1 :人間七七四年:2007/11/15(木) 15:11:50 ID:PEX2N3D3
人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢幻のごとくなり 織田信長

人に尋ねて出た知恵は本当の知恵ではない 豊臣秀吉

大黒天が常に上を見ないのは、一朝事ある時にその頭巾を脱いで上を見るためであり、
そこに大黒天の極意がある。頭巾ばかり注意して、それを脱ぐ時のことを知らないのでは駄目である 徳川家康






2 :人間七七四年:2007/11/15(木) 15:43:16 ID:o18InFz/
曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照らしてぞゆく     伊達政宗

五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで     足利義輝


4 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/11/15(木) 18:16:21 ID:0PCns0cf
「天神の祈りのつよき三星をなりはすまひぞ家ちかに居れ」

天神山城主浦上宗景麾下の三星城主後藤勝元家臣額田与右衛門が敵陣(三村)に放つ。


6 :人間七七四年:2007/11/15(木) 21:52:15 ID:mL9EBkFW
「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」の話が巨人の星に出てきたな。



9 :島津ヲタ:2007/11/16(金) 20:39:09 ID:8juLfZ1t
夏の夜の
   夢路はかなき
        あとの名を
 雲井にあげよ
      山ほととぎす
柴田勝家の辞世の句

10 :人間七七四年:2007/11/18(日) 17:43:04 ID:+cvCrK8I
不勢とて敵を侮ることなかれ 多勢を見ても恐るべからず  

道にただ身をば捨てんと思ひとれ かならず天のたすけあるべし  島津忠良(日新斎)


日学(日新斎の学流)の精神をあらわした「いろは歌」四十七首からの二首。

11 :1:2007/11/19(月) 17:53:11 ID:AX++vkEa
さらぬだに打ちぬる程も夏の夜の 別れをさそふ郭公かな お市の方

殺仏殺祖遊戯神通末期一句猛虎舞空 徹岫宗九

ちりぬべき時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ 細川ガラシャ(明智玉)


スレタイは、武士の~としましたが、戦国時代の姫様、僧、茶人、その他の人々の言葉もありということで。

12 :人間七七四年:2007/11/20(火) 17:04:08 ID:9SeBfmjD
諸卒の中に敵方に対する悪口を言う者がいたならば深くこれを戒めるべきである。
敵方に刺激を与えることは敵の奮起を促すようなものである。という意味の言葉もある。 武田信繁

13 :人間七七四年:2007/11/22(木) 06:04:18 ID:uytqN4Tv
下の情をしる事はこれ虚無僧たりし故なり 水野勝成

14 :人間七七四年:2007/11/24(土) 19:34:54 ID:oME5tPEE
安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も自ら涼し 快川紹喜
川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ 石川五右衛門

日本で一番有名な辞世といえばこれ。

15 :人間七七四年:2007/11/25(日) 20:06:49 ID:n7FNs3uW
加藤清正

自分は一生の間、人物の判断に心を尽くし、人相まで勉強したが、結局よくは
分からなかった。ただいえるのは、誠実な人間に真の勇者が多いということだ。


20 :人間七七四年:2007/11/26(月) 11:07:05 ID:Ejp8yQ9g
>>15
律義者だったのに豊臣家をないがしろにし始めた家康と
彼に反抗した三成のことを言ってるのかな?とか妄想したら面白いな。


17 :人間七七四年:2007/11/25(日) 21:32:35 ID:dbOxmnzn
>>15
加藤清正の言葉とは珍しいね。
東軍の武闘派らしい飾り気のない言葉に感動した。

「我は兵にて戦いを決する。塩にて敵を屈せしめることはしない」 上杉謙信

18 :人間七七四年:2007/11/25(日) 22:45:26 ID:zEJ0vRdf
「馳走とは旬の品をさり気なく出し、主人自ら調理して、もてなす事である」伊達政宗



