8

1 :人間七七四年:2008/12/12(金) 09:28:53 ID:jDJanVHM
こんな話を知っているか? 


時に戦国時代、越後に助六なる農民がいた。普段は物静かな男であった。が、一度戦場に出ると、鬼そのものであったと言う。
その助六が片鱗をみせたのが第四次川中島合戦であった。
甲冑も武器も持たない助六が単身で信玄本陣を急襲。武田本陣は大混乱に陥った。
信玄をあわやと言う所まで追い込んだが、信玄もさすが。間一髪、軍扇で一撃を止めた。その時の軍扇は、今も川中島古戦場の博物館に助六のカマが刺さったまま保存されている。川中島合戦で助六が奪った首なんと246。
その後、謙信が武士に取り立てようとする。が、「あんたに夜の相手させられるからやだ」と丁重に断った。
謙信が死ぬ間際、「助六が越後にいれば上杉家は安泰だ。」と漏らしたと言う。
軍神、上杉謙信にも認められた最強農民である。


100 :人間七七四年:2009/12/21(月) 07:04:43 ID:/abM3DBX
たまにはGHQの圧力で戦後消されて埋もれた豪傑を語ってもいいよな?

関が原で散った“首切り茂吉”の一粒種が高野山に落ち延び出家して
若年ながら、大坂の陣に駆けつけ勇名を馳せたことを。 
その名は茂蔵、“首刈り茂蔵” として後年庶民の英雄として歌舞伎などで大いに人気を博した。
茂蔵は少年の頃、寺を飛び出し大坂の河原者として幾年か過ごしたという。
その河原で知り合った後藤又兵衛との縁で大坂城に入城したといわれている。

こんな逸話が有る。ある時、軍議の席に列している後藤又兵衛の従者として
廊下に控えていた酷く貧しい身なりの茂蔵を、淀殿が見咎め激しく蔑んだそうな。
その刹那、茂増は疾風の如く淀殿の眼前に近づき右に左と平手打ちを繰り返し
裂帛の気迫を込め「なめっだらねぇーぞ!!」と一喝したと史書に有る。
その直後、淀殿が茂蔵に恋に似た感情を持ったのは年齢貴賎を越えた男女の妙である。
軍議に同席していた真田幸村は 、「男子たるもの茂蔵たるべし」と唸ったという。

茂蔵が首刈り茂蔵と称せられる所以となった、大坂夏の陣を語ろう。
その日の茂蔵は凄まじかった。迫り来る徳川方を古びた錆びた鎌一つで次々と
首を刈っていくのである。稲穂を刈るが如く次々とである。しかし多勢に無勢
身を寄せる後藤隊は徐々に潰走し、茂蔵は駆けに駆け、真田隊に合流したという。
真田隊に合流した茂蔵は徳川本陣に突撃する機を得た!されど味方は次々と
討ち取られていく。天賦の才に恵まれた茂蔵とて限界がある。
さりとて茂蔵は最後の精魂を振るい出し家康公に一鎌あびせたのである!!!
しかし茂蔵の錆びた鎌は長年の激戦で刃が既に使い物になってなかった・・・
事切れた茂蔵に、家康公は日本一兵(ひのもといちのつわもの )よ、と称えたと語り継がれている。

この伝承は高野山に残る高僧の日記に、“農民兵親子首切鎌”と題され今に至る。
茂蔵討ち死にの齢、命日は、奇しくも父茂吉の初陣と同じ齢、同月同日であったと記されている。











