3 :携帯からカキコ:2010/09/12(日) 23:36:13 ID:ehdVx1R3O
広島城の駐屯地に兵隊として勤務してたじいちゃんの話。

昭和20年6月下旬に山で炭を焼いてこいとの命令を受けて、10名程の隊員と馬一頭で県北の吉田の山に行った。

着いた山の中は宿舎なんぞあるわけもなく、雨風をしのげるものもない。
まずは木を切り倒して、それを元に簡易宿舎を造ることから始めたそうな。

で8月6日の朝。ようやく炭ができて確認のため、窯をフタをしていた土を取り除く作業中に遠くで爆発による雲が上がったそうだ。その時は三次の飛行場の燃料タンクがやられたのだと思ったそうだ。

10時に広島城の本部と定例の無線通信を試みたが応答なし。
10時の次は15時だ。しかし応答がない。

なにかおかしいということで隊長が馬に乗って下山し、様子を見てくることになった。
2日後、隊長が戻って来た。

全員下山して本部に戻ることになった。鉄道は運行していたそうだ。
民間人は広島駅には降りられず、一駅前の矢賀で降ろされたらしい。

じいちゃんたちは軍属なので広島駅へ着いた。それが8月9日の晩のこと。
建物がなくなってるので駅から宇品の海が見える状態だったそうだ。
そこから徒歩で浅野庭園の脇を通り、本部に戻った。
その場には軍属がいたそうだ。

原爆が落ちた時はたまたま出張中であり、九死に一生を得たようでした。
その日はそこに泊まることになったが建物は吹き飛んで仕舞っているので野宿したそうだ。
転がっていた便所の踏み板を枕にして寝たそうだ。

翌朝から片付け作業開始。辺りを歩いているとまだ建っている建物(鉄筋コンクリ?)があり、中を覗くと部屋の中央に人骨の山ができていたそうだ。
それらは日光を浴びキラキラ光っていたらしい。

熱線を避けるため、窓から離れた部屋中央に人々が集まってきて亡くなったのではないかとじいちゃんは推測している。
広島城の堀にも死体が浮かんでおり、回収して福屋の一階に運んだとのこと。

またある時は、アズキを見つけたこともあった。
上部は黒焦げになっていたが、すくってみると下の方は問題なさそうだったので赤飯を作って食ったらしい(現在の感覚からすると考えられないことだが)。でそのおかげで下痢が治ったらしい。

そんなこんなで3週間程広島で勤務した後、命令で岡山に転勤になったとのこと。
その時に検査を受けたら白血球の数が通常の半分にまで減っていたそうだ。

じいちゃんは今も存命です。ガンにも白血病にもなったことがないです。
ただしかなりの数の同僚が体調を崩したり病気で早くに亡くなっているそうです。
直撃を避けられたこと、3週間程で転勤することができたのが大きいと言ってたおります。

【爺さん婆さんから聞いた幕末明治大正昭和の話 その1】の続きを読む