21 :人間七七四年:2007/11/28(水) 00:55:24 ID:5Ch2jRnP
宇喜多秀家だったかな
「豊臣からならたとえ一万石でもありがたく受け取るが
徳川からはたとえ十万石でも受け取らない」みたいなこと
言ったの


23 :人間七七四年:2007/12/02(日) 19:45:07 ID:+Cvm6D9f
「第一に神仏を信じ奉るべきこと」 北条早雲


25 :人間七七四年:2007/12/14(金) 13:42:28 ID:PzlA3RZr
古の道を聞きても唱えても我が行にせずばかひなし 島津日新斎(いろは歌より)


27 :人間七七四年:2007/12/26(水) 15:49:42 ID:y/rFcegN
異方に 心引くなよ 豊国の 鉄の弓末に 世はなりぬとも 立花道雪

28 :人間七七四年:2007/12/26(水) 15:51:06 ID:y/rFcegN
武者は犬ともいへ畜生ともいへ勝つことが本にて候 朝倉宗滴



30 :人間七七四年:2007/12/26(水) 16:43:24 ID:UjRFpa27
仏の嘘は説法
武士の嘘は武略
百姓の嘘は可愛きものなり


この言葉から従来の温和で文化人な光秀のイメージとは真逆な実像を感じさせる

31 :人間七七四年:2007/12/26(水) 17:22:50 ID:pQuVSNh+
「曇りなき心の月をかざして浮きよの闇を照らして行くぞ」伊達政宗時世の句
確かこんな感じ?

32 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/12/26(水) 19:20:54 ID:EJ0uhFt/
「花ぞ散る 思へば風の 科ならず 時至りぬる 春の夕暮」

少弐政資辞世の句


34 :人間七七四年:2007/12/26(水) 21:28:32 ID:BjYDekXJ
今はただ 恨みもあらじ もろひとの 命に替はる 我が身と思へば
              
別所長治の辞世の句。たしかこれでよかったっけ?
初めて聞いたとき幼心に強く印象に残ったな、これ

35 :人間七七四年:2007/12/26(水) 23:27:54 ID:y/rFcegN
浮き世をば 今こそ渡れ もののふの 名を高松の 苔に残して  清水宗治




39 :人間七七四年:2008/01/02(水) 14:45:38 ID:Oz64rnXp
文武弓馬の事については、武士たる以上、つねの道であるから、とくに書き記すまでもない次第である。
文を左にし武を右にするのは、古から伝わっている武士の道であって、文武はともに兼ねそなえなくてはならぬものである。 北条早雲

40 :人間七七四年:2008/01/03(木) 15:32:25 ID:NV7nbCwX
政宗の手紙

思いもよらぬ細やかなお手紙を、また起請文までいただきました。
本当に恥ずかしい次第で、何を言っても愚かなことのように思えます。
さてさて、先日の夜は酒の上に何をしたか、何を言ってしまったか、
大弱りしております。
そこから貴方を疑う気持ちがあったなら、そのことを手紙に書くか、
でなくば伝蔵か横目の者どもから申し伝えて、貴方のことをあきらめもしましょうが、
あなたをあきらめることなどできません。それで、とくに何も申しませんでしたが、
私は酒の上に何を言ったのでしょう。夢にも覚えていないのです。
昔私のところへ出仕されてないとき、貴方にかの者が惚れているとのことを、
ある乞食坊主が落とした文の中に書いてあったのです。
その坊主は行方知れずになってしまったので、とても詮議はなりません。
そんなことはない、と自分に言い聞かせましたが、あまりに貴方のことをよく知っていたので、
どうにも気持ちを抑えきれず、貴方のお心を確かにしたくて確かにしたくて、
酒に酔った勢いで言ってしまったのだと思います。
酒の上とはいえ、私の言ったことをお聞きになって、恨みに思われたのでしょう。
このように仰るのはよほどのことと思います。
承れば、腕を傷つけてこのように血判を押されたとか。なんてことを、と心苦しくてなりません。
私がその場にいたならば、御脇差にすがってでも止めたものを――。
せめて私も指など切るか、そうでなければ股か腕を傷つけるのでなければ、貴方のお心に応えられるものではありません。
けれども、私もはや、孫や子どもを持つ年頃になってしまいました。
人は口さがないものですし、行水のときなどに小姓どもにそれをみられて、
「いい年をして似合わぬことを」
と言われましては、子どもにも恥になると思い、気持ちばかり逸って暮らしております。
ご存知のとおり、若い頃は酒の肴にも腕を裂き、股を突き、衆道の証をごく当たり前にしていたものですが、
今は世の笑い事になってはと、差し控えております。
日本の神々に誓って、腕・股を突くことを嫌だと思って差し控えているのではありません。
私の腕や股をご存知でしょう。傷のないところの方が少ないのです。
このように昔は衆道の証をたてるのを誇った私ですが、時代の流れは是非もありません。
これではあまりにあまりに心元なく思われるでしょうから、伝蔵の見ているところで起請文を書き、
血判を押して進上いたします。
どうかこれにてお許しください。今日よりはいままでにもまして心を通わせ、
お情けに預かることができれば、海よりも山よりも忝く思います。
なお、伝蔵にも私の気持ちを伝えるよう、言ってあります。
恐々謹言。
正月9日   政宗(花押)