2 :人間七七四年:2008/12/12(金) 21:50:21 ID:1FSmUOZy
66 人間七七四年 2008/08/17(日) 16:37:29 ID:WG8dSLgz
首切り茂吉と言う農民もいる。
17歳から戦場で戦い、57歳までの間に40数度の闘いに出て居る。
槍も刀も貸し出し品は一切手にせず、鎌一つで戦ったと記録に有る。鎌一つで一度の戦で7人を殺したとも言われてる。
あまりの残虐性と強さのため武将達から「首切り茂吉」と言われていた。
高禄で召し抱えたいと申し出た織田信長を前に、あさりと断り、年貢を免除して貰いたいと願い出た。
自分の申し出を断られ激怒した信長は斬りかかるも、茂吉は信長相手に蹴りを入れて倒して「やるならやんぞ!!」と
怒鳴りあげたと言われている。
その後信長の領地で唯一年貢を免除された男として首切り茂吉は有名である。
かの秀吉も茂吉を召し抱えようとするも「秋だし狩ろうかな」と言われて引き下がったと言われている。
なぜ茂吉が首切り茂吉と言われるか、その自宅には今まで倒した男達の首が置かれており、その数は500を超えていたと言う。
一体人知れずこの男はどれだけの戦功をあげていたのだろうかと織田家中では伝説的な農民であった。
40数度の戦に出て、生き延びた首切り茂吉。有名ではないがまさに最強であり多数の戦をした男である。
57歳の時、ついに茂吉は関ヶ原にて可児才蔵との激戦の末、首を打たれたと言う。

18 :人間七七四年:2008/12/16(火) 21:41:25 ID:k35cEGoa
>>2
この話大好き

3 :人間七七四年:2008/12/13(土) 00:09:40 ID:koylQQ9s
と来ると次は伝助と万力の市か…

4 :人間七七四年:2008/12/13(土) 16:50:24 ID:2aEDDCTr

是非お願いします。





9 :人間七七四年:2008/12/14(日) 19:56:39 ID:FO0R/Ilo
87 人間七七四年 2008/09/03(水) 22:50:08 ID:/yzhWr0M
人斬り五郎って知ってるか?
江戸時代に江戸市中を地獄絵図に変えた農民出身の人斬り。年貢を納められずに両親が地主に激しく罵倒されている
姿を見て地主を殺害してしまう。その後追っ手から逃れるべくクワを担いで逃走。江戸の町に潜伏する。
時の将軍家光はたかが農民と見くびっていたが、奉行所を五郎に襲われ18名の死者が出る。その後も米問屋、油屋などを
襲い87名の関係者を殺害する。
生活が厳しいと聞けば米倉を襲い市民に分け与えていた。
家光はこの偽善的行動を危険視し、5000の兵を動員、武装して江戸をしらべさせ、ついに米倉に潜んでいた五郎を発見する。
五郎は激しく抵抗し、193人を殺害した所でクワが折れるも奪った刀で71人をさらに殺害。江戸城内に突入し、家光の前で
農民の苦しみを訴え、切腹し、そのまま天守閣から飛び降りた。
すぐに遺体の確認に行くが、五郎の姿は神隠しのように消えていた。
今でも江戸城後の皇居近くでは、五郎さーん、と呼ぶことは禁止されている。呼ぶと五郎が怨念と共に現れ呼んだ相手が
農民でなければ殺害し地獄に引きずり込むと言われている。



88 人間七七四年 2008/09/04(木) 12:19:19 ID:2t7uvyGo
農民の娘で虐殺の市と言う娘が居た。
その美しさから夜な夜な大名家の息子、有力武将の息子などを呼び出し、股間の万力で一物を潰してしまい
子孫を残せないようにする。
かの山内一豊も市と一夜をともにしてしまったせいで一物を破壊され、子孫を残せず弟の息子に家督を譲っている。

90 人間七七四年 2008/09/04(木) 16:40:46 ID:2t7uvyGo
全て事実です。
一豊はこの一夜のせいで子孫を残すことが出来なかったのです。
相手の女性は美しいが、その股間は岩をも砕く万力だと言われている。




11 :人間七七四年:2008/12/14(日) 20:02:10 ID:FO0R/Ilo
75 人間七七四年 2008/08/19(火) 08:04:22 ID:Q7RiYCFx
有名なのは江戸初期の農民。
わずか10人で一揆を起こし、たかが10人と舐めて出た兵士100人を皆殺し。
面目潰されて1500の兵を出すも皆殺し。農民は死者たったの二人。
どんだけつえーんだよ。


79 人間七七四年 sage 2008/08/19(火) 09:30:12 ID:UxG0jLR+
>>75
もっと詳しく。

80 人間七七四年 sage 2008/08/20(水) 08:25:47 ID:8gGjX8tE
>>79
その十人らは
伝助、茂吉の一派である。十人の中に伝助、茂吉もいた





