1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:11:45.89 ID:iwfeMzSK0
雨降ったらたまって糞尿の中、居続けなきゃいけなかったらしいが 
そんで感染症で足の指を切断したりとか聞いたがどうなん? 



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:15:22.77 ID:2nO6rEnw0
死体の匂いで充満した空間で毎日ご飯食べてたんだぜ… 



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:16:17.86 ID:5PU7w2/g0
壕の中とかマジで真っ暗10cm先見えない状態で壕の中に1000人以上ぎゅうぎゅう詰めにされて多湿高温のなか何ヶ月も過ごす 
俺なら2日で狂うわ 



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:21:55.01 ID:7hVeKm/N0
塹壕突破する有効な手段が無かった第一次大戦と機動戦理論が生まれた第二次大戦とでは様相が違う。 
まぁ機動戦も理屈通りにはいかなかったんだが。


 






 




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:29:49.98 ID:Tng/Fbdd0
硫黄島もある種の塹壕戦? 

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:33:41.21 ID:cNJqZxUM0
>>19 
あれは洞窟みたいなところに日本軍が一方的に籠っただけだからなあ。 
どちらかというと横向きの穴だし。 





27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:38:46.09 ID:WupB6uFH0
こういうのを無駄に長期間続けた時の悲惨さを戦訓に 
面制圧や大量破壊兵器で一発で広範囲に将兵をぶち殺して 
敵国の戦意を無くし、早期解決を促す 
っていう目的で開発された 
クラスターや大量破壊兵器を非人道的とか言って禁止させた団体のバックボーンが中国 
これらの兵器をおいそれと使えなくなってしまったからアフガニスタンもイラクもいまだに収束していない 
中国とどこかがやったときにはスターリングラードの再来だわ 


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:39:54.76 ID:4ey+C/3B0
アフガンやイラクみたいな少数のゲリラにいちいちクラスター使うのか・・・ 

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:45:00.71 ID:cNJqZxUM0
>>28 
相手がゲリラかどうか、ではなく面制圧する必要があればクラスター爆弾使うんだろ 

62
代表的なクラスター爆弾の一つ、CBU-87/B(模擬弾)

クラスター爆弾(クラスターばくだん、英語:cluster bomb)とは、容器となる大型の弾体の中に複数の子弾を搭載した爆弾である。クラスター弾集束爆弾(しゅうそくばくだん)とも呼ばれ、昔は親子爆弾とも呼ばれた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:42:28.53 ID:NKFZfzJT0
第一次の時は足が腐ったらしいな 
まあ途中から塹壕掘るのがメインになったけど 

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:43:26.35 ID:iwfeMzSK0
>>29 
てか塹壕てどうやって掘るの? 
人海戦術のスコップか? 

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:44:10.63 ID:2dZeItul0
>>30 
なんのために基本装備に折り畳み式シャベルがあると思ってるんだ 

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:45:48.65 ID:gbFcWSgU0
掘ってよし、叩いてよし、刺してよし 
ショベルは素晴らしいぞ、第一次で最大殺傷武器がショベルらしい 

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:49:10.43 ID:B7lwwBZN0
>>33 
最大殺傷兵器は砲じゃなかったっけ 
シャベルは白兵戦でつかっただけでしょ 
WW1は病気>>>>>>>>>>>>>>戦争だったけど 


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:51:00.72 ID:NKFZfzJT0
第一次の塹壕戦の反省を活かすためにフランスは巨大な塹壕を掘り、その中に街を作って対ドイツに備えたんだと 
第二次にはドイツ軍は空を飛んだから全部無駄になったそうだ 
歴史の教師が雑談で話してた 

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:52:51.91 ID:Tng/Fbdd0
>>40 
マジノ線?あれって隣接する深い森が天然要塞になると思って手付かずにしておいたら戦車で無理矢理突破してきたんだっけ 
電撃戦はロマン 


63

マジノ線に到着した連合軍兵士 撮影地フランス、アルザス地域圏バ=ラン県のClimbach、1944年12月15日撮影

マジノ線は、フランス・ドイツ国境を中心に構築されたフランスの対ドイツ要塞線である。当時のフランス陸軍大臣アンドレ・マジノ(Andre Maginot、1877年 -1932年)の名を冠してマジノ線と称する。

北はロンヴィ(フランス・ベルギールクセンブルク3国国境の街)から南は地中海フランス・イタリア国境にまで至る、長大な複合要塞である。なお、一般にはバーゼル(フランス・ドイツ・スイス3国国境の街)以北を「マジノ線」と呼び、対イタリア防衛を主眼とした南部の要塞線は「アルパイン線(Alpine Line)」と称する。
 

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:54:59.92 ID:xuW38Aou0
フランスはちゃんと作ってたのに側面のベルギーオランダが突破されて 
これじゃあ意味無いよねってんじゃなかったっけ? 

