1 :一般人φ ★:2012/09/28(金) 23:38:06.78 ID:???
【9月28日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は27日、かつて火星の地表を「勢いよく流れていた」とみられる太古の川によって運ばれた砂利が、火星探査車キュリオシティー(Curiosity)によって発見されたと発表した。 
 火星に水が存在したことを示す証拠はこれまでにも発見されているが、川床の砂利が見つかったのはこれが初めて。 
 ゲール・クレーター(Gale Crater)の北端と、キュリオシティーの目的地であるシャープ山(Mount Sharp)の基盤との中間地点で撮影された画像には、礫(れき)岩の層となって固まった小石の集まりが写っている。 
 NASAによれば、小石はその大きさからみて風ではなく水流によって運ばれたことが分かる。また形が丸いことから、これらの石がクレーターの外縁上部から長い距離を流されてきたとみられるという。 
 NASAの科学者らは、この流れは秒速3フィート(約90センチ)と速く、深さは人のくるぶしから腰の間あたりまであったと推測している。(c)AFP 

▽画像 米航空宇宙局(NASA)の火星探査車キュリオシティー(Curiosity)が撮影した、かつて火星の地表を流れていた 
川によって運ばれた砂利が固まってできた礫(れき)岩(2012年9月14日撮影)。(c)AFP/NASA/JPL-
25

▽記事引用元 AFPBB News( 2012年09月28日 10:18) 
▽NASAプレスリリース 




46 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 17:54:30.40 ID:9CPdT7SZ
  
    |┃ 
    |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、 
    |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、 
    |┃   N {                \ 
    |┃  ト.l ヽ               l 
 ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    | 
    |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |  
    |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ 
    |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ   
    |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン  
    |┃      l     r─‐-、   /:| 
    |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ | 
    |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、 
    |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、 
    |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l 





 


ランキング参加しています!
ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)








3 :名無しのひみつ:2012/09/28(金) 23:53:28.48 ID:qSvy91nH
おおっ!!こういう情報を待っていたよ!>>1 
火星には夢がある 

4 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:00:40.82 ID:QcYMg7KI
で、人面岩は? 

5 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:01:53.37 ID:nLNxJ07Z
宇宙人に関する発表まだ?早くしてよー 

6 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:01:53.81 ID:DsnXLW56
こういうニュースは夢があっていいよね 
最近は領土がどうの、カツカレーがどうのって視野の狭い話題しかなかったから尚更ね 

ところで川があったとしたら、生物の痕跡は見つからんのかね? 
地球ですら化石がわんさかなんだが、火星はどうなんだろね。 





59 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 02:55:21.47 ID:BSQLVDmp
>>1 
こういう地球外の画像見るたびに思うんだがサイズ感が全然わからない 
タバコの箱置いて欲しい 

7 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:02:51.39 ID:UPxMTWIs
NASAのページ見たが、1センチ以下のものまで鮮明に見えてるな 
すごいな いい時代に生まれたもんだな 

8 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:05:28.36 ID:8cjM1qiQ
動物歩いてないかな 

9 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:07:02.80 ID:Wh+qekY4
なんでこの写真だけで川ってわかるの? 


11 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:09:13.65 ID:aG7hfbcz
火星にはその昔、火星人がいた。 
川も海も緑もあった。 
戦争なのか、何か分からないが、核の炎で赤く砂漠化し死にゆく星となった。 
わずかに生き残った少数の火星人が、地球移住化計画を立てた。 
だが、地球には恐竜という化け物がいた。 
地球移住化計画に邪魔な恐竜を絶滅させ地球に移住してきた 
火星人が今の地球人。 


12 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:10:44.74 ID:jIySfbsr
石が丸くなってるはずなのに 
その痕跡が無い 

13 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:12:28.55 ID:q8QqZZOs
火星で魚釣をしよう 

14 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:20:11.39 ID:kPVAUhc4
水とは限らん 
火山流の跡かも試練 


15 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:26:58.95 ID:SN7cP1Il
表面が乾燥してからどのくらい? 
つい最近で、しかも一瞬にして干からびたならば 
川の流れた跡も残るかも知れないが、 
徐々に水がなくなったとすると、 
(強い流れの)跡は残らないのでは? 