12 :人間七七四年:2008/12/14(日) 20:04:35 ID:FO0R/Ilo
62 人間七七四年 2008/08/16(土) 15:30:48 ID:FL8JonM5
でも所詮武将って後の方の安全なところで指揮を執るだけだろ。
本当に凄いのは50数回の戦にて生き残った伝助と言う兵士。
家族を殺されてしまい、死にたいと考え毎回最前線で戦い続けるも毎回生き残ってしまう。
伝助は伝説の兵士。
50数度の戦で関ヶ原、大阪の陣も戦うも死ねず、75歳で死地を求めて宮本武蔵とも対決している。
武蔵は伝助の一撃を避けきれずに尻餅をついたとすら言われている。
ようするに伝助は死にたくても強すぎて死ねなかったという。
そんな彼も武蔵のはからいで共に生活をするが、81歳で死す。
最後の言葉は「ありがとう、宮本さん」らしい。



103 :人間七七四年:2010/07/18(日) 06:54:39 ID:TRtz3oXp
おまえらニワカは鉢の小六を知ってるか?
伊勢長島の戦いで獅子奮迅した漁民の小六を。
小六は貧しい漁民の家に生まれた平凡な漁師であった。

しかしこの地が、阿鼻叫喚の戦の地と化した時から
小六の激動の人生が始まった。
小六は援軍に来た根来衆から火縄を教えてもらい
来る日も来る日も敵方の鉢を割ったという。
その腕百発百中で寄せ手の鉢を割っていったと伝わる。

ある日敵方深く湿地帯を潜り込んだ小六は、至近距離から
華美な鎧をまとう敵に向け必殺の銃弾を打ち込んだ
だがしかし、その玉は無常にも弾き飛ばされたのである。

その男が着ていた鎧は南蛮製の鋼の鎧だったのである。
「てめぇ卑怯だぞゴラ!」その叫びが終わるか終ざるか
その刹那、その男の近習に殺到され死んだと言われる。
鉢の小六は第六天魔王信長に挑んで死んだのさ。









16 :人間七七四年:2008/12/15(月) 10:08:56 ID:SN9yFrJf

他に伝説を残した奴はいないのか?






17 :人間七七四年:2008/12/16(火) 20:52:40 ID:ARsc2bxT

奴の伝説を知っているか?
かの江戸幕府創設者、徳川家康からこう言わしめた。
「この家康にすぎたる者、二人あり。唐の頭に本多平八。そして竹やぶの槍に死に神、二郎」と…
家康の参加した戦のほとんどに出陣した無双の農民である。
かの有名な三方ケ原の合戦時。伝説の焼き味噌事件が起こった。実はあれは武田軍にビビったわけではなく、退却中に二郎を怒らせたことに起因する。と言われている。
二郎は退却中の家康に付き従っていた。家康が鞭で馬を叩こうとした時、
誤って二郎を叩いてしまった。
家康はそんなことも気にとめずいたが、二郎が家康が乗っていた馬ごと止め、
「おい、お前何人を鞭でひっぱたいといてシカトしてんだゴルァ。命の灯消すぞゴルァ。」
と激怒してしまい、その恐怖から脱糞したと伝えられる。
さすがの家康もそれからは二郎が居るときには礼儀を尽くしたと言う。
関ヶ原の合戦の時にも、小早川秀秋本陣まで、単身乗り込み、秀秋に
「東軍に寝返らなければ、壊滅させっぞ」と言い、小早川軍を寝返らせた話は有名である。
その後家康からの「福島を改易させましたので、安芸、備後の所領をどうぞ」
と言われたが、頑なに固辞したと言われる。
そんな二郎にも最期の時が訪れる。
大坂夏の陣にて、自慢の竹槍を忘れてしまい、素手で出陣したが、なんの戦力にもならず。
あっと言うまに討ち死にしてしまったと言う。
二郎の亡きがらを見た家康は「代わりに正信が死ねばよかったのに」と呟いたと言う。




22 :人間七七四年:2008/12/17(水) 22:52:42 ID:sfFHf8FQ
このスレおもしれー。
つか農民にこんな奴らいるとは知らなかった。今で言う格闘家みたいなズバ抜けた運動能力持ってたんだろうか。


24 :人間七七四年:2008/12/18(木) 22:47:51 ID:3wZfkiph
神に選ばれし人だっただけだよ。




25 :人間七七四年:2008/12/19(金) 00:09:17 ID:EIt5f/+z
マジレスだけど、豊後の穴囲砦だっけ?
農民が島津を撃退したらしいが詳細知ってる人いる?


