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:23:34.92 ID:D4RKhQx00
>>501
大日本帝国憲法下での民事不介入を理由にした家庭内争議への不介入や大日本帝国憲法そのものにある家制度の規定とかぽっと出てきたものじゃないよ
それ以前からある慣行を法制化したものなんだよ

520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:31:00.99 ID:N9HxBwJS0
>>514
ローマ法やゲルマン法、スカンディナビア法に普遍的に見られる家父長権の規定が
律令法や慣習法をまとめた御成敗式目や建武以来追加や領国法にまったく現れないのは確かだし
戦前のお家制度は所詮ヨーロッパから移植したにすぎないと思う 


510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:20:07.05 ID:48neY1Jd0
明治時代の離婚率は現代より高い。

513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 05:21:42.10 ID:VKoDe7sw0
>>510
現代と離婚の定義が違うから当然。

546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 09:39:34.27 ID:W1yeVEjW0
『稗田阿礼』は、漢字ではこのように描かれてはいるが、どう発音するのかは判明していない。

日本書紀、古事記に記されているような日本神話には、海外の神話と被る要素が多数見受けられる為、
編集者が勝手に海外の神話を参考にして勝手に書き加えた"日本初の二次創作説"が疑われている。

547: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 09:41:35.98 ID:N9HxBwJS0
すげー話おしえれスレなのに後半はただ知識ひけらかしてるだけだな





549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 10:43:26.82 ID:PD+ROvUW0
鎌倉の頃までの日本人の身長はそこそこ高い




554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 11:14:49.39 ID:zSI78Ncy0
道頓堀作った人は裕福な商人だったが
秀吉への恩義の為、大阪城入ってあぼん


11
1930年代の道頓堀の様子

1582年(天正10年)頃、豊臣秀吉から大坂城の外壕を掘鑿した功労および猫間川河岸整備に対する賞として、城南の地を拝領した。1612年(慶長17年)、城南の開発には河川の堀鑿が必要と考えた道頓は、豊臣氏の許可を受け、私財を投じて城南地域中心部の水路(後の道頓堀)の堀鑿に着手した。堀鑿中の1615年(元和元年)、大坂夏の陣に巻き込まれ、秀吉の遺児・豊臣秀頼に味方して入城、大坂城内で討死した。
http://ja.wikipedia.org/wiki安井道頓





555: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 11:16:49.40 ID:g4cu/+VI0
二・二六事件が発生し帝都に戒厳令が敷かれて民間人は恐怖に怯えていた・・・なんて事は全く無く、
むしろ「東京が焼け野原になってしまう」と円タクで駆け込み東京見物で賑わっていた




350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:45:10.47 ID:4pSSHNne0
そろそろ寝るので最後に 

あまり知られていないが、日本史上最高に可愛い服装は 
アップで結んだ髪+袴+編み上げブーツの大正モダンスタイルであると 
最近の研究で分かってきている


356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 03:47:03.82 ID:xdPGvT8+0
>>350 
大学の卒業式スタイルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!