【国際】北アフリカ激戦地で追悼式典=「アラメインの戦い」から70年-エジプト
1 :締まらない二の腕φ ★:2012/10/21(日) 08:08:22.62 ID:???0
北アフリカで第2次世界大戦中、連合国軍と枢軸国軍が激戦を繰り広げた「アラメインの戦い」から今月で70年。 
エジプト北部の町アラメインでは20日、英国主催の戦死者追悼式典が開かれ、戦闘に従事した同国やフランス、ドイツ、オーストラリアなどの退役軍人約60人が、かつての戦友が眠る墓地を訪れ、花を手向けた。 
  
退役軍人の多くは90歳以上で、車いすやつえを頼りに参列。アラメインには各国の戦死者1万人以上が埋葬されているが、かつての戦いを経験した生存者は年々少なくなり、今回が最後の式典となる可能性がある。 
24歳で参戦したニュージーランドのウィリアム・ブリストーさんは「ここに来られてうれしいが、今の気持ちを表現するのは難しい」と 複雑な心境を吐露した。 
1942年10月23日に始まったアラメインの戦いでは、英軍のモントゴメリー指揮下の連合国軍がロンメル率いる枢軸国軍を撃破。 
ドイツ・イタリアの北アフリカ進撃を食い止め、同地における戦局の転換点となった。 

▽時事ドットコム(2012/10/21-06:20) 

2 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:10:41.52 ID:KITBdlsFO
ヘタリアの尻拭いをドイツがやった戦地ということか 

3 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:11:27.56 ID:k5VuPZJ+0
ロンメル閣下なら勝てたのに。イタリアとヒトラーのアホが 


4 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:11:50.39 ID:hN9unVgI0
「最後の騎士道的戦場」だったかな? 

5 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:12:09.96 ID:6EOKthCp0

「今やるか、それとも永遠にやらないかだ」 

35 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:32:29.98 ID:u97HpQrM0
砂漠でパスタwwwwwwwwwwwww 

6 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:12:14.42 ID:DiVP/Rcu0
エル・アラメインだった気が。エルはどこ行ったの? 

23 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:21:15.62 ID:LF22xwZK0
>>6 
エルは英語で言う冠詞みたいな物 

ダル・アル・ベイダ(カサブランカ) 
ダル・エル・サラーム 
アル・カエダ 

のアルとかエルとおなじ。 
2
 エル・アラメインの作戦地図
エル・アラメインの戦い(エル・アラメインのたたかい)は、第二次世界大戦における枢軸国軍と連合国軍の戦いである。第一次会戦は1942年7月1日から31日。第二次会戦は同年10月23日から11月3日に行われた。













11 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:15:49.43 ID:y+oqO7lmP
エルアラメインだろ 

主力はM4シャーマンとⅣ号戦車かな 


M4シャーマン
 24
M4A1E8
フランスノルマンディーの“ユタ・ビーチ”戦跡記念公園に展示されている車両

Ⅳ号戦車
2
ドイツアフリカ軍団仕様のD型

38 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:35:10.71 ID:8Qh+zc7b0
>>11 
自分も、エルアラメインの名称で記憶しているなぁ。ジャガーバックスの「壮烈!ドイツ機甲軍団」 
で読んだのが最初だったと思う。お陰で今でも、Ⅳ号F2型とM3グラントが撃ち合ってるイラストの 
イメージが頭から離れない。 



14 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:17:50.13 ID:hN9unVgI0
「装甲で目玉焼きやパスタが作れる」ことを実証した伝説の戦場 




16 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:18:35.99 ID:a2motpGQ0
一万人か 
20代で祖国を遠く離れたところで 
死ぬ事になるとは思わなかったろうな 



17 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:18:42.15 ID:1sVoowRuO
北アフリカの戦いで、枢軸・連合の両軍が埋設した大量の地雷の多くが所在不明となったまま処理されず、 
1990年代に入っても爆発事故による遊牧民の死者が発生している。 



19 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:18:57.11 ID:46kRxhq60
ロンメルの戦術は凄かった 

20 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:19:30.69 ID:HXYX0SL+0
アメリカ軍が、トラックに大砲積んだので 
ドイツ軍の戦車と撃ちあって 

ボコボコにされたやつ? 