16 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:32:02.31 ID:a3iQ4ek5
地球も何年かしたら住めなくなるらしいね。いづれ火星みたいになるんでしょ。 

53 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 20:26:49.22 ID:UMnTuOS4
>>16 
何億年も先の話だよ。 

17 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:36:07.68 ID:GMFr+kii
早く火星から地球に移住してきたという証拠を発表しろ 

18 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:42:44.22 ID:b6WiWQvl
水って断言できるのは何でなの? 

19 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 00:50:05.84 ID:agP/ihC9
そろそろBETAが地底から出て来そう・・ 

20 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 01:07:23.26 ID:286aadct
ん? ハリウッドで撮ったんでしょ?コレ 

21 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 01:11:22.56 ID:GsjqkCCw
そういや前見た記事に「火星の水否定論」っていうのを読んだことあるな 
水で出来たと思われる侵食は実は溶岩が冷えてそこから発生した水であったとか・・・うる覚え 


でもどこかしらに火星には水が存在していたんだと思っている 
火星のあちらこちらにある侵食されたものがすべて溶岩であるほうが不自然だ 

 

23 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 01:47:26.14 ID:bk+Fx9Lm
生命の誕生の条件は今だによくわからないからな 
川があっただけじゃどうなんだか 
数十億年大洋が維持することが必要なんじゃないの 
地球こそ宇宙の奇跡なのかもしらん 


2 :名前をあたえないでください:2012/09/28(金) 23:49:44.01 ID:NfMAbu/e
3億年ぐらい前は、今の地球と同じように人間が生活していたと思う。 
今よりずっと優れたインターネットやスマホ、パソコンもあったと思う。 

22 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 01:29:40.25 ID:PTnCbGIE
>>2 
そんなに優れた技術を持っていたなら地球に来ていてもおかしくないな

24 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 01:50:30.63 ID:cMHTs6t2
>>22 
俺達は火星人の末裔だよ 
特命リサーチ200Xで言ってたもん 

25 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 02:05:59.52 ID:4Ysm/9mJ
>>24 先に言われてしもた 

火星で資源を食い尽くして地球に移り住んだのが俺たちなんだ。 
ノアの方舟にのって 選ばれしものたちにより すべてがはじまったのさ。 

26 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 02:14:14.51 ID:m2ZFELVL
火星婦ミタとか、だよな 

27 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 02:25:15.67 ID:AVz5ukOb
やはり生命がある(あった)としたら、地球のそばの星だよな。 
環境が近いからな。 
遠くを探す必要はない。月と火星と金星だけ徹底的に探索しろ。 
そして過去はこれらの星にも生命が存在したが、現在は地球にしか 
生命はないのだと結論づけておしまいにしろ。 
もう宇宙技術には金を使うな。無駄だから。 

33 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 08:53:21.88 ID:GsjqkCCw
>>27 
金星と月は絶望的だから、地球外生命体を探すなら火星か 
木星の衛星エウロパ・もしくはエンケラドゥスだな 

30 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 03:53:01.33 ID:OfHuv+y+
かつて火星に今の人類と同じくらいの知的生物がいたとして 
極薄い熱い大気の地球の様子を観測して遠い遠い将来に移住できるよう 
になる可能性とか語ってたりして 
最終的に滅んだものの、最後のあがきみたいな物を地下深くに残して 
いたり…と思ったけど太陽の年齢って50億歳位だったっけ 

残念だけどなさそうだなあ 

31 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 03:54:51.26 ID:g8HBdXxl
火星の創生期も水はあまり長いこと地表に留まっていなかったのでは。 
写真にうつっているのは鋭利に角張った石ばかり。 
ブルーベリーは水で削られてできるのではなさそうだし。 

32 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 05:24:58.23 ID:AOF4mS6D
いいねえ。ついでに地熱計測とかもやって欲しい 



34 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 08:55:46.89 ID:4ad0LOV5
とりあえず目的達成か 



 36 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 09:52:28.41 ID:PdQgFh2V
水の痕跡発見ってもう何回目だよ



37 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 10:41:29.15 ID:GsjqkCCw
裏を返せばそれだけ発見されているということは火星には水は確実に存在していた、ってことじゃないか 
中には火星の水否定論もあるが、それをひとつひとつキャリオシティが打破していってほしい 