41 :人間七七四年:2008/01/03(木) 15:32:52 ID:NV7nbCwX
返す返すも恥ずかしくてなりません。
どうか私の気持ちをわかってくださいますよう――。
解説
「伊達政宗の手紙」で有名になった、政宗の恋文。 伊達政宗文書2865号。
ともかく恋々とした長文に、訳してても 「もう勝手にやってて!」 な気分。
自分の身体を傷つけて気持ちの証をたてる風習が、既に見られるのが面白いですね。
「我ら腕・股を御覧候え。あまり空き間もなき様に、昔はさようの事好き候てつかまつった」との一文が中にありますが、つまり作十郎は、政宗の「腕」や「股」をよく知っているわけです。
無数の傷は政宗がそれだけ恋多き男だったことを物語ります。作十郎は今、確かに政宗の寵を受けていますが、平行して実姉の多田氏が政宗の側室となっています。
上司である小姓頭青木掃部丞もかつて政宗の寵を受けていましたし、それぞれがどんな思いで政宗の傷跡を見ていたか、は想像がとても及びません。
それでもなお、自分の腕を傷つけて自らの証をたてた作十郎なのです




43 :人間七七四年:2008/01/05(土) 20:00:12 ID:mnbJuTU+
「各自の得意とするところをよく知り、それぞれの能力、分際にふさわしくそれを使えば、役に立たない人間はいない」 中江藤樹



47 :人間七七四年:2008/01/21(月) 17:51:27 ID:rO4y14rR
昔より主を討つ身の野間なれば 報いを待てや羽柴筑前 織田信孝

48 :人間七七四年:2008/01/25(金) 22:27:25 ID:pCeyuhX/
一筆啓上火の用心、おせん泣かすな、馬肥やせ(本多重次)