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:58:07.26 ID:Tng/Fbdd0
塹壕戦が戦争の勝敗=国力の勝敗にした 
長期的に潤沢な物資を供給できるアメリカ最強じゃん… 


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:59:30.76 ID:nMXy2UWd0
だいたいこんな感じ  The Charge - All Quiet on the Western Front (2/10) Movie CLIP (1930) )

 


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:03:31.76 ID:F66lmxaV0
第一次 
・水捌けも悪くて砲撃に耐える為に深く掘ってあるから悪臭に満ちているヤバい 
・突破されないように兵士を密集させて配置しているから人口密度がヤバい 
・大規模な塹壕だと横に穴を掘って部屋を作りそこに医務室や詰所を作る。でも砲撃で潰れることもあってヤバい 
・こんなところに数ヶ月間も寝食含めてずっと過ごすから不衛生極まるヤバい。病気で足を切ることも稀によくあるレベル 


第二次 
・基本的に第一次と同じヤバい 
・でも第一次みたいに大規模な物は無いし数ヶ月過ごすとか無かったからまだマシ。でも不衛生さは変わらずヤバい 
・もっとヤバい地下陣地の登場で塹壕が天国に感じるヤバい 

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:04:08.22 ID:p8/1LGUX0
WW1の塹壕といえばクリスマスは外せない 



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:08:19.76 ID:p9fqgVpo0
WW1の 

 46
http://i.imgur.com/EllF4.jpg 


47
http://i.imgur.com/N46Ug.jpg 


58
http://i.imgur.com/Rz93D.jpg 




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:09:15.51 ID:iwfeMzSK0
塹壕のてどれくらいの期間で作り上げるもんなん? 
何人くらいの兵士要したんやろ? 

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:12:42.25 ID:cNJqZxUM0
>>70 
一人用塹壕(タコツボ)掘るのに、自衛隊でやるのはだいたい半日くらいらしい。 

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:16:43.95 ID:B7lwwBZN0
>>72 
自分はいるだけの穴ほるのに半日かかるの? 

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:18:37.19 ID:cNJqZxUM0
>>74 
支給されるスコップでしこしこ掘ってるとそれくらいらしい。 
土壌の堅さなんかにもよるみたいだけどね。 


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:14:14.53 ID:KfK7F8fF0
セヴァストポリの戦いとかめちゃくちゃロマンあるだろ 


59
ドイツ陸軍に撃破されたセヴァストポリ要塞の30.5m三連装砲塔。

セヴァストポリの戦い(セヴァストポリのたたかい)は、1942年6月からのナチス・ドイツソビエト連邦カフカース地方への攻勢(ブラウ作戦)の準備として行われた、1941年9月から1942年7月にかけての、クリミア半島セヴァストポリ要塞でのドイツ軍とソ連軍の戦闘である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:17:06.52 ID:qwmpOWB10
第二次大戦で有名なのはクルスクの戦いでソ連軍が構築したパックフロントだな 



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:18:25.83 ID:AMpMCafB0
>>75 
あれはすごいな 






82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:35:04.68 ID:hgWVlspWO
中学生の時に第一次の塹壕戦のビデオ見たんだけど今でも覚えてる 

一番印象に残ってるのは、大砲の音とか銃声を聞き過ぎて、脳がイカれてる人 

ずっと体が震えてて酷い人はずっとヘッドバンキング状態 

当時は池沼馬鹿にしてた俺でも笑えなかったわ 

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:43:35.53 ID:qhGXxJU0O
>>82 
シェルショックだな 
映像の世紀で見たときは俺もビビった 

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:45:45.58 ID:dbI/wG+30
>>82 
あれはシェルショック 
衝撃波で脳細胞が死滅 

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:49:03.84 ID:qhGXxJU0O
しかも当日は精神疾患とかの方面がぜんぜん進んでないから甘えだとか言われてたんだよね 

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:49:08.08 ID:dbI/wG+30
動画見つけた 
(※閲覧注意) 

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:49:25.58 ID:iwfeMzSK0
>>86 
衝撃はてなんぞ? 
爆弾のか? 