38 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 13:12:07.99 ID:7RP4Ksse
見つけても何年前のものかは分からないんだよなぁ 
火星が今の形になるまでに一時期水がありましたって可能性はあるかもしれないが、 
それだとあんまり意味ないんだよね 

39 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 14:57:07.04 ID:9CPdT7SZ
かつては川どころか海もあったんだよな 
なのにどうしてこうなった(´・ω・`) 

40 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 15:43:29.70 ID:PAbdEJ37
いやないでしょ。 
もしあったら火星にも大気が存在するはずだよ 
大気が消え去るなんてありえない。 
水なんてなかったと思われます 

43 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 16:00:48.36 ID:3KWLvEtR
>>40 
火星に大気が無いとでも思ってるのか… 
大気が無ければ空に太陽が輝いている状態であっても 
常時空が真っ暗で星空が見えてるぞ 

48 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 19:05:47.87 ID:PAbdEJ37
>>43 
あんだけ巨大な惑星なのに、地球の100分の1以下の 
大気濃度なんだから無いも同然。もし水があったなら 
重力から考えて地球の何割かの大気密度があるはず 

 

44 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 16:16:18.44 ID:DvWGD4hw
これがわかりやすいかも 
 
>キュリオシティが撮影した、岩石の周囲に散らばる小石(左)。 
>風で吹き寄せられたと考えるには、サイズが大きすぎるという。 
>右は地球の同様の地形。 

45 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 17:25:39.24 ID:3KWLvEtR
>>44 
どちらも色がちょっと違うだけでクリソツじゃん… 
と思って試しにフィルタかけたり赤い色除去したりしてみたら 
両方同じような写真になったぞ 
どういう事だよ 
26
 


49 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 19:14:04.94 ID:ykUzkULO
>>45 
クリソツだからこそ水があった痕跡ということになっているのだが。 
材料となる原子は同じだし。 

50 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 19:35:11.01 ID:F9xKD3By
ロケ地:アリゾナ 

 
57 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 01:27:43.80 ID:cEbtj0Lp
>>49 
>>45が言いたいのは火星の写真なんて 
地球の光景にフィルタかけるだけで簡単に偽造できるって事だろ 





51 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 20:10:47.80 ID:f2eq37GU
物質としての水の有無は問題になってないよ。今も極冠付近に氷の形で大量にあるから。 
問題になってるのは、環境が温暖で液体の形で水が存在したのはいつ頃までだったか。 
そして具体的にどんな環境だったか。 




54 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 20:40:26.11 ID:i/rXH+El
絶対星と星の間を移動できるまで進化した生物は 
いるんだろうな 

55 :名無しのひみつ:2012/09/29(土) 20:45:08.12 ID:iuZgsKaZ
>>54 
いればとっくに地球に来てるだろ? 

58 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 01:39:32.78 ID:Pt0ic5oQ
>>55 
我々が電波を使い始めてからせいぜい100年かそこら。 
つまり我々の存在を知りうるのは半径100光年程度の範囲内にいるお隣さんだけ。 
その範囲内に恒星間航行種族がいなければ、地球にやってくる宇宙人がいないのは当たり前。 

60 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 08:26:55.93 ID:BKjiGclQ
>>58 
なぜ電波が使われなければ地球の存在に気づかないのかわからんな 
人類が居ようが居まいが、地球という存在があれば人類が誕生する遥か前に地球に来ててもおかしくないだろ? 


  

62 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 11:12:25.29 ID:bVCkofa/
アポロ計画で 全て洗いざらいバカ正直に「月に行ったけどなんもなかったよw」と言ったら 
NASAは研究予算を大幅カットされた 

それ以来 火星に関しては嘘しか言わなくなった 

良くも悪くも それがアポロは実際に月へ行った確実な証拠ではあるんだけどね・・・ 


67 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 13:50:39.88 ID:t4TsYKN2
>>62 
月に何も無いって天体望遠鏡ですらわかるわ 

68 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 14:18:14.51 ID:2Occ58a+
>>67 
何も無いどころか水もある様だが。天体望遠鏡では判らなかったね。 
月の永久影に氷の証拠を発見 

