sekigahara






141 :人間七七四年:2009/11/16(月) 17:51:42 ID:J1QX0MuM
最近歴史小説を読みはじめたんだけど、 
黒田官兵衛関係で面白い小説ないかな? 
割と色々出てるみたいだけど、よかったらオススメ教えてください 


ランキング参加しています!
ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)












142 :人間七七四年:2009/11/16(月) 18:28:42 ID:C/72vm+B

143 :人間七七四年:2009/11/16(月) 21:07:20 ID:gmDXNtiu
>>141 
坂口安吾「二流の人」 
司馬遼太郎「播磨灘物語」 
岳宏一郎「群雲、賤ヶ岳へ」 

144 :人間七七四年:2009/11/16(月) 21:43:02 ID:C/72vm+B
二流の人好きだけど 
クロカン大好き!な人には勧められない 

145 :人間七七四年:2009/11/16(月) 23:23:40 ID:Wq8O8r6I
141だけどありがとう!教えてもらった三冊とも探して読んでみるよ。 
岳宏さんの「軍師・官兵衛」も気になったので読んでみる。 

>>144 
勧められないとはどんな感じなんだろ? 

146 :人間七七四年:2009/11/16(月) 23:44:29 ID:gmDXNtiu
>>145 
軍師・官兵衛の改題作品が群雲・賤ヶ岳だよ 
俺は二流の人大好きなんだけど 
正直二流の人の場合、官兵衛がちょっと卑劣で愚かで人間の器が小さいんだよなあ 
ダメ人間な官兵衛がいけるならおすすめできるが…… 


148 :人間七七四年:2009/11/18(水) 11:59:35 ID:Na75tMKs
軍師官兵衛は後半駆け足なのがちとなあ。新聞連載の宿命? 
改題したのに肝心の賤ヶ岳もサクっと終わるし(これは関ヶ原とのタイトルでの兼ね合いなんだろうが) 




149 :人間七七四年:2009/11/18(水) 21:01:23 ID:9frdEB2j
今年一番売れた戦国モノって、相変わらず「のぼうの城」と「天地人」かな? 

商業的な成功は現代の風潮なんだろうけど、なんだかもの寒々しい感じ・・・ 

のぼうの城
のぼうの城
クチコミを見る

天地人〈上〉
天地人〈上〉
クチコミを見る

153 :人間七七四年:2009/11/23(月) 01:25:15 ID:fpT2gtDA
みんなは和田竜どう? 
読みやすいこた読みやすいんだが 
なんか俺は武将解釈がいつも俺の趣味と合わなくて苦手 

154 :人間七七四年:2009/11/23(月) 02:45:57 ID:bycof7Jb
和田竜ね。 
テレビの情報番組も巻き込んだ露骨な宣伝の手法で 
かえって食わず嫌いで読んでない人も実は多そう。 

自分は風野真知雄の「水の城」を先に読んでしまっていたので 
「のぼう」を読んでも新鮮さを感じることができず、 
また、文脈的に混乱をきたすような場面も多々あり 
決して読みやすいとは思えなかったけどね。 
その後の作を好んで読もうとは思わない作家の一人になっているよ。 




150 :人間七七四年:2009/11/18(水) 21:17:00 ID:rcYfhBfP
利休によろしくだっけ 
あれも売れたんじゃないか?賞効果で 

151 :人間七七四年:2009/11/18(水) 23:53:14 ID:9frdEB2j
>>149 
それもあったね。あの作家は「火天の城」も映画化されてたもんな。 
話題にはなったよね。 
でも、149さん「利休にたずねよ」だったと思うんだ。 
(・・・レスをくれたのにごめんよ-) 




155 :人間七七四年:2009/11/23(月) 17:04:11 ID:ZyKyfRYa
遅レスだけど「二流の人」は青空文庫で無料公開されてなかったっけ 
専用ビューア使えば読みやすいしオススメ 

「のぼうの城」は確かにあれなところもあるけど、 
かといって「水の城」のほうが断然いいとも思えないんだよなー 
正直どっこいどっこいな範疇に思えてしまう 

「のぼう」から歴史小説に入って他の名作を読み始める、っていう人が増えてくれたら嬉しいとは思う 

青空文庫 

158 :人間七七四年:2009/11/27(金) 17:05:23 ID:rS4wIl8b
「のぼう」はもともと舞台で(限られたセットの中で少人数の俳優さん達が) 
演じるというのが前提の話だから、あれはああいうスタイルでいいんだと思う。 
「水の城」をまんま映像に仕立てようとしても、現状では無理だしね。 
「のぼう」が時代小説を読むきっかけになったならそれで良しだ。 






156 :人間七七四年:2009/11/27(金) 09:56:20 ID:yUlTOSli
・藤堂高虎 
・細川幽斎 
を扱ったので鉄板といえのはあるのでしょうか。何か「巧く立ち回りやがって」 
という蔑み混じりな描写が多そうな両氏ですが。よろしければご教示を。 

