389 :人間七七四年:2012/02/05(日) 13:13:25.57 ID:pYhoxd1P
今はただ恨みもあらじ諸人の命に代わるわが身と思へば 

別所長治 

秀吉の「三木の干し殺し」戦法に遭い、神吉城志方城などの支城も落とされ、毛利氏からの援軍も途絶えて、遂に籠城してから2年後の天正8年(1580年)、城兵達の命を助ける事と引き替えに妻子兄弟と共に自害した。介錯は家臣の三宅治忠が行った。享年23だが、『信長公記』では26とされている。
  




ランキング参加しています!
クリックお願いします(-^〇^-)









359 :人間七七四年:2011/02/07(月) 10:05:39 ID:SLgBBlyg
人はただ身の程を知れ草の葉の 
露も重きは落つるものかな 

徳川家康公 

21tokugawaieyasu
 




 

360 :人間七七四年:2011/02/10(木) 00:12:39 ID:ybt5UPes
400:日本@名無史さん :2011/01/26(水) 14:15:35 [sage] 
八幡太郎義家の教えに、「武家の五つの道」というものがあった。 

一には、究途(道を極めること)を知る 
二には、卑賤をわきまえよ 
三には、道理を先立てよ 
四には、国土を知れ 
五には、掟を違えず 

以上五つを武家の守るべき道である、としていたと言う 

源 義家(みなもと の よしいえ)は、平安時代後期の武将伊予源頼義の長男。八幡太郎(はちまんたろう)の通称でも知られる。  

1minamotonoyosiie

 

388 :人間七七四年:2012/02/01(水) 03:22:49.07 ID:UMDfEFTS
後の世もまた後の世もめぐり会え 
染む紫の雲の上まで 

源義経 






361 :人間七七四年:2011/02/10(木) 22:20:45 ID:bnXKQtBz
島津義久の辞世の句の意味がわかりません。 
教えてください。 


362 :人間七七四年:2011/02/11(金) 02:08:39 ID:DK9nwR9j
世の中の米と水とをくみ尽くし つくしてのちは天つ大空 

島津義久 


 



365 :人間七七四年:2011/02/12(土) 15:16:56 ID:VxOdHuEy
浄土にも剛の者とや 沙汰すらん 
西にむかいて うしろみせねば 


熊谷直実 

391 :人間七七四年:2012/03/02(金) 19:03:56.45 ID:ootu+lfy
古の 鎧に勝る 紙衣 
風の射る矢も 通らざりけり 

熊谷直実

熊谷直実

3naozane
 
寿永3年(1184年)2月の一ノ谷の戦いに参陣。 

『平家物語』によれば、この戦いで良き敵を探し求めていた直実は、波際を逃げようとしていた平家の公達らしき騎乗の若武者を呼び止めて一騎打ちを挑む。直実がむんずと取っ組んで若武者を馬から落とし、首を取ろうとすると、ちょうど我が子小次郎ぐらいの齢だった。小次郎直家はこの戦いの直前に矢に射抜かれ深手を負っていたので、直実はその仇討ちとばかりにこの若武者に挑んだのである。直実が「私は熊谷出身の次郎直実だ、あなたさまはどなたか」と訊くと、敦盛は「名乗ることはない、首実検すれば分かることだ」とけなげに答えた。これを聞いて直実は一瞬この若武者を逃がそうとしたが、背後に味方の手勢が迫る中、「同じことなら直実の手におかけ申して、後世のためのお供養をいたしましょう」といって、泣く泣くその首を切った。

その後首実検をするとこの公達は清盛の甥平敦盛と判明、齢十七だった。 







366 :人間七七四年:2011/02/14(月) 20:14:24 ID:6/+txjmT
何事をするにしても、退屈の心で怠ってはいけない。 
孟子にも、聖天子舜の御代の人々は、努めて怠らず、よく栄えたとある。 

武田信繁 

26takedanobushige

 
武田信繁 武田信玄の弟 

372 :人間七七四年:2011/03/12(土) 04:22:36.84 ID:9XzKdg57
食べ物がどこからか送られて来た時には、 
家臣たちに対して分配するようにしなければならぬ。 
『三略』に、「古に良い将がいて兵士と苦楽をともにし、 
陣中に酒や食べ物が送られて来た際には、 
これらの品々を川に流し入れて、 
将も兵士ともにその流れを飲んで楽しみをわかち合った」 
という話が伝えられている。 