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:50:05.18 ID:Tng/Fbdd0
大砲撃つだけでも周囲のものすごい衝撃波行くからな 

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:52:20.88 ID:dbI/wG+30
>>90 
そうそう 
WW時は砲弾の着弾の影響が大きかった 
今もイラクの米軍はIEDでシェルショックや高次脳機能障害を発症する 

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:54:10.72 ID:7hVeKm/N0
>>90 
爆風が音速超えるから衝撃波が発生、破片が届かない距離でも被害を受ける。 
湾岸で使われた燃料気化爆弾とかベトナムでのデイジーカッターは衝撃波で面制圧したり木をなぎ倒して簡易ヘリポート作るのに使ったり。 

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:54:39.98 ID:iwfeMzSK0
>>92 
怖すぎwwwワロタww 

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:56:17.75 ID:cNJqZxUM0
シェルショックって最初は衝撃波と思われてたけど 
実は精神疾患っていう話ではなかったけ? 

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:57:14.37 ID:B7lwwBZN0
シェルショックは最初衝撃で脳や神経がやられる障害症状と考えられていたが 
なんの衝撃も受けていないやつも発症したからストレスが原因とわかった 

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:57:49.96 ID:AMpMCafB0
PTSD。戦争神経症 

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 20:58:33.16 ID:YdQHzjkq0
俺はPDSDの一種って聞いたけどな 
高校の保健の先生が語ってくれたのを思い出す 

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:01:07.96 ID:cNJqZxUM0
そうだよなw 
総火演でも目の前で10式が射撃しているのに 
泣きわめく子供はいても、プルプルしちゃう人はいないもんなw 

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:02:01.87 ID:dbI/wG+30
調べてみたら衝撃波による脳損傷は今はTBIって言うみたいだわ 
WWIのころは衝撃波もストレスも一緒くたにされてシェルショックって呼ばれてたらしい 

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:08:17.83 ID:0uNTLQFyO
戦争こわい 

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:15:10.22 ID:B7lwwBZN0
>>101 
それ以上に怖いのが病気。スペイン風邪が蔓延して戦争どころじゃなくなった 
戦争で死んだのは約1000万人、スペイン風邪は5000万死んでる 




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:25:40.17 ID:tYaW+MCq0
第一次世界大戦の頃、若者の多くは戦場で手柄を挙げて女の子にモテたい、 
くらいの感覚で志願した者が多かったそうだね 
しかし結果は泥沼の中で機銃に撃たれ、毒ガスを浴びる事態だったとか 
戦争の形態がそれまでと激変したんだよね 

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:27:03.99 ID:4ey+C/3B0
兵士の9割は徴兵で集められてる奴だが 
モテるのがどうとか戦争なめてるだろ? 

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:28:15.50 ID:rIpa3g5L0 ?2BP(0)
 
そんな程度だと思ってたって話じゃねーか 
初期に猛烈に兵役嫌がったのなんて少数だろうし 

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:28:42.86 ID:tYaW+MCq0
>>107 
第一次前の戦争は騎士が主導するお遊戯みたいな陣取り戦が主流だったんだぜ 

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:33:29.80 ID:qhGXxJU0O
皆クリスマスには帰るよって笑いながら戦地に赴いたという 

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:33:32.90 ID:cNJqZxUM0
キャンディキャンディでもステアが「戦争行くと女の子にもてるんだぜ」って言って志願していったような 

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:33:39.66 ID:4ey+C/3B0
シュレディンガーの日記読むと督戦隊が脅迫に近いかたちで兵士徴発してたそうだが 
志願兵がたくさん来るならこんなことしないだろ 

>>109 
そんなのやってたの中世までだろ 

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:36:54.06 ID:okn9ypFDP
まあ開戦前と開戦後じゃ厭戦具合が違うだろうな 
さすがに塹壕戦の実態を知ってたら行きたくないだろうし 

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:37:04.43 ID:qhGXxJU0O
友達同士や職場の仲間とかで部隊組んで志願したりとか軽いノリも結構あったらしいが 

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:37:59.59 ID:iwfeMzSK0
てか大戦中の兵士の給料てどれくらいよ? 
まあ階級で違うとは思うが 