26 :人間七七四年:2008/12/19(金) 15:35:06 ID:0pW653qI
しらん







13 :人間七七四年:2008/12/14(日) 20:06:26 ID:FO0R/Ilo
72 人間七七四年 2008/08/18(月) 10:50:25 ID:OeKwWkj0 
茂吉ってドラマに出たヤツだろ。

ドラマでは信長に前蹴り入れて倒して目に指を当てて、潰すぞ、とか言ったんだっけか?
確か最後も才蔵に重傷を負わせるも、倒したと勘違いして油断したところを槍で刺されて「農民なめんなよ」と
体に刺さった槍を掴んでへし折り、そのまま歩き出して倒れて死ぬんだよな。
究極の農民の図だった。



14 :人間七七四年:2008/12/14(日) 21:05:45 ID:ap0qtzlZ
お前… 







IDがfoolだぞw 

15 :人間七七四年:2008/12/14(日) 23:46:07 ID:FO0R/Ilo
>>14 
日曜夜にケータイでちまちまコピペしてるくらいだから間違ってないwww 





32 :人間七七四年:2009/01/12(月) 23:37:41 ID:UbCDB3+4
他に伝説知ってる奴はいないのか? 


34 :人間七七四年:2009/01/22(木) 22:18:13 ID:FHawrTVj
>>32 
伝説は作るものなんだ 





38 :人間七七四年:2009/01/24(土) 11:34:00 ID:efSkF8CG
領主を殺害した農民のお話 前編
出典
静岡県の民間伝承(静岡青年師範学校卒業生会報別冊)
桶狭間で戦死したと伝わる今川義元だが、一説によると彼は織田軍の不穏な気配を事前に察知しており、
自身とよく似た背格好の庵原五郎元久を影武者に配置していたという。
それにより戦死を免れた今川義元は馬に跨がり単身、駿府へ向かって落ち延びていた。
~解説~
なぜ供回りの一人もいないのか?それは鎌倉末期の動乱の頃より今川氏には討死する者が多く、
その功績を称えての累進により発展してきたため、「臣は君に代わりえず」「独は武を鍛える」
という言葉が家訓として伝わっていたからである。
~解説了~
宿場町(※)に着いた時のこと、疲れを癒そうと茶店へ寄り、笠を脱いだ義元を見て通行人や他の客は驚愕した。
後編へ続く
39 :人間七七四年:2009/01/24(土) 11:34:31 ID:efSkF8CG
領主を殺害した農民のお話 後編
目の前にいる死んだはずの義元にそっくりな人物をとっさに狐と判断した通りがかりの農民六人が蹴り掛かった。
蹴られても立ち尽くす義元は流石に武人であるが多勢に無勢、蹴られた方へとよろける度に
別の農民が蹴りを入れるその様はまるで蹴鞠のようだったといい、これにより絶命する。
義元は戦時に功績を挙げた者は身分を問わず褒美を手渡していたため、農民であってもその顔を知る者が多かった。
また、この宿場の近辺では前年に狐による拐かしが多発したため、
化けた狐を捕らえた者には恩賞を与えるとの法律が出されていた。
なんとも皮肉な話である。
(※)この宿場は後に赤坂と呼ばれるようになったのだが、これは絶命した義元が坂の街道を転がっていき、
道が義元の血で真っ赤に染まった事に由来する。
40 :人間七七四年:2009/01/24(土) 11:51:02 ID:efSkF8CG
忘れてた
領主を殺害した農民のお話 最後
絶命した義元が狐に戻らない事で殺害したのが義元本人であると気付いた農民達は
自らの菩提寺に落武者源良基として埋葬した後、義元から拝領した鍬で自害したという。
共に今でも近隣の人が墓参りに訪れ、墓前の線香が絶える事は無い。

41 :人間七七四年:2009/01/24(土) 14:33:20 ID:MJVT8gzf



マジな話?