「簡潔」の見本のような手紙。
ちなみにおせんとは長男の仙千代の事。

49 :人間七七四年:2008/01/31(木) 07:40:28 ID:haIJcDF7
遊びも度重なれば楽しみならず 珍膳も毎日食らえばうまからず 楠木正成

50 :人間七七四年:2008/01/31(木) 23:44:31 ID:haIJcDF7
心しらぬ人は何とも言はばいへ 身をも惜まじ名をも惜まじ 明智光秀

51 :人間七七四年:2008/02/08(金) 22:27:09 ID:UK1LY2tz
今はただ恨みもあらじ諸人の いのちに代はるわが身と思へば 別所長治

52 :人間七七四年:2008/02/08(金) 22:34:00 ID:UK1LY2tz
武夫の取り伝へたる梓弓 かへるやもとの栖なるらん 吉川経家

53 :人間七七四年:2008/02/09(土) 00:39:35 ID:MtVdyjly
吹きとふく風な恨みそ花の春 紅葉の残る秋あらばこそ 北条氏政

54 :人間七七四年:2008/03/10(月) 21:10:50 ID:1ZYFeGJu
屍をば岩屋の苔に埋みてぞ雲居の空に名をとどむべき 高橋紹雲



57 :人間七七四年:2008/05/03(土) 03:16:53 ID:beymCl+Z
諌(いさ)めてくれる部下は、一番槍をする勇士より価値がある 徳川家康

58 :人間七七四年:2008/05/14(水) 07:52:45 ID:NID5xvjZ
>>57
家康は家臣が生意気な事を言っても、それが理に適っているなら認め採用しそうだ。
こういうところはさすが征夷大将軍。


60 :人間七七四年:2008/05/16(金) 12:32:49 ID:4JGDIZ+c
一芸に熟達せよ
 多芸を欲する者は巧みならず

     長曾我部元親




65 :人間七七四年:2008/05/17(土) 23:28:16 ID:Nzn7WsgS
「人は生涯、己にあった舞を舞う。それでよいのじゃ。殿、おさらばでござる」島左近

66 :人間七七四年@全板トナメ開催中:2008/06/04(水) 16:43:34 ID:r70UKiGY
武田信玄の影に隠れがちだけど、弟の武田信繁はかなりの武将だったみたい。
上下二巻からなる「信玄家法」の下巻は信繁が子供である武田信豊に示した家訓なんだけど凄くためになる。


68 :人間七七四年@全板トナメ開催中:2008/06/05(木) 17:10:21 ID:badWgBMS
春雁我に似たり 我雁に似たり
洛陽城裏花に背いて帰る 直江兼続

詩は駄目ですか?


70 :人間七七四年@全板トナメ開催中:2008/06/05(木) 18:11:01 ID:VRyMobq2
為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚き

武田信玄


71 :人間七七四年:2008/06/09(月) 06:20:39 ID:RbWVUWJd
「パンツの中に入ってたんだよ」
勝新太郎

72 :人間七七四年:2008/06/09(月) 06:45:23 ID:F6eS57C4
「負けたことのない人間は、どこかよろしくない」


徳川家康

73 :人間七七四年:2008/06/09(月) 20:44:16 ID:3AZIthvy
「春風に梅も桜も散り果てて
          名にぞ残れる箕輪の郷かな」
           長野業盛(1566年没)

「老いの身はいづくの土と成るとても
             君が箕輪に心留まる」
        安藤九郎左衛門(1566年没)


74 :人間七七四年:2008/06/11(水) 15:21:15 ID:xRwNHtS3
戦場においては研ぎ澄まされた刀を用いるがよく、けして鈍刀を所持し使用してはならぬ。
なまくら刀は骨まで切れぬ。とも言われている。 武田信繁

75 :人間七七四年:2008/06/12(木) 14:42:56 ID:ogzvB5/t
「死にともな嗚呼死にともな死にともな 深き御恩の君を思えば」

本多忠勝

76 :人間七七四年:2008/06/24(火) 10:15:29 ID:l+Oi/Mf2
罰を薄くして賞を厚くせよ。 島津義久

77 :人間七七四年:2008/06/24(火) 12:50:54 ID:yweGIeJ6
よき夢を見するがな


秀吉

78 :人間七七四年:2008/08/01(金) 03:34:26 ID:JthAYtvv
末の露もとの雫や世の中の おくれさきたつならひなるらん 高橋鑑種





82 :人間七七四年:2008/08/02(土) 02:27:28 ID:YizExq/F
長野業政最期の言葉、
「ああ苦しい(ああ苦しや)」

こういうの見ると、当たり前だけど戦国武将も普通の人間だよな、と思うので。

83 :人間七七四年:2008/08/02(土) 14:26:15 ID:8+4he+Ff
秀吉、聚楽第の門の落書き
「奢れるもの、久しからず」を見てすぐそこに付け足した。
「奢らぬものも久しからず」