71 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 18:43:53.29 ID:nY/T4WWz
>>68 
おいおい、永久影どころかフツーの地表にも水がある事がアポロ計画の時代からわかってるだろ

チャールズ・M・デューク(Charles Moss Duke, Jr.、1935年10月3日~ 米空軍准将) 
という宇宙飛行士が1972年4月に打ち上げられたアポロ16号に搭乗、 月面のプラム・クレーターで岩石サンプルを採集した。 
この光景は世界中にTV中継されている。 
その際転倒して、「ウォーター! ウォーター!」と叫んで世界中が大騒ぎになった。 
文字通り月の表面を掘ったら地中から水が染み出してきたからだ。 
(ちなみに月の日中の温度は赤道付近で日中で110℃) 

この時期からNASAは月に大量の水が存在する事を知っていた。 
というより月の正体が、氷の地殻を持つ「氷天体」である事を知っていた。 
にも関わらず「月には大気が無く、非常に乾燥しているため、岩石中以外に水は存在しない」 
としてきた。 

一般に、公に月に大量の水が存在する事実が初めて明らかになったのは1994年。 
SDI用の軍事衛星「クレメンタイン」が月面を隈なくレーダー探査した。 
その時に南極を中心とする緯度2.5度の範囲で、殆ど日光が当たらないクレーターの永久陰の部分に膨大な量の氷が存在する事を明らかにした。 
NASAはこれについて「彗星が激突し、その核である氷が残ったものではないか」と仮説を述べて世間を韜晦した。 

72 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 18:45:10.46 ID:nY/T4WWz
それから4年後の1998年、NASAが打ち上げた「軍事色を徹底的に隠した軍事衛星」ことルナ・プロスペクターは中性子分光器によって月面の地質を探査。 
水素原子に当たると減速する中性子を照射したところ、南極のみならず北極にも氷地帯が発見された。 
その広さは少なくとも1万~5万?に及び、両極合わせて推定60億tの氷が存在すると公表した。 

勿論、これはただのフェイクで、ルナ・プロスペクターのこの観測結果の大部分はなぜか公表されいない。 
実際の観測結果は月面全体を氷が覆っているというものだからだ。 
とっくの昔にわかっていたこのような情報をなぜわざわざこの時期に発表したのかと言えば、 アメリカ以外の国の宇宙開発が進み、月の氷の存在が確認されるのは時間の問題になってしまい、 
アメリカが公表しなければ、ヨーロッパのESAが 「世紀の大発見」として手柄を横取りしてしまう事は確実だったからだ。 

アメリカがアポロ計画の時点のの地質調査、地震計の記録から知った事は、 月の表面を覆っている砂礫を剥げば、そこには35~40㎞にも及ぶ氷の層が存在しているという事だ。 

地球に存在しているクレーターは、いつも風が吹いていて砂礫が運ばれ、 徐々に底が埋まってしまう状況にありながら擂鉢上に深いのに対し、 月面のクレーターは地球のそれより遥かに巨大であり、かつ風によって砂が運ばれるわけでもないのに どのクレーターも異様なまでに底が浅い。 

これは月面の表面を氷が覆っていて、隕石の衝突を受けて溶融、蒸発した衝突面の氷が また再度溶解して底を埋めてしまうからだ。 
その上を砂礫や宇宙塵が覆い氷層を覆い隠しているに過ぎない。 

73 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 18:46:41.87 ID:nY/T4WWz

月は地球側から見ると円形だが、横から見ると僅かに楕円形で、平均して6000m、 高いところでは9000mも裏側へと伸びたいびつな形をしているが これほど大きな歪みを生じながら破裂しないのも氷の地殻ゆえの融通性のためだ。 

また、「月が氷でできている」というといかにも途方も無いSFの話のように聞こえるがこの太陽系においては氷天体などごくありふれた存在でしかない。 
木星や土製に次いで巨大な天王星や海王星は分厚い大気の層に覆われているが、 その下には厚い氷の層が存在するというのが天文学者の考えだ。 

カリフォルニア工科大学のエドワーズ・ストーン教授の分析によると、 天王星の表面を覆う氷層の厚さは1600㎞に及び、 その下には高圧で封じ込められた超熱水が8000㎞の深さで存在するという。 
海王星の構造も天王星と同様で、大気の下に厚い氷の層があり、 やはり超熱水を封じ込めているというものだ。 

