2013年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: オシキャット(東京都) 2013/02/02 11:08:09
    コロッセオで紀元1世紀の落書き発見

     イタリア、ローマの観光名所コロッセオ(円形闘技場)で、昨年12月から73年ぶりの修復工事が始まり、何世紀にもわたる落書きが見つかっている。
    堆積した汚れと石灰化した部分を専門家が取り除くと、壁の一部に幾重にも刻まれた文字が現れた(写真)。赤や色あせたグレーの古代の模様の上に、 現代の観光客が残した黒い文字が重なっている。

     西暦1世紀に建設されたコロッセオは約5万人を収容できた。番号が振られた入り口や覆いのある通路は、観客のスムーズな出入りや、貴族と 一般大衆を分けるために設計されたという。

     写真の壁は上層階に続く通路の側面から見つかった。当時上層階では、女性、子ども、奴隷などが安価な椅子に腰掛けて、18メートル下のアリーナで 繰り広げられる剣闘士や猛獣の命がけの闘いを見物した。

     通路の薄暗い光でも、背景の白い漆喰(しっくい)に赤で描かれたデザインが簡単に識別できる。現時点でこの部分の意味は不明だが、壁のほかの場所で新たに汚れを取り除いたところ、赤で描かれた勝利のシンボルであるヤシの葉の模様や、「VIND」という文字も浮かび上がった。ラテン語で「復讐」を意味する単語、 「vindicatio」の一部と見られる。

     アメリカ、バージニア州にあるワシントン・アンド・リー大学の西洋古典学教授で、ローマの落書きに詳しいレベッカ・ベネフィール(Rebecca Benefiel)氏は、 大きな「S」に見える部分の上に薄いグレーで横顔が描かれていると指摘。「古代の落書きで最もよく描かれていた図像だ」と話す。

     また、「ローマ時代の人々は、既存の落書きにはめったに上書きしなかった。また、現代の地下鉄など違って、埋め尽くすような感じではない」という。

     時代は下り19世紀、遺跡として有名になったコロッセオでは、観光客が訪問の記念に落書きを重ねるようになった。「歴史に思いを馳せて、自分もその一部だと跡を残すためだね」とベネフィール氏は語る。<以下略>

    1

    http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130130002

    【日本の「剣豪」が古代ローマの「剣奴」とコロッセウムで真剣試合をしたら何人ぐらい殺せるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    2: 名無しさん@涙目です。(岩手県) 2011/10/22 17:06:30 ID:uFCqi6nY0
    哲学じゃ食っていけないってこった

    1
    『アテナイの学堂』ラファエロ・サンティオ

    ギリシア哲学(ギリシャ哲学)とは、かつて古代ギリシアで興った哲学の総称。現在でいう哲学のみならず、自然学(物理学)や数学を含む学問や学究的営為の総称である。


    11: 名無しさん@涙目です。(西日本) 2011/10/22 17:08:48 ID:NsrK3sXZP
    面倒なことは全部奴隷にやらせてニート生活してりゃあ哲学でもしたくなるだろ

    22: 名無しさん@涙目です。(東京都) 2011/10/22 17:12:05 ID:jWaTHbg30
    >>2 
    別に哲学しかやってた訳じゃないから


    4: 名無しさん@涙目です。(愛知県) 2011/10/22 17:07:31 ID:+IQCK2Yz0
    考えすぎた結果、労働厨は負けって結論に至ったんだろ
    1




    【プラトンやアリストテレスを生み出したギリシャはなぜオワコンになってしまったのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18 22:36:39 ID:pIbauuX20
    ワット・タイラーの乱のとき、一揆軍を鼓舞した言葉。 
    「アダムが耕し、イヴが紡いだとき、誰が主人であったか」 
    この演説をしたのは誰か 

     
    1
    ワット・タイラーの反乱軍と会見するリチャード2世

    ワット・タイラーの乱(Wat Tyler's Rebellion)は、1381年にイングランドで起きた農民の反乱である。















    116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18 22:37:06 ID:tTryBTE+0
    >>115 
    ジョンボール

    121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/18 22:38:30 ID:pIbauuX20
    >>116 
    正解



    1
    ジョン・ボール(John Ball、1338年頃 - 1381年7月15日)は、イングランドの神父。ワット・タイラーの乱における思想的な指導者とされる僧侶。
    ボールについての前半生は殆ど分かっていないが、ハートフォードシャーのセント・オールバンズに住んでいたとされる。イギリスの神学者でロラード派のジョン・ウィクリフの思想に心酔する狂信的な神父で、ウィクリフの思想の影響から社会的不平等を告発した過激な思想を展開、巡回説教師として各地を回り農民、下層民に大きな影響を与えた。しかしそのあまりに過激で危険な思想を恐れられたイングランド政府に捕らえられ、破門されたうえ、投獄されてしまった。


    1381年、ワット・タイラーの乱が起こると獄中から救出される。ロンドン進撃を前に郊外のブラックヒースにて自らの思想を持って農民軍の士気を鼓舞したと言われている。その際の「アダムが耕しイヴが紡いだとき、誰がジェントリ(紳士)だったのか」という言葉は有名。
    しかし反乱が鎮圧された後、捕らえられて首吊り・内臓抉り・四つ裂きの刑に処された。 





     
    【世界史一問一答 『ワット・タイラーの乱のとき、一揆軍を鼓舞した言葉』 『お金について』 『現在のベナンにあった17世紀に創建されたアフリカの王国』 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1


    1: 1 ◆/4.7OGB.Lw 2003/04/11 12:44:00
    『竹取物語編』

    おじいさんが山へ芝刈りに行った時のこと・・・
    枯れ枝を集めていましたが、今日はあまり見つかりません。
    しょうがなく奥へ奥へと森の中を進みます。
    何時間歩いたでしょうか。
    ふと気づくと、竹林の中におじいさんはいました。
    おじいさんは、遠くに灯りが見えるのに気づきました。

    【※閲覧注意 【おじいさん】日本昔話を推理せよ!【おばあさん】】の続きを読む

    このページのトップヘ