84 :人間七七四年:2008/08/02(土) 14:33:46 ID:8+4he+Ff
若き日の信長が家臣の村井七郎左衛門に言った迷言。
「王(天皇)とはいかなるものか?
 厨子などに入れて持ち運ぶものか、それとも人であろうか?」

85 :人間七七四年:2008/08/02(土) 14:47:08 ID:8pYxIbDr
細川忠興の臨終の言葉

『みな共が忠義、戦場が恋しきぞ!いづれも稀な者どもぞ!』

86 :人間七七四年:2008/08/04(月) 14:46:07 ID:WvCC6Y05
長宗我部盛親
捕らえられ、蜂須賀家の者に
「命惜しさに生け捕りになるとは、地下の親父様も安眠できまい」といわれて
「おお!命は惜しい。命と右手が使えたら、家康をこのままにしておくものか!」

斬首の直前に
『我未だ木鶏たりえず』
※木鶏:強さを表に出さない最強の闘鶏



87 :人間七七四年:2008/08/12(火) 02:03:12 ID:bOtxLHb7
そんな双葉山みたいなこと言ったんかい。
いや、順番から言えば盛親のほうが先だけどよ。

88 :人間七七四年:2008/08/21(木) 11:21:56 ID:aRwHZSu1
わたしは弓矢取りの家に生まれて、朝廷にお仕え申す身分であるから、
天道に応じ、正直の理をもって家の名をあげ、
朝恩に浴して身を立てることは、三宝のお許しなされるところである。
この上は、私の名聞や利欲のために義を忘れ、恥を顧みず、当世にへつらっているような、
穢い武士の心から、すっかり離れたいものである。  菊池武茂




96 :人間七七四年:2008/08/30(土) 20:45:28 ID:KQBaA4Du
独行道

一、世々の道にそむく事なし
一、身にたのしみをたくまず
一、よろづに依怙の心なし
一、身をあさく思、世をふかく思ふ
一、一生の間、欲心思はず
一、我事において後悔をせず
一、善悪に他をねたむ心なし
一、いづれの道にも、わかれをかなしまず
一、自他共にうらみかこつ心なし
一、恋慕の道思ひよるこころなし
一、物毎にすきこのむ事なし
一、私宅においてのぞむ心なし
一、身ひとつに美食をこのまず
一、末々代物なる古き道具所持せず
一、わが身にいたり物いみする事なし
一、兵具は格別、余の道具たしなまず
一、道においては、死をいとはず思ふ
一、老身に財宝所領もちゆる心なし
一、仏神は貴し、仏神をたのまず
一、身を捨ても名利はすてず
一、常に兵法の道をはなれず

正保元年五月十二日 新免武蔵(宮本武蔵)

97 :人間七七四年:2008/08/30(土) 21:11:29 ID:V0ObfWf3
時は今雨の下しる 五月かな 明智光秀
敵は何処にありや?→敵は本能寺にあり 明智光秀



101 :人間七七四年:2008/09/02(火) 17:41:25 ID:i8ERwp/E
名の為に棄つる命も惜しからじ終いに止まらぬ浮き世と思えば
       ↓
契りあらば六の巷に待てしばし遅れ先立つことはあるとも



103 :人間七七四年:2008/09/14(日) 09:18:12 ID:QipVLdVX
ところで時世の句って誰がどうやって記録してたんだろうね。

その辺りがはっきりしてないと今一つ……
別に捏造だとかいって冷やかしたり貶したりするつもりはこれっぽっちも無いんだけど。

104 :人間七七四年:2008/09/14(日) 09:51:15 ID:USj89qhZ
辞世は遺言書と同じで死ぬ時に作るんじゃなくて普段から用意しておくものだから
配下や親族がそれを伝えたり寺なんかに預けたりする
だが、当然残らない場合も多々ある
軍記物や講談本なんかにのみ記載されてて胡散臭いものもあるし
本物にしても余人に依頼して書いてもらったんじゃないかと言うものもある




Transcend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10ETranscend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10E


トランセンド・ジャパン
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る by AZlink