大きさはずっと小さくなるが冥王星も氷天体らしい。 
冥王星は海王星の衛星だったのではないかとも言われており、 その成分や構造は非常に似ているという。 

冥王星の外側には彗星の巣といわれるカイパーベルトが存在する。 
カイパーベルトではセドナやクワオーなど、冥王星より大きなものも含め 大型の小惑星が次々に発見されているが、 カイパーベルトから飛来する「汚れた水」こと彗星が大量の水を含んでいる事を考えると、 カイパーベルトに属する大型の小惑星はみな氷天体であるともいえる。 
ちなみに木星の衛星であるエウロパ、カリストも同じく氷天体だ。 

 79 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 20:02:00.04 ID:nY/T4WWz
ついでに言えばこれらの氷天体と月の最大の違いは、まず見た目の「月の海」の有無、 
そして月面にはこれらの超熱水の詰まった氷天体と異なり「中身が抜けている」という事だ。 

月の体積と質量は万有引力の法則から計算して導き出す事ができる。 
それを元に平均密度を弾き出すと、月は3.34g/?。 
対する地球の平均密度は5.5g/?。 

アポロ宇宙飛行士が月面から持ち帰ってきた石の密度=比重は地球上で採取される石の密度=比重と変わらない。 
にも関わらず月という天体の平均密度は、地球と比べてたった60%しかないのだ。 
成分が一致しているのに明らかに月だけが軽すぎるのである。 
これは何を意味するのか? 

よく知られている月の7不思議のひとつが地震だ。 
地球の地震は続いてもせいぜい数分。 
しかし月の地震は異様なまでに長い。 

アポロ計画では地球に帰還する際、着陸船やブースターを月面に衝突させる事によって人工的に地震を発生させ、あらかじめ設置しておいた地震計で揺れを測定する事により月の内部構造を割り出す実験を行っている。 

最初にこれを行ったのはアポロ12号。 
離陸した後、上空65㎞地点から離陸装置を落下させた。 
嵐の大洋に設置した地震計が振動をキッチしてデータを送信。 
はじめは微動だったのが徐々に大きな振動になっていった。 
地球ならここから急速に減衰していくのだが、この実験では減衰どころか 
更に大きな振動が続き、ようやく収まったのは55分も経過してからだった。 

80 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 20:03:12.60 ID:nY/T4WWz
続くアポロ13号でも月の周回軌道に入った際、第3ブースターを月面に衝突させて実験を行ったところ、今度は3時20分にも及ぶ振動を記録した。 
アポロ14号でも同様の実験を行い、やはり3時間以上もの揺れを観測している。 

月面で発生させた地震のエネルギーはTNT火薬に換算して11億トン相当。 
もし同様の地震を地球上で発生させても、振動が伝わるのにはせいぜい2~3㎞、1分以上揺れが続く事はないとシミュレートされている。 

どうして月の地震はかくも長時間続くのか? 
学者はこれに対して、地球には海や川など揺れを減衰する液体が多く存在しているのに対し、月面にはそれが存在しない事、次に地殻が地球と比べて異様に硬い事を挙げている。 
もっとよく言えば、ドラや寺の鐘のように、硬質で中が空洞のものでなければこれほど長時間振動が続くのはありえないという事だ。 

とはいえ、中身が完全に空であるわけではない。 
月にも地震があり、月震と呼ばれている。 
(最長のものは1000年以上前から絶え間なく振動していて、秤動と呼ばれている) 
これらの中には地下500~1000㎞というきわめて深い層から発しているものがある。 
ここから月の内部は非常に複雑な構造をしており、スカスカな層がある一方で、 溶融して月面表面に滲み出た、比較的新しい年代に構成させた重金属を含む月の内核、いわゆる月の海が 氷層地下では千キロ以上にもわたる厚みでこびりついている層もあると見られている。 



81 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 20:19:19.17 ID:bWT4YAlU
ID:nY/T4WWz 
すごく興味深くて面白い話なんだが、ここは月スレじゃなくて火星もしくはキャリオシティーのスレであってだな・・・ 