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:40:44.49 ID:4ey+C/3B0
>>116 
ほとんどは払らわれてない 
ちなみに現在でも戦争で死んだ人間には保険金がおりない 

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:42:38.73 ID:iwfeMzSK0
>>119 
ブラックすぎわろたwwww 

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:38:01.32 ID:tYaW+MCq0
捕虜にアンケートを取ったところ、一番恐かったのは野砲だったそうだね 
戦車とかは全然下だったとか 

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:39:28.29 ID:AMpMCafB0
野砲が被害の8割だったかWW2でもそう 
じつは戦場の主役は野砲 
だから丘の奪い合いで壮絶なことになる 



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:44:34.02 ID:dbI/wG+30
戦列歩兵にロマンがあるだろうか 
絶対になりたくない兵科ナンバーワンだが 


60
 プロシア軍の戦列歩兵(擲弾兵): 先頭を大股で歩く人物が下士官であり、馬上から指示を出す上級士官の命令に従い、敵弾に倒れた同僚の屍を踏み越えて兵士達は前進しなければならなかった



124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:46:46.83 ID:okn9ypFDP
>>123 
ペイントで言う塗りつぶしツールが歩兵だよな 
線をぶちぬく力はないけどないと絵が完成しない 

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:46:50.34 ID:YdQHzjkq0
>>123 
ラッパとかドラムに従って列組んでマスケット撃つだけの奴? 
正気の沙汰とは思えないけど、当時はそれが当たり前なんだよな…… 

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:48:19.43 ID:tYaW+MCq0
第一次大戦の頃戦場で音楽を奏でる役割がいたそうだな 
そいつは双方が激しい銃撃戦をしてても誰も狙わないから 
延々と演奏を続けてたとか 

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:48:58.82 ID:4ey+C/3B0
ヨーロッパがお遊戯戦争してた時代に、あたり前のように殲滅戦やってた中国は偉大だな 
太平天国の乱の死者は第一次世界大戦の死者上回ってるしな 
最も人が死んだ内戦としてギネスにものってるぜ 


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:51:13.27 ID:iwfeMzSK0
てか塹壕戦の歴史てWW1が歴史上初か? 

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:53:37.39 ID:okn9ypFDP
>>129 
塹壕ってもんを作ったのは初めてだろうな 
けど窪みを使う戦法は投射兵器(それこそ弓から)ができてからあったと思うぞ 

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:52:15.55 ID:tYaW+MCq0
>>129 
機関銃が待ち構えてる塹壕に騎兵で突撃とかしてたんだぜ 

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:53:33.00 ID:tYaW+MCq0
ポーランドもドイツの戦車隊に騎兵で突撃してたねそういえば 

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:56:28.11 ID:iwfeMzSK0
>>130 
それ無駄死にじゃね? 

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:57:02.92 ID:AMpMCafB0
騎兵はWW2でもアメリカにすら普通にあったはず 

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:57:50.72 ID:RRA7rxbM0
アフガンで騎馬突撃あったらしいね 

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:59:05.03 ID:tYaW+MCq0
>>133 
消耗戦を双方繰り返したんだよ。塹壕の攻略法が判らなかったから 
そして双方が塹壕を掘り伸ばし続けにらみ合う戦いになった 

ちなみに初期、塹壕間に横たわる死体は夜双方が引き揚げた 

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 21:59:32.06 ID:okn9ypFDP
>>133 
そうだよ、本人たちは突破できると思って突っ込んでた 
もちろん防護策なしに騎兵程度のスピードじゃできるわけなかったんだけど 

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:00:26.34 ID:gMK1oJg70
軍隊の自動車化って歴史的にはホントつい最近の話なのよな 

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:01:23.08 ID:gCBxnocE0
イラク戦争じゃドーザーブレード付けたアメリカの戦車が兵士ごと塹壕埋めたらしいぜ 

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:01:28.08 ID:tYaW+MCq0
日本軍にはチャリで構成されたその名も「銀輪部隊」が 

 61
フィリピンの戦いでの銀輪部隊
 銀輪部隊(ぎんりんぶたい)とは、太平洋戦争大東亜戦争)時に主に南方作戦で運用された自転車行軍する大日本帝国陸軍部隊の日本国内における通称・愛称である。
 




