99



1 :人間七七四年:2009/08/20(木) 18:24:12 ID:jHusfFm1
ブックオフの100円コーナーで見つけた掘り出し物から、期待の新人の最新作まで幅広く語るスレ。 
応仁の乱から大阪の陣ぐらいまでを舞台にしたおすすめの小説を熱く語ってみる。 






5 :人間七七四年:2009/08/21(金) 09:29:56 ID:E78Qi3NP
>>1乙 
堺屋太一が毛利、宇喜多、上杉を主役にした「三人の二代目」という新聞連載をやるらしいので楽しみにする。@徳島県民 





三人の二代目 上
三人の二代目 上
クチコミを見る





ランキング参加しています!
クリックお願いします(-^〇^-)




10 :人間七七四年:2009/08/22(土) 16:27:04 ID:72xBojYe
>>5 
徳島で山陽新聞読めるのか 
つか超マイナー紙のくせに五木寛とか堺屋に小説依頼できるのは何故だ<山陽 

11 :人間七七四年:2009/08/22(土) 17:32:22 ID:f2bUaO5A
>>10 
たぶん他の地方新聞でも同じ連載始まるところがあるはず 


12 :人間七七四年:2009/08/22(土) 17:37:07 ID:0NtzXx5s
静岡新聞でも連載ですよ 

13 :人間七七四年:2009/08/22(土) 17:39:24 ID:LjQfO0cw
さいたまは? 

14 :人間七七四年:2009/08/22(土) 20:53:12 ID:g5ycmEK6
>>10 
徳島新聞は中日新聞とコネがあるから、大物新聞小説が読めたり4コマがちびまる子ちゃんだったりする。 


15 :人間七七四年:2009/08/22(土) 21:22:48 ID:WnJynqMz
ってことは4コマチビまる子ちゃんの神戸新聞でも三人の二代目読めるのかな 


24 :人間七七四年:2009/08/31(月) 18:35:31 ID:HK4aalzW
>>23 
黒田さんのところの二代目は、安部竜太郎の「風の如く水の如く」がお勧め。 






風の如く 水の如く (集英社文庫)
風の如く 水の如く (集英社文庫)
クチコミを見る


25 :人間七七四年:2009/09/01(火) 08:25:24 ID:/IVuMhhP
三人の二代目、第一話は謙信危篤直前の景勝と愛の人。 
……やばい、いきなり萎えかけてる俺がいる。 

前はむしろ好きだった愛の人を大嫌いにさせた大河が憎いw 

26 :人間七七四年:2009/09/01(火) 18:05:09 ID:L5RIJYE9
>>25 
堺屋太一だからきっとうまいこと料理するだろうよ 
毛利と宇喜多も偉大な祖父や父の危篤から始まったら流石にあれだが 


17 :人間七七四年:2009/08/24(月) 02:26:54 ID:KW2tsX0D
さすがに主役級の扱いはされないと思うので、ある程度でいいです。丹羽長秀のカッコいい小説があれば教えて下さい。 

18 :人間七七四年:2009/08/24(月) 06:13:45 ID:HNOHWBXx
>>17 

19 :人間七七四年:2009/08/25(火) 09:33:44 ID:sJVjTa6t
>>17 
松本清張「腹中の敵」 
短編だけどね 
迫力ある丹羽さんが見られるよ 




張込み (新潮文庫―傑作短篇集)
張込み (新潮文庫―傑作短篇集)
クチコミを見る


 

20 :人間七七四年:2009/08/25(火) 16:06:59 ID:LR1iJH3B
堺屋いいなぁ 
俺の地域は親鸞終わったと思ったら次は南極の氷運ぶ人が主役の小説だぜ… 

21 :人間七七四年:2009/08/26(水) 15:07:50 ID:xl+6y6Sc
仲路さとる「異・戦国志」まじおすすめ! 