火星の情報が知りたい 

82 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 20:44:40.20 ID:QWDrVxmY
>>81 
いや、こういう脱線は歓迎だ。 

74 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 18:52:18.50 ID:8/u0rO46
どんなに水があると叫んでも 次の有人月探査の金は出ないね・・・ 
そりゃ火星探査は嘘つきまくるわけだ 

そのうち自分でバクテリア投下とかやりそうだ 

75 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 18:57:51.06 ID:bWT4YAlU
月の調査するより、エウロパの調査したほうが希望が見える 

83 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 21:09:49.59 ID:bWT4YAlU
月の話もいいけど、火星の話もマジで知りたいんだ 



84 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 21:49:13.70 ID:XWMcU72S
火星の生活を長期シミュレーションしてる人が 
現在の技術で火星に移住しても、あまりにも過酷過ぎて精神が 
持たないだろうみたいなこと言ってた 

85 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 22:06:07.23 ID:yGhs1jSg
火星に向かう時、地球がだんだん小さな光となっていく光景を宇宙船から眺めてるとどんな気分なんやろ 

月までならまだ大きく見えるけどな 

86 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 23:26:19.58 ID:/PbKBP6L
>>85 
おなかのあたりがキュンキュンしてくると思う 

87 :名無しのひみつ:2012/10/01(月) 00:14:22.20 ID:iAPxLKrQ
コズミックフロントでもやってたな 
40億年前の火星は海と陸があって、海しかない地球より生命誕生に適していたと 
だから隕石の衝突で火星生命が地球に運ばれてきたのが起源だという説 

その真偽はともかく、火星は最初から陸の面積が大きい惑星だったので 
地熱の減少によって寒冷化して火星が全球凍結してしまうと、 
やがては氷の地殻を持ちながら砂に覆われた惑星になってしまう。 
かつて海のあった場所(クレーターの少ないところ)に 
衛星を衝突させれば、きっと大量の水が融解するだろう 




88 :名無しのひみつ:2012/10/01(月) 01:30:57.07 ID:Qbjdh7eK
いろいろと調べてみると、火星には宇宙線や太陽光から生物を守る磁気圏が存在しないらしいな 
つーことは、例えばいくら川があって水が流れていたとしても、生物が生きられない環境だったのかな 
誰か教えてくれ 

89 :名無しのひみつ:2012/10/01(月) 01:41:17.80 ID:iAPxLKrQ
>>88 
デイノコッカス・ラジオデュランスのように地球上にすら放射性耐性菌がいるくらいなので、 
極限環境ならそれが当たり前の性質として繁殖すると考えられる 

92 :名無しのひみつ:2012/10/01(月) 09:48:40.59 ID:Wv+02c9T
>>89 
ゼロからそんなモノは生まれない 

93 :名無しのひみつ:2012/10/01(月) 09:58:55.60 ID:Qbjdh7eK
自分もそう思う 
まず生物が存在し、そこから派生して放射性耐性に強い生命体が誕生するような気がするよ 
やっぱ火星には生命が存在しないんかね? 

94 :名無しのひみつ:2012/10/01(月) 12:43:17.93 ID:Z/e5dhPZ
逆だろ。 
生物が発生した頃は極限環境だったから、高温やら嫌気性やら放射線耐性が 
必要だったけど、生物自身の活動にも助けられて環境が良くなり、そういう 
オーバースペックで効率の悪い生物はニッチに追いやられた。 
地球で今隆盛なのは、後から来て良い環境に対応して進化した軟派な生物達だよ。 






105 :名無しのひみつ:2012/10/02(火) 00:33:55.36 ID:LFKlbKZk
火星の生物は地下に隠れているのだけれど 
発見されるにしても100年以上先の話だ 

まずは化石を見つける事なんだが複数の探査機を送り込めれば話は早い 

予算がないか 


107 :名無しのひみつ:2012/10/02(火) 08:03:02.09 ID:NC5wW+mQ
>>105 
直接化石を探したりはしないが、今回のミッションがそれだよ。 
なぜゲイルクレーター内の斜面脇へピンポイントに探査機送り込んだのか 
調べてみよう。 









77 :名無しのひみつ:2012/09/30(日) 19:03:29.42 ID:kQU8YXcS




ランキング参加しています!
ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)