武田信繁 

439 :人間七七四年:2012/06/07(木) 15:50:15.35 ID:fJVfoHq2
深く心を知り合った人と一緒にいるときでも、他人の前で雑談や妄語を口にしてはならぬ。 
「三度考えた上で一つの言葉を発し、九つの事柄について熟慮した上で一事を行う」 
このような慎重な態度をとることが必要である 

武田信繁  


374 :人間七七四年:2011/03/18(金) 21:24:39.31 ID:Iya6X2rs
風流ということも大切であるが、それを快楽を貪ることと誤解してはならぬ。 
『史記』に「酒を飲み過ぎれば心が乱れ、 
快楽を貪るなら悲衰がやってくる。」とあり、 
『左伝』には、「酒色に溺れ快楽を貪るのは、毒を食べるに等しく、 
ついにわが身を失う原因となるから、気をつけなさい」とある。 
『論語』にも、「善を好むことが酒や色を好むほどならば誠がある。」と記されている。 

武田信繁 

379 :人間七七四年:2011/11/11(金) 19:42:47.82 ID:54sbBQip
武士としての嗜み以外の事に余分の手出しをせぬように。 
古い言葉に、 「好み事が多いと、ついには本道を忘れ、 天分の業以外に真の好み事はありえない」 
とあり、また、「過ぎたるは及ばざるが如し」 という言葉もある 

武田信繁 








375 :人間七七四年:2011/03/19(土) 11:50:31.94 ID:cnFAN2zE
自分の気に入らないことが、本当に自分のためになることだ 

鍋島直茂 

376 :人間七七四年:2011/05/29(日) 12:29:22.23 ID:WL8CR/s4
義理ほど深いものはない。 
従兄弟などが死んでも涙の流れないこともあるが、 
縁もゆかりも見たこともない昔の人の話を聞いて、 
義理ということについては涙がこぼれる 

鍋島直茂 








381 :人間七七四年:2012/01/14(土) 19:36:00.60 ID:3dsIZlwH
立ちよりて影もうつさじ流れては 
浮世を出でる谷川の水 





382 :人間七七四年:2012/01/15(日) 23:57:53.31 ID:LHzCTex8
筑摩江や芦間に灯すかがり火と 
ともに消えゆくわが身なりけり 

石田三成 

 5isigdamitunari










383 :人間七七四年:2012/01/17(火) 08:40:34.99 ID:/VbGbRnc
澄む月の暫し雲には隠るとも 
己が光は照らさざらめや 

大嶋澄月 

384 :人間七七四年:2012/01/31(火) 21:20:30.00 ID:qD+hlzkP
よわりける 心の闇に迷わねば 
いで物みせん 後の世にこそ 

波多野秀治 
385 :人間七七四年:2012/01/31(火) 23:09:47.26 ID:5cSyUSkx
何事も 移ればかわる 世の中を 
夢なりけりと 思いざりけり 




















390 :人間七七四年:2012/02/29(水) 20:27:23.78 ID:aJq0z3PQ
善しやただ みだせる人の とがにあらじ 
時至れると 思ひけるかな 


 



393 :人間七七四年:2012/03/08(木) 20:37:53.35 ID:+T5QKzlO
命をも 惜しまざりけり 梓弓 
すえの世までも 名の残れとて 


394 :人間七七四年:2012/03/10(土) 08:55:26.74 ID:RcFpd5v3
天地の清き中より生まれきて 
もとのすみかにかえるべらなり 

北条氏照 



396 :人間七七四年:2012/03/15(木) 15:37:22.99 ID:eqlmUNOV
閑なる時世に花もおくれじと 
先づ咲きそむる山桜かな 






400 :人間七七四年:2012/03/28(水) 20:25:41.45 ID:SJeZikAM
さざなみや志賀の都はあれにしを 
昔ながらの山桜かな 

平忠度 

421 :人間七七四年:2012/04/08(日) 14:06:49.96 ID:kWY+cYGX
行きくれて木の下陰を宿とせば 
花や今宵のあるじならまし 

平忠度 

http://ja.wikipedia.org/wiki/平忠度  





403 :人間七七四年:2012/03/29(木) 06:27:10.36 ID:MPCa93Ih
あふ時は かたりつくすと おもへども 
わかれとなれば のこる言の葉 




405 :人間七七四年:2012/04/01(日) 13:36:42.09 ID:WVnUks5a
世の中をよそに見つつも埋れ木の 
埋れておらむ心なき身は 

井伊直弼 











441 :人間七七四年:2012/06/18(月) 21:47:42.11 ID:HWG04bz/
心に愛がなければスーパーヒーローじゃないのさ 

キン肉マン 




ランキング参加しています!
ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)