42 :人間七七四年:2009/01/24(土) 15:50:05 ID:efSkF8CG
>>41
大マジ

43 :人間七七四年:2009/01/24(土) 15:58:52 ID:efSkF8CG
>>41
ちなみに「静岡むかし話(静岡新聞社刊)」「今昔しずおかの民話(静岡新聞社刊)」
「赤坂地区民間古記録集(赤坂地区連合自治会刊)」にも記載がある。
どれもかなり古いから静岡県立図書館あたりでも置いてないかもしれない。


44 :人間七七四年:2009/01/24(土) 16:16:27 ID:efSkF8CG
またまたまた書くの忘れてた…
>>41
ぶっちゃけ桶狭間と赤坂のどっちで死んでも同時代の人は氏真あたりですら庵原が本物と思っていたはずで、
歴史に全く影響がないから研究者からは無視されてるのが現状だと思う。
織田が桶狭間後に今川へ本格的な侵攻をしなかったのは義元が桶狭間で生き延びているのを織田側が知っていて、
今川家が織田の油断を誘うために義元の生存を伏せていると思っていたからだ!と織田側が思っていたからである。
なんていうトンデモ説をかなり昔に見た気がする。


45 :人間七七四年:2009/01/24(土) 17:43:35 ID:/7iugfhG
嘘をつけ

46 :人間七七四年:2009/01/25(日) 20:41:54 ID:pKPnWlGJ
>>45
ちゃんと
>思う。
>気がする。
と書いてあるから嘘じゃない。

47 :人間七七四年:2009/01/26(月) 14:07:42 ID:mD2zNWdo
45の意は、“もっと嘘をつくべし”である。




54 :人間七七四年:2009/02/07(土) 09:45:25 ID:Ua3/2rOp
>>53
今川義元は桶狭間で死んでいなかった!

織田の奇襲を受けた義元は、影武者を残し、数名の供を連れて戦場から落ち延びていた。
しかし少ない共も戦場離脱の際にほとんど討ち死にしたと思われる。
落ち延びた義元は長沢城に辿りつくも夜の事、義元本人とは信じてもらえず門前払いされる。※松平親広の日記より
仕方なく城下の民家で休息しようと戸を叩くも、雷鳴響く夜の事、しかもオハグロで化粧は雨に流され、衣服は泥に塗れて物の化がごとき身なり。
領民は恐れおののき、騒ぎを聞き付けた付近の民が集まりだし、化け物と呼ばれ追われるはめになる。
※長沢付近、現在豊川市には三大稲荷の豊川稲荷があり、東海道膝栗毛では野次喜多が狐に化かされるなど、何かと狐憑きや稲荷信仰のある地である。
追われた義元は間もなく囲まれ、鍬や鎌で惨殺される。
その義元の体から流れる血は雨に流され、坂道を真っ赤に染めたと言われる。
これが宿場町赤坂の名の由来とされる。
※松平親広の日記は、学術研究目的に限り一部観覧可能であるが、持ち出しコピー撮影は禁止。

55 :人間七七四年:2009/02/07(土) 09:46:02 ID:Ua3/2rOp
また妙巌寺(豊川稲荷)には義元の位牌と無惨に引き裂かれた当時義元が着ていたと伝わる衣類が残されいると言われる。
妙巌寺は義元が伽藍を整備させた事もあり、何かと義元に縁がある。
ただし、位牌と衣類は一般公開されていないので真偽のほどは不明である。