信長死せず―異戦国志〈1〉 (学研M文庫)
信長死せず―異戦国志〈1〉 (学研M文庫)
クチコミを見る





27 :人間七七四年:2009/09/02(水) 00:07:02 ID:4mjYrxQp
大河はともかく、天地人原作っておもしろいのかな。 
→ 序盤だけ立ち読みしたが、いまいちピンとこなかった 

藤沢周平の「密謀」は夢中で読みきったんだが・・・ 






密謀 (上巻) (新潮文庫)
密謀 (上巻) (新潮文庫)
クチコミを見る

 

28 :人間七七四年:2009/09/02(水) 00:26:09 ID:Lud+i24J
>>27 
個人的にはまるで面白くなかった。 
同作者の「虎の城」は面白く読んだのだが… 




虎の城 (上)
虎の城 (上)
クチコミを見る




30 :人間七七四年:2009/09/02(水) 02:27:29 ID:kAQb7VoS
景勝&兼続モノならまだ風野の「われ謙信なりせば」のほうがマシ 






われ、謙信なりせば (祥伝社文庫)
われ、謙信なりせば (祥伝社文庫)
クチコミを見る

 

31 :人間七七四年:2009/09/02(水) 10:47:21 ID:c2GVMG0c
津野田幸作先生の敵方弱体化・味方スーパー化は色んな意味ですごい 
おまけに自分の分身が無双する 




32 :人間七七四年:2009/09/02(水) 13:32:38 ID:yU9PfpF4
>>23 明日から連載開始「三人の二代目」 …二代目は二代目でも、黒田さんや蜂須賀さんや前田さんの二代目が好きな俺涙目な展開だろうけどw 

前田さんの二代目なら戸部新十郎マジお勧め。 




前田利常 (上) (光文社文庫)
前田利常 (上) (光文社文庫)
クチコミを見る

 

33 :人間七七四年:2009/09/02(水) 13:52:15 ID:+sDiaSuR
戸部さんは蜂須賀の初代・二代目もまとめて蜂須賀小六で書いてたね 

徳川二代目も一読するといいかも 
利長も秀忠も、かなり独特な(作者流の造形の大きな)印象受けるはず 




蜂須賀小六 上 (人物文庫 と 4-1)
蜂須賀小六 上 (人物文庫 と 4-1)
クチコミを見る

 


徳川秀忠 上 (徳間文庫)
徳川秀忠 上 (徳間文庫)
クチコミを見る

 

34 :人間七七四年:2009/09/02(水) 21:08:02 ID:xY3IPGMw
このスレ、戸部さんと安倍さんのファン多いな。 

戸部作品は「服部半蔵」と「蜂須賀小六」と「秘剣○○」三作を読んだな。 
戸部さんの小説も大抵主人公がスーパーマンで美形キャラなんだけど、それが嫌味にならないどころか、むしろ普通にかっこいいのが大御所の力量なんだろうな。 
言いたいことは、火坂とNHKはスーパーマンの上手な動かし方と見せ方を戸部作品で学べとw 


35 :人間七七四年:2009/09/02(水) 23:37:36 ID:Z2zIqz3y
>>34 
戸部作品のスーパーマン主人公は今時の厨臭い悩み方をしないからかっこよく見える説 

36 :人間七七四年:2009/09/03(木) 08:11:37 ID:1xSa4McX
戸部作品のスーパーマンって 
・gdgd悩まない 
・説教くさくない 
・欲が薄い 
・(主人公とかだと)それなりに人間らしさがある 
・(主人公以外だと)仙人的 
って感じだな 

53 :人間七七四年:2009/09/18(金) 14:05:47 ID:j+FkQlaD
戸部新十郎人気みたいだね。 
服部半蔵と蜂須賀小六読みたくなった 

 服部半蔵〈1 花の章〉 (光文社時代小説文庫)
クチコミを見る

54 :人間七七四年:2009/09/19(土) 23:14:30 ID:crgLQ7f/
漏は戸部作品では『松永弾正』読んだだけだけど、良かったよ。 
あまり知られてない三好や畿内戦国史のことが分かるし、 
弾正が格好いい上に白いw 






松永弾正〈上〉 (中公文庫)
松永弾正〈上〉 (中公文庫)
クチコミを見る





42 :人間七七四年:2009/09/03(木) 23:08:35 ID:tYn9PkTW
前スレ見て岳宏一郎「群雲、関ヶ原へ」の上巻を読んでみたんだけど 
個人的にはイマイチだった。 
内容的な物よりも、文章の 

「~した。~だった。もっとも○○は~だったが。」 

という言い回しがやたらと目に付いて、文章が単調に感じて飽きてくる。 
下巻は展開的にも面白くなる? 