157 :人間七七四年:2009/11/27(金) 15:06:28 ID:ny7uVmkZ
>>156 
藤堂高虎は天地人はヤバかった火坂さんの「虎の城」かな 
悪くないし抑えるとこ抑えててなかなかいい 
ちょっと軽い感はあるがこの人の作風だね 

幽斎は佐藤雅美の「幽斎玄旨」が面白いと思う 


虎の城 (上)
虎の城 (上)
クチコミを見る
 
159 :人間七七四年:2009/11/27(金) 17:17:49 ID:ah6YlfUv
>>156 
藤堂高虎を主人公にした安部龍太郎の「下天を謀る」上下巻が波12月号でインタビューつきで紹介されています。 



160 :人間七七四年:2009/11/27(金) 17:24:53 ID:aV9a01AQ
久しぶりに国盗り物語を読破した 

161 :人間七七四年:2009/11/27(金) 17:28:44 ID:AA7xI3vy
司馬遼はなんだかんだで取っつきやすさと読みやすさはやっぱり魅力だな 





162 :人間七七四年:2009/11/27(金) 19:50:13 ID:Xm4iiQVr
ちょっと質問 
早乙女貢の毛利元就と女たちって小説読んだら 
すげーエロくて途中から真面目に読書できなかったんだけど 
この人って他の作品も官能小説に近かったりすんの? 

全部読んだのに、話の本筋と全く関係ない元就の手マンテクと 
武田光和とふたなり忍者の変態セックスしか印象に残ってない 

163 :人間七七四年:2009/11/27(金) 20:18:07 ID:kg2TWGcv
まあ、東スポのエロコーナーに連載してたりする人だから… 
→ 信長の女性遍歴、もしかしたら「信長と女たち」って題名かも 

もちろん硬派な作品もたくさん出してらっしゃる大御所なんだけどw 

164 :人間七七四年:2009/11/27(金) 21:04:31 ID:IiICFUvM
早乙女先生は会津物に関してはものすごい硬派。 
まあエロエロなエンタメと本格歴史小説を書き分けていた人ですな。 
165 :人間七七四年:2009/11/27(金) 21:29:59 ID:dhCsiuj7
細川忠興―ギリギリの決断を重ねた戦国武将 

これ以外に忠興メインの本無い? 

166 :人間七七四年:2009/11/28(土) 00:48:48 ID:/dP2D5gJ
>>166 
安倍龍太郎の「夢どの与一郎」しか思い浮かばんなあ 

 天下布武(上) 夢どの与一郎
天下布武(上) 夢どの与一郎
クチコミを見る


171 :人間七七四年:2009/11/28(土) 09:49:18 ID:EEElVwxg
>>166 
トン 

ぐぐって見たらおおなんか面白そう 
クリーンな若き頃の細川忠興と言うのは斬新だ 
ガラシャ基地外愛じゃないってのも面白いな 
早速購入してみるわー 


179 :人間七七四年:2009/12/07(月) 03:33:52 ID:wnPkBO1J
「天下布武」は忠興や荒木村次たちがトーナメント戦やるのが面白いね 








178 :人間七七四年:2009/12/06(日) 19:07:54 ID:oDOoHkus
戦国時代といえば、信長。 
最近では火付け役の「下天は夢か」を推薦したいね。 
津本陽の作品はなんか中だるみというか、最初のテンションが最後にきて崩壊するのが多いけど、 
この作品はまぁ最後まで続いている。 
戦国末期を舞台にした「柳生兵庫助」なんかその崩壊のいい例。 
途中から、十兵衛の方にシフトしてるし。あと、ダークなキャラとして注目していた 
太郎次郎なんか途中で完全に消えたまま。。。 
ま、文章が緻密で整っているから好きだけど。。。もう少し構成にも工夫してくれたらと思う。 

下天は夢か(一) (講談社文庫)
下天は夢か(一) (講談社文庫)
クチコミを見る







 
194 :人間七七四年:2009/12/09(水) 03:57:44 ID:rDeXx9TG
いやだが早乙女先生のエロの突き抜けぶりはやっぱ異色だろ 
普通の和姦強姦はもとよりSM、ふたなり、獸姦 
近親相姦、逆レイプ、熟女、人妻、ロリショタ 
全部ぶち込んであるんだぜ…… 
大抵 

199 :人間七七四年:2009/12/10(木) 02:13:22 ID:p5MYn9AH
>>194 
松永弾正が主役の奴がもの凄いという話だが・・・・。 

『淀君』はよくわからん男がお市と淀殿両方を犯したりするし、大野治長は 
いろんな意味で不憫なキャラクターだし、たしかに、あそこまでエロい歴史ものは 






ランキング参加しています!
ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)