100





51 :世界@名無史さん:2012/02/13(月) 02:43:33.84 0
モーリツ・ベニョヴスキー 

ロシアで逮捕→カムチャッカ送り→脱走して日本へ→奄美大島 
→台湾→マカオ→フランス→マダガスカル→イギリス→マダガスカルで死去
 
52 :世界@名無史さん:2012/02/13(月) 20:37:25.90 0
>>51 
戦間期の人物かと思ったら江戸時代かよ 
すげーな 



64Benovsk

モーリツ・ベニョヴスキー(Móric Benyovszky、1746年9月20日 - 1786年3月23日)は、東欧出身の犯罪者であり、鎖国中の日本をはじめ、多くの国で犯罪を犯した人物。男爵を自称した。
 

 



 


ランキング参加しています!
ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)








159 :世界@名無史さん:2012/03/25(日) 20:44:40.53 0
ラッキー・ルチアーノとか 

64Luciano

マッセリアの配下にいたときにマランツァーノがマッセリアを裏切るように誘ってきたがルチアーノは乗らなかった。そのため誘拐され拷問を受けた。1929年10月17日、ニューヨークのステイトン・アイランドの路上で意識不明で倒れていた。すぐに病院に運ばれ緊急手術を受け奇跡的に助かる。このとき顔を切り裂かれていたため55針を縫ったという。この傷は一生残ることになる。そのため右目蓋がたれている。それでも命は助かったことから「ラッキー・ルチアーノ」というニックネームが付き、仲間からはチャーリー・ラッキーと呼ばれるようになった。








5 :世界@名無史さん:2012/02/10(金) 21:03:52.10 0
ムッソリーニの逃げ足も強靭。3コーナーあたりから独走、他馬置き去り。予想どうりの一番人気。 



164 :ひとみ:2012/05/20(日) 00:07:41.19 0
そういえば 
イタリア軍は一週間で六十キロ進んで、 
イギリス軍を見つけると、一日で六十キロ 
退却できるそうです 

165 :世界@名無史さん:2012/05/20(日) 00:38:25.61 0
どんごりの仙台藩もびっくりw 
(どんと大砲が鳴ると、5里逃げる) 









10 :世界@名無史さん:2012/02/10(金) 23:33:04.90 0
国家としてはロシアだろうな 
遅滞戦術、焦土戦術&冬将軍で 
逃げながらも敵を泥沼の消耗戦に引きずり込む 





15 :世界@名無史さん:2012/02/11(土) 00:13:26.83 0
アブド・アッラフマーン1世 

59

750年アッバース朝によってウマイヤ朝が滅ぼされたとき、ウマイヤ朝の王族の多くは虐殺されたが、アブド・アッラフマーン1世は命からがらシリアから脱出し、旧臣に守られながら母親の故郷であるモロッコまで逃走した。この時の逃走では、名前を変え変装までしたという

 
21 :オツガイ ◆EAbyJft1LY :2012/02/11(土) 06:43:15.53 0
>>15 
アブド・アッラフマーン1世やバーブルみたいに逃げのびた先で成功したパターンもあるよね。 
バーブルの建てたムガル帝国なんか負けた相手のシャイバーニー朝よりも知名度高い。

 

 

16 :世界@名無史さん:2012/02/11(土) 00:22:10.60 0
ペルシャ帝国の追撃から逃げ切ったクセノポン 

60kusenopon






20 :世界@名無史さん:2012/02/11(土) 03:54:24.43 0
ハンニバル・バルカ 









2 :世界@名無史さん:2012/02/10(金) 20:36:09.60 0
我等がヒロヒトに決まってんだろ 

3 :世界@名無史さん:2012/02/10(金) 20:43:18.43 0
>>2 
たしかにそういう考えもあるな 
世界最大の大戦の敗戦国の元首が 
亡命も退位もせず 
よく帝位を保ったまま逝けたものだ 

4 :世界@名無史さん:2012/02/10(金) 20:57:50.07 0
逃げて無いじゃん>昭和天皇 
マッカーサーに単身会いに行かれただろ。 

ちなみに陛下・マッカーサー会見に関する豊下氏の研究は憶断が多すぎるよ。 






27 :世界@名無史さん:2012/02/11(土) 17:46:25.98 0
逃亡中に世界一周しちゃった例(読売新聞より) 

祖父母から90年間受け継がれ続けた思いを実現させるため、 
ロシア・サンクトペテルブルクからオルガ・モルキナさん(57)が来日し、 
26日、名古屋市昭和区の南山高等・中学校男子部の生徒ら 
約1200人を前に講演を行った。 
1918年、ロシア革命後の内戦から逃れるため、 
モルキナさんの祖父母ら4歳から18歳ぐらいまでの子供たち約800人が、 
ペトログラード(現サンクトペテルブルク)から 
集団でウラジオストクまで疎開した。 
さらに戦火が及ぶことを心配した米国赤十字社からの要請により、 
貨物船「陽明丸」の茅原基治船長が子供たちの受け入れを決める。 
陽明丸は20年7月、ウラジオストクまで子供たちを迎えに行き、 
太平洋と大西洋を約3か月間航海した後、フィンランドへ送り届けた。 
子供たちは同年10月、無事に故郷へ戻ることができたという。 







36 :世界@名無史さん:2012/02/12(日) 02:56:51.30 O
アルキビアデス 

シケリア遠征を前に裁判から逃げることで「アルキビアデスさえいたなら勝てたかも・・・」という伝説を作り スパルタ、ペルシアにズブズブでデケレイアに砦を作れというアテナイにとって致命的なアドバイスまでしておきながら 帰国に成功し歓呼の声に迎えられる 