 

群雲、関ヶ原へ〈上〉 (光文社時代小説文庫)
群雲、関ヶ原へ〈上〉 (光文社時代小説文庫)
クチコミを見る





52 :人間七七四年:2009/09/14(月) 00:10:23 ID:068FkYi8
>>42 
文章は下巻も似た感じ。あの文章になじめないとあまり面白くないかも… 
個人的にはあの文体がとても好きだったからむしろ高評価 
加えて内容も良かったから、群雲は傑作だと思う 
岳宏一郎の書いた処女小説だからか、関が原は他の作品と比べてとりわけ独特な文体 





43 :人間七七四年:2009/09/04(金) 05:03:25 ID:la0OT6tx
徳永真一郎の「賤ヶ岳七本槍」って作品を読んでみようかと思うんだが、 
ここのスレ住人的にこの人の作品はどうなの? 






賤ヶ岳七本槍―秀吉を支えた勇将たちの生涯
賤ヶ岳七本槍―秀吉を支えた勇将たちの生涯
クチコミを見る




 

44 :人間七七四年:2009/09/04(金) 07:16:53 ID:t8/gF67X
>>43 
毛利元就だけ読んだことがある 
登場人物がどいつもこいつも黒い 
オリキャラが若干出しゃばる 
結構面白い 



 

45 :人間七七四年:2009/09/09(水) 04:22:23 ID:tpbRqi9a
武田勝頼ものってちょくちょくあるけど 
どれが面白かった? 
俺新田さんはなんかイマイチだった 





新装版 武田勝頼(一)陽の巻 (講談社文庫)
新装版 武田勝頼(一)陽の巻 (講談社文庫)
クチコミを見る





46 :人間七七四年:2009/09/09(水) 16:02:43 ID:bC5C/QfX
>武田勝頼もの 
勝頼好きな自分でもコレというのはないかも。 
著名作家の作でまず一番長いのが新田次郎のものなんだけど 
それがイマイチだったんだよね? 

自分の推薦するのは井上靖の「文芸作」なので、史実がどーのとか 
史料の解釈がどーのとか考える読書人には向かないと思うけど 
『天目山の雲』が(短編ではあるけど)一番好きかな。 
勝頼の悲壮感や悲劇性がとてもよく表現できてると思う。 
ただし先に書いたように、淡々とした作風への好悪も別れるかな。 

最近は新鋭の伊東藤潤が勝頼室の北条夫人を題材にしてて 
夫人を通じて勝頼も描いてはいるんだけど、 
残念ながら自分的にはとてもイマイチな作だった。 
時代小説のスレで書かれてるけど、伊東氏の作は考証倒れ感が・・・ 

あとは小説じゃないけど、上野晴郎の「定本武田勝頼
クチコミを見る
」は愛読書だな。 
(小説じゃなくて悪いけど) 
今となっては「昔」に書かれた資料本なので、 
またまた「最近の新説では云々」とか言い出す人には不向きだが 
勝頼に対する愛があふれてる好著だと思う. 



天目山の雲 (角川文庫 緑 216-30)
クチコミを見る




定本武田勝頼
クチコミを見る




50 :人間七七四年:2009/09/09(水) 23:34:53 ID:Qw1tQmB1
>>45 
娯楽作品でオリキャラ・フィクションだらけ等が気にならないなら、「遥かな武田騎馬隊」(岩崎正吾)。 
武田滅亡を描いた作品で悲愴感が伝わってくる。北条婦人や土屋等もよく描かれている。 





遥かな武田騎馬隊 (ハルキ文庫―時代小説文庫)
遥かな武田騎馬隊 (ハルキ文庫―時代小説文庫)
クチコミを見る





59 :人間七七四年:2009/09/26(土) 01:57:02 ID:5DTH2pHa
>>46 
井沢元彦『覇王』~信濃戦雲録第二部 
はどうかな? 