25 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:22:25.57 ID:hN9unVgI0
ドイツの戦車はどんどん大砲の口径を大きく、重くしていった 

一方イギリスはジープを使った 


29 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:26:24.03 ID:Vao+fUD+0
ロンメルは砂漠の戦車戦は艦隊戦に似てると言っていたな。 



31 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:27:52.34 ID:8DIBeLsg0
ロアルド・ダールの『古本屋』を思い出す地名だ 
亡くなった夫は、あの激戦で負傷して盲目でした・・・ 


33 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:30:44.25 ID:CrSStQu20
Call of Duty 2で遊んだおぼえがある。 




34 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:31:52.35 ID:tVVFpmCSO
マルセイユの白い墓標はまだ残ってるんかいな 


37 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:34:25.61 ID:8RBEk73D0
>>34 
あれは石造りの頑強なものだから、今でも残ってるよ。 

46 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:39:48.96 ID:tVVFpmCSO
>>37 
小さいピラミッドみたいなやつみたいね 
地獄の花園?あたりの激戦区にも供養塔とかあるのかな 
あっちは鎮魂碑や供養塔をたてるの? 


8 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:13:56.77 ID:N9Da13Kl0
補給が無かったからなあ。 
海上封鎖を破れなかったのが、致命的。 
海軍力(特に潜水艦)の充実を待つべきだった。 

12 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:16:33.49 ID:qic5JnH60
>>8 
それイタリア海軍の責任だよ。 

39 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:36:16.04 ID:6EOKthCp0
>>8 
補給路妨害は確かにあったが、封鎖なんかはされていない 
補給品そのものはトリポリ港に山積みになっていた 
イタリア商船団の臆病や無能を言い立てるドイツ軍人もいたが 
それが責任転嫁に過ぎない事は海上輸送実績の数字が証明している 
問題なのはトリポリから前線への長距離陸上輸送だった 
ロンメルは東部戦線基準の10倍編成という破格の兵站輸送部隊を割り当ててもらっていたが 
それでも輸送能力は全く不足し、酷暑の砂漠という過酷な環境下で貴重な輸送トラックは 
次々に故障して落伍していった 
いつしか栄光あるドイツアフリカ軍団は、敵から奪った車輌に、敵から奪った燃料を入れ 
敵から奪った缶詰を食べながら進撃するという、野盗か山賊みたいな有様になっていった 
後になってわかった事だが、イギリス軍は後退時に補給品を処分し車輌を敵に渡さないようにだけ気をつけていれば 
アレキサンドリアを落とされる恐れは全く無かったのだ 

40 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:36:28.32 ID:JZOyOKiYO
補給線が伸びすぎだったんだよなあ、ここで勝ってエジプトがおちれば、北部のA集団と挟みうちに出来たし補給港も確保出来て油田地帯も確保って出来た 

 


42 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:37:03.84 ID:CrSStQu20
なつかしいのぉ 


25
http://withfriendship.com/images/h/38016/El-Alamein-pic.jpg 


26
http://www.flamesofwar.com/Portals/0/all_images/Scenarios/Tell-el-Aqqaqir-01.jpg 


27
http://www.2nd8thaustfieldregtassoc.org.au/gallery/images/C_Troop_El_Alamein_10Jul1942_600x373.jpg



28
http://www001.upp.so-net.ne.jp/takazaka/RPG7.jpg 


 29
http://placetoland.files.wordpress.com/2011/08/desert-warfare.jpg 


44 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:38:55.15 ID:FUvIbeqn0
どさくさにRPG混ぜんな 

47 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:41:19.85 ID:8Qh+zc7b0
>>42 
4枚目に変な写真混ぜるなw 

つーか、北アフリカ以前にベトナム戦争だし。 

49 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:45:48.45 ID:y+oqO7lmP
>>42 
あの時期の主力はまだマチルダやクルーセイダー VS Ⅲ号戦車か 

アリエテ師団の戦車はカーロアルマートとかセモベンテとか言ったかな 
タミヤはまだ作っているのだろうか 




50 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:46:18.13 ID:6sG/YsrA0
独とイタリア、第一次大戦の時は敵同士だったんでロンメルさんの1個中隊がイタリア軍数個大隊をぼこぼこにしてた..... 