58 :人間七七四年:2009/03/21(土) 12:44:17 ID:0nIRm7hg
なんだか山田風太郎が読みたくなるスレだな




60 :人間七七四年:2009/03/22(日) 01:48:58 ID:bkxkb9sE
俺の地元では、首なし零吉の武勇伝が伝わっている。
零吉は、村で平和に暮らしておったんだが、親父が大の戦好きで、
いろんな武具を作ってはあちこちに売りあるいておったそうだ。
そんな平和な村に、遠い国の連中が、親父の作る武具の噂を聞きつけて襲って来たそうだ。
なんでも襲撃団の棟梁は、赤備えの立派な武人で、そりゃもう恐ろしい人間だとか。
村の衆が次々と襲われるのを見た零吉は、親父の置いておいた武具をとっさに身につけ、
幼い身で、この恐ろしい連中に立ち向かって行ったらしい。
あちこちで転戦した零吉だったが、分けても激戦だったのは、村の金山銀山を奪って行った連中との合戦だ。
真っ白な武具を身にまとい、村の宝を盗んでいった連中を次々と血祭りに上げていったんだな。
だがまぁ、零吉が立ち上がったのも大変遅かったもんで、連中は10年分の金銀を奪って行きよった。
困ったもんだ。
そんな零吉も年貢の納め時が来たんだな。
敵国の大城郭の出城を攻めた時の事だ。
首をぶっ飛ばされ、胴体を三つにぶった切られてしもうたらしい。
一環の終わりだわな。





67 :人間七七四年:2009/04/01(水) 08:01:27 ID:kG0uJXac
こんな伝説がある。
安芸の国が能島の水軍城は奇っ怪な形で築かれている。城の中央部には田畑があり、それを取り囲むようにCの字型になっている。土地の者によると、なんと鎌倉時代からこの形なのだという。
戦国時代、この地に赴任した福原俊房は、この無意味な城を直そうと田畑の持ち主に立ち退きを勧告し増築しようとした。
しかし、この田畑の持ち主彦九郎はこれを無視。業を煮やした福原は、足軽20名を伴って直々に出向いた。
それでも無視するので、頭に来た足軽の一人が殴り掛かった。だが、彦九郎に易々と制され、拳を握り潰されてしまった。次々と打ちかかるが誰も相手にならない。福原達は恐れおののき逃げ帰ろうとするが、
「お前らと遊んでいる間にわしが耕すはずだった分だけ耕して帰れ!」
と一喝され捕まった。武士にとって有り得ないほどの恥辱である。
恥をかかされた福原は、この爺に戦を仕掛ける決意をした。
主家毛利家から500の兵を借りうけ、鉄砲30丁、大砲2門、騎馬武者50に加え、剛勇の荒武者;益川太郎左衛門に率いさせた。しかも夜襲である。
大群の襲撃に、流石の彦九郎も驚いたという。だが彦九郎、スコップを片手に恐ろしい速さで敵中に切り込み、一振
68 :人間七七四年:2009/04/01(水) 08:38:14 ID:kG0uJXac
で3人づつ殴り殺した。
朝が来ると、立っていたのは太郎左衛門だけだった。しかし、太郎左衛門の息は無い。鎗で全身を貫かれ、地面につき立てられた太郎左衛門の亡きがらであった。
太郎左衛門の背中には、“もう関わるな”
と刻まれていたという。


69 :人間七七四年:2009/04/01(水) 12:24:28 ID:whfLXnyY
>>67
>>スコップを片手

なぜ鍬とか鋤にしなかった!!!!

70 :人間七七四年:2009/04/01(水) 19:06:25 ID:kG0uJXac
スコップは最強の武器!

71 :人間七七四年:2009/04/01(水) 20:03:10 ID:IXF5s6lD
空港のど真ん中に住んでる建設反対住民みてーだw





94 :人間七七四年:2009/07/30(木) 08:38:00 ID:uPbQBfHh
備 大将(そなえ ひろまさ・1530?-1610?)

「そない」とも。備氏は全国に分家を持つ豪族。多くは地元の戦国大名につかえ、槍働きで家を保った。
戦国時代の数多くの文献に登場するが、いずれも名が「大将」となっているので見分けがつかない。
ただ、有名な「備大将」は何人かいたらしく、秀吉に狙撃されたと文献に見られる。
(生没年はこの備大将である)

最近の研究では、長男は代々「大将」の名を持つのが慣例だったらしい。
またほとんど一族内で婚姻を繰り返していたらしく、代々似たような顔立ちだったという。
これらは現在残る羽壮八百(うそうはっぴゃく)備家18代目当主・備太将(ふとまさ)さん(80)の研究で明らかになった。








61 :人間七七四年:2009/03/29(日) 07:03:25 ID:LGFoVp3W