信濃戦雲録第二部 覇者(上) (祥伝社文庫)
信濃戦雲録第二部 覇者(上) (祥伝社文庫)
クチコミを見る






51 :人間七七四年:2009/09/12(土) 12:12:14 ID:s7S2ikNq
>>46 
>>50 
おおありがとう 
勧められたの読んでみるわ 
47 :人間七七四年:2009/09/09(水) 19:04:25 ID:G0TnRc2p
岳宏一郎の「花鳥の乱 利休七哲」読みたいんだがどこにもない 
amazonでも中古しかないし、なんでこれはこんなに希少価値でてるんだろう 






花鳥の乱―利休の七哲
花鳥の乱―利休の七哲
クチコミを見る




48 :人間七七四年:2009/09/09(水) 19:16:18 ID:Zs1gQE+r
図書館という手もあるぞ。 

49 :人間七七四年:2009/09/09(水) 19:35:12 ID:zFJAJssV
ただ読みたいだけなら 
古書サイト検索して見るとか 







55 :人間七七四年:2009/09/22(火) 16:06:54 ID:a80kQ+pP
荒山徹の変な家康の小説が、 
売ってたんだけど、読んだ人いる? 
俺は地雷臭感じて、手出せ 

56 :人間七七四年:2009/09/22(火) 16:15:19 ID:WnG1OqDm
>>55 
「とくがわいえやす」じゃなくて「トクチョンカガン」ねw 
まあ荒山さんは本当に、合う人以外は合わないタイプの作家さんだが 

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1240743842/354-357 

まあ参考に 


57 :人間七七四年:2009/09/22(火) 17:02:15 ID:jipW6YZJ
>>56 
ぱっとそのスレを読んだ限りでは伝奇小説だね 
少なくともこっちで取り上げるような小説ではなさそうだw 







62 :人間七七四年:2009/09/28(月) 17:47:33 ID:U3wOvoaO
岩井三四二さんの一連の作品が好きですね。主人公はNHKの『タイムスクープ』みたいに 
無名の地侍や僧侶などが多いので地味ですけど面白いです。有名どころでも山科言継とか 
作者の故郷の英雄長井新九郎くらいですしね。琵琶湖の北端菅浦をモデルにした『月之浦…』 




3 :人間七七四年:2009/08/20(木) 20:23:34 ID:3U4kBKqN
司馬遼太郎の「城塞」 
隆慶一郎の「一夢庵風流記」 





63 :人間七七四年:2009/09/28(月) 19:08:03 ID:coPBnNws
伊達政宗が天下とるやつはおもろかった 

64 :人間七七四年:2009/09/28(月) 19:57:13 ID:NbGgsnoW
いままで活字で読んだ政宗で一番かっこよかったのは 






 
鈴木輝一郎
国書偽造 (新潮文庫)
国書偽造 (新潮文庫)
クチコミを見る
」に脇役で出てきた寛永の糞伊達じじい政宗68歳。 
もったいないので詳細は書かないが、あれはしびれる。 




61 :人間七七四年:2009/09/28(月) 17:29:13 ID:ShQ8HRVD
八尋舜右の「森蘭丸」の、新装版が出ていた 





…気持ちの悪い装丁で 
http://www.php.co.jp/shinkan/ISBN978-4-569-67362-2.gif 







森蘭丸 (PHP文庫)
森蘭丸 (PHP文庫)
クチコミを見る




 ___        ♪  ∩∧__,∧ 
/ || ̄ ̄||         _ ヽ( ^ω^ )7  どうしてこうなった! 
|.....||__||         /`ヽJ   ,‐┘   どうしてこうなった!  
| ̄ ̄\三  / ̄ ̄ ̄/  ´`ヽ、_  ノ     
|    | ( ./     /      `) ) ♪ 


66 :人間七七四年:2009/09/28(月) 20:00:59 ID:F7GXdRJ1
>>61 
PHPは最近こんなもんだぞw 

67 :人間七七四年:2009/09/28(月) 20:12:56 ID:ShQ8HRVD
>>66 
しかし、この表紙で歴女だか腐女子だかがこの本買っても、ぜんぜん楽しめないだろw 



68 :人間七七四年:2009/09/28(月) 22:54:34 ID:CGtU62dL
>>61 
かわいいな 
で、これ誰? 









転載元

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1250760252/l50 












ランキング参加しています!
ポチッと応援クリックお願いします(-^〇^-)