51 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:53:27.32 ID:Ch58wOb30
ロンメルは自身だけでなく、バイエルラインなどの優秀な部下にも恵まれていた 


43 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:38:53.45 ID:KAUe3/8AO
ロンメル将軍は連合軍に負けたんじゃない。 
無能な司令部とアホな総統に潰されたんじゃよ。 

52 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:55:10.25 ID:6EOKthCp0
>>43 
総統も参謀本部も、北アフリカ戦線で攻勢に出ることなど求めていなかったのに 
ロンメルが勝手に兵站輸送能力を越えた攻勢に出たのがそもそも悪い 
むしろ総統は東部戦線を重視する参本を押さえて、ロンメルに破格の支援を与えている 
(輸送車輌は東部戦線全体で約2万輌/140個師団で常にトラック不足に悩まされていたのに 
 DAKのたった3個師団のために約2000輌が割り当てられて、参本では白眼視されていた) 
あまつさえとうとう補給品の航空輸送まで言い出し、呆れた上司のケッセルリンクは 
「ロンメルはいよいよ頭がおかしくなった」と報告している 

53 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 09:00:12.24 ID:5nTfDG2A0
ロンメルは過大評価されすぎ 

54 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 09:34:43.39 ID:6EOKthCp0
しばらく戦う間に、北アフリカの戦いは陸上輸送の戦いなのだと気がついたのは良いが、 
そこでロンメルが導き出した回答は戦線を適正に縮小整理して守りを固める事ではなく、 
本国に更に輸送車輌約8000輌の増強を求めて攻勢を続行する事だった 
これは東部戦線に3つあった各軍集団の割り当て量すら凌駕する膨大なもので、 
多少なり戦略レベルの視野を持った人間ならば、こんな要求に応じるのは不可能だとわかる筈 
参謀本部の将軍達がロンメルを「あのキ○ガイ」呼ばわりしていたのも無理は無い 

つまるところロンメルの目には自分の戦場しか映っておらず、大局的な戦略眼とか 
各戦線のバランスとかには思考が及んでいなかった 
その器はあくまで優秀な師団長止まりであって、元帥杖を手にするべき人物ではなかった 

55 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 10:07:14.47 ID:7/mdksl30
戦場においては作戦計画に時間をかけ戦機を逃した後で100%の戦力で攻撃するよりは 
今ある60%の戦力をやり繰りして戦機を逃さず攻撃する方が勝利につながる 


56 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 10:12:06.84 ID:ijEq1KFX0
40数年前までアメリカの映画テレビ番組じゃドイツ兵とインディアンは簡単に殺していい存在でした。 
日本兵もそう。登場したらすぐ機関銃で殺されちゃう。 
その後映画とは言えやっぱこいつら簡単に殺しちゃいけないよな?って思想が出てきたようで 
一切しなくなった。アメリカ様の歴史認識なんてそんなもの。 




59 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 10:25:40.08 ID:hN9unVgI0
確かに連合軍は勝ったには勝ったが 
ここで勝利を収めて国民的英雄になったモントゴメリーが膨らむ自尊心だけで計画したマーケットガーデン作戦で 連合軍ボロボロ、そして後にそれがバルジの戦いのきっかけを作ったとすると連合軍としても痛し痒しだろうなあ 

ここで敗北を喫したロンメルは後に前線から西部方面司令部に戻ってヒトラー暗殺を企てたりと 
ここアフリカでの英国の勝利が無かったら第二次大戦の歴史はどうなってたんだろうか? 
連合軍の勝利は動かないにしても 



60 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 10:41:09.06 ID:oWJOeqY50
ドイツ映画「スターリングラード」は地味ながら感動的だった。 
エルアラメイン→イタリアの保養地で休養→スターリングラードへ転戦するドイツ軍部隊の苦闘。 
ラストシーンは猛吹雪の中、エルアラメインの夜空で見た星の輝きの思い出を語り合って・・・。 
機会があったら見てほしい。 

63 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 10:46:17.76 ID:hN9unVgI0
>>60 
あの映画はトラウマになりかねないからなあ 

「お前の勝ちだ」 

66 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 11:01:00.96 ID:KBeObKSg0
>>60 
砲撃食らって下半身吹っ飛ばされて、しばらく泣き喚いた後死ぬ兵隊とか 
パラシュートで投下された補給品の中身を調べると勲章だったとか 
乗せてくれと飛行機に押しかける負傷兵とか 
印象深いシーンが色々思い出される 