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:05:54.35 ID:BUcKCWAe0
泥、泥、泥・・・・・・ 
僕は毎日、泥の塹壕の中に居ます。 
塹壕は、思っていたのとはまったく違う所です。 
最悪の敵は、雨です。何日も何週間も、濡れた粘土の上にうずくまり、 
敵の砲弾の中で暮らすのは、どんなものか想像もつかないでしょう。 
厚いブーツを履いていますが、冷たい泥で、足は氷の塊のようです。 
何本かの指は動かなくなりました。 

                         ――イギリス兵士の手紙より 

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:08:51.62 ID:tYaW+MCq0
泣けるな 


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:13:18.87 ID:iwfeMzSK0
>>141 
感染症で壊死するらしいな 

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:15:50.39 ID:BUcKCWAe0
もう何も考えなかった。塹壕から飛び出し、走り、叫び、撃った。 
自分が何処に居て、誰なのかも考えなかった。 
僕は鉄条網を越え、塹壕を越え、まだ火薬の臭いのする砲弾の跡に沿って走っていた。 
仲間の兵士たちが倒れている。悪夢の霧に包まれているようだ。 
僕の任務は、あと何分かで終わる。 

向こうに赤いものが見える。燃える炎だ。 
足元にも赤いものが見える。人間の血だ。 

                                    ――フランス兵士の手記より 





148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:20:46.97 ID:7hVeKm/N0
第一次大戦の様相とか第二次大戦の航空戦について調べてたら辿り着いた。 

http://stanza-citta.com/bun/ 

ドイツ再軍備なんかでも面白い話があったからリンク貼っとく。 


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:23:44.86 ID:AMpMCafB0
>>148 
おもしろそうなとこだね 




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:26:34.60 ID:BUcKCWAe0
僕たちの塹壕の前に、つい最近まで、指輪をはめた手が一本横たわっていました。 
しまいにその手は、骨だけになりました。 
ネズミには、人間の肉がとても口に合うのです。 
身の毛がよだちます。 
が、僕も時とともに慣れ、戦友と同じように冷淡になりました。 
戦場では、ありふれた悲劇にいちいち心を動かしていては、気がおかしくなります。 
そうでなければ、腕を振りまわしながら敵に向かっていくほかありません。 

                                     ――ドイツ兵士の手記より


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:26:00.45 ID:qwmpOWB10
現代でも陣地の基本は塹壕だろ 

 
152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:26:51.42 ID:iwfeMzSK0
塹壕考案したのはドイツか? 

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:35:14.30 ID:VKrKBtzI0
逆にナポレオンとかルイ大王とかが塹壕掘りしなかったのが不思議だわ 
ムハンマドは塹壕掘って大勝利したって記録があるのに 

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:41:03.59 ID:7hVeKm/N0
>>153 
ナポレオンの時代はまだ火砲が発達途上だったから。戦闘の最後は刀剣による白兵突撃で決着がついた。 
ライフル銃による射程の延伸、機関銃の発明、野戦砲の高性能化が交戦距離を伸ばし歩兵を銃弾から守る為に塹壕が発達した。 

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:46:31.48 ID:2k+mjnm7P
銃が発明されてからは 
「あ、これ正面から行くと全滅だわ」「穴掘って隠れようぜ」「それで敵城包囲したら最強じゃね?」 
南北戦争で機関銃使われだしてからは 
「ダメだわ顔出すと蜂の巣だわ」「なんで俺ら野原で穴に隠れ合ってんのよ・・・」 
って感じで後の塹壕戦の原型的な塹壕は作られてる 

日本で有名なのは金堀衆動員したり大坂城爆破しちゃうぞ大作戦とかだな


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:45:12.87 ID:1aAP+1ydI
イギリス陸軍は鈍器を持ってタリバンに銃剣突撃を敢行したと聞いたけど本当? 

 157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:47:02.02 ID:n+h1RjXI0
>>155 
しかも成功してるからな 

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 22:49:48.85 ID:1aAP+1ydI
>>157 
つべにL85A1という鈍器についての動画にあったから聞いてみたんだ 
ガチだったんだね 










転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350036705/

ナルキッソスの黄昏 歴史雑学と世界的ニュース まとめ 

爺さん婆さんから聞いた幕末明治大正昭和の話 その6

武士団VS騎士団ならどっちなのよ

太平洋戦争末期に天皇や政府機関の移転先として建設が進められた”松代大本営”建設に関する陸軍大尉のメモ帳が見つかる

【鎮魂】日本軍の飛行機が70年ぶりに引き揚げられる/十和田湖

【1929】世界大恐慌【ニューディール】