61arukibiadesu

 
http://ja.wikipedia.org/wiki/アルキビアデス







30 :世界@名無史さん:2012/02/11(土) 20:57:30.79 0
マジレスする 
長征の毛沢東 


38 :世界@名無史さん:2012/02/12(日) 07:26:57.57 0
毛沢東。なぜか長征って名になってるがw 


57 :世界@名無史さん:2012/02/14(火) 20:27:31.51 0
>>30 日中戦争がなければ毛沢東は国民党に始末されてたね。その後の文革は無しかな。今頃中国は人口16億の世界覇権国かも。 





43 :世界@名無史さん:2012/02/12(日) 16:05:41.71 0
ベーラ4世かな 
モンゴル軍から逃げ切った 

62bera4






46 :世界@名無史さん:2012/02/12(日) 19:07:59.54 0
レーニンも逃亡に逃亡を重ねて革命を成し遂げたな 

63renin


47 :世界@名無史さん:2012/02/12(日) 19:26:35.46 0
ドイツに助けられてな。革命のためならば売国も辞さない覚悟で。 

48 :世界@名無史さん:2012/02/12(日) 21:58:45.67 0
トロツキーは逃げ切れなかったな 





 

49 :世界@名無史さん:2012/02/12(日) 22:09:55.57 0
アロイス・ブルンナー 

アロイス・ブルンナー(Alois Brunner、1912年4月8日 - ?)は、ドイツナチス親衛隊隊員。最終階級は親衛隊大尉アドルフ・アイヒマンの副官だった人物で、アイヒマンとともにユダヤ人の大量移送に責任を負うが、ドイツの敗戦後シリアへ逃亡した。シリア政府は各国のブルンナー引き渡し要求に応じておらず、いまだ捕まっていない。逃亡中のドイツ戦犯の中では最大の大物と言われている人物である。
 






71 :世界@名無史さん:2012/02/26(日) 09:43:35.99 O

オサマ・ビン・ラーディン 

サダム・フセイン 

カダフィ 

みんな逃げて隠れている中で頃された 



72 :世界@名無史さん:2012/02/26(日) 11:54:04.87 0
>>71 
> みんな逃げて隠れている中で頃された 

スレ違いじゃんw 





79 :世界@名無史さん:2012/02/26(日) 14:42:14.19 0
余程万(1902~1955)は国民革命軍74軍57師団長として、「東方戦線のスターリングラード」と呼ばれた常徳防衛戦で奮闘。 
8000人以上の師団が残り100人程度になりながらも何とか持ちこたえた。広東省出身。黄埔軍官学校第一期生。 
25歳で少将になるなど、キャリアは長く、上司であった74軍軍長の兪済時、王耀武より下位とはいえ年齢やキャリアは上であったため一目置かれていた。 
1943年常徳会戦。 
11月18日から日本軍第68師団が空と陸から常徳に猛攻をかけ、余率いる第74軍57師8315名は5日間の戦闘を経て23日には残り300人になってしまった。 
同時期にあったカイロ会談でこの事を聞いた米大統領ルーズベルトは大いに衝撃を受け、蒋介石より師団番号と師団長の名前を聞きメモしたという。 
余は200名率いて一度脱出。残った柴意新連隊長ら100人は全滅し、常徳は一度は陥落。 
しかしのちに援軍が到着し、日本軍を長江北岸まで撤退させることに成功した。 
しかしこの一連の戦いで中国軍は3人の師団長が戦死、57師団の生存者は83人だった。 
余が脱出した際、カイロ帰りの蒋介石は余が兵を残し逃げてきたと思い怒って死刑にしようとしたが、周囲の説得で思いとどまった。 






87 :世界@名無史さん:2012/02/27(月) 06:30:52.08 0
関ヶ原の島津軍 





89 :世界@名無史さん:2012/02/27(月) 10:29:32.45 0
カエサルやら信長やら曹操やら急速に拡大しつつ時間切れが近かった厨指導者は 
結構、無理な戦いや裏切りなんかで撤退がおおいな 
一方、ゆっくりでも着実に拡大していった連中は、撤退せざるを得ないような無理な戦いはしてないのかな 






103 :世界@名無史さん:2012/03/03(土) 19:12:18.52 0
檀道済 
「三十六計逃げるに如かず」の語源になった人 










128 :世界@名無史さん:2012/03/08(木) 21:08:58.78 0
西園寺公望は二二六事件を事前に察知して逃げてた。 
普段からいつでも逃げられるよう準備してたらしい。 

saionjikinmoti



131 :世界@名無史さん:2012/03/08(木) 21:46:33.55 0
>>128 
毎回逃げられずに痛い目に遭うが生き延びる鈴木貫太郎も終戦クーデターでは逃げ切れたね。 









168 :世界@名無史さん:2012/06/19(火) 14:49:57.73 0
普仏戦争の時、プロイセンにパリが包囲された時、気球で脱出した 
レオン・ガンベッタ。 

65ganpeta

1870年、普仏戦争ナポレオン3世スダンに敗れると、共和国政府の樹立宣言に参加し、臨時国防政府の内務大臣となる。プロイセン軍がパリを包囲する中、気球を使ってパリを脱出し、トゥールにあって5か月間、フランス政府首班となった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/レオン・ガンベッタ


169 :世界@名無史さん:2012/07/23(月) 19:02:24.41 0
>>168 
何か怪盗○○みたいだなw 







112 :世界@名無史さん:2012/03/04(日) 12:15:00.04 0
100戦100勝のはずなのに逃げっぱなしの金日成 










ランキング参加しています!
ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)