 
62 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 10:45:43.25 ID:bJEbMAui0
激戦と言っても 
北アフリカ戦線って、悲惨な感じがしない 
むしろ、のどかな感じがする 
スポーツを観戦しているような不思議な感じ 

日米の激戦地である、ガダルカナル、硫黄島、沖縄なんて 
悲惨そのものだけど 



64 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 10:53:01.56 ID:rlISD/590

砂漠の狐 



http://www.youtube.com/watch?v=nXsg_5RxdeQ 





68 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 11:06:59.80 ID:Bt0jNlBx0
ロンメルも勝てないと解ったら死守無視してホリョになりゃ良かったのに。 
自殺させられる事無く 
敵国で英雄視され気分よく捕虜生活が出来たのに。 

69 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 11:09:36.66 ID:KBeObKSg0
>>68 
ロンメルは病気でドイツに帰ったよ 
カセリーヌ峠あたりの指揮は、別の将軍が取ってたはず 

70 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 11:11:31.07 ID:KBeObKSg0
ああごめん、カセリーヌではロンメルもまだアフリカにいたみたいだ 




75 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 11:21:44.82 ID:A1R049P70
松本零士だか新谷かおるの戦記漫画にあった地名… 

76 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 11:32:27.55 ID:MDyldN+q0
>>75 
俺は銀河鉄道999で初めてこの名を知った。 
999って今になっておっさんになってから 
見ると、なかなか味わいがある話が多い。 

82 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 11:58:59.53 ID:++lPoa0AO
エルアラメインに風が吹く 

78 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 11:40:48.51 ID:A1R049P70
>>76 
ああ、999だ! 
おっさんの記憶は混乱しているw 

消房の頃松本零士の作品が大好きで、漫画、TV、映画を観まくったわ 

79 :(^_^;)ソウイエバ:2012/10/21(日) 11:43:58.01 ID:ZBw+P6B0O

フィリピン戦線で日本軍と戦ったトラウマを持つ米軍将校が 
北アフリカのバカンスみたいな戦場でも病気が抜けない 
なんて映画があったな 



80 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 11:43:59.01 ID:cbOBVctW0
戦場漫画シリーズでも出てこなかったかエルアラメインは 



85 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 12:06:37.76 ID:yzULf0v30
アフリカ戦線はイタ公がなあ・・・ 

87 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 12:12:06.48 ID:VYY0RBWM0
>>85 
トリエステとかアリエテ師団は強いじゃん 

91 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 12:59:25.73 ID:6EOKthCp0
>>87 
フォルゴーレ空挺師団は「獅子のように戦う」だっけか 
強い部隊もちゃんと居るのになぁ 

90 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 12:41:19.88 ID:ZBw+P6B0O
リビアに大油田を眠らせていながら、 
航空燃料まで本国から輸送した挙句 
枯渇してドイツに依存したヘタリア 

(-.-)やる気あったの? 



92 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 13:04:12.86 ID:JCQAFxdm0
イタリア海軍が地中海の制海権を脅かす位頑張ってたら、 
また変わってたかもなぁ 
新鋭戦艦群があまり活躍しなかったな 

93 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 13:17:52.99 ID:fJHuK9oG0
ドイツが勝てば、アメリカは太平洋に専念出来ないだろう 
そう考えて日本は開戦したのに、インド洋で活動を抑えたために 
イラン経由でイギリスソ連などに補給されて 
ドイツが負け、日本も負けたわけだ 



95 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 13:29:46.90 ID:g8ehzNy60
イタリア軍は食事だけなら北アフリカ展開中では最高の軍隊だった。 


97 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 13:49:25.86 ID:Y9vTotY1O
飛んでいて風が感じられないと、戦闘機の風防をなくすよう改造した 
イタリア人パイロット共はおかしいと思う 

98 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 13:58:40.66 ID:ax8AIAGpP
戦争はぐでぐでなのに、サッカーの戦術はなぜあれだけマニアックなのかは謎。 

41 :名無しさん@13周年:2012/10/21(日) 08:37:03.21 ID:LH/Wc8nbO
イタリア海軍に女を追い掛ける情熱の1/10でもあれば…。




転載元
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350774502/

おすすめの他サイト様記事



【911】歴史的大事件☆そのとき、何してた?【阪神大震災】

【この人】世界史上の性犯罪者【痴漢です!】

【つぶやき禁止!】ツイッター社 ネオナチのアカウントを閲覧禁